allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

デンジャラス・ビューティー2(2005)

MISS CONGENIALITY 2: ARMED & FABULOUS

メディア映画
上映時間115分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2005/05/21
ジャンルコメディ
美人道2005

今度は、セレブ界がデンジャラス!
デンジャラス・ビューティー ワーナー・スペシャル・パック(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,592
価格:¥ 2,074
USED価格:¥ 4,828
amazon.co.jpへ

 Photos
デンジャラス・ビューティー2デンジャラス・ビューティー2

【解説】
 男勝りで色気ゼロの女性FBI捜査官の活躍を描く大ヒット・コメディの続編。ミスコン爆破事件で有名になったことで潜入捜査から外され、広報活動に従事していた主人公が、再び大きな事件に巻き込まれていく。監督は「サンタクローズ」「ジャングル2ジャングル」のジョン・パスキン。主演は引き続き「スピード」のサンドラ・ブロック。
 爆破予告の標的にされたミス・アメリカ・コンテストに潜り込み、みごと事件を解決したFBI捜査官グレイシー。以来すっかり有名になった彼女は、しかしそのために本来の潜入捜査に支障を来すようになり、結局FBIの顔としてPR活動に従事するよう命じられてしまう。10ヶ月後、美しく変身し、テレビ出演や自伝の出版と忙しく活躍するグレイシー。そんな彼女のもとにある日、親友のミス・アメリカがラスベガスで何者かに誘拐されたとの情報が入る。じっとしていられないグレイシーは、彼女に敵意剥き出しの新パートナー、サムを巻き込み、独自の捜査を開始するが…。
<allcinema>
【吹き替え】

金曜ロードショー
※このデータは放送当時の情報です。
松本梨香サンドラ・ブロックグレイシー・ハート
斉藤貴美子レジーナ・キングサム・フラー
高木渉エンリケ・ムルシアーノジェフ・フォアマン
矢島正明ウィリアム・シャトナースタン・フィールズ
有本欽隆アーニー・ハドソンマクドナルド
園崎未恵ヘザー・バーンズシェリル
飛田展男ディードリック・ベーダージョエル
山野井仁トリート・ウィリアムズコリンズ
沢海陽子エリザベス・ロームジャネット
放送2008/03/07 日本テレビ 金曜ロードショー
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1067 6.70
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2012-07-08 21:11:50
 2も人気、推定予算4,500万ドル、総収益約10、140万ドル(2006)。

 2はもう変身ではないので、サンドラ・ブロックに衣装を着せまくりファンを楽しませている。
 前作は、まだ殻に閉じこもった大人に慣れていないといった主人公のイメージだが、そこは卒業している感じになっている。
 やはり、続編で期待に応えるというところが多く積極的に攻めている感じはしなかった。

 71分頃に Patti LaBelle の New Attitude が聞こえてくる。
 「ビバリーヒルズ・コップ(1984)」のアルバムのトップに収録されている曲だが、ちょっとしたお遊びではないかと思う。
 同じ警官物のコメディでオマージュというほどではないが、”カテゴリー分けすると同じだね”見たいな物ではないだろうか。
 そういえば「ビバリーヒルズ・コップ(1984)」でバーでの強盗を捕まえるという下りがあったが、映画的には人の集まる店での捕り物で同じ演出になると考えられる。

 前タイトルが一切なく全部最後にもって来ている最近らしい構造だけど、個人的には気に入らない。
 テーマつきのタイトルがあって、これから映画が始まるんだという気にさせてくれない。
 こういう部分も映画音楽を衰退させている要因ではないかと思っている。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:真壁 六郎太投稿日:2010-04-03 19:07:58
地上波のを見たのですが日本語訳の演出、声優さんがかなりよかった。笑えました。1より面白かった。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-08 03:08:14
1から何人かの主要人物がいなくなって、その代り新パートナーでレジーナ・キングが登場!!
前作とは全く違ったドタバタ・バディ・ムービーになった模様。
それはそれでなかなか面白かったよ、前作と比べても同じくらい笑えた。
投稿者:ロビーJ投稿日:2008-03-18 10:46:10
テレビで放送されたので大好きなサンドラ・ブロック見たさに鑑賞しました。結構面白かったです。一作目もまぁ良かったですが、この続編もそれほど悪くないです。やはり何といっても主演のサンドラが輝きまくっていて、彼女のファンである私にはもうそれだけで幸せでした。それにレジーナ・キングとのバディ・ムービーにもなっているように感じ、後半の女の友情にはちょっぴり感動しちゃいました。
前作に出ていたベンジャミン・ブラットはいなくて良かったですが、マイケル・ケインがいなかったのは少しだけ寂しかったです。でもウィリアム・シャトナーとヘザー・バーンズがまた登場してくれたのは嬉しかったし、嫌な役のトリート・ウィリアムズも素敵でした〜!後、チョイ役でドリー・パートンが出たのも面白かったです。
見所のサンドラの素敵なファッションや変装なども最高に良かったし、特に凄い衣装だったベガスでのショーとかは結構笑えましたね。ライザ・ミネリになりきってる方もいたし。。まぁとにかくこの続編は私も良いと思います。ただ、日本語吹き替えに変な台詞があったのには驚きましたが・・・とりあえず今度は字幕で見たいものです。そんな訳でサンドラファンには十分楽しめる作品ですよ!
投稿者:ショーンファン投稿日:2008-03-07 23:00:02
1より2のほうがおもしろいというのはとてもめずらしいことだ。1はあまり好きではないが、この2ならDVDが欲しいと思った。とにかくわらえる。吹き替えで見て正解だった。訳もなかなか。「おねえMANS」や「デスノート」といった言葉が出てきてしばし驚いた。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-12-31 14:12:23
【ネタバレ注意】

…なのだが、単純に(ドタバタで)面白い映画。
決してダメダメではない。
あの前作(のアイデア)で、続きを作れ!と言われて、これが出来る事自体が秀逸。
勿論、サンドラ・ブロックが嫌い、って人には楽しめないのかも?

前半は、1の続きでビューティな所から始まる。
しかもさらにビューティに…って時点で、おいおい…って観るの止めちゃいけない〜そこからおバカな事件が起こり、グレイシー・ハートらしい一生懸命でバカな失敗〜ドタバタ…ティナ・ターナーショー?〜そして結果は事件解決〜って事でめでたく、グレイシーは元のグレーシー(厳密には違うが)に戻る(新しい友情も芽生える…)って、サンドラ・ブロックの魅力で引っ張るドタバタ・クライム・コメディ。

まぁあの「奥さまは魔女」リメイクも詰まらんという人がいるので、絶対にお勧め☆〜とは言わないが、何でコレが面白くないんだろう?
うちの映画ファンも「詰まらないですよ〜」って言ってたし…単にマイケル・ケインのファン、って事なのでしょうか?
「詰め物」が落ちて、女の子の日だから…って(マイルも貯めずに)脱出するのもバカだ〜

投稿者:とろりん投稿日:2006-07-28 10:10:48
まず前作のベンジャミンブラッドが出ない時点で終わってますが。2は1でよかった俳優がでてないからなんかまったく違った映画になっちゃってます。
おもしろくなかった。残念です。
投稿者:irony投稿日:2006-07-27 19:50:00
 途中で見るのヤメた(滅多にないが)パート2は難しいね。
投稿者:bond投稿日:2006-06-21 10:00:48
サンドラブロックが好きな人以外にはつまらない、だらけた映画。
投稿者:chidolin投稿日:2006-03-17 00:53:24
 
64年7月26日生誕、詰まり94年の_スピード_の時は既に30歳、本作では41歳、かなり薹が立って来た感があります;その割には演技に円熟味の微塵も見えなく、相変わらずのドタバタ;見方によっては、矢張りアメリカン・スウィートハートを地でいっているからでしょうか?美人はトクですねっ;
 
辛口、御免なさい:でも、ここは是々非々、余りの駄作(所謂、ジャンク)振りに、つい、腹立ち紛れの叫びでもあります;まるでタイトルとは正反対のミス・アンコジェニアリティ;掛け合いコンビ(ReginaKing)との反りがあわず空転の連続;笑ってあげたいのだけど、該当箇所が希薄な漫才を聞いている風情、同情が先にたつ;御免、御免、正直で御免;

一緒にみた家族の者共が文句垂れながら途中で自室へ去り、一人残った私は、言い出しっぺの手前、同調する訳にもいかず、最後まで付き合いました;2時間の苦行でした<笑>
 
このところプロデューサ業にもご執心のようですが、_Crash_で作品賞オスカー受賞のことでもありますし、気を取り直し出演側で盛り返しを期待;正直、製作側*に座るには少し荷が重いのではないでしょうか;迷える40代へと突入<笑>
 
*[想うに、旦那様(JesseJames)の影響なのでせう;そう云えばバーでの腕相撲場面でチョイ役で出てましたねっ;マッタクーッ!]

投稿者:wicked投稿日:2006-01-20 01:51:26
いや、スピード2は見てないんですけど、そんな感じかな?作らない方が無難だったかも…1が好きだっただけにザンネン。

レジーナ・キングってあんなにちっちゃかったんだ、とそれに驚き。そしてサンドラちゃん、40代ですよ!見えない!全然見えないよー!可愛いなー。既にスピード1の時点で30歳だった!というのも驚きなんだけど。

カマキャラは良かったけど、マイケル・ケインに比べたら…そこまで1を意識しなくても良かったんじゃないかと思います。

でもまあ1を既に見ていて、2をDVDでさくっと見る分にはそんなに悪くないかな、と思います。小ギャグは所々面白かったし。
投稿者:メンタイ投稿日:2005-06-03 02:49:20
PART2のお約束は“相方登場”である。
最初は仲悪くてぇ〜、過去を話し合ったりしちゃってぇ〜、
最後は友情で結ばれてぇ〜って、思いっきり思った通りなんですが、
思った通り過ぎて、まー楽しかったです。
サンドラ・ブロックはこのシリーズで繋いで行くのだろうか?
まーそれはそれでいいけど、そんな先まで引っ張らないでしょ、コレ。
全てが平均点以上で単純に楽しかったんだけど、
某悪役の処理の仕方が、あまりにも甘く、イライライラ・・・・(>。<)http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:氷室浩次投稿日:2005-05-24 11:54:42
スタン・フィールズ(ウィリアム・シャトナー)の母親役でアイリーン・ブレナンも出ていて、驚きました。エンドクレジットで顔と名前を見て、ようやく気付いたわけですが。懐かしいなあ、…って「ジーパーズ・クリーパーズ」にも出ていたんですね〜。http://homepage2.nifty.com/himuro_kohji/
【レンタル】
 【Blu-ray】デンジャラス・ビューティー2レンタル有り
 【DVD】デンジャラス・ビューティー2レンタル有り
 【VIDEO】デンジャラス・ビューティー2レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION