allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ガラスのうさぎ(2005)

メディア映画 Anime
上映時間84分
製作国日本
公開情報劇場公開(映画「ガラスのうさぎ」製作委員会)
初公開年月2005/05/14
ジャンルドラマ/戦争
少女は生きようと思った、
愛する家族のために!

【クレジット】
監督:四分一節子
アニメーション演
出:
棚橋一徳
アニメーション制
作:
マジックバス
製作プロデューサ
ー:
出崎哲
企画プロデューサ
ー:
桂壮三郎
原作:高木敏子
『ガラスのうさぎ』(金の星社刊)
脚本:小出一巳
末永光代
キャラクターデザ
イン:
四分一節子
総作画監督:小林ゆかり
作画監督:小林ゆかり
松坂定俊
山本径子
松下清
美術監督:小林七郎
色彩設定:西川裕子
音響監督:清水勝則
音楽:大島ミチル
主題歌:新妻聖子
『ガラスのうさぎ』
声の出演:最上莉奈江井敏子
竹下景子江井ヒデ
原康義江井竹夫
神谷浩史江井恒夫
福山潤江井行雄
岡珠希江井信子
川田妙子江井光子
武内健川島晴喜
土井美加西山シゲ
谷育子西山のお婆ちゃん
児玉真菜君代
磯辺真沙子秋保の伯母さん
五味万里子幸子
八十川真由野加代子
安谷屋さぎさ真理
【解説】
 戦争の悲惨さを真摯に綴り、平和と命の尊さを静かに力強く訴えて世代を超えていまに読み継がれる高木敏子原作のロングセラー『ガラスのうさぎ』を、終戦60周年記念作品として長編アニメーション化。東京大空襲に見舞われた12歳の少女の目を通して、戦争の真実の姿を描き出していく。監督は「もも子、かえるの歌がきこえるよ。」の四分一節子。
 太平洋戦争末期の東京。下町に暮らす少女、敏子は敗色濃厚で物資も乏しい厳しい環境の中、家族とともに一生懸命生きていた。しかし昭和20年3月10日、東京の上空に無数のB29が飛来、密集した木造家屋を焼き払うことで一般市民の大量無差別殺戮を目的とした大規模な焼夷弾爆撃が実行に移された。この爆撃で敏子たちの住む下町一帯は火の海となり、敏子の母と2人のかわいい妹もその犠牲となった。敏子は焼け跡から、炎で溶けて変形したガラスのうさぎを掘り出し、改めて戦争の恐ろしさを実感する。その後敏子は、父と2人で疎開先へと向かうのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
東京大空襲 ガラスのうさぎ(1979)実写版
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【サウンド】
『ガラスのうさぎ』(主題歌)
作詞 :麻生香太郎
作曲 :大島ミチル
歌 :新妻聖子
『おとうさん』(挿入歌)
作詞 :麻生香太郎
歌 :高野朱華
作曲 :大島ミチル
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION