allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

最後の晩餐(2004)

THE LAST SUPPER

メディア映画
上映時間92分
製作国日本
公開情報劇場公開(アムモ)
初公開年月2005/02/12
ジャンルホラー/サスペンス
最後の晩餐 [DVD]
価格:¥ 1,000
USED価格:¥ 550
amazon.co.jpへ

 Photos
最後の晩餐最後の晩餐

【クレジット】
監督:福谷修
監修:ラン・ナイチョイ
エグゼクティブプ
ロデューサー:
倉谷宣緒
プロデューサー:小沼雄一
原作:大石圭
『湘南人肉医』(角川ホラー文庫刊)
脚本:福谷修
撮影:岡雅一
フォン・ユンマン
(香港編)
特殊メイク:広瀬諭
編集:福谷修
音楽:トルステン・ラッシュ
エンディングテー
マ:
櫻井敦司
『惑星 -Rebirth-』
出演:加藤雅也小鳥田優児
匠ひびき秋本加奈子
三輪ひとみ椎名亜美
原史奈峯村沙希
前田綾花小川ルミ
スーキー・リークリスティ
小林且弥下田刑事
神田利則富野亮平
(友情出演)
松田優柳原幹也
(友情出演)
松方弘樹立花刑事
【解説】
 ホラー小説界のヒットメイカー大石圭の『湘南人肉医』を「自殺マニュアル」の福谷修監督が映画化した禁断のカニバリズム・ホラー。美容整形外科の名医が人肉を食すことに取り憑かれ、次第に常軌を逸していく姿を描く。主演は「荒ぶる魂たち」の加藤雅也。共演は元宝塚歌劇団花組トップの匠ひびき。
 湘南で美容整形外科医として働く小鳥田優児。多くの女性を見違えるほどの美人に変貌させたその腕は“ゴッドハンド”と称され、いまでは富と名声を欲しいままにしていた。そんな彼も、生まれつき左足に障害を持ち、かつては極度のコンプレックスを抱え生きていた。しかし、ある事件をきっかけに自信をつけ、医者としての才能を開花させたのだった。ある時、彼の高級マンションに、その優雅な独身貴族生活を取材するためテレビ局がやってくる。そこで優児はレポーターの沙希に自ら生肉を調理し朝食をふるまう。未知の味覚に沙希は感嘆の声を上げるのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
220 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:osim投稿日:2007-01-12 03:58:16
元祖国際派俳優である加藤雅也のファンなので観たが、久々にハマり役だったと思う。香港ロケの猟奇的なシーンも彼が演じると何処か外国映画のような錯覚に陥る。渡辺謙に先を越されてしまったが、加藤雅也には頑張ってもらいたい。因みにこの映画、日本ではパッとしなかったが、スコットランド国際ホラー映画際では準グランプリ受賞していた。他にも海外のファンタジー系映画祭に多数招待を受けている。日本人よりも西洋人にウケル映画だったのか。因みに見応えのあるところは、人肉料理、映画音楽、タイトルバックのCG。それから松方弘樹の怪演(ホラー映画初出演)は、お勧め。噂によると映倫審査員達が激怒したらしい。カニバリズム映画に慣れない方にはお勧めできない。何故なら、美味しい肉料理が食べられなくなってしまう。
投稿者:BLADE投稿日:2006-03-09 12:48:45
ギレルモ・デル・トロ監督の「ブレイド2」のようなリアルな特殊メイクと
比べると、本作の特殊メイクはリアリティに欠けていた。音響がリアルな
だけに、もっと工夫してほしかった。それを除けば、面白い。主人公も良いが、
刑事役の松方も怪演でよかった。三輪ひとみの生首も印象的。
投稿者:さとせ投稿日:2006-01-09 20:46:57
美容外科のカリスマ先生が人肉に興味を持ち、次々と女性を殺害。
殺害した女性の人肉を食するという話。
原作「湘南人肉医」(大石圭・角川ホラー文庫・5段階評価の3・5)は、
映画よりも面白い。
投稿者:プリズム5投稿日:2005-07-24 20:48:37
「自殺マニュアル」がどうしょうもない愚作だったので駄作を覚悟で観ましたが、今回は演出等改善されていてそこそこ見れる佳作に仕上がった感じがします。ホラー初出演と言う松方弘樹も頑張っていたと思う。だが、特殊メイク陣のあの人体パーツのお粗末な仕事ぶりは何なのだろうか。猛省を促したい。
投稿者:ドロンパ投稿日:2005-06-04 10:05:08
【ネタバレ注意】

中盤まではなんの問題もなく観てましたが、冷蔵庫から被害者の生首がゴロン..ムム、これが人間の生首!?
これはマネキンの出来損ないか、小学生が作った頭の模型でしょ。
いや、制作者は「このシーンは作り物の生首を出して、後から本当の被害者の生首が..」とも思ってましたが、やっぱり生首らしいです。
あとはもうダメ、生首ですべてが台無しです。
絵空事としての物語も成立しなくなって、観ていて悲しくなってきました。
終盤に出てくるオブジェも...
さらにDVDのメイキングを観たら、今度は怒りがこみ上げて来ました。
ある意味、近年では一番印象に残る作品です。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】最後の晩餐2005/04/29\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】最後の晩餐レンタル有り
 【VIDEO】最後の晩餐レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION