allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

母のいる場所(2003)

メディア映画
上映時間116分
製作国日本
公開情報劇場公開(パオ)
初公開年月2005/04/09
ジャンルドラマ

【解説】
 「子どもたちへ いのちと愛のメッセージ」や「わたしがSuKi」など多くの教育映画を手掛けてきた槙坪夛鶴子監督が、老いと介護をテーマに、老後の夫婦のあり方と親子関係を見つめたヒューマン・ドラマ。原作はノンフィクション作家・久田恵が自身の介護奮闘記を綴った『母のいる場所 シルバーヴィラ向山物語』。主演は紺野美沙子、共演に馬渕晴子、小林桂樹。
 フリーライターの久野泉は45歳のシングルマザー。母・道子が7年前に脳血栓で右半身不随になって以来、在宅で介護を続ける日々。子育てに仕事、そして介護と休まる日のない泉。父・賢一郎は70歳まで仕事一筋だった頑固者で、2人は介護を巡って喧嘩が絶えなかった。息子は小学生の時にチック症になり、高校に入るとすぐ不登校になった。心身共に疲れ果てる泉だったが、そんな時、ユニークな有料老人ホームに出会う。“Noを言わない”がホームの方針で、自由な雰囲気の中、誰もが活き活きとしている姿を見て、泉は母の入所を決断する…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
28 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION