allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005)

HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE

メディア映画
上映時間157分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2005/11/26
ジャンルファンタジー/アドベンチャー/アクション
ハリー・ポッター 8フィルムコレクション<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(16枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 37,778
価格:¥ 28,075
amazon.co.jpへ

 Photos
ハリー・ポッターと炎のゴブレットハリー・ポッターと炎のゴブレットハリー・ポッターと炎のゴブレット

【クレジット】
監督:マイク・ニューウェル
製作:デヴィッド・ハイマン
製作総指揮:クリス・コロンバス
デヴィッド・バロン
マーク・ラドクリフ
ターニャ・セガッチアン
原作:J・K・ローリング
脚本:スティーヴ・クローヴス
撮影:ロジャー・プラット
美術:スチュアート・クレイグ
衣装:ジェイニー・ティーマイム
編集:ミック・オーズリー
音楽:パトリック・ドイル
出演:ダニエル・ラドクリフハリー・ポッター
ルパート・グリントロン・ウィーズリー
エマ・ワトソンハーマイオニー・グレンジャー
トム・フェルトンドラコ・マルフォイ
スターニスラフ・イワネフスキービクトール・クラム
ケイティ・ルングチョウ・チャン
マシュー・ルイスネビル・ロングボトム
ロバート・パティンソンセドリック・ディゴリー
クレマンス・ポエジーフラー・デラクール
ロビー・コルトレーンルビウス・ハグリッド
レイフ・ファインズヴォルデモート卿
マイケル・ガンボンアルバス・ダンブルドア
ブレンダン・グリーソンマッドアイ・ムーディ
ジェイソン・アイザックスルシウス・マルフォイ
ゲイリー・オールドマンシリウス・ブラック
アラン・リックマンセブルス・スネイプ先生
マギー・スミスミネルバ・マクゴナガル先生
ティモシー・スポールピーター・ペティグリュー/ワームテール
プレドラグ・ビエラクイゴール・カルカロフ
フランシス・デ・ラ・トゥーアマダム・マクシーム
ロジャー・ロイド=パックバーティ・クラウチ
ミランダ・リチャードソンリータ・スキーター
デヴィッド・テナントバーティ・クラウチJr.
マーク・ウィリアムズアーサー・ウィーズリー
ボニー・ライトジニー・ウィーズリー
ワーウィック・デイヴィス
ロバート・ハーディ
【解説】
 魔法学校を舞台に主人公ハリーの冒険と成長を描く大ヒット「ハリー・ポッター」シリーズの第4作。伝説の“三大魔法学校対抗試合”が復活、なぜか代表選手に選ばれてしまったハリーに最大の試練が訪れる。主演は引き続きダニエル・ラドクリフ。シリーズ初のイギリス人監督、「フォー・ウェディング」「モナリザ・スマイル」のマイク・ニューウェルがメガフォンをとる。
 ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は無事にホグワーツ魔法学校の4年生に進級。その新学期の初日、ダンブルドア校長から重大発表がなされた。100年の封印を破り、もはや伝説となった“三大魔法学校対抗試合”がホグワーツ主催で復活を遂げるというのだ。それは世界の三大魔法学校の生徒が一堂に会するなか、各校から1名ずつ選ばれた代表選手3名が魔法の力を競い合う交流戦。そしてその代表選手は立候補した生徒の中から“炎のゴブレット”が選び出す。ところが、各校の代表3名が選ばれた直後、立候補もしていなければ17歳という年齢制限にも満たない14歳のハリーがなぜか4人目の選手として選ばれてしまう。かくして、理由も分からぬまま、ハリーはこれから始まる3つの危険な試合に挑むハメになるのだった。
<allcinema>
【吹き替え】

日曜洋画劇場
※このデータは放送当時の情報です。
小野賢章ダニエル・ラドクリフハリー・ポッター
常盤祐貴ルパート・グリントロン・ウィーズリー
須藤祐実エマ・ワトソンハーマイオニー・グレンジャー
永井一郎マイケル・ガンボンアルバス・ダンブルドア
谷育子マギー・スミスミネルバ・マクゴナガル先生
斎藤志郎ロビー・コルトレーンルビウス・ハグリッド
土師孝也アラン・リックマンセブルス・スネイプ先生
小林修ブレンダン・グリーソンマッドアイ・ムーディ
日野聡ロバート・パティンソンセドリック・ディゴリー
江原正士レイフ・ファインズヴォルデモート卿
放送2011/07/10 テレビ朝日 日曜洋画劇場
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (2004)
[002]Aバットマン ビギンズ (2005)
[003]Aアイランド (2005)
[004]Aハリー・ポッターと賢者の石 (2001)
[005]Aミュンヘン (2005)
[006]Aスパイダーマン2 (2004)
[007]Aスター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005)
[008]Aそれでもボクはやってない (2007)
[009]A亡国のイージス (2005)
[010]Aイン・ハー・シューズ (2005)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
36237 6.58
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:McQueeeeeN投稿日:2013-07-15 01:10:43
今回も面白かったなぁ..。

ハーマイオニーが最後に吐く、
「みんな変わっていくのね..」という感想は、1作目からつき合って見て来ているファンの思いを代弁しているかのよう..。

そして、
ロンが吐く、
「いつもいいふうに転ぶなぁ..」というのも言い得て妙..。

次の新学期が楽しみです..。
投稿者:akiakiakikochan投稿日:2011-04-06 01:42:14
ストーリーは面白いけど、みんな大人になり過ぎちゃって。
恋愛の話が出てくると妙に生々しい。
投稿者:gapper投稿日:2010-06-18 21:29:26
 最近の映画なので、音までしっかりとしている。
 安物のコンポで大きな音でなくても、遠くの雷鳴など十分なサラウンド効果が得らるのはうれしい。
 CGも極端な派手さを狙ったものは殆どなく、効果を良く考えているように思えた。
 日本だと、こういった映画は、子供映画にしてしまって予算や作り込みなどケチってしまい面白くなくなってしまうが、うらやましい限りだ。

 内容的にも、押し付けがましいものなどなく娯楽作品として徹底しているのが良い。
 一つだけ気になったのは、第2試練で大切なものを湖から助け出すと言うもので、その大切なものが友人なのだが本人の同意を得ている様子もなくターゲットにされしかも失敗した場合死んでしまうと言うこと。
 試練に望んだ本人なら、その命を掛けるのは良いとしても、勝手に生死を賭けられるというのはどうだろう。
 とにかく、子供だったら夢中になるだろう作品で、最近の子どもがうらやましくなる作品だ。
投稿者:kinenchyu投稿日:2010-06-01 18:17:07
映像はきれいですが、いろいろと盛り込みすぎてストーリーにポイントがなくなってしまってるような気がします。
投稿者:brilliant tomorrow投稿日:2009-11-30 22:11:48
 映像は綺麗ですが、慣れてしまって感動がない分、評価につながりにくいなあ。原作が1巻ごとに長くなっていくんだから、いい加減、前後編に分けるとか、原作のサイドストーリー部分を大幅にカットするとかの軌道修正(成長し過ぎちゃったキャストもね)をしないと、どんどん評判は落ちていくような気がします。原作読んでないとわけが分からないでは、映画として失格でしょう。本のCMのつもりならいいけど。
投稿者:なちら投稿日:2009-08-02 23:47:51
ハリー達が成長するにつれ、大人も見やすい内容になって来たね。特にファンじゃないが、続きが気になるもの。
大会自体はそんな面白くないが、謎が徐々に解明して行く流れはワクワクしたよ。

あのヴァンパイアのパティンソン君。セドリック役だったんだね。知らなくて、そこに一番驚いた。
次が、ネビルの成長。何だかナポレオン・ダイナマイト的な顔になってきた様な…。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-03 07:17:38
ちょっと恐ろしくなって小さい子供にはきつくなった本作もやはり面白い。
映像も非常に美しいし、新たな登場人物も有名どころが沢山で豪華すぎる!!
ただ次回作ではハリー達もいい若者に成長してそうで心配だ。
投稿者:BLADE投稿日:2008-01-03 20:46:48
シリーズの中でも、かなり全体的にネガティブ感が漂う話のような
気がした。ある意味「不死鳥〜」への前段階で、ゴブレットそのものを
見ると、どの話にも今ひとつ一段落的な終わりが感じられなかった。
青春を描いてるにしては、何かこう面白くなかった。
原作も見ていないから話が飛ぶ飛ぶの展開にも、やや遅れ気味だった。
上下巻もある原作なのだから、思い切って大幅な変更も必要だった
かもしれない。一番違和感があったのは、ダンブルドアがハリーを
必要以上に問い詰めるシーンかな。リチャード・ハリスならば、
あんな演じ方はしなかっただろうな。その部分だけ原作で確認したが、
あくまでダンブルドアは静かにハリーに問う程度だった。やはり
そこは演じたガンボンの感性か監督の指導によるものかどうかは
分からないが、そこは変だった。
投稿者:藤本周平。投稿日:2007-03-31 20:10:53
疲れた。
投稿者:vv投稿日:2007-01-13 22:40:32
【ネタバレ注意】

中盤までは、
「おぉ良くなった!良くなったよハリー!」
と思って見てたのですが…
最初から、死人が出てもおかしくないイベントを催しておいて
とうとう死人が出たら大騒ぎ。と
もう1から続く、この変なストーリーはどうにかして欲しい。
原作もこうなのだろうか…
ん〜まぁのろまながら、進歩は見られるということで

投稿者:bond投稿日:2007-01-06 14:03:32
毎度感じるが、登場人物の名前が複雑。子供が観て理解できるのだろうか?まあ映画は面白いがそろそろダレてきた。原作も読んでるファンにはいいのかもね。
投稿者:irony投稿日:2006-12-29 19:38:24
 まぁいい意味で…。原作未読(購入してもう何年ほったらかしているのかしら…)なのでちと解りづらかったが次回作に期待が出来る仕上がりでした。思春期を思わせるシーンがなかなかよかったです…ああ成長してんだなと思いつつ さぁ原作を読もうかな パッケージを破って…。
投稿者:投稿日:2006-12-23 19:36:41
【ネタバレ注意】

まだるっこしすぎでしょ。いや、映画としては原作を知らない人でもついていける程度の速度、かつかなり盛り沢山な内容でそれなりに楽しかったんだけど、敵さんの陰謀が、ね。

(原作は読んでないけど)あそこまで手をかけてハリーに優勝カップを握らせる、という理由がさっぱり分からん。要はあそこに連れていけばいいんでしょ。他のものをポートキーにして触らせちゃえばいいんじゃない?

しかも、もしハリーが一人で行って、すぐに陰謀に気付いてポートキーに触れば元の場所に戻れたわけで、あれだけの苦労が水の泡。いくらなんでも頭悪すぎでしょ(原作はもうちょっとちゃんと説明されてるのかもしれないけど、それだけのためにあの分量を読む気はちょっとしないしねぇ・・・)。

投稿者:hanya投稿日:2006-12-07 05:34:41
映画オンリーですが、前3作より一歩段を昇っていると思った。
特にハリポタファンというわけでもないので、思い入れもないのだが、シリーズがだんだん面白くなるってのはすごい。
確かにちょっと分かりづらいとこもあったけど、流せてしまえるし、そんなん気にならないくらい深みが広がっていた。内容の濃さが違う。人間ドラマが一番よく描けていた。原作知らんので子役も違和感ない。成長してるのは当たり前で、むしろ、内面の成長が目に見えてるんだと思えばどうだろう。演技も巧くなっていると思うよ。ハリーの泣きには胸打たれたもの。
次もたのしみ。
投稿者:とろりん投稿日:2006-11-30 14:16:08
原作を読んですご〜く面白くて映画はまあそこそこなんだろうな〜と思ったらすごくよくまとまっていて良かった。ドビーはまったく出てこないし、ばっさりカットしている所もたくさんあったのに結構楽しめた〜♪
雰囲気も音楽も徐々にダークになってきて、かといって華やかさがないわけではない。バランスがよかった!ダンスシーンは一番の見せ場になってるし、ハリーたちが少しずつ大人になっていく成長をうまく表現していると思う。
マッドアイムーディとビクトールクラムはちょっとイメージが違ったし、ダンブルドアはやっぱり、リチャードハリスがいいけどね。ハリーの友達もみんな成長しててみてて面白かった!賢者の石見てから、この映画見るとよくわかる。原作読んでなくてもそこそこ楽しめるんじゃないかな〜

次の不死鳥の騎士団もこの位のレベルだといいなぁ。
原作はゴブレットの方が好きだけどね。
投稿者:モンテ・クリスト伯投稿日:2006-04-28 00:38:42
スネイプ先生が服の袖を少し中に引っ張って、ハリーとロンの頭を抑える所が凄く面白くて、アランの服の袖を引っ張る仕草がとても可愛かったです。

アラン・リックマン好きの人はココを注意して見て下さい。
投稿者:アイス投稿日:2006-04-25 00:11:38
どうしても話題の一つになるのが原作をどれだけ省略するか。自分も原作読んでる人なんで、読んでない人が観てこれで分かりやすいのかどうかは分からん。ま、前3作よりも大幅に省略してきっちり描いてるみたいですね。省略した部分もいい選択だと思う。個人的には二部作が希望ですけど。ハリーの入浴シーンは長すぎだと思うが、ショタコンマニアのためにはやむを得まい。しかしチョウ役はさすがにねーだろ。世界中が注目する映画なのに、あれが国の代表みたいで中国がかわいそうだ・・・。原作のキャラをうまく映像化しているが、メインキャラ3人だけは作者のイメージとかけ離れている。やっぱある程度のビジュアルは必要だけど、おかげで原作を読むときのイメージも変えられてしまった・・・。これ以上老け込む前にガンガン撮ってくれ。とりあえずいい映画なんで9点。
投稿者:映画狂投稿日:2006-04-22 01:40:58
映画のエンドクレジットを最後まで観ていると、時々思いがけないオマケがあります。例えば、次作を暗示させるようなシーンとか、さらなるオチが観られたりします。
このハリ・ポタ第4作のエンドクレジットには、いかにもイギリス人の監督らしい次のようなジョークが書かれていました。
「この映画の製作にあたっては、いかなるドラゴンも虐待されていません」
映画好きの皆さんなら、これが何のシャレかはお分かりですね。
投稿者:アリー☆投稿日:2006-04-06 17:07:40
原作のストーリーの好みによって、各話の評価がわかれるかもしれないけど、この話は一番深みがあってよかった。あの長い原作を、この時間内でまとめあげた監督はえらい!
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-02-05 20:29:29
【ネタバレ注意】

滑り込み(かな?)でシアター鑑賞。エンドロールの最後まで観たが…今回はおまけなしですね。(唄が一曲聴けたけど)まぁ、おまけで落とすような終わり方じゃない…何かコメディーが少なくなり、実に凶悪で悲しい結末を用意している…
が、タイトルの炎のゴブレットってあれかよ、ってのはおいといて。あの優等生で男前、誠実で強く友情に篤い…将来を嘱望されるホグワーツのセドリック・ディゴリーが…実に許せません。ゲーム自体が仕組まれたものだったなんて。まぁ3人組は相変わらずドタバタで楽しい。が、今回のハイライトは墓場の対決、そして明かされる秘密でもある…
ジョン・ウィリアムズじゃないらしいが…テイストは引き継いでいるね。

※小説版読了(「読み易い」とはいえボリュームが有るので結構時間が掛かる…)〜まぁ映画版は複雑なものは整理して面白いシーンはちゃんと押さえており…中々良いのでは?〜超カッ飛びだけど。
実は召使い妖精(ドビーの種族)が云々とか、そもそも出だしが本筋と関係ないように始まる…まぁ後で繋がってゆくのだけど。

投稿者:シネマ野郎投稿日:2005-12-28 22:11:30
これまでのシリーズで最もダークに作られているのは誰の目から見ても明らか。
その要因はボルデモート卿の復活だが、今回の原作を2時間30分に収めるのが土台無理な話だと思う。これまでの原作の倍以上のページで書かれた今回の原作を、ここまで上手くまとめた監督はよくやったと思う。

ただ単純に楽しむ気持ちのハリーポッターは終わった。これからはどんどんダークに描いていってほしい。
投稿者:くろくろ75投稿日:2005-12-18 03:14:42
【ネタバレ注意】

原作は全部読んでて、映画版はパート1と2を劇場で見ました。が、正直失望感の方が強く、パート3は遠慮してしまいました。4が公開され、見る予定はなかったんだけど、彼女に「どうしても見たいから」と言われ・・・ いや、面白かった。スケールが大きくなって映像も綺麗。原作を読んでいない人にはちょっと分かりにくいのでは?と思える部分もあったけど、とにかく大満足。パーティーの場面は、原作ファンのために無理矢理入れた・・みたいな感じになってましたね。ロンとハリーの喧嘩と仲直り、ロンとハーマイオニーの、ちょっと不思議な友情(愛情?)もあたりはサラッと流し過ぎ。自分にとって、4作目はこの2場面が全て・・だったモンで。個人的には、どんどんダークになっていく世界観は良かったと思うんだけど、ありゃ子供達は楽しめないよな。。

投稿者:メンタイ投稿日:2005-12-15 08:12:04
全シリーズ観てるが、原作は1ページも読んだ事がない。
よって“映画”としての思い入れのみで観ている作品だ。
ラドクリフ、ルパート、エマ 3人の成長映画でもありますな。

このシリーズは内容テンコ盛りなのに、キャラが立ってるから
スッキリと楽しい構成だったのだが、
今作はメインとなる話がありすぎて、ちょっとゴチャった気はした。
三大魔法学校対抗試合じゃなくてもいいだろっていうような
後半の物語の進ませ方は全体の纏まりがなくなってしまったのは確かである。

展開がゴチャったのに、さらに油を注ぐように行われる
何ともアメリカンな演出(決勝前夜パーティとか)
魔法度0のバンド演奏にはちょっと引いたけど、
それでもハリー・ポッターは、ハリー・ポッター。
レベルの高いお金を払う価値のある作品であることは間違いありませんね。http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:おしゃべりチャック投稿日:2005-12-14 22:17:24
この映画の原作を読んでいないせいか、分かり辛い所が多々ありました。でも、CGが駆使された映画で、映像がすごく綺麗。きっと原作を読んだ方からは、良くここまで期待を裏切らない様に作成されたと、絶賛された作品だったと思います。(何せ、原作を読んだ方からは絶賛されていますので。)食堂のシーンやダンスパーティのシーン等印象的なシーンが多々ありました。また、前作3(アズカバンの囚人)は見ていません。それも分かりにくかった要因かも。またこのシリーズ全体についてですが映像がすごく暗いです。それと吹き替え版を見ましたが、魔法学校の先生の声は漫画「さざえさん」の波平さんの声の方でしたね。SWEP3に続きまたまたの起用。聞いただけであの方の声だと分かりました。
投稿者:Fight!投稿日:2005-12-09 13:36:28
【ネタバレ注意】

炎のゴブレット、益々好調子な感じでしたね。
この映画は原作を読み、映画を見てからまた読み返し、さらにまた映画をというように原作の魅力と映画の素晴らしさが相乗効果を上げることに成功していると思うのですが、次作も非常に良くできたお話なので早くも封切りが待ち遠しい状態です。
特に日本語と英語の原作両方を読んでいたので、ハリーやハマイオニのセリフがより聞こえ易くて楽しめました。
PG13という指定が付いていますが、小学生以下の子供さんを連れていくのはよく考えてからにした方がいいでしょう。
特に終盤は大きなスクリーンと音響でかなりの迫力になっています。
家族でクリスマスならチキンリトルの方がいいかもしれません。

投稿者:さとうただお2投稿日:2005-12-08 15:39:26
二つの魔法学校の生徒は,なにやら某国の応援団や民族舞踏団のようでしたね.また,決戦前夜のダンスパーティなんて,米国のプロムみたいで,これまで観た作品のなかではもっとも”アメリカン”な作品だと思いました.校長先生の動きがこれまでになくはっきり目立ち,荘厳さが薄れたような気もします.映画は第一作から観るもの,これは観客のたしなみでしょう.その気になればいくらでもおさらいできるのですから.また,ナルニアに目を向けがちな人にはぜひ言いたい.この作品の原作者は,現存する英国人女性で,私たちは,同時代に原作とその映像作品をみる幸運に恵まれているということをもういちど考え直してください.評価の定まった古典を称揚するのは誰だって出来ますよ.
投稿者:TELK投稿日:2005-12-03 23:45:45
評価は辛いのに、なぜか劇場に毎回1800円払って見に行く。
各サイトで酷評されている海賊版撲滅キャンペーンの広告(血の涙とドクロが出る子供びっくりの)が、まだかかってました。まあ有料入場者に広告見せる感覚が根本的には問われるのだろうけど・・・。
今作は、ハリーポッターを映像化する難しさを真正面から受け止めてる。
まじめさに心うたれました。
他の二人は厳しくなってきたけど、ラドクリフ君を見いだした1作目のキャスティングは見事だなと思った。
投稿者:もずく投稿日:2005-11-29 00:19:20
【ネタバレ注意】

ツメ長!!鼻ナシ!!顔色悪!!も、最高!!!
あと焚き火のゲーリーには笑えた、出てきてくれてホントに嬉しいvv

ちなみにR-13なのは、ハリーの入浴シーンがあるからだそうですよ☆

投稿者:ひかりごけ投稿日:2005-11-28 03:25:55
今までのシリーズのなかで私は一番おもしろかったと思いました。
原作も好きですが、省略、改変したところなど、
映画をわかりやすく、おもしろくするのに
丁度良いやり方だったと思います。
主人公たちが成長している姿がすごくリアルで、
みんな格好良く、すてきになっていてうれしかったです。
イマイチだったところを探すなら、
校長先生がなんか違う…と私は思いました。
この映画はCGばっかり、ナルニアに期待するという方が下にいますが、
ナルニアのトレイラーはまだ見てないのかな。
ハリーポッターもびっくりの全面CGみたいな映画ですよ。
私もナルニア楽しみにしてるのは一緒ですけど。
ナルニア見る前にもう一度炎のゴブレット見直したいです。
投稿者:こむぎこ投稿日:2005-11-27 18:22:12
初日に映画を観ました。今までの3作品も見ていたし、原作も読んでいます。私の感想としては、とてもよかったと思います。映像もとても綺麗だし、迫力も十分にあったし・・・。でも基本的には続き物の作品なので、今までの3作品を見てない人には今いちわかり辛いかもしれませんね。基本的には原作に忠実に映画化されていましたが、少し説明不足な部分もあったと思います。「今のは原作読んでないと分からないんじゃ・・・」的な箇所もありました。でもそれは、時間的にムリがあるのかな。と思いました。ハリーを筆頭に、生徒たちの成長が見られるし(本人自身・役柄人物共に)これからも楽しみな作品です。とても奥の深い作品なので、映画だけで理解するにはもったいない感じがします。
投稿者:eiji_in_uk投稿日:2005-11-23 01:38:15
はっきり言って詰め込みすぎで訳が判らないです。原作なんて読む気はしないし、原作を読むことを前提にしているのなら映画にするなって感じ。
話によるとワーナー幹部は2部作として公開したかったようだけど、監督が強行して1作にまとめたとの噂。
それにしても、シリーズ中の最高の出足で欧米では公開が始まったのだけど、まだ見たい人なんているんだね。自分は無料だったから見たけど、お金払ってまでは見るつもり無かったので。
CGIの派手なショウを見たって言う感じかな。内容も所詮は児童小説だし。
主人公達ももうこの役を演じるには無理があると思う、ただでさえ欧米人は老けて見えるんだから。既に三作目の時点で子役(そう呼べないか)たちの髭剃り後の青々した顔をCGで消すのが大変だったといわれてたもんね。これを聞いたときは気持ち悪くなった。

今年は児童小説の古典といわれてる「ナルニア国物語」に期待します。
投稿者:篭瀬山投稿日:2005-11-21 23:45:58
登場人物が膨らみすぎて、初めの頃と比べるとずいぶん印象の薄くなっちゃった人もある。俺、ドラコ・マルフォイ結構好きなんだけどなあ(あとダーズリー一家)。「映画は毒があるから面白い」と言ったのは井筒和幸という人だが、俺はこの映画に潜む毒というか悪意というか、わりに好きだ。計算ずくなのかどうかよく分からないところがまた魅力で、新作を見るたび自分の中の解釈が変わる。まだ原作も完結してないくらいだから今後どうなるか事実上予測不可能。こんな風に楽しめる映画があるって、幸せだなあ(しみじみ)。7
投稿者:常さん投稿日:2005-11-20 04:44:56
 世界中の子供たちが見るファンタジーであるはずのこの作品が、あまりにも暗い。アズカバンの囚人から監督がチェッジし、内容的にはずいぶん深まりを持つようになったもののあまりにも暗い。もっと明るい絵作りをすべきだと思う。このまま不死鳥の騎士団へと、どんどん暗くなっていくのだろうか。ちょっと子供たちはついて行けないように感じてしまう。映像に比べて、音楽は不釣り合いなほど明るい。おなじみのテーマもあまり使われていなくて、ハリーポッターの音楽の印象が薄くなっているように感じる。
 ユーザーコメントにR−13指定って書いてあったけどそうなの。確かにセドリックの死んだ顔が画面に大きく出るからその可能性はあるけど、ハリーポッターって子供たちも楽しむ物語じゃなかったの?
投稿者:マイカル投稿日:2005-11-13 18:18:43
個人的にはエピソード詰め込みすぎの1,2作目や、説明不足過ぎてドラマの浅い3作目に比べると上手い脚色だったと思う。
とりあえず、原作ファンを敵に回しかねない大胆な省略を行った脚本家(今までと同じだけど)と監督(「フェイク」最高!)の勇気は讃えたい気分にもなる。
だけど、なんでIMDbの評価はこんなに高いんだ?
いくら原作に思い入れがあるとは言え、ファンタジーの評価が甘すぎじゃないか?
投稿者:sabu投稿日:2005-11-12 10:27:07
原作が大ファンの自分から率直に言わせてもらえば、かなり物足りない。まあ、前作のほぼ2倍の量の本をわずか2時間半ほどでまとめるということで、多少のカットなどは仕方ないと分かっていたことだが、実際目にすると、やはり物寂しさを感じてしまう。映画化に際し、製作側は「早足でも、原作にあることを忠実にやる」ということより「早足にならず、分かりやすくし、その代わりに原作を大幅にカットする」というほうを選んだようだ。この選択は間違ってはいない。とても分かりやすかったし、初めて炎のゴブレットを目にする観客サイドにも丁寧に作られている。だから、個人的には何も言えないし、この作品の完成度自体、かなり高いものになっている。だから余計・・・という欲が出てしまうのも事実だ。映画のほうは3作目ほどの独特な色は無いが、ハリーが大人になるという描写が多く見受けられるため、全体的にシャープにまとめられていて、とてもいい具合だ。その全てはラスト、ハーマイオニーのセリフに集約されている。トーナメントの様子も手に汗握る展開で、大迫力のCGをふんだんに使い、飽きさせない。新たなキャラクターと主要人物との絡みが少ないのが難点だが、よくここまでまとめたなという印象を受ける作品。1つ言わせてもらえば、お風呂場でのハリーとマートルのシーン。あんなに長ったらしくする意味はあったんだろうか?謎だ・・・。とにかく、完成度の高い作品だったが、個人的には納得いっていない。でも、しょうがない。とてつもない消化不良だ・・・。http://sabuchan0605-id.hp.infoseek.co.jp/index.htm
投稿者:shuuhei投稿日:2005-08-09 22:15:24
なんと今回のハリポタはPG−13指定らしいので
大人でも充分楽しめる作品になると祈ります。
・・・ってか13歳以下の子供は観れないからや
っぱダークな作品になっていることは確実でしょ
う。
投稿者:Tod&Pig投稿日:2005-07-31 14:05:30
なんか、作曲のジョン・ウィリアムズも、制作のクリス・コロンバスも、変わっちまうとのこと。。

原作では一番好きな話で、洋書も中学時代に買ってしまったほど。

話のイントロが、ダーズリー家からではなく、ショッキングな事件からなんですが、その話だけが、マグルの視点なんで、英語じゃわかりずらカッタ。http://www.geocities.jp/tod_and_pig_eowl/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 美術賞Stephanie McMillan 
  スチュアート・クレイグ 
■ プロダクションデザイン賞スチュアート・クレイグ 
 □ メイクアップ&ヘアー賞 
 □ 特殊視覚効果賞 
□ 若手男優賞ダニエル・ラドクリフ 
 □ 若手女優賞エマ・ワトソン 
 □ ファミリー映画賞(実写) 
□ チーム賞エマ・ワトソン 
  ダニエル・ラドクリフ 
  ルパート・グリント 
 □ 悪役賞レイフ・ファインズ 
 □ ヒーロー賞ダニエル・ラドクリフ 
【ニュース】
マイク・ニューウェル監督版「大いなる遺産」、最新予告編2013/09/18
マイク・ニューウェル監督版「大いなる遺産」、最新予告編2012/09/19
マイク・ニューウェル監督版「大いなる遺産」、予告編2012/08/14
マイク・ニューウェル監督、次回作はディケンズ『大いなる遺産』の映画化か2011/02/04
全米興行成績、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」がシリーズ最高の好スタート2010/11/22
全米興行成績、「シュレック フォーエバー」が強力新作陣を抑えV2達成2010/05/31
人気ゲーム『プリンス・オブ・ペルシャ』映画化、監督候補にM・ニューウェル2007/11/09
MTVムービーアワード、結果発表2006/06/05
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表2006/04/25
アカデミー賞結果発表!2006/03/06
DVDリリース情報:「キング・コング」「炎のゴブレット」etc.2006/03/02
英国アカデミー賞結果発表2006/02/20
サターン賞、ノミネーション発表2006/02/16
レビューサイト“Rotten Tomatoes”主催の映画賞が発表に2006/01/12
全米興行成績、「キング・コング」が2週連続首位2005/12/27
全米興行成績、「キング・コング」が初登場1位2005/12/19
全米興行成績、「ナルニア国物語」が豪快デビュー2005/12/12
全米興行成績、「炎のゴブレット」がV3達成2005/12/05
全米興行成績、「炎のゴブレット」の快進撃続く2005/11/28
全米興行成績、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」がシリーズ最高のオープニング2005/11/21
全米興行成績、「チキン・リトル」がV2達成2005/11/14
「ハリポタ4」、シリーズ初のPG-13に2005/08/09
「炎のゴブレット」、注目の新キャラの姿が明らかに2005/08/02
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」特報が公開に2005/05/09
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ハリー・ポッター 8フィルムコレクション <4K ULTRA HD&ブルーレイセット>2017/12/20\34,980amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと炎のゴブレット <4K ULTRA HD&ブルーレイセット>2017/12/20\5,990amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット2016/11/25\12,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター コンプリート 8-Film BOX2016/11/02\30,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと炎のゴブレット コレクターズ・エディション (3枚組)2016/03/23\3,990amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター コンプリート セット <特典ディスク付/初回生産限定>2014/12/17\11,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと炎のゴブレット2014/07/16\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット <初回生産限定>2013/10/18\8,571amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター ウィザード・コレクション <1000セット限定生産>2012/12/05\47,429amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット <初回生産限定>2012/12/05\8,571amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター 第1章〜7章 PART2 コンプリートBOX ブルーレイ <初回数量限定生産>2011/11/16\15,048amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと炎のゴブレット アルティメット・コレクターズ・エディション <初回数量限定生産>2011/04/21\5,695amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと炎のゴブレット2010/04/21\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター 第1章〜第5章 お買い得パック <初回限定生産>2008/12/17\18,952amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと炎のゴブレット2008/06/11\4,743amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと炎のゴブレット2007/11/21\3,790amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター 8-Film DVDセット2016/11/25\10,000amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと炎のゴブレット コレクターズ・エディション (3枚組)2016/03/23\2,990amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター コンプリート セット <特典ディスク付/初回生産限定>2014/12/17\11,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと炎のゴブレット2014/07/16\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター DVD コンプリートセット <初回生産限定>2013/10/18\8,571amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別編 <初回限定生産>2013/07/17\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター DVD コンプリートセット <初回生産限定>2012/12/05\8,571amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター 第1章〜7章 PART2 コンプリートBOX DVD <初回数量限定生産>2011/11/16\14,095amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと炎のゴブレット アルティメット・コレクターズ・エディション <初回数量限定生産>2011/04/21\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと炎のゴブレット2010/08/06\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと炎のゴブレット <期間限定生産>2009/06/24\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと炎のゴブレット <期間限定生産>2008/11/19\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター 第1章〜第5章 プレミアム・ボックス <初回限定生産>2007/11/21\12,286amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター 第1章〜第4章 お買い得パック <初回限定生産>2007/11/21\2,838amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと炎のゴブレット <期間限定生産>2007/06/29\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別編2006/04/21\3,790amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと炎のゴブレット <期間限定生産>2006/04/21\2,838amazon.co.jpへ
 【HD DVD】ハリー・ポッターと炎のゴブレット2007/11/21\3,790amazon.co.jpへ
 【UMD】ハリー・ポッターと炎のゴブレット2006/07/21\933amazon.co.jpへ
 【UMD】ハリー・ポッターと炎のゴブレット2006/04/21\2,838amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと炎のゴブレットレンタル有り
 【DVD】ハリー・ポッターと炎のゴブレットレンタル有り
 【VIDEO】ハリー・ポッターと炎のゴブレット <字幕版>レンタル有り
 【VIDEO】ハリー・ポッターと炎のゴブレット <吹替版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION