allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

チーム★アメリカ/ワールドポリス(2004)

TEAM AMERICA: WORLD POLICE

メディア映画
上映時間98分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UIP)
初公開年月2005/07/30
ジャンルアクション/アドベンチャー/コメディ
映倫R-18
アメリカ フ★★ク イェ〜
チーム★アメリカ/ワールド・ポリス [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,349
USED価格:¥ 958
amazon.co.jpへ

 Photos
チーム★アメリカ/ワールドポリスチーム★アメリカ/ワールドポリス

【解説】
 往年の人気TVシリーズ「サンダーバード」に感銘を受けた「サウスパーク」のコンビ、トレイ・パーカーとマット・ストーンが、CG全盛の時代に操り人形と精巧なセットを駆使して撮り上げたスーパー・マリオネーション・ムービー。地球の平和を守るためには手段を選ばない世界の警察“チーム・アメリカ”の活躍を、本格的なアクションと過激なパロディ満載で描く。9.11同時多発テロ以降の緊迫した世界情勢を背景に、実在の政治家やハリウッドスターを俎上に載せ、右も左も容赦なく笑い飛ばした問題作。
 テロが繰り返され、混迷を極める今日、邪悪なテロリストに対抗し世界の平和を守るため国際警備組織“チーム・アメリカ”が結成された――。ところは華の都パリ。ターバンを巻いたなんとも怪しげな男たち。と、そこへ颯爽と登場した我らがチーム・アメリカ。男たちをテロリストと見るや街中でマシンガンをぶっ放し次々と始末していく。最後は、ルーブルに逃げ込んだ一人を美術館ごとミサイルで吹き飛ばしてみごと敵の全滅に成功する。しかし、大切な仲間を一人失い悲しみに暮れるチーム・アメリカの面々。一方、リーダーのスポッツウッドは、独裁者がテロリストに大量破壊兵器を売りさばくのを事前に阻止するため、ブロードウェイ俳優ゲイリーをリクルートし、おとり捜査の実行を計画する。ゲイリーは、一度はその要請を断るも、自分の才能を世界平和のために使うべきだと思い直し、チームに参加するのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
サンダーバード(1964〜1966)
華氏911(2004)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
860 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:投稿日:2010-05-06 22:11:55
個人的なツボは、ショーン・”シーシェパード”・ペンの脳内お花畑っぷりと、以前からジミー大西にしか見えないと思っていたマット・デイモンのバカキャラ炸裂。

サウスパーク劇場版よりはお下劣度も低く(というか免疫ができたのか)、最後まですんなり楽しめたが、全体的な完成度はサウスパークの方が上かも。

歌の魅力がもう一つというのもそう感じる要因。日本人にも分かり易い"R"の発音でジョンイル君が歌う"I am so ronery"はなかなか良かったけど。

話題になった人形による濡れ場も、もう一歩踏み込んで欲しかった。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-02-22 16:23:21
涙が出るほど笑ったのがゲロ吐きまくりのシーン。終わったと思ったらまだ吐くのが良かった。ただクライマックスは始めから「ありき」な展開なためインパクトに欠けていたのと、心に残るメッ○ージも不足だった。それすら笑い飛ばす製作陣の下品なパワーが、作品レベルの昇華を阻んでいたのが残念な所。星三つ半。
モンタージュやマイケル・ベイ、アフレックをからかった歌は好きだが、マット・デイモンはちょっと可哀想。
投稿者:クリモフ投稿日:2008-11-13 02:33:23
うん、なかなか面白かった。ただ少し予想していた映画とは違いましたね。
風刺や過激なギャグが満載と思いきや、意外とそうではない。一見過激なんだけど、アメリカやテロ、北朝鮮や俳優達が平等に皮肉られていて、しっかりとした冷静な目線を感じる。保守にも急進にもならずに中立の立場で撮られています。個人的に政治的なメッセージ性は言われているほどではないと思いました。
むしろこの映画の見るべき点は、大作映画をパロッた語り口でしょう。監督もブラッカイマーやマイケル・ベイを馬鹿にしてるようだしね。あほな話に人形を使ってハリウッド映画を撮るっていうところの方が面白かった。ありきたりの展開とか、セリフとか、カメラワークとかもう映画好きなら思わずニンマリしてしまうシーンだらけ。音楽も秀逸。
笑いの種類はアメリカらしく割りと単純なものばかりですが、割と楽しめました。マット・デイモンのくだりは大爆笑。観てみても損はない作品だと思う。
投稿者:まくらK投稿日:2006-08-18 19:05:44
【ネタバレ注意】

一人で観てから話したら
どうしても観たいって人がいて
もう1回観に行って
DVD買ったけどいらんってヤツから
安く買って
メッチャはまってる人みたいやん!
出だしの感じでいってくれてたら
よかったのになあ。
スポッツウッドの○○○を○○○したり
(パルプフィクションの○○○レイプシーンを
 思い出したわ。あれさえなけりゃ・・・)
ゲロがゲロゲロで
俳優が脳みそ撒き散らして
惨殺されるに至っては
笑ってええもんなんかどうか。
自分がその手の場面みて引くとは思わんかった。
いいじゃん俳優が政治的な発言しても
人間なんだから。
サウスパークでコケにされてる有名人は
わからんでもなかったけど。
フィルコリンズとかバーバラとかね。
(そういやロバートレッドフォードとか
 クリストファリーブとかまでやられてたか・・・)
この映画みて
まだジョージクルーニーと
友達なんかな。

投稿者:藤本周平。投稿日:2006-04-25 11:24:46
なんかもうやっちゃったね、って感じ。
投稿者:kuss投稿日:2006-02-25 13:01:13
「まっと・でいもん」と「ベンには学校が必要」に激笑しました。
8点
投稿者:メカゴジラ投稿日:2006-02-01 14:18:08
 
ものすごい才能と手間ヒマをかけて、本気でくっだらねえことをやる人は尊敬してしまうタチなので、この映画を見てますますトレイ&マットに対する尊敬を深くしました。
精巧なパペットとミニチュアを駆使したインチキ整形手術にベッドシーンに大量ゲロ噴出にハリウッドスター大虐殺。「パールハーバーはクソ」に「モンタージュ」マジ最高です。
くっだらねえにも程があります。素晴らしいです。

シャレのわかる方にはぜひお勧めしたい名作です。
ウンコとかゲロとかが苦手な方、そもそも彼らの作品を観ないように。
投稿者:フリクリ投稿日:2006-01-17 12:48:40
【ネタバレ注意】

これのどこが面白いんでしょう・・・。
人形のSEX、ゲロのシーンもキモいだけ。
ストーリーも、サウスパークの作者にしては何のひねりも無い。
ハリウッドスターたちを殺すのも大して面白くない。
「それがどーしたん?」って感じです。
観る前に、とある雑誌で監督たちのコメントがあったのを覚えている。
「映画の大半を作っているのはクリエイターであり、役者など底辺の仕事だ。
なのに奴らは莫大な報酬をかっぱらう。ショーン・ペンみたいな2流役者が演技派を気取るのは我慢ならない。
アメリカ人の大半はブラッカイマーのバカ映画に満足している。」
などと、現在のハリウッドをぶった切る姿勢のコメントに共感した。
そんな姿勢でこの映画を作ったのだと思っていたが、これを観た後は消沈した。
正直、何が言いたい映画だったのだろう・・・。
「劇場版 サウスパーク」は最高だった。
でもTVシリーズでは、ケニーが毎回死ななくなったあたり、「ロードオブザリング」のつまらないパロディの話あたりから観るのをやめた。
マットとトレイももはや落ちぶれたのかな?

投稿者:irony投稿日:2005-12-25 01:27:21
 ゲロ吐きのシーンはこれでもかって言うくらい続く、これにはマイった。まぁ普通の映画を見ている人(感動モノとか)は見ない方が賢明でしょうなぁ(笑)マイケル・ムーア他著明な俳優陣をとにかく抹殺しまくりで(笑)楽しめました。こんな映画を上映出来るのもアメリカなんだよね〜〜(笑)
投稿者:黒美君彦投稿日:2005-09-11 10:27:45
バカバカしさの極致というか、何というか、とにかく爆笑してしまう下劣さ、品のなさ、節操のなさ。その一方でマリオネットの緻密さというと、これまた凄い技術を駆使しているのだから、全く何をかいわんや。バカだね〜としかいいようがない(苦笑)。
政治的な問題を政治性を無視してとにかく全てをふっ飛ばすという、ある意味非常にわかりやすい作品。完成にこぎつけたスタッフには拍手を送りたいが、ハリウッドへの過剰なまでの恨み?悪意?をそこここに感じる。それはそれで楽しいのだが、当のアメリカの政権の方々が登場しないのは、国内での上映に配慮してだろうか。主題歌もパール・ハーバーはクソ映画だ、もアイムソーロンリ〜も、モンタージュもそれぞれ笑えたし、これもありか?あめりか?と思いつつ、お前ら全部他人事だろう、とも感じたのでした。
投稿者:Longisland投稿日:2005-08-31 22:47:21
本作品のお馬鹿ぶりは↓各位が存分に書き込んでいらっしゃるので付け足すことはありませんが、お馬鹿なキャラクター(ハリウッド有名俳優)は爆笑。その上作品中の楽曲が超お馬鹿でいい! 「I am so lonely」byキム・ジョンイル、「montage」、あと♪パールハーバーは糞 マイケル・ベイはなんで映画を撮り続けられるんだ〜♪は最高!
投稿者:ゆうじ投稿日:2005-08-30 09:44:42
テロリストや反米的な者達を叩きのめしぶっ殺していく映画だが、そこには政治的な主義・主張は無し。ただ、「こいつは何となく嫌いだから排除する」という単純な理由があるだけ。大体、「俳優は威張っているから嫌い」という理由で並み居る大物俳優達を皆殺し、「自分たちの作品を無断使用した」という理由でマイケル・ムーア監督がミンチになってしまうのだから、これは私怨レベル。まあ、「サウスパーク」に続く壮大な(?)悪ふざけと思えば、なかなか楽しめる。観客は、あまりのグロさにかなり引いていたけれど・・・。

音楽はかなりの名曲(迷曲?)がそろう。テーマソング(?)「アメリカ、ファック・イェー」の乗りのよさも捨てがたいが、個人的には金正日が歌うバラード「アイム・ソー・ろ〜んり〜」が秀逸。
投稿者:メンタイ投稿日:2005-08-21 06:53:03
なんともアメリカンな映画だ。
もーハリウッドの大物役者達がよくOKしたな〜〜〜ってくらい
実名の人形で出てきて、ヤバいシーンの連続。
「人形劇でR18ってなによ」
って思っていたら、もーとんでもないよ。
エロとグロとスカトロとスプラッタの連続。
人形同士のセックスシーンなんて「チャッキーの花嫁」以来だよ。
トレイ・パーカーって凄いな。マイケル・ムーアすら殺しちゃうんだもん。
ってか、金正日は・・・大丈夫なのか・・・?しかもあのラスト( ̄▽ ̄;)!!ガーン
おいら的にはちょっとやり過ぎ感が先走っちゃったかな。
ハマる人と、ドン引きする人と割れますね〜〜おいら真ん中(^0^;)

「ベン・アフレックには俳優養成学校が必要。
 なんでマイケル・ベイはまだ映画を撮れるんだ?
 “ハール・ハーバー”とんでもない糞映画。
 僕も“パール・ハーバー”のような失敗はしたくない」

記憶が定かではないがこんなような歌詞とか平気で歌ってます。
これは爆笑したよ(^0^)http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:cloudy投稿日:2005-08-16 18:15:55
爆笑しました。
しかし、これほど好き嫌いが分かれる映画もないのでは?
エグイのがだめな人、ハリウッド大作映画大好きな人には全くお勧めできません(言われなくても観ないと思いますが)。
「悪ふざけしすぎ」との声もありますが、ありとあらゆるものを揶揄し、ふざけまくった結果、(意図したのかどうかは分かりませんが)意外とポイントついてる箇所もあり。
「ハリウッド映画なんて!」という人より、「大好きじゃないけど、実はハリウッド映画結構観るんだよね」という映画ファンにお勧め。
こういう映画がつくられ続ける限り、わたしはアメリカ好きです。

投稿者:サブマリン7投稿日:2005-08-14 21:52:02
アメリカの正義感が世界にとって迷惑であることを風刺しているような気もするが、それを極めてライトにギャグで笑い飛ばしているところもやはりアメリカ映画。
爆笑するところは多いが、2回見ようとは思わない。一般的な見どころはやはり人形ならではの、濃厚なHシーンか?w スカトロシーンとバーでのリバースシーンは萎えるが・・・・

何にも考えずに適当に笑いたい時にDVDレンタルするレベルの映画。 
投稿者:ピープル江川投稿日:2005-08-04 03:29:41
全てにノーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
でゲラゲラだ!
のーふゅーちゃーフォーミー
って映画
ファックーヤーーーーーーーーーー
これがゼンベイ一位(たぶん)があの国のいいところ。
慎太郎も褒めてみなさい!
昔は障子をぺニ麿でやぶってたんだし!http://d.hatena.ne.jp/pegawa/
投稿者:青江又八郎投稿日:2005-07-31 01:48:55
【ネタバレ注意】

笑いの中の鋭い批判というものを期待した方からは不満もあるようだが、マイケル・ムーアのような批判のあり方そのものも極めてアメリカ的なのであって、そういう意味ではここまでやって初めて批判としての相対化はできるだろう…
もっともそういうことを考えずブラックユーモアを満喫するのがこの映画では一番な気はするけどね。その下品さやぶっ飛び内容ばかりが指摘されているが、それらが上手く機能しているのは彼らのカメラアングルなどの映像技法や編集、演出が見事なため。映画というものが蓄積してきた技術(人形操演や特撮も含む)を巧みに使って韻を踏みつつとんでもないことをする。また、チーム・アメリカや有名人の面々も凄いが、その背景となっている町並みや人々の芝居が実に細かく丁寧に作られている。こういった点もよくよく注意して観ていただけたらと思う。単なるバカ映画ではない…真にバカ映画たらんとした映画なのだ。

個人的にはスーパー兵器のガジェット感の小気味良さ、モンタージュ技法の歌と『パールハーバー』の歌、そしてジープからピンチの合図を送り続けるゲイリーのなんとなく困った顔(人形だからできる表情)がツボでした(爆笑)後、サウスパークの時もそうだったがボールドウィン兄弟になんか恨みでもあるんかね(笑)

投稿者:マイカル投稿日:2005-07-13 03:14:51
オエッてなった。
とにかく悪趣味で気持ち悪い。
おまけに表面上はテロ対策を皮肉っているようだけど、マイケル・ムーアや共産党批判者を散々「ぶった切る」ところを見ると「本当は違うんじゃないの」としか思えなかった。
投稿者:gohandesuyo投稿日:2005-07-03 14:15:25
悪を背負う覚悟なのかノーテンキな選民意識なのか。
いずれにしろ日本はこの知性に勝たねば明日も属国。
未見だけど・・
日本人も肉を食うなら自分で屠殺しろ。
金だけで石油が買えてると思うな。
悪から逃げるな。
日常のそこらじゅうが暴力だらけ。
何がファイトクラブじゃ。
ママゴトやってんじゃねえ。

追記
笑ってる人は勘違いしてると私は思うのであります。
アメ公はマジだよ。
投稿者:eiji_in_uk投稿日:2005-06-14 22:17:23
マリオネットの動きが精密なときもあれば、歩行シーンは案外いいかげんに操作されてたりとその辺がチャランポランさがたまらなくいい。
多少、英語ができないと理解できないギャグなんかもあると思うけど日本ではどう訳されるのかな。例えばFAGとか。
パナマ運河の洪水シーンはなんか津波の被害(実際に現場を見てないが)を連想した人も多いのでは。
パート2なんか作ってもらえたら嬉しいんだけどな。
投稿者:南セントレア市投稿日:2005-06-12 20:38:34
トレイ・パーカーのいいところは、保守もリベラルも嫌いという中学生並みの政治意識。
投稿者:SYCO投稿日:2005-05-20 01:45:38
愛国主義をおちょくった反保守派映画なのかと思えば、同様にリベラル派キャラももケチョンケチョンにけなして、全員虐殺している。
結局、全てをパロディにして、笑いを取ればそれでOKなのか?
マイケル・ムーアのように、笑いを取りながらも鋭いところを突く映画を期待していたのに、ただのバカ映画でした。
ただ、人形の技術や、バックのミニチュアの丁寧さは素晴らしいです。
本物の猫をヒョウとして使ったり、キムジョンイルがゴキブリになって、宇宙に脱出したりするアイディアも良い。
それにしても、多くの優れたアーチストや、技術者が、よくまぁ、こんな映画に協力したと思う。 それがハリウッドのデカダンなのかもしれません。
http://www.geocities.jp/obobsyco/
投稿者:earthblue投稿日:2005-04-23 00:27:50
★★★☆☆

試写会でいち早くみた。 笑った!

なんてドギツい笑いなんだ。問題作。下品。お下劣。危ない。グロ。そして世界の警察官「アメリカ」を茶化す痛快さ。返す刀でリベラル派ムービースターもマイケル・ムーアもバッサリと斬る。なんつったって人形劇のくせに18禁映画。でも確かに「よい子」は絶対見ちゃいけない。

全編、Fワードと残虐な笑いが入り混じる、かなりオトナ向けの笑いの連発で試写会場では引きつった笑いが漏れる。意外と女性が笑っていたような。でも初デートでは絶対に観に行ってはいけません。

あの個性派アニメ「サウスパーク(無修正映画版)」の製作チームによる人形劇。見た目はサンダーバード的。だけどお人形さんたちのやることは実際の人間以上にエッチで残虐。見た目かわいいので油断してると危ない笑いに巻き込まれるパターンはまさにサウスパークと同じ。

「チームアメリカ」はボスと5人のヤングアメリカンによる世界を守る警察みたいなチーム。戦闘機やヘリなど最新装備で固めてる。頭に布切れを巻いた髭面のテロリストが大量破壊兵器を持っていると知るや、世界の平和を守るために出動する。テロリストを懲らしめるためならパリではエッフェル塔を壊し、カイロでピラミッドを粉々にするのは至極当然。代償のない自由などありえないのだ。しかし彼らはアメリカン。テロリストを殺し、多くの人を巻き添えにしながらも、チーム内の色恋沙汰に夢中。 おバカだ。

なんと隣国の独裁閣下もパペットとして登場。アメリカの映画なのに北朝鮮を中国や日本とごっちゃにして表現するということもなく、かなりリアル。感心した。 日本では夏休み公開にも関わらずR18指定作品となりました(笑

十分笑えたがあまりにお下劣なので★は3つ。

http://earthblue.livedoor.biz/
投稿者:ちゃき投稿日:2004-12-18 18:48:10
サウスパークの製作者たちがここぞとばかりに、やってくれちゃいました。
CGはもう飽きたんだ、という製作者たちのコメント通り、すべて実際にミニチュアで作って撮影。
彼ららしいヘビーなジョーク満載です。
操り人形とは思えない微妙な動きも全て本物です。

このなかでのラブシーンがネットでベストにノミネートされたりだと何かと話題の絶えない映画。http://www.geocities.jp/milestones1980/
投稿者:ASH投稿日:2004-12-18 14:05:17
【ネタバレ注意】

 しかし、このトレイ・パーカーの底意地の悪さってどーよ!

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ アクション・シーン賞 テロリストの襲撃
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION