allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハッカビーズ(2004)

I HEART HUCKABEES
I LOVE HUCKABEES

メディア映画
上映時間107分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(日本ヘラルド映画)
初公開年月2005/08/20
ジャンルコメディ/ドラマ
人生のスーパーマーケットへようこそ
「幸せ」あります
ハッカビーズ [DVD]
参考価格:¥ 1,890
価格:¥ 480
USED価格:¥ 43
amazon.co.jpへ

 Photos
ハッカビーズハッカビーズハッカビーズ

【解説】
 「アメリカの災難」「スリー・キングス」の俊才デヴィッド・O・ラッセル監督が豪華なキャストを起用して描く異色の哲学コメディ。大手スーパーの進出計画をめぐってスーパーのエリート社員と対立するエコロジー青年を主人公に、一癖も二癖もある登場人物たちによって繰り広げられる奇妙なエピソードの数々が哲学的視点を用いてシニカルかつシュールに綴られてゆく。主演は「天才マックスの世界」のジェイソン・シュワルツマン。共演にジュード・ロウ、ダスティン・ホフマン。
 ありとあらゆるものをお手ごろ価格で提供するスーパーマーケット“ハッカビーズ”。その新店舗建築計画から自然を守ろうと奮闘していた環境保護団体のオタクな青年活動家アルバート。悩み多きアルバートはある日、実存的問題を取り扱う<哲学探偵>夫婦のもと訪ね、自分を探偵してもらうことに。ところが、ハッカビーズのエリート社員でアルバートの宿敵ブラッドがそれを知り、彼もまた同じ探偵夫婦を雇ってしまうのだった。このままでは形勢不利と判断したアルバートは、探偵夫婦と対立しているフランス人思想家カテリンに寝返るのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
938 4.22
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-31 02:09:47
ジュード・ロウが体当たりで演技してる所がGOOD。
投稿者:uptail投稿日:2013-02-12 08:56:41
演出:5
演技:6
脚本:4
音響:6
投稿者:TNO投稿日:2011-05-03 23:08:21
デヴィッド・O・ラッセル監督は、"スリー・キングス"で感心したので期待したのと、オールスターキャストの映画もコメディも好きなので、この映画を見た。出演者が楽しみながら演技をしている様子は覗えたが、映画そのものには残念ながら普通以上の面白さは感じられなかった。物語の核が散漫であることが原因だろう。ハッカビーズという総合スーパーでもない、男同士(ジュード・ロウとジェイソン・シュワルツマン、ジェイソン・シュワルツマンとマーク・ウォールバーグ)や男女(ジュード・ロウとナオミ・ワッツ、マーク・ウォルバーグとナオミ・ワッツ、ジェイソン・シュワルツマンとイザベル・ユペール)の愛憎でもない、哲学探偵(ダスティン・ホフマン、リリー・トムリン、イザベル・ユペール)でもない、全て中途半端な感じがした。タリア・シャイアが実際と同様、ジェイソン・シュワルツマンの母親役。ティッピ・ヘドレンが沼と森林の元所有者。角川映画の予告編の勝手な創作は、いいかげんにして欲しい。ハッカビーズというスーパーマーケットが物語の中心のように説明しているが、店舗は一度も出てこない。パッケージのストーリーの説明さえも実態とかけ離れている。
投稿者:クリモフ投稿日:2008-12-08 02:18:51
ありゃりゃ、個人的にはなかなか面白かったんですが、評判は芳しくないようで。アホみたいなストーリーを哲学的に味付けたコメディとしては成功しているんじゃないでしょうか。その哲学を皮肉りながらも、否定せずに作品中になるほどと思うようなセリフを散りばめているのが心地よい。
まぁ人間同士のつながりなんて、突然で突飛なもんなんでそんなところに理由付けするのが無意味なことなんだけれども、そこに哲学を見出すことによって人生がちょっとおもしろくなるんじゃない?ってかんじだね。どうせ答えなんてでないんだし。
キャストの演技も見物です。シュワルツマン、ワッツ、トムリン、ロウ、ウォルバーグ、ホフマンが全員へんてこなキャラを好演。こんなリアリティも何もない話に説得力を与える力となっていますね。
結局、人は他人に自分を見出しつながりを求めているのか?そんなこと考えたってどうにもならん気もするけどね、まぁ楽しいからいいや
投稿者:なちら投稿日:2007-07-17 17:58:00
チャリの似合う男J・シュワルツマンが、人生とは?人間とは?と苦悩し、ユル〜く真実に触れる話。
とにかく登場人物全員うさん臭い!
言ってる事はなかなか良いと思った。
投稿者:とろりん投稿日:2006-12-02 01:58:24
こういう哲学的なのもいいな〜賛否両論分かれる映画だと思うし、万人受けする映画ではないけど、私はけっこう楽しめた!見てみるとかなりの豪華キャスト!内容は全部わかったわけではないけどなんとなくこのよくわからないテンポは飽きることなく見ることができた。こういうタイプの映画があってもいいな〜と思った。あとからなんかじわじわくる感じかなぁ。
投稿者:irony投稿日:2006-09-05 15:51:43
 人間って暇な生物なんだなぁと…。生きる事自体にある種の意味を求める、全ての事象に意味をもとめる、真理なんて誰も解らないし、生きる(生命維持)事に精一杯なら、悩まずに済むだろうしなぁ。
投稿者:bond投稿日:2006-09-04 09:45:33
哲学テーマだから、解りにくい。云いたいこともブレてたような気がする。CGアイディアは良かった。
投稿者:くろくろ75投稿日:2005-12-31 22:00:33
自分は、出演者の豪華さに惹かれて海外で観賞しました。ある程度の英語なら理解できる自信があったのですが、ハッカビーズに関しては全く理解できず。クスクス笑っている観客も大勢いたので、キチンと理解できれば楽しめる作品なんだろうなぁ〜とは思いますが、全く理解できなかった自分には非常に苦痛だった。久々に「早くおわらねえかな〜」と時計を見続けた90分。今度は字幕でトライしたいです。エターナル・サンシャインに次いで、この作品でも担当したジョン・ブライオンの音楽は素晴らしかった。CDを探す価値あり。
投稿者:シネマ野郎投稿日:2005-10-10 19:10:50
話のテンポが軽快で、出演者達も何か楽しんで演じている様に感じた。

ただ万人ウケする様なコメディではないので、その辺で、評価が分かれると思う。
投稿者:ブルークロウ投稿日:2005-10-03 17:24:57
【ネタバレ注意】

ゲラゲラ笑うようなコメディではなく、クスクスするような面白さがあるコメディだと思いました。
主人公の自然保護活動家アルバートは、面識の無いアフリカ人に3回も偶然に出会ったことから、哲学探偵に相談しに行くが、そこから彼の仕事の悩みや精神的な悩み、子供時代のトラウマまでかき回され、ついには仕事上のライバルにまでその影響が及ぶという?? 
なんだか変な話で、一度観てもどんな話だったのか、話の焦点はドコだったのか、わけが分からなくなる作品でした。
しかし、ひとつだけ言わせてもらうと、人というのは日々いろんなことで悩んだり、それを隠すために笑顔を振りまいたりしていますが、この主人公アルバートは、そんな悩みを隠したりせず、わざわざ哲学探偵にまで頼んでとことんまで追求しています。その姿はすごい一生懸命なんだけど、でもそれがとても滑稽に映るのが、なんだか共感できました。もしかしたら私たちも、もっと真剣にいろんなことに悩んでもいいのかもしれません。
個人的には、この映画の音楽もとても好きです。テーマ曲?がとても印象に残りました。

投稿者:池鯉鮒の男投稿日:2005-08-10 22:15:20
たまたま雑誌で読んだのですが、ダスティン・ホフマンの役柄のモデルとなっているのは、コロンビア大学仏教科でラッセル監督の先生だったロバート・サーマン教授だそうです。ちなみにロバート・サーマン教授は、ユマ・サーマンのお父さんだそうです。
投稿者:しょんぺん投稿日:2005-06-19 04:25:23
『天才マックスの世界』の10年後を描いたような感覚。
学校の先生に恋していたシュワルツマンくんは、あほたれ青年に正常成長し、左翼学生っぽく暮らしているのであった、まともにデパートに就職したジュード・ロウを横目に。
で、哲学がどうとかいうよりも、これは『バカの壁』を映画化した作品なんだと思う。
僕らが囚われている一番の”バカ”は、自分らしさ&自分探し、ってヤツ。これがタチが悪いって話でさ。
それを笑い飛ばすために、名優ダスティンホフマンと、生ける猿の惑星マーークウォルバーーグが降臨。
僕は大爆笑ゲラゲラで、見ていたが、周りの人は誰も笑っていなかったし。。。
自分を笑え、って話だと思うぞ。シニカルなブラックジョーク。痛っっっっっっい。
『マトリックス』より、よっぽど気が利いているんだが。


投稿者:SYCO投稿日:2005-04-28 23:52:01
実存主義探偵とか出てきて人生の意味を探るという、なにやら面白そうなコメディなんだけど、『マルコビッチの穴』とかの系統で、独自の世界に走りすぎていて私の目の前を素通りして行く映画でした。
ジュード・ロウの乳をジェイソン・ジュワルツマンが吸い付いて飲むというシーンが無ければ、もうちょっと評価が上がったかも。
http://www.geocities.jp/obobsyco/
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ハッカビーズ2009/11/20\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ハッカビーズ スペシャル・エディション2006/02/24\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ハッカビーズレンタル有り
 【VIDEO】ハッカビーズレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION