allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

-less [レス](2003)

DEAD END

メディア映画
上映時間85分
製作国フランス/アメリカ
公開情報劇場公開(クロックワークス)
初公開年月2005/06/04
ジャンルホラー/サスペンス
新進気鋭の若手監督コンビが仕掛ける究極のデッドエンド・スリラー
-less[レス] [DVD]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 5,480
USED価格:¥ 781
amazon.co.jpへ

 Photos
-less [レス]-less [レス]

【解説】
 若手新鋭コンビ、ジャン=バティスト・アンドレアとファブリス・カネパのデビュー作にして、各地の映画祭で評判を呼んだサスペンス・ホラー。おばあちゃんの家で開かれる恒例のクリスマス・パーティに向かっていた一家が、近道のつもりで森を抜ける不慣れな道を選んだばかりに思いもよらぬ恐怖に晒される。
 クリスマス・イヴの夜。ハリントン一家は、毎年恒例のクリスマス・パーティに出席するため、おばあちゃんの家へと向かっていた。20年以上も同じ道を通ってきたフランクだったが、この日彼は、なんとも魅惑的な近道を発見し、ひとけのないその道に車を進めた。ところが、どうしたことか行けども行けども目的地にたどり着かず、道はどんどん暗く薄気味悪くなっていった。やがて一家は、赤ん坊を抱え道端にたたずむ白いドレスの女と遭遇する。それを境に、一家の不吉な予感はいよいよ現実のものとなっていく。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
961 6.78
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:arnold投稿日:2011-05-09 01:03:47
延々と続く暗い道路を走る車、たどり着けない目的地と何度も出くわす同じ標識、幽霊のような女と黒い死の車…シンプルなアイテムを用いて予測できない不条理な恐怖をとても巧く描いています。そしてそれらは皆人生の不条理を象徴しており、登場人物のセリフも倦怠と不満に満ちた理不尽な人生に対する嘆きのように聞こえます。
恐怖とともに絶望的な哲学すら感じられるシンプルな傑作です。http://killshot.blog65.fc2.com/
投稿者:FFF投稿日:2009-07-16 23:08:30
ショッカーではない。
徐々に家族の本性が暴かれる恐怖。
マシスンっぽいオチもぎりぎりセーフ!
21世紀になって量産されたグログロホラーと一線を画す秀作だと思う。
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2008-09-03 08:56:10
【ネタバレ注意】

久々に怖いと思えるホラーをみた。オチは読めてしまうんだけど、そこに至るまでの内容が良かった。次から次へと起こる災難に遭遇しながら、暗い山道で行く先が正しいかどうかもわからずに車を走らせることへの恐怖の描写が上手く出来てる。

投稿者:さとせ投稿日:2008-03-30 16:52:36
クリスマスイヴに叔母の家に向かう一家。ドライブ中道に迷うが白いドレスを着た女を発見乗車させ、マリオンは歩いて叔母の家に向かう。車は小屋を発見、電話を借りるために両親は小屋に入る。マリオンの婚約者ブラッドはドレスの女が抱いている子どもが死体なのに驚愕し悲鳴を上げる。両親は車に戻るが2人とも不明、歩いていたマリオンは前から怪しい車が来るのを
目撃、後ろにブラッドが叫びながら乗っていたのを確認、両親の車と接触しブラッドを追うがブラッドは道路にバラバラにされていた。その場を逃げ出す一家だが次々と悪夢が・・・。
これは怖い!全編暗闇で展開し、しかも車の中でのシーンが多いため見づらい場面も多いがその分雰囲気が出ている。只、最後の医者と通報者のシーンが必要だったのか?マリオン役のA・ホールデン嬢はボインで可愛い・・・。DVDで鑑賞したが5.1chは良く弾み良好。
投稿者:アイス投稿日:2006-02-28 00:02:38
日本人のツボにはまる幽霊ホラー。残酷な描写はほとんど出さずに、心理的な恐怖が全編によく出てます。暗い森の中、永遠に続く一本道をひたすら走る車。混乱と恐怖で崩れていく家族関係、その家族が一人一人殺されていく中で精神も崩壊していく。観ている側もドンドン引き込まれていく重厚な雰囲気が素晴らしい。少ない制作費でも監督の腕が光るナイスB級映画。
近年観た映画の中では一番怖かった・・・ぜひおすすめしたい一本。
投稿者:irony投稿日:2005-11-27 18:28:23
 一般的なホラー/サスペンスかと思いきや、日本的な怪談話的な脚色で意外に面白かった。結果から考えると何故家族が不可解な死をとげるのか、上手く構成してある感じがする。最後のメモもかなり日本的かなと思う、実際書ける筈が無いんだから・・・こういった不合理さも作品に余韻を残してグッド。
投稿者:79to96投稿日:2005-11-17 00:50:04
【ネタバレ注意】

夢オチについてはまぁどうあれ(笑)、作中の展開や緊迫感は
なかなかの演出力と感じました。
白い服の謎の女性なんかの使い方・見せ方なんかも邦画ホラーの
幽霊のような恐さが感じられたりするシーンもあって良かったです。
でもこの作品で一番色濃く出ていることといえば極限状態に陥った
登場人物のキレっぷりと思いました。
特にリン・シェイ演じる母親役のイカれっぷりは見事の一言でした。

投稿者:DM投稿日:2005-11-04 18:44:34
【ネタバレ注意】

夜道で出会う白いドレスの女性は赤ん坊を抱いていた、
という点から始まり、繰り返される理不尽な出来事が煽る恐怖感、
そしてオチは(ほぼ夢オチなんだけど)因果的なもの、といった感じで、
日本の怪談の匂いをそこかしこに感じるものでした。

でもそれより何よりタイトルがひどい。
原題Dead Endに比べて内容の無さもインパクトの薄さも際立っていて、
何と言うか、センスを疑います。
映画の質で言ったら少なくともこの感想欄に他の投稿一切無し、
なんて状態が相応しいものではないと思うのですが、
実際に他の投稿がない、という現状、
それこそがこの映画の何よりもタイトルの悪さを良く表しています。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】-less [レス]2006/10/27\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】-less [レス]2005/08/26\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】-less [レス]レンタル有り
 【VIDEO】-less [レス]レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION