allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

8月のクリスマス(2005)

メディア映画
上映時間103分
製作国日本
公開情報劇場公開(東芝エンタテインメント)
初公開年月2005/09/23
ジャンルロマンス
君は神様がくれた
最高のプレゼントでした。
8月のクリスマス [DVD]
参考価格:¥ 2,052
価格:¥ 1,586
USED価格:¥ 1,200
amazon.co.jpへ

 Photos
8月のクリスマス8月のクリスマス8月のクリスマス8月のクリスマス

【クレジット】
監督:長崎俊一
エグゼクティブプ
ロデューサー:
三宅澄二
森川欣信
プロデューサー:小松万智子
千村良二
脚本:長崎俊一
水島かおり
(クレジットなし)
撮影:長田勇市
美術:花谷秀文
編集:阿部亙英
音楽:山崎まさよし
音楽プロデューサ
ー:
穂苅太郎
照明:祷宮信
録音:武進
助監督:黒川礼人
出演:山崎まさよし鈴木寿俊
関めぐみ高橋由紀子
井川比佐志
西田尚美
大倉孝二
戸田菜穂
大寶智子
草村礼子
野口雅弘
諏訪太朗
【解説】
 日本でも99年に大ヒットした韓国映画「八月のクリスマス」を、人気ミュージシャン山崎まさよし主演でリメイクした心暖まる感動ラブ・ストーリー。病魔に冒され余命わずかの主人公に訪れた淡く切ない最後の恋を優しく描き出す。共演は「恋は五・七・五!」の関めぐみ。監督は「誘惑者」「死国」の長崎俊一。
 父から引き継いだ小さな写真館を営む寿俊。明るく穏やかな彼は、実は病魔に侵されており、死の瞬間が確実に迫っていた。それでも寿俊は、誰にも打ち明けることなく、自らの運命を受け入れて残された時間を静かに暮らしていこうと決めていた。そんなある日、近くの小学校で臨時教員をしている由紀子が写真館を訪れる。以来たびたび写真館を訪れるようになった由紀子と他愛ない会話を楽しむ寿俊。いつしか、2人は互いに惹かれ合うようになるのだったが、寿俊には自分の気持ちを伝えることがどうしてもできなかった…。
<allcinema>
【関連作品】
八月のクリスマス(1998)オリジナル
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1287 7.25
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:錬金術師投稿日:2009-06-25 00:02:55
全く期待無しで見たのですが意外に拾い物の一作でした。
見ていてなんとも心地よくて、知らぬうちに心を鷲掴みされている感じでした。
スクリプターとして呉美保監督が参加しています。
投稿者:かさみや投稿日:2008-02-23 14:57:02
深夜のTVでやっていたのを観ました。最近の邦画にはめずらしく、やられました。そしたら、韓国映画のリメイクだったのですね。オリジナルはまだ観ていません。まず、脚本が素晴らしい。山崎まさよしのボケというか、普通っぽさがグット。
投稿者:naoron投稿日:2007-09-04 12:03:56
つまんない、退屈だ。
と評する人もいるでしょう。
山崎の演技や脚本を批判する人もいるでしょう。
でも大げさに感動を脅迫するような作品より、こんなのが好き。
投稿者:キラキラ投稿日:2006-11-04 18:44:33
この映画は2005年 一番良かった映画です。
誰に聞かれても ごい展開があるわけでは いいのですが
まさに しんみりときて ほんわかします。
きどらない まさやんの演技と関さんのすごくうまいわけでもない
演技 それと富山人の私たちには今年になっても何回セッとに足を運んだことか、まさに8くりです。高岡大仏が映らなかったことは残念です…
投稿者:おしゃべりチャック投稿日:2005-10-05 22:25:26
高岡(主なロケ地)に住んでいるのなら見ておいた方がいいと言われ8月のクリスマスを見てきました。今地元富山では注目の映画です。また大人気の韓国映画のリメイク作でやはり韓国色が強かったです。全体を通しては余り抑揚が有りませんでした。山崎まさよしさんは今までミュージシャンとして見てましたが役者として違った側面また関めぐみさんは以前出演された「恋は五・七・五」と随分違う役どころ。前回のボーイッシュなイメージは消えました。何はともあれ注目点は徒歩五分で行ける私の生活圏の場所が映画に登場した事。映画を見ながらあこ知っている、ここ知っているの連続でした。映画化されて思った以上に綺麗に仕上がって高岡の再発見が出来た様に思います。(ただ地元民以外にはただの韓国映画のリメイクとしか写らなかったかも知れません)ただ地元すぎて違和感を感じる(ロケ地の金屋町に万葉線(路面電車)の音が聞こえる)部分もありました。まるで映画に自分が出てる様にドキドキしてました。ローカルで地味な映画でしたが最後の締めも淡白でした。
投稿者:シュウ投稿日:2005-09-29 18:27:28
【ネタバレ注意】

「死」というものがもたらす悲しみや切なさは、死そのものの事実以上に大切な人たちとの永遠の別れというものがもたらすものなのだと思う。だからこそ生きているときの大切な人との絆や幸せな時間をどれだけ切実に描くかが「死」をテーマとした映画の核になる。
にも関わらず、この「八月のクリスマス」ではその部分があまりにも希薄すぎた。ユキコのことを何故好きになったのか全く分からない。親友や父親、妹との関係描写もイマイチ。あまりにも悪い意味で淡々と過ぎていき、突然死を迎えてしまう。いったい何に対して悲しんでよいのか分からないまま終わってしまった。
久々となる山崎まさよしの主演、大倉孝二や井川比佐志などの素敵な俳優の出演に期待していただけに残念です。
キャストはこのままで、脚本を書き換えたものを見てみたいと思いました。

投稿者:篭瀬山投稿日:2005-09-24 22:58:13
 洋の東西を問わず、だと思うのだが、難病等での若くしての「お迎え」を描いたお迎え志向の作品が、ここのところ急激に増えた気がする。それもことごとく恋情モノとの組み合わせで描かれるところに特徴がある。

 「どうせもうすぐ自分は死ぬのだから、不幸な人生のままでいい」という主人公の陥る心理に、そこそこ幸せな人生を送っている多くの客層が、憐憫の情を誘われる、ということなのだろうか。

 そうではなく、恋情の花輪で飾り立てられた「死」が、ただのつまらない死を、より良き死に格上げする、物語のそういう構図が、多くの人々に慰みを与えているということだろう。4
【レンタル】
 【DVD】8月のクリスマスレンタル有り
 【VIDEO】8月のクリスマスレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 8月のクリスマス オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 1,027
4新品:¥ 1,111より   7中古品¥ 676より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION