allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マスク2(2005)

SON OF THE MASK

メディア映画
上映時間96分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)
初公開年月2005/04/16
ジャンルコメディ/アクション
再び、世界中が大フィーバー!!

【解説】
 ILMのVFX技術とジム・キャリーの全身を駆使したコミカルな演技が評判を呼び世界中で大ヒットした94年製作のナンセンス・コメディ「マスク」の続編。今作では生まれながらにしてマスクのパワーを持ったスーパーベイビーが登場、マスクとベイビーを巡ってさらなる大騒動が繰り広げられる。主演はジム・キャリーに代わって「スクリーム」シリーズのジェイミー・ケネディ。監督は「キャッツ&ドッグス」のローレンス・ガターマン。
 漫画家でいまはアニメスタジオに雇われている小心者の青年ティムは、ある日、愛犬オーティスが拾ってきた奇妙な緑色のマスクを被ってしまう。人格が変わり大胆になった彼は、会社の仮装パーティで一躍ヒーローに。そのまま家に帰り、妻トーニャと情熱的な一夜を過ごす。やがて月日は流れ、その時に授かった赤ちゃんアルヴィーが生まれる。不思議なことに、アルヴィーはマスクを被っていないのに、どうやらスーパーパワーを備えているらしい。一方、緑のマスクはオーティスがいつのまにか被っていて家の中は大騒ぎ。そこへ、マスクの本来の持ち主であるいたずらの神様ロキが取り返しにやってきた。
<allcinema>
【吹き替え】

金曜ロードショー
※このデータは放送当時の情報です。
東地宏樹ジェイミー・ケネディティム・アヴリー
森川智之アラン・カミングロキ
水町レイコトレイラー・ハワードトーニャ・アヴリー
うえだ星子ライアン・ファルコナーアルビー・エイブリー
西村知道ボブ・ホスキンスオーディン
佐々木梅治ベン・スタインニューマン博士
放送2009/04/24 日本テレビ 金曜ロードショー

DVD
田中直樹ジェイミー・ケネディティム・アヴリー
遠藤章造アラン・カミングロキ
ベッキートレイラー・ハワードトーニャ・アヴリー
金田朋子リアム・ファルコナー
内海賢二ボブ・ホスキンスオーディン
収録【DVD】マスク2 特別編
【関連作品】
マスク(1994)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1358 4.46
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:流氷一滴投稿日:2017-03-07 23:01:43
十数年前のGWに子供にせがまれて東京で見ました。
いや、こんなドタバタ喜劇とは思っていませんでした。大人を楽しませるほどの出来ではないです。
途中でウトウト居眠りしかかったのも事実です。CGの出来がすばらしいだけです。

映画が終わって劇場から出てきたのは高校生と思えるカップルが大半。子供を連れて出てきたお父さんは疲れ切った顔をしてました。わかるなあ・・・

デート映画としては悪くないと思いますよ。少なくとも、見た後で気まずくなることはありませんから。いまならレンタルかな。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-07-23 23:34:05
なにがどうしてこうなった?
投稿者:uptail投稿日:2010-03-19 22:27:10
ジェイミー・ケネディ
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-26 21:28:18
前作がそんなに好きではないので期待はしてなかった。

でも意外と楽しめたんでびっくり!!

個人的には1より好き。
投稿者:william投稿日:2009-05-06 01:04:23
前作とは全く別物のダメ映画!!あのジム・キャリーのブラックなパフォーマンスの数々は何処に?お子様向けのTVムービーレベル。
投稿者:TAKAHASHI投稿日:2008-02-12 12:44:03
決して駄作とは思わないが、対象年齢が12歳以下ぐらいかと。 ジムキャリーが出ていないという以前に前作と、ほとんど共通点がない。 アメリカの子供向けアニメが好きなら、この映画も楽しめると思う。
投稿者:映画オタク投稿日:2006-09-03 16:51:16
一体どうして私はこんな映画を観ようと思ったのでしょう・・・
駄作の中の駄作です。ズバリ、ラジー賞を獲るために作られた映画といっていいでしょう。
むしろこんなの映画じゃありません。駄作過ぎて評価のしようもありません。
もう二度とこのような駄作が世に放出されぬよう、祈る限りです。
投稿者:irony投稿日:2006-04-21 18:25:56
 いい程の駄作、センスの欠片もない。
投稿者:bond投稿日:2006-04-11 13:08:58
続編で失敗した類でしょ、しかも主人公変えちゃって(ジムキャリーは売れたから出ないか?)でもそこそこ楽しめたからいいか。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-04-07 19:05:43
家族の絆が中心となっているので前作のようなブラックなテイストの映画ではないのが残念。
投稿者:hira投稿日:2005-05-30 20:32:00
 最終週にガラガラの渋谷の映画館で鑑賞しました。
 『アナコンダ2』に続く遅すぎた続編の第2弾ですね。確か、すぐ続編は出来る予定だったのですが、ジム・キャリーのギャラの問題で先送りになったのでした。結局出演は叶いませんでしたね。
 前作に特に思い入れもないのですが、本作は楽しめましたよ。というよりも前作より面白いんじゃないでしょうか。あまりにもストレートなギャグに場内がまったりとした笑いに包まれていたのが印象的です。映画のパロディも織り交ぜたのも良かったですね。主人公ティムの思考がずっと夢心地なのもトリップ感覚があって独創的でした。願わくば彼にはもっとマスクをかぶってほしかったです。2回は少なすぎでしょう。
 主役は『スクリーム』シリーズに出ていたような気がするジェイミー・ケネディ。かなり老けましたね。悪役(?)はアラン・カミング。流石のエキセントリックな演技です。『スパイ・キッズ』と弱冠かぶってますが・・・(笑)。
 柳の下にドジョウはいなかった本作ですが、スピーディーなアクション・コメディに仕上がってますよ。
投稿者:Cinema Trek投稿日:2005-04-19 00:37:35
何も考えずに、ジム・キャリーの「マスク」の続編と思って劇場へ飛び込んだが、主演がジム・キャリーでない作品。CGは前作に比べるとレベルは上がっているもののジム・キャリーのあく強い演技がなくなって万人向けからお子様向けの作品となっている。ちょうど、「ピンク・パンサー」のピーター・セラーズが亡くなって、ロベルト・ベニーニの「ピンク・パンサーの息子」を観たような感覚で、適任の俳優と代わって続編を製作されたところで、例え有名なコメディアンであっても雰囲気が別になり異種的な作品となってしまう。今回のは、ジム・キャリーの「マスク」が当たったので、別の俳優を立ててテレビ化されたものを観ているようで、前作ほど笑えなくB級映画を観ているような雰囲気であった。

20050417_Cinema鑑賞_70点
投稿者:bob投稿日:2005-04-18 09:24:35
この映画のギャグのつるべ打ち、そしてテーマ性、セクシュアルで暴力的雰囲気は前作以上にテックス・アヴェリーの一連のカートゥーンを思わせる。
これが安易なジム・キャリー版「マスク」に便乗した商品だと切って捨てるにはあまりに見当違いな批判ではないのか。
産まれた赤ちゃんがスーパーベイビーという設定が安直な発想だと言われる人にはテックス・アヴェリーの「ジェット機坊や」を見てほしい。
テックス・アヴェリーのカートゥーンに感じる「笑い」と「恐怖」のダブルパンチは見事に「マスク2」で再現された。
これはアメリカのカートゥーンの好きな奴らへの今年最高の贈り物だ!
そしてこの映画を作ったニューライン・シネマは偉い!
投稿者:た・ぴ・お・か投稿日:2005-04-17 23:11:37
【ネタバレ注意】

 前作があまりに面白かっただけに、今回も期待して観たらガッカリするだろうと思っていたが、その予想をさらに下回る作品。

 まずは、『マスク 2』という邦題は失敗でしょう。おそらくは前作の人気をアテにして集客を目論んだネーミングだと思うが、原題は"THE MASK 2 ; SON OF THE MASK"じゃなく"SON OF THE MASK"なんだから。ロキのマスクを着けた主人公が活躍するという前作のイメージを持って観たら完璧に肩すかしを食わされる。

 そして、笑えるシーンが全くないのも致命的。前作はジム・キャリーの巧さがあってしかも効果的にギャグが配置されていたから成功したが、今回は面白くもないギャグを連発されて、観ていて正直ウンザリした。

 登場人物には華がなく、つまらないギャグをつなげるためにストーリーを無理矢理こじつけたような出来で、こんな作品を『マスク 2』などと称して公開するギャガや東映に良心というものはないのか?とまで思わせる作品。くどくどと書いてしまったが、ひとことで言えば「駄作」に尽きる。http://www.tapioka1002.com

投稿者:candycane投稿日:2005-03-28 12:29:38
「マスク旋風が吹き荒れマスク!」・・・ってダジャレかい!!
前作は面白かったです。地上波でまた放送されるので観ようと思います。ジム・キャリーいいね!2にも出てほしかったのに・・・ギャラの関係で断ったらしい。10年経った現在、ジム・キャリーとキャメロン・ディアスは大スター!!もちろんギャラも半端なく多い。制作費をもうちょっと増やせばよかったのに。
そんなこんなで今回はジェイミー・ケネディが主役。大丈夫かジェイミーで・・・?まぁ期待はしてないけど。彼には主役より脇役の方が似合うと思うが・・・。いつまでも脇役でいてくれよジェイミー!!いつも応援してるぞ!そして戻って来いジム・キャリー!!

しかし、日本語吹替版にはもっと期待できない。何故ココリコとベッキー?芸能人がやった吹替で成功した例は少ない。プロの声優さんで良かったのに。しかも出演した俳優の顔に似てるからという理由だけで選ばれるのには納得いかない。話題性だけの人選なのか。もし観るとしても吹替版では観ない。続編では前作を超える事はあまりないのだから、前作が好きな方は期待し過ぎないほうが良い。
投稿者:トトロ投稿日:2005-01-12 01:59:12
ジム・キャリーじゃなくてもいいじゃないですか〜。今回主演のジェイミー・ケネディーは
アメリカでも独自のコメディー・ショーですごく有名。「Jamie Kennedy Experiment」を見たら分かると思いますよ〜。彼のマスク2はどんなのか、楽しみ!
投稿者:パクリ投稿日:2004-12-29 21:06:07
おや?何かの間違いですか?
ジム・キャリー出てないのに「2」?
これじゃ絶対売れないぞ・・・
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト作品賞 
 □ ワースト主演男優賞ジェイミー・ケネディ 
 □ ワースト監督賞ローレンス・ガターマン 
 □ ワースト助演男優賞アラン・カミング 
  ボブ・ホスキンス 
 □ ワースト脚本賞ランス・カゼイ 
 □ ワースト・スクリーン・カップル賞ジェイミー・ケネディ ジェイミー・ケネディ&彼と同じスクリーンに映った人たち
 ■ ワースト・リメイク・続編賞 
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】マスク2レンタル有り
 【VIDEO】マスク2レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION