allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

Jam Films S(エス)(2004)

メディア映画
上映時間118分
製作国日本
公開情報劇場公開(ファントム・フィルム)
初公開年月2005/01/15
ジャンルドラマ/サスペンス/SF
ついに、完結。最後はスゴい!
Jam Films S [DVD]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 859
USED価格:¥ 170
amazon.co.jpへ

 Photos
Jam Films S(エス)Jam Films S(エス)

【クレジット】
監督:薗田賢次
「Tuesday」
高津隆一
「HEAVEN SENT」
石川均
「ブラウス」
手島領
「NEW HORIZON」
阿部雄一
「すべり台」
原田大三郎
「α」
浜本正機
「スーツ -suit-」
プロデュース:河井信哉
エグゼクティブプ
ロデューサー:
三宅澄二
梅村宗宏
プロデューサー:梅川治男
内野敦史
「Tuesday」
薗田賢次
「Tuesday」
北村龍平
「HEAVEN SENT」
進啓士郎
「HEAVEN SENT」
木村俊樹
「ブラウス」
山口順久
「NEW HORIZON」
行定勲
「NEW HORIZON」
松岡周作
「すべり台」
中沢晋
「α」
油井宏幸
「α」
橋口一成
「スーツ -suit-」
飯田譲治
「スーツ -suit-」
原案:望月六郎
「ブラウス」
手島領
「NEW HORIZON」
阿部雄一
「すべり台」
浜本正機
「スーツ -suit-」
脚本:薗田賢次
「Tuesday」
高津隆一
「HEAVEN SENT」
龍一朗
「ブラウス」
行定勲
「NEW HORIZON」
手島領
「NEW HORIZON」
元優
「すべり台」
福田卓郎
「α」
飯田譲治
「スーツ -suit-」
撮影:平舘良隆
「Tuesday」
山神俊二
「HEAVEN SENT」
下元哲
「ブラウス」
福本淳
「NEW HORIZON」
津田豊滋
「すべり台」
鯵坂輝国
「α」
小林嘉弘
「スーツ -suit-」
音楽:ZEEBRA
「Tuesday」
森野宣彦
「HEAVEN SENT」
矢野大介
「HEAVEN SENT」
神尾憲一
「ブラウス」
蓮実重臣
「NEW HORIZON」
いいのまさし
「すべり台」
スネオヘアー
「α」
NOISY FISHERMAN
「スーツ -suit-」
照明:平野勝利
「Tuesday」
阿部力
「HEAVEN SENT」
市川徳充
「NEW HORIZON」
柴田信弘
「すべり台」
遠藤光弘
「α」
三上日出志
「スーツ -suit-」
助監督:山崎友也
「Tuesday」
斉藤博士
「HEAVEN SENT」
江良圭
「ブラウス」
権田里恵
「NEW HORIZON」
中村有孝
「すべり台」
神徳幸治
「α」
川口浩史
「スーツ -suit-」
出演:ZEEBRA
「Tuesday」
岩堀せり
「Tuesday」
金井勇太
「Tuesday」
三城晃子
「Tuesday」
原章馬
「Tuesday」
味野和明日架
「Tuesday」
遠藤憲一
「HEAVEN SENT」
乙葉
「HEAVEN SENT」
小雪
「ブラウス」
大杉漣
「ブラウス」
綾瀬はるか
「NEW HORIZON」
石原さとみ
「すべり台」
柄本時生
「すべり台」
渡邊沙帆加
「すべり台」
乃勢捷聖
「すべり台」
山崎まさよし
「すべり台」
内山理名
「α」
スネオヘアー
「α」
藤木直人
「スーツ -suit-」
小西真奈美
「スーツ -suit-」
濱田マリ
「スーツ -suit-」
三津谷葉子
「スーツ -suit-」
千田正穂
「スーツ -suit-」
螢雪次朗
「スーツ -suit-」
【解説】
 個性派や実力派の監督たちが結集し、それぞれ独自の手法で短編を手掛ける斬新なコンピレーション・オムニバス・フィルムの第3弾。今回は1作目の監督たちが“今最も才能を感じるクリエイター”7人を人選。豪華キャスト陣を配してバラエティーに富んだ7つの短編を手掛けた。
 「Tuesday」――ごく普通の火曜日、淡々と食事を終えた男の行く先は…。「HEAVEN SENT」――高層ビルの屋上で重傷を負った男の前に謎の女が現われる…。「ブラウス」――中年男の営むクリーニング店に美女が白いブラウスを持って訪れるが…。「NEW HORIZON」――サヨコは人々と同じく朝の来ない3日目を楽しむが…。「すべり台」――転校する夏美と同級生・且人の淡い場面をこっそり窺う男。「α」――街ではなぜか個性を求める人々や個性を強調するCMが氾濫し…。「スーツ -suit-」――2004年、サラリーマン今野は新兵器“スーツ”を装着して日本を救うことに…。
<allcinema>
【関連作品】
Jam Films (ジャム フィルムズ)(2002)第1弾
Jam Films 2(2003)第2弾
Jam Films S(エス)(2004)第3弾
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
12 2.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2006-10-14 00:35:29
短編だからといって、作ればいいってもんじゃない。
投稿者:ANDRE投稿日:2006-07-25 17:27:26
ひどい、ひどすぎる。こんなものが劇場公開されたなんてゾッとする。
空っぽな内容しか語れない未熟な監督達のお遊びフィルムを、金取って見せるというのは
ほとんど詐欺じゃないの。まず第1・2話を見て、こんな世界を本当にカッコイイと思って
撮ってるんだろうかと赤面した。しかも最終話はまたしても飯田譲治の陳腐きわまりない
原案による、悪夢のように退屈な一作。あなたのアイデアは死んでます。
ほぼ2時間をムダにさせられ、怒りがこみ上げてくる。
「怪談新耳袋」の方がなんぼかマシだわ。
投稿者:かっこう投稿日:2006-04-09 22:33:46
「ブラウス」と「すべり台」が好きでした。
「Tuesday」とか「α」は、アイデアは良くても見せ方がちょっと。
ラストってのは、確かに残念ですね。
投稿者:サモ・ロー投稿日:2005-08-23 12:30:36
終わるのか・・・・残念だ
結構好きなショートムービーなんだけどな〜
投稿者:お気楽極楽投稿日:2005-01-20 20:05:23
ショートフィルムは「切れ」が重要だと思っています。イメージや雰囲気だけで押すには時間が必要。そういう意味であまり評価できない作品もありました。新人の登竜門的存在として、この手のオムニバスは価値が高いので、これにて一段落なのは残念です。
それにしても、小学生役のできる石原さとみって貴重な女優です。
【エピソード】
1Tuesday 
 
2HEAVEN SENT 
 
3ブラウス 
 
4NEW HORIZON 
 
5すべり台 
 
6α 
 
7スーツ -suit- 
 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】Jam Films S2005/06/24\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】Jam Films Sレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION