allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

リリア 4-ever<未>(2002)

LILJA 4-EVER
LILYA 4-EVER

メディア映画
上映時間105分
製作国スウェーデン
公開情報シネフィル・イマジカで放映
ジャンルドラマ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2012-04-08 15:06:35
幸薄い美少女の悲惨な人生。信心深い割には、罰あたりな行い。普通に労働できない国の貧乏さ。次々と乗っかる男達の映像はインパクトあり。
投稿者:maxpit投稿日:2012-03-20 21:00:56
重く、救いようのない映画だが、親や社会に対する
強烈なメッセージ性が伝わる映画だった。
普通に子供を持つ親ならヤリ場のない怒りがこみ上
げてくることだろう。女、子供を食い物にする輩は
全世界共通にいるし、人身売買組織を扱った映画も
他にもたくさんあるが、それらより、ずっと身近な
ことを描いているのでより考えさせる距離感がある。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-12-20 12:01:00
オチはすぐに解るので、少女がどう落ちて行くのかを観る作品。星二つ半。
投稿者:Bava44投稿日:2010-03-17 22:29:04
『レクイエム・フォー・ドリーム』みたいな映画かなと思っていたら、福祉国家スウェーデンの視線は違いますね。オクサナ・アキニシナの無邪気さが印象に残る残酷な映画でした。
手持ちカメラを多用しており、あっさりとした照明や細かい編集も記録映画風。演出も物語もシンプル且つリアルで分かりやすいので、日本版DVDが出たら多くの方にレンタルして欲しい。個人的にはこういうストレートな映画よりも、もっと創作的な映画の方が好きなのだが、これはこれで良いと思う。監督のやりたかったことは達成出来ている。
ロシアのボロボロ具合は実際あんな感じだが、まあ、大体どこの国でも理解される程度の普遍的な物語である。

オープニングとラストのmein herz brenntがカッコよかった。フェミニストはこういう映画の上映運動とかしないのかな。7−
投稿者:aotearoa投稿日:2007-08-27 12:31:43
【ネタバレ注意】

ロシアやスウェーデンってこんなにすさんでるの??と、観ていていやになりました。
最低な大人ばかり出てくるし、性的搾取の餌食とされている児童に捧ぐって、最後に出てきますが、この映画は、そういうところに売り上げをきちんと寄付しているのでしょうか?

内容があまりにもショッキングなので、各国で上映禁止になった、ということですが、16歳の少女が親に見捨てられ、シンナーや売春をし、結局は、皆自殺してしまう。。

でも、自殺したら天国へ行けるという妄想。これって、本当じゃないし、この映画を観た同じような境遇の子供たちの自殺率が増えないか、心配。

この少女もお馬鹿ちゃんですが、女性ってすぐに男性にだまされちゃうってことがよ〜くわかりました。

投稿者:カロンタンのエサ係投稿日:2006-06-13 23:46:50
【ネタバレ注意】

どうしても、『ショー・ミー・ラヴ』の話から。
「おお、スウェーデンの若者もこんなにつまらながってるのか」と思われる、ぎざぎざの前半から始まってみるものの共感をつのり、それを終盤の大盛り上がりにつなぐ手腕には、監督第一作とはいえ、大いに感心したものです。
前情報のないまますすめた私周辺の反応も上々で、これが大ヒットするスウェーデン恐るべし、との印象を強くしました。
そして、機会なく2作目は未見ですが、本作をみることで、『ショー・ミー・ラヴ』の驚きが何だったのかがわかった気がします。
退屈はリアルだけど、すべてではない。
現実がどんなに過酷でも夢を見ることはできるから、本作での羽根は『ショー・ミー・ラヴ』の恋慕であり、ただ本作については、ストーリーが救いようもない方向に向った、ということなのでしょう。
管理人さんのジャガイモを拾うシーンが、モラルやなんやかなで、正しさやいい加減さをうつろう十代の姿を描き出していて見事。
表現としては、「羽根」によって幻想を区別する“わかりやすい”手法が、好みは分かれるでしょうが、本作をみてほしい層に訴えかける手段として好感が持てました。
痛い映画、しんどい映画を避ける人は多いし、もちろん、それはわからないでもありません。ですが、映画にある種のリアリティを求める人がこういった表現に引きつけられるのはそれ以上によくわかります。
今、そういった表現で見逃せないのは、知る限りでは国内で塩田明彦、海外ではこの監督でしょうか。
次作も目が離せません。http://blog.goo.ne.jp/quarante_ans/

投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-05-04 00:41:18
重い!重すぎる!観終った後の複雑な気持ちをどうしてくれるのといいたい。監督は映画を作っているうちにより現実を重視したらしいが、それが現実がどうかはこういう世界が身近ではない人間にとっては辛いというよりはやっぱり重い。
投稿者:saint_etienne_heaven投稿日:2005-05-06 06:51:21
動揺して間違って監督欄にも書き込んでしまいましたが、一刻も早く公開して欲しい作品です。
シネフィル・イマジカで放映済みらしいので、もう叶わぬ夢でしょうか。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 監督:ルーカス・ムーディソン
□ 外国映画賞 監督:ルーカス・ムーディソン(スウェーデン=デンマーク)
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION