allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ヴィタール(2004)

VITAL

メディア映画
上映時間86分
製作国日本
公開情報劇場公開(ゼアリズエンタープライズ)
初公開年月2004/12/11
ジャンルドラマ/ロマンス
ずっと永遠に。

記憶をなくした医学生は、解剖実習にのめりこんでいく。
そして、闇は、開封された――。
SHINYA TSUKAMOTO Blu-ray  SOLID  COLLECTION 「ヴィタール」 ニューHDマスター
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,517
USED価格:¥ 1,600
amazon.co.jpへ

 Photos
ヴィタールヴィタールヴィタールヴィタール

【クレジット】
監督:塚本晋也
製作:塚本晋也
プロデューサー:日下部圭子
日下部孝一
朱京順
脚本:塚本晋也
美術監督:塚本晋也
撮影監督:塚本晋也
編集:塚本晋也
音響効果:北田雅也
音楽:石川忠
エンディングテー
マ:
Cocco
『blue bird』
照明:吉田恵輔
録音:小原善哉
助監督:川原伸一
小出健
黒木久勝
出演:浅野忠信高木博史
柄本奈美涼子
KIKI吉本郁美
岸部一徳柏淵教授
國村隼大山三郎
串田和美高木隆二
りりィ高木慎子
木野花大山のり子
利重剛中井教諭
原昇
康すおん
鈴木一功
川島宏知
中島陽典
村松利史
綾田俊樹
【解説】
 「鉄男」「六月の蛇」の塚本晋也監督が、“人体解剖”をモチーフに、人間の肉体と精神をめぐる不思議に迫る意欲作。交通事故で全ての記憶を失った医学生が、解剖実習を通じて記憶を超越した世界を生き始め、次第に再生していく姿を描く。主演は「アカルイミライ」「座頭市」の浅野忠信。また音楽活動休止中のCoccoが本作のためにエンディングテーマを提供。
 交通事故に見舞われるも一命を取り留めた医学生の高木博史。だが、彼は自分が誰なのかも分からず、父や母の顔さえ思い出せないほど一切の記憶を失ってしまっていた。ただ、なぜか医学書にだけは興味を示す博史。そして彼は、大学の医学部に入学する。やがて2年生となり、必須科目である解剖実習が始まった。博史の班には若い女性の遺体が割り当てられ、彼は解剖の世界に没頭していく。そのうち博史はふいに現実と異なる世界へと入り込んでいた。それは、彼が涼子という女性と2人きりでたたずむ甘く切ない光景だった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
638 6.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2016-12-01 23:05:19
【ネタバレ注意】

人の命とは?死ぬとは?魂とは?死後の世界とは?などが主テーマの、塚本晋也らしい孤高のスピリチュアルワールド。いつにも増してヌチャヌチャ、ドロドロ、ザーザー言ってる(彼の作品には血と雨と女の肢体が本当よく出てくる)。柄本奈美が痩せすぎた女の役。この体型は彼女の標準体型なのか、あるいは本作の為に意図的に激ヤセしたのか。いずれにしても不気味なほどに本作にフィットした凄絶さを醸し出している(スリムな女性が好みのこの監督らしいっちゃらしい)。浅野忠信、岸部一徳、國村隼も絶妙の配役、そして演技力。見るものを選ぶ作品だが個人的には好きな世界観。ダークホラー、ファンタジィ好きな海外人にもきっとこの監督の作品はアピールするだろう。Coccoが本作のため書き下ろした歌詞、その世界にも想いを馳せたい。

投稿者:かっこう投稿日:2006-06-20 22:22:55
【ネタバレ注意】

これまで見てきた塚本監督作品に比べるとマニアック度が低く、随分と見やすいつくりに思えた。
現実世界と精神世界がもっと複雑に交錯していくかと期待したが、2つの世界は別々に存在するし、精神世界はあっさりと身をひく印象。

投稿者:bond投稿日:2005-11-05 01:42:24
テーマも重厚だが、やたら多いスタイリッシュな映像が台無しにし、マスターベーションな映画になってる、だいたい今日、あんな陰湿な解剖実習室はありません。
投稿者:irony投稿日:2005-10-28 01:53:17
 いやぁ〜圧倒されました。塚本作品はあまり見てないから、語るのもおこがましいが、(「鉄男」と「とらばいゆ」(おっと、こいつは出演)以来ほとんど見ていないので)見ごたえのある作品です。テーマってなんだろう?っとふと考えたらやっぱりタイトルのVITALなんでしょうね、(溢れ出る煙りを吐く煙突から想像するに,
でも検体が4体だから4本の煙突で火葬を暗示してるとも言えなくないが)死を扱ってるにもかかわらず。各それぞれの人物描写がとても丁寧に描かれてるし、息も付かせぬ演出もいいね。映像も迫力あるし、かなり引き込まれました。見終わってから、あれやこれやと思考を巡らす作品ですな。
 ひとつ理解できなかったのが、KIKIのセリフで、浅野が「ごめんな」とKIKIに呟くのだが、それに対してKIKIが「ありがとう」と返すのだが、何に対しての「ありがとう」だろう?
投稿者:Longisland投稿日:2004-12-27 10:26:07
塚本監督の人体解剖がテーマの作品ということでグログロ作品だと身構えて観ましたが・・・塚本監督の独特の世界を堪能。強烈な力を感じるものの静穏な作品でした。
投稿者:籐四郎投稿日:2004-12-01 22:27:17
 いつものように監督が自分の気の済むまで徹底的に凝りまくった比類なく独特な世界で、とても完成度が高いと思いました。
 病院を舞台にした東宝のホラー映画「感染」など足元にも及ばないギリギリの緊張感があって、グロテスクな表現にも露悪趣味的な「オールドボーイ」などよりも、よっぽど洗練された日本的な美しさがあって受け入れやすかったです。
 ただ、単純に観客としてはジャンル分けがしたいものですが、これはホラー映画とも言えないし、恋愛映画とも、カルト映画とも、アート映画とも括れない、いろいろな要素が詰まったなんともオリジナルな世界だと思いました。
 強いて言えば、古代ミイラに恋をした青年の話を扱ったテオフィル・ゴーチェ「ポンペイ夜話」のような幻想小説の世界と雰囲気が似ているように思います。
【レンタル】
 【DVD】ヴィタールレンタル有り
 【VIDEO】ヴィタールレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION