allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ベルリン、僕らの革命(2004)

DIE FETTEN JAHRE SIND VORBEI
THE EDUKATORS

メディア映画
上映時間126分
製作国ドイツ/オーストリア
公開情報劇場公開(キネティック=コムストック)
初公開年月2005/04/29
ジャンルドラマ/ロマンス/青春
映倫PG-12
彼らの今は、あなたが純粋だったあの頃
ベルリン、僕らの革命 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 5,980
USED価格:¥ 1,242
amazon.co.jpへ

 Photos
ベルリン、僕らの革命ベルリン、僕らの革命

【解説】
 理想に燃える男女3人の若者が主人公の青春恋愛ドラマ。現代ドイツにおける社会情勢を背景に、青臭くも情熱的なレジスタンス活動を続ける青年の恋と友情や、大人世代との埋めようのない溝に葛藤する姿を瑞々しいタッチで綴る。監督は長編二作目となるハンス・ワインガルトナー。主演は「グッバイ、レーニン!」のダニエル・ブリュール。
 ドイツ、ベルリン。社会に対し自分なりの理想を抱き正義感に溢れる青年ヤンと、15年来の親友ピーターは、秘密裏にある活動を行なっていた。彼らは“エデュケーターズ”と名乗り、金持ちの留守宅に不法侵入しては家具を動かし、“ぜいたくは終わりだ”などと警告文を残して立ち去るのだった。それは、富裕層ばかりが優遇される現体制への彼らなりの異議申し立てだった。ピーターの旅行中、ヤンはピーターの恋人ユールにこの秘密を打ち明ける。その事実に興奮したユールは、ヤンを説得して、自分の借金の原因である金持ち、ハーデンベルクの邸宅に2人で忍び込むのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
865 8.12
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:william投稿日:2007-12-11 13:19:49
"お前たちは一生変わらない"
いつの間にか忘れてしまっていた"純粋"を、改めて教えてくれた“エデュケーターズ”。
心から「ありがとう」と言いたい。
投稿者:華氏148投稿日:2005-06-30 05:20:08
この映画の魅力は、中盤から分かってきます。それまでは退屈。ヨーロッパってインテリなのねと思っておきましょう。
 主人公が事件に巻き込まれてから、この映画の伝えたいことが分かってきます。やり場のない怒りを表現し、行動しようという“間違った情熱”とその裏に潜む失望。恋も友情も喜怒哀楽もごちゃ混ぜに考える、幼さと不器用さ。結局、社会は変わらない。という切ないメッセージがこの映画の中にありました。悲観と楽観の両側面からストーリーが展開されたとこに、監督や役者の手腕を感じます。とくに、主人公の恋人役は瑞々しい演技が光っていました。今までに見たことのない、繊細な女優さん。また、「ハレルヤ」という主題歌を始め、音楽が効果的に使われています。この映画、好き嫌いはあるけど考える映画です。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ パルム・ドールハンス・ワインガルトナー 
□ 男優賞ダニエル・ブリュール 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ベルリン、僕らの革命2005/10/28\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ベルリン、僕らの革命レンタル有り
 【VIDEO】ベルリン、僕らの革命レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION