allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ロボッツ(2005)

ROBOTS

メディア映画 Anime
上映時間90分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月2005/07/30
ジャンルSF/コメディ/ファミリー
きっと輝ける!
君の夢はなんですか。

忘れてしまった夢の続き、探しにいきませんか?
ロボッツ ブルーレイ&DVD(2枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,916
価格:¥ 1,457
USED価格:¥ 1,085
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:クリス・ウェッジ
共同監督:カルロス・サルダーニャ
製作総指揮:ウィリアム・ジョイス
共同製作:ジェリー・デイヴィス
ジョン・C・ドンキン
原案:ロン・ミタ
ジム・マクレイン
デヴィッド・リンゼイ=アベアー
脚本:ローウェル・ガンツ
ババルー・マンデル
デヴィッド・リンゼイ=アベアー
美術:ウィリアム・ジョイス
音楽:ジョン・パウエル
声の出演:ユアン・マクレガーロドニー・コッパーボトム
ハリー・ベリーキャピィー
ロビン・ウィリアムズフェンダー
メル・ブルックスビッグウェルド博士
アマンダ・バインズパイパー
グレッグ・キニアラチェット
ジム・ブロードベントアダム・ガスケット
ジェニファー・クーリッジファンおばさん
ドリュー・ケリークランク・ケイシー
ポール・ジアマッティ
ダン・ヘダヤ
スタンリー・トゥッチ
ダイアン・ウィースト
ハーランド・ウィリアムズ
ローウェル・ガンツ
ジャッキー・ホフマン
ジェイ・レノ
ナターシャ・リオン
アラン・ローゼンバーグ
スティーヴン・トボロウスキー
クリス・ウェッジ
ポーラ・アブドゥル
声の出演(日本語
吹替版):
草なぎ剛ロドニー・コッパーボトム
矢田亜希子キャピィー
山寺宏一フェンダー
西田敏行ビッグウェルド博士
【解説】
 大ヒットアニメ「アイス・エイジ」のスタッフが再び集結してつくり上げた感動の冒険ファンタジーCGアニメーション。ロボットだけが暮らす世界を舞台に、偉大な発明家になることを夢みる心優しいロボット、ロドニーが、慣れない大都会で困難に直面しながらも個性豊かなロボットたちと友情を築き、力を合わせて巨大な陰謀に立ち向かう姿を描く。
 小さな田舎町に暮らす男の子のロボット、ロドニー。貧しい家庭に生まれ、中古部品で作られていたロドニーはある日、偉大な発明家ビッグウェルド博士の“外見が何で作られていても、誰もが輝くことができる”との言葉に勇気と希望を抱くのだった。やがて発明好きな青年へと成長したロドニーは、立派な発明家になるという夢を叶えるため大都会ロボット・シティへと旅立った。そしてロボット・シティで中古ロボットの集団“ラスティーズ”と出会ったロドニーは、愉快な彼らと友情を育んでいく。そんな中、ロボット・シティでは大企業ビッグウェルド・インダストリーズの強欲な経営者ラチェットによって、中古ロボットを一掃する恐るべき計画が進められていた。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1283 6.92
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2013-02-18 12:27:38
お得意の正義は勝つ、悪は溶鉱炉へ。米のCGアニメで一番地味。歌もウルサイ。
投稿者:terramycin投稿日:2012-04-21 13:30:00
ブリキのロボットたちを登場人物としたCG作品。

とても美しいCGでその技術の高さを窺うことができる。

個人的な意見としては、ブリキのロボットたちがあまり可愛いとは思えず残念だった。

物語としては、明確な悪者がいてやっつけるという子供たちが気楽に見る映画に適していると思う。
投稿者:こじか投稿日:2011-02-12 19:00:43
わ!まったく期待していなかったのだけどなかなか面白い♪。お話しの舞台はロボットだけの世界、発明家に憧れる田舎ロボット少年が都会へ出て奮闘する物語です。仲間との出会いを経て、私利私欲に走る経営者との対決へと発展してゆくお話しですが、笑いや音楽、お話しのテンポも展開もノリが良くって楽しかった。
ロボット世界と言う”文化設定”もしっかりしてて曖昧さがなく、擬人化されたロボット世界にしっかり入っていけました。道具や乗り物、キャラクターの職業や個々の舞台など、細かいアイデアが世界観の構築や物語の発展に繋がってるあたり感心させられます。ジェットコースター式の乗り物なんて、ロボット世界でしか通用しない設定ですものね。やっぱこの手の作品は「ならでは」って要素が重要じゃないかな。単に”擬人化すれば良し”としたり、擬人化アイデアを”ネタ見せ”にしてしまう他のCG映画は見習って欲しいものです。
主人公の個性はもう少し”パンチ”があってもよかった気がしますけど、武装しての全員集合(ナイト(騎士)風・ガンマン風・ハルク風など)は個性的で単純にかっこよかった。史劇合戦風の激突やスピード感あるアクションシーンも魅せ方上手ですね。オズ、SW、2001年から雨に唄えばまでパロディ使いも楽しめました。かの歌姫パロディも悪ノリで(笑)。
CGアニメに用いられる主なコンテンツと言えば、おもちゃ、動物、虫、魚、そして当作品にあるロボットってのが挙げられますが、そのロボット部門ではイイ点だと思います。CGモノ全般の中でも比較的上位なんじゃないかな。ちなみにわたしが超個人的に言う上位はトイストーリー(1)、インクレディブルの上質2トップに、次いでノリの良さはマダガスカル2(笑)。当作品はカンフーパンダあたりと同程度の評価かなぁ、映画としてしっかりエンタメしてるって感じ。ピクサーもドリームワークスも単にCGアニメなだけで中身の薄いものも多いし(特にピクサーは感動演出が上手過ぎてそっちに逃げすぎ)、フルCG映画もせめてこれくらいのクオリティは望みたいです♪。20世紀フォックスもがんばりましたね。
投稿者:幸村和投稿日:2010-01-21 22:23:20
キャラクターデザインも含めた全体の映像がすごくいいです。ちょっとナイトメア・ビフォア・クリスマスも思い出したのですが(特に工場のシーン)、小可愛らしくないのが味わいになっててこういうの好きだなあ。ストップモーションアニメみたいですが違うんですよね。大した技術です。
物語の展開の中で一番の圧巻はロボット・シティーに入ってからの特急シーン。シティーの交通網っていうのでしょうか、あれが最高。ゴンドラのスピード感と不必要な乗り換え(?)。この無駄さ加減が遊び心いっぱいでゴンドラが走っている間中ウキウキしました。それとビッグウェルド博士のドミノ倒しシーン。ここでも何がなんだかわからないけどなんだか楽しいぞ!という摩訶不思議な展開がスピード感もともなって見応え十分。かなりお気に入りのシーンです。
ストーリーはロボット立身出世物語です。戦いのシーンは「またか」という感じもしましたが、映像で楽しませてもらったのでまあご愛敬にしておきます。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-09 03:29:41
予告編が超感動的だったので、かなり期待してた映画。
実際見ると期待ほどでは無いが十分感動できるし、時間も長すぎず軽く観れる。
なかなか良かったよ♪
投稿者:エピゴーネン投稿日:2009-04-29 21:13:59
本作そのもののCG技術はとても高いレベルなのだろうとは思う。
しかし自分がピクサー作品好きなせいか、(キャラクター、ストーリー含め)どうしてもそちらと比べてしまい、見劣りする印象がある。

保険証を持たない住人たちの描写など、現実を反映させたストーリーになっているが、大人から観ても子供から観ても中途半端な印象は拭えないのでは。
特急で街中を駆け巡るシーンや、会社からの脱出シーンはとてもスピード感があり、そこは良かった。
投稿者:irony投稿日:2006-11-29 20:36:20
 赤ちゃんロボット組み立て 部品付け足しで成長 人間味をもたせているんだろうけど不気味でした。海外のアニメのキャラクターの造形は自分の感覚ではよくわからん…インクレディブルとか…COOLなのかね?
投稿者:ieyasu投稿日:2006-10-16 15:16:54
西田敏行さんの声のお仕事も好きなので珍しく吹き替え版でも観てみました。ビッグウェルド博士のあの大きくつるんと真ん丸い感じに西田さんの声はピッタリです。なにしろあの西田さんがドミノの波で最高にカッコ良くサーフィンして跳んできて着地、ビーチの王様は誰だ?!なんて叫ぶんですよ!これはもう観るしかないでしょう!草薙剛、矢田亜希子、山寺宏一、ロドニーのパパらの 吹き替えもとっても素敵でした。
投稿者:hamapei投稿日:2006-09-24 20:20:19
「おもちゃ箱をひっくり返したような」という表現がありますが、これはまさにそんな映画。登場人物がロボットなのもさることながら、映画全体に観客を楽しませるアイディアが散りばめられていて、90分間まったく退屈しませんでした。
ストーリーもストレートで良いですが、皆さんも書かれている通り絵が素晴らしい。世界観とスピード感がとても良いです。CGアニメを初めて「劇場で観たい」と思った作品。
投稿者:Cinema Trek投稿日:2005-08-23 02:43:24
「アイス・エイジ」の時はそれほど感じなかったが、今回の作品はCGのリアルさに圧倒される。まるでブリキのロボットをレイ・ハリーハウゼンのストップ・モーション・アニメ手法を用いて撮影されたように光線による反射加減や古いロボットは錆びていたり傷やへこみなどが本物のように巧みに描かれている。最近公開された実写版「鉄人28号」のCGスタッフも見習ってほしいものだ。戦っても戦っても傷ひとつ塵ひとつ付かない新品のような光沢だけではこの作品のようにリアルさは出てこない。ストーリーもテーマがあり起承転結もはっきりしている。ファミリー向け映画なので英語版の英語も子供でも理解できるような単語内でのスラングのない標準英語なので多少ヒアリングの出来る人にとっては字幕を見なくても大半は理解できるし、これから英語をと思っている人にとっては、この映画のDVDを格好の英語教材としても利用出来る作品である。

20050822_Cinema鑑賞_80点
投稿者:メンタイ投稿日:2005-08-07 03:11:32
これだけCGアニメが“当たり前”になった今、
もう技術力じゃなく、演出や物語だろう・・・・って思ってたら
まだ“技術力”でビックリ出来るとは思いませんでしたぁーーーー!!!

なんすか!この映像はっ!
ロボット達の細かい演出も凄いんですが、
それより何より、やってることが
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」なんで
盛上がるわけですよ!いやでも!
来たねー!FOXさん!PIXERに引けを取らない出来!
DREAMWORKS一歩後退か!ってくらいですよ!

物語も判りやすく、なのに熱い!
明確なんですよね、目的が!
なのに「自分をヴァージョンアップ出来なければスクラップ」って
これもう人間の現代社会じゃないっすか。
皮肉も、パロディも満載で、かなり楽しいし、優れた作品でした。

http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:お気楽極楽投稿日:2005-08-06 13:14:08
【ネタバレ注意】

アニメがディズニーだけのものでなくなり、メジャー各社が手をつけるようになると、手を変え品を変えの勝負になってくる。特に子供向けということになれば規制が多く、思い切った筋立てが無理。ということで、パロディ場面で同行の大人にも媚を売り、声優にも有名俳優や話題つくりの大物ゲストを起用ってことになる。
そんなわけで、映画終わって字幕を見ていたら、テリー・ブラッドショーの名に気が付いた。古いNFLファンならご存知スティーラーズの名クォーターバックで長島、王並みの超スーパースターだった人。日本じゃパンフにもHPにもなんの記事もなし。もちろん、ちょい役でしょうが、ちょっと寂しい。
内容的には、どこか「鉄腕アトム」の影がみえるような。あちらのアニメを作ってる人たちはきっと日本アニメのオタクだったりするんでしょう。
いずれにしても、CGの技術を含め、これからも米メジャーのアニメ戦争が続くと思われるが、お子様向けという制約ゆえに日本や他の国も少なくともアニメの分野では十分戦えるでしょう。

投稿者:maldoror投稿日:2005-07-30 23:21:36
【ネタバレ注意】

吹替版でロドニーやビッグウェルドの顔がクサナギくんや西田敏行にしか見えなくなってしまいましたが、字幕版の方も姿形は違うけれどロビン・ウィリアムス演じるフェンダーの印象がキョーレツ! というかロビンのマシンガントークに絵を合わせたかのようです。さすが彼の喋りは衰えることを知りませんね。

いろんな映画のパロディが随所に盛り込まれてるのが楽しみどころでもあります。ロドニーのスパナ使いはまるでライトセイバーを振るうジェダイ騎士のようでした。希望としては「私はやってない!」と机を叩いてヘコますのもやって欲しかったな(苦笑)。

投稿者:みちこひめ投稿日:2005-07-15 20:35:39
テレビで最近よくコマーシャルを見て、夢って言葉惹かれて、ちょっとマークしてます。そしたら今日、友達から、18日の8時30分からTXで特番があるって話を聞きました。草なぎクンとか矢田ちゃんとか、吹き替えやるタレントがみんな出るって。早起きしてチェックかな。興味のある人、見てね。
投稿者:ちゃき投稿日:2005-07-12 00:35:28
飛行機の中で。これは話の内容はちょっと面白い。今の人間界での整形の話云々に照らし合わせてみると結構興味深い。もちろんそれを狙っているのは明らかだけれど。ピクサー、ディズニーとかのアニメ映画とはまたちょっと違っていて楽しいし、ロボットの世界という意味でいろんなジェットコースターの勢いの組み合わせもよかったし。ディズニーはちょっといつも劇的な踊りだとか歌だとかが多すぎるけれど、これはそういうノリじゃないからよかったです。子供向け、といえばそうなんだと思う点が、前のアイス・エイジとの違いかな?

実は声優がけっこう強力。ユアン・マクレガー、ハル・ベリーにロビン・ウィリアムズ。でも私はアイス・エイジの方が好きだったかなぁ。(06/25/2005)http://www.geocities.jp/milestones1980/
投稿者:oishieiga投稿日:2005-07-11 08:22:21
「どうせこども映画でしょー」なんてばかにしてました。
これがなかなかいい映画なんですよ。
ストーリー似てるとか、ワンパターンとかいろいろ言っちゃうのは
夢を忘れたおとなの証拠なのかしら・・・なんて思いました。
映画を観てる間、素直に笑えればそれはいい映画なんです。
と、いいこと言いたくなるようなやさしいできばえ。
くさなぎくんの野暮ったい声もいい味出してた。
投稿者:ルビッチ好きです。投稿日:2005-07-10 21:32:06
スターウォーズに行った予告篇でみましたが、とにかくCGは相当すごいです。大人でも絶対楽しめると思いました。
投稿者:フラワーエタニティ投稿日:2005-07-08 17:51:29
一つでもいいところを見つけてそこを強調して、自分で印象に残すようにしています。日本語吹き替えで見たのですが、主人公の剛くんの声がとても純粋さを表現できてていいと思いました。
また未来創造図のようなロボット界における都会の交通網のからくりと、速さには釘付けにさせる面白さがありました。またCGアニメならではの細かい描写と発想が、さすがだな、と思いました。
個人的には楽しめました。
投稿者:黒美君彦投稿日:2005-06-22 13:06:24
CGアニメとしての質はともかく、名実ともに?ジェットコースター・ムービー。ジェットコースターをアニメで実現したかったのだろうか・・・うーむ。
とにかく観た後に不思議なくらい何も残らない。ということは、キャラもストーリーも弱いということなのだが。子供は喜ぶのかな。少なくとも作品としては今ひとつだと思う。
投稿者:籐四郎投稿日:2005-04-14 00:06:57
 私だけかもしれませんが、妙に味気ない作品でした。
 ハリウッド製アニメの良いところは、ストーリーがしっかりしてるので、親子連れのとき大人でも充分楽しめるという点にあると思うのですが、今回のストーリーはまるで「シャークテイル」の下手な焼き直しみたいで、「アイスエイジ」と較べてもかなり落ちてると思います。
 一方、子供向けとして考えてみたら、変に込み入っていて分かりにくいような気もしました。
 なによりも日本だとロボットが出る話というのは、必ず人間との触れ合いを大きな軸にしているので、今回のようにロボット達だけで完結している話というのは、どうも違和感が残りました。
 正直、コケてもあまり深手を負わないような公開規模にした方がいいかも。
投稿者:ASH投稿日:2005-01-02 21:52:11
【ネタバレ注意】

 没個性を良しとする全体主義への批判、そんな風に受け止めちゃいました。インダストリーの連中は社長のビッグウェルドを含めてみんな流線型でメタリックな美しいデザインの体。対する下町のラスティーズたちはゴチャゴチャとなにかを色々とくっつけたかのようなデザインで色調もみんなバラバラだ。ビッグウェルドを社長の座から退陣させ、企業を牛耳っているラチェットはアップグレードを推進させ、古いデザインのロボットを抹消しようと企んでいる。ラチェットが勧めるこのアップグレードのデザインがまるでユニフォームのごとく、どれも画一的なデザインなのだ。これは全体主義の象徴だと思える。

 だが、企業の利潤を最優先に考えるラチェットは経営者としては決して間違ってはいないはずだ。そこで真の悪役が必要となるが、それが彼の母親であるマダム・ガスケットだ。ガスケットはロボット・シティの支配を企む腹黒いロボットであり、息子のラチェットを利用しているだけなのだ。つまり、ラチェットはガスケットの傀儡のようなものなのだ。

 そんな騒動に巻き込まれた発明家志望の青年ロボット、ロドニーはラスティーズと共にラチェットとガスケットの陰謀に立ち向かう。とまあ、アニメにしては本筋は結構硬派だったりするが、それだと堅苦しい映画になるから、随所にパロディやギャグを散りばめて楽しい作りになっている。パロディだと気付く人もいるかと思うが、『ブレイブハート』を思わせるクライマックスの戦闘シーンはなかなか面白い。

 ただね、この手の映画では必ず出てくるお調子者の道化キャラ、フェンダーの存在が時にはうっとうしく感じるのも事実だ。声を担当したロビン・ウィリアムズを最初から想定したようなキャラで、どうにも好きになれない迷惑なやつなのだ。映画を暴力的にしないための配慮なんだろうが、戦闘シーンでいきなり登場する必然性のないブリトニーの物真似(?)は個人的にはいただけなかったなぁ。

 声優陣がエラく豪華で、ほんの小さな役でも結構著名な俳優が当てている。エンド・クレジットで誰がどの声を当てているのか知ったが、僕はポール・ジアマティが声を当てた門番のティムがなんか好き。

 ここ最近のCGアニメでは(技術的には)『マダガスカル』よりも出来がいいと思うし、クリス・ウェッジ監督の前作『アイス・エイジ』なんかよりもはるかに面白かった。考えてみれば、ロボットを描くということはCGアニメにこそ相応しい。

 気を失いかけたビッグウェルドが低音ボイスで「♪でぇ〜いじぃ〜♪」と歌うけど、あれがなんのパロディなのか分かるよね?

【ミュージック】
【CD】 ロボッツ
新品:¥ 2,621
9新品:¥ 559より   5中古品¥ 1より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION