allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

花と蛇2 パリ/静子(2005)

メディア映画
上映時間113分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映ビデオ)
初公開年月2005/05/14
ジャンルエロティック/ロマンス
映倫R-18
狂気の愛。

男が犯した罪。女が受けた罪。耽美映像<エロス>で描く極限のラブストーリー。
花と蛇2 パリ/静子【Blu-ray】
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 4,720
USED価格:¥ 4,111
amazon.co.jpへ

 Photos
花と蛇2 パリ/静子花と蛇2 パリ/静子

【クレジット】
監督:石井隆
企画:石井隆
松田仁
プロデューサー:新津岳人
原作:団鬼六
脚本:石井隆
撮影:柳田裕男
小松高志
美術:山崎輝
音楽:安川午朗
照明:市川徳充
録音:北村峰晴
助監督:阿知波孝
出演:杉本彩遠山静子
遠藤憲一池上亮輔
不二子池上小夜子
荒井美恵子オークションの女・貴子
伊藤洋三郎オークションの司祭
山口祥行
品川徹
中山俊
宍戸錠遠山隆義
【解説】
 SM界の文豪・団鬼六の同名原作を、杉本彩による体当たりの演技で映画化し話題を振りまいた官能ロマンの第2弾。歳の離れた老境の夫を持つ妻が、若い画家との愛欲に溺れていく姿をエロティシズムを前面に打ち出し描く。共演は遠藤憲一とベテラン、宍戸錠。監督は前作に引き続き「ヌードの夜」「天使のはらわた」シリーズの石井隆。
 著名な美術評論家、遠山隆義の最愛の妻、静子。互いに確かな愛情で結ばれた2人だったが、年老いた遠山に35歳年下の静子を充たす夜の生活を送ることは叶わなかった。そんなある日、遠山は死んだ画壇の長老が秘かにCGで描いていた春画を目にする。それはすべて、妄想で描いた静子がモデルの緊縛絵だった。その絵に触発された遠山は、静子の内面に潜む熱い性愛の情をこの目で確かめたいとの倒錯した欲望に囚われる。一計を案じた遠山は、才能がありながらパリで不遇をかこつ若き画家、池上亮輔のもとに静子を向かわせるのだった…。
<allcinema>
【関連作品】
花と蛇(2003)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
323 7.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:藤本周平。投稿日:2007-02-20 22:28:42
前より杉本彩がエロく感じたが映画自体は前作とあまり変わらず。
投稿者:松竹錠投稿日:2005-08-22 06:29:02
【ネタバレ注意】

まず、前作は未見であることを言っておこう。
観終わってまず思ったのは、普通に良く出来たポルノだな、と。
ただ、石井隆が何らかの形で関わった映画(特に脚本作)には、
あまりにもセンチで通俗的で、しかしそれがゆえに力強いメロドラマの芯が
どっしりと通っていたと思うのだが、今作にはそれがだいぶ衰弱してるような。

いままでの石井隆的世界観からすれば、遠藤憲一か宍戸錠か、どちらか1人は
(あるいは2人とも)望みがかなわずに不幸になるが、その代償として杉本彩の
「愛」を獲得するといった展開だったろうに・・・。
2人とも願いが成就するのって、あんまりドラマチックじゃないよね。

グラグラ揺れを強調した撮影が、意外に効果的で良かったんだけど、
大キライな『リリイ・シュシュのすべて』を思い出してヤな気分にもなり。

遠藤憲一の妹役の不二子。この人はいい。秋吉久美子とか原田美枝子とかの
系譜につらなる童顔グラマーで。

投稿者:お気楽極楽投稿日:2005-07-02 18:13:25
【ネタバレ注意】

杉本彩以外にも裸をさらしてがんばった女優さんたちのシーンがかなりカットされた雰囲気がありますね。
ま、劇場公開するならこれぐらいなのかな。
宍戸錠の全裸腹上死シーンというのも、チトつらいものが。

投稿者:はやと投稿日:2005-05-21 17:07:34
前回はそれぞれドラマがあって、傑作だった。しかし2は・・。パリ・ロケで金使って内容おざなりです、みたいな感じ。静子がまったくわからない。てかパリの必要がない。結局、アイデアがなくて「1」の焼き直しみたいなシーンを入れたり、またそれも中途半端に終わってるし。期待したのにな・・。石井監督、頑張ってくれ。
投稿者:籐四郎投稿日:2005-05-18 22:38:44
 前回よりも杉本彩の演技力の見せ場を増やして、SEXのシーンでも従属的一本やりでなく自分の方でもリードをしようと、少し趣向を変えてありますが、その結果、前回では保たれていた微妙なバランスが完全に崩れてしまった気がします。
 いかにも感じてるようにしても、サイボーグちっくな体つきですし、ワザとらしいので、ちっともエロくなかったです。
 それに遠藤憲一の役柄というのが、本当にワケが分からんかったです。純情なのか、変態なのか、はたまたギャグとして見られたいのか、もうありえない展開で動いています。
 携帯ごしに杉本彩が遠藤に小悪魔的にこうたしなめるシーンなどでは、
「いいかげんにしなさい」・・・こっちが言いたいわいと思ってしまった。
 杉本彩という人は、要するに裸を見せびらかしたいだけなんじゃないかとも思えました。 
【レンタル】
 【DVD】映画「花と蛇2 パリ/静子」 杉本 彩 緊縛遊戯レンタル有り
 【DVD】花と蛇2 パリ/静子レンタル有り
 【VIDEO】花と蛇2 パリ/静子レンタル有り
【広告】