allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バス174(2002)

ONIBUS 174
BUS 174

メディア映画
上映時間119分
製作国ブラジル
公開情報劇場公開(アニープラネット)
初公開年月2005/06/04
ジャンルドキュメンタリー
映倫PG-12
ブラジル社会の裏側をえぐり出す
「シティ・オブ・ゴッド」を凌ぐ真実の衝撃
バス174 スペシャル・エディション [DVD]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,460
USED価格:¥ 1,200
amazon.co.jpへ

 Photos
バス174バス174

【解説】
 2000年にブラジル・リオデジャネイロで発生し、テレビの生中継でブラジル全土が釘付けになったバスジャック事件を追った衝撃のドキュメンタリー。綿密な調査と多数の証言からバスジャック犯サンドロの生い立ちを明らかにしていき、事件の深層に横たわるブラジルが抱える社会的病理を浮き彫りにするとともに、事件でメディアが果たした役割を検証していく。
 2000年6月、リオデジャネイロ。<174路線>バスに乗り込んだサンドロは強盗に失敗、乗客11名を人質に取り、拳銃を手にしてバスに立てこもった。通報を受け、警官が現場に急行する一方、ブラジル中のメディアも殺到、事件は報道規制のないままリアルタイムで中継され、全国民がその動向を固唾を呑んで見守った。ジョゼ・パジーリャ監督は、このバスジャックの一部始終を検証するとともに、犯人サンドロが事件を引き起こすに至った背景を詳細に追っていく。そして次第にブラジル社会のストリートチルドレンをめぐる問題が大きく浮かび上がってくる。
<allcinema>
【関連作品】
バス174(2002)同一事件
シティ・オブ・マッド(2008)同一事件
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
650 8.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:浄瑠璃2投稿日:2013-12-29 16:37:30
よくぞここまで作り上げたと感じさせる教科書のようなドキュメンタリー。このノンフィクションだけでフィクションのリメイク版「ロボコップ」も期待できる。とても優秀な監督。
構成力も演出力もテーマへの視点も優れている。こういう優秀さって、高進国とか大きな問題に直面してる社会でした生まれないんだと思う。いまの日本にはいない。どうでもいいテーマしか体験してきてないから。ジャーナリズムってものがない国だから。
大島渚の時代くらいまではあったのだろう。CSの日本映画専門チャンネルでやってる大島ドキュメンタリーを観ると、劇映画もテレビノンフィクションも同じアプローチだったことがわかる。現在の日本のドキュメンタリーはニュアンスにしか過ぎないようなテーマを、四方八方のステークホルダーにおもんばかって作ってる腰の引けた作品しかない。だからマイケル・ムーアにびっくりするんだな。この「バス174」もマイケル・ムーアも好き嫌いは別にして、作る価値、観る価値がある。
投稿者:namurisu投稿日:2011-03-31 16:27:22
なんとも言えんが。警官に撃たれて犠牲になった女性に、哀悼の意を。
投稿者:藤本周平、投稿日:2010-01-15 23:37:19
【ネタバレ注意】

犯人ももちろん許されないんだけど、一番許されないのはストリートチルドレンを無差別に殴ったり、人質も助けられず、挙句の果てには車内で犯人を絞め殺しても裁判で無罪となり現在に至ってものん気に働いている警察だろ。

投稿者:amen投稿日:2007-04-13 14:04:40
「シティ・オブ・ゴッド」より緊張感があり、
「シティ・オブ・ゴッド」よりテーマが重く、
「シティ・オブ・ゴッド」より見応えがあるが、
ノンフィクションなのでエンターテインメント性は薄い(当たり前)。

良くこんなの作れたなあ、と素直に感嘆。
投稿者:さち投稿日:2006-11-16 10:40:53
面白い
投稿者:irony投稿日:2006-07-26 10:29:25
 やっぱブラジルは凄いわ、ハリウッド作品には無いものがあるわ…ホント。
投稿者:クロード投稿日:2005-06-07 13:27:20
 ブラジルはサッカー王国であり、政情も安定し、資源にも恵まれ、日本同様国連安保理入りを希望している大国である。なのに、貧民層は黴菌の如く忌み嫌われ、それを理由に犯罪に走る者の収容先、刑務所の環境は酷いに尽きる。看守がそう証言しているのだから確かなのだろう。
 天国のような刑務所がそもそもの間違いで、地獄であるべきが役人の筋論だろうが、それで犯罪が減るのならそれでいい。
 「シティーオヴゴッド」のような無責任さはない。映画的な格好の題材と見てのドキュメンタリーだが、その豊富な題材の料理に成功であったかどうかは別に、この悲惨な現実を正面から取り組んだ意欲を買う。
 軍事独裁国家の圧制下でなくとも南米の国は熱い。この熱さはラテン系の血なのだろうか。しかし、人間、人種を問わず本音は同じだね。実はいい子だったのにと。暴走族、実はいい子、本当かな。一方では困った話でもある。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】バス174 スペシャル・エディション2006/01/27\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】バス174レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION