allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

殴者 NAGURIMONO(2005)

メディア映画
上映時間93分
製作国日本
公開情報劇場公開(ワイズポリシー)
初公開年月2005/09/23
ジャンルアクション/サスペンス/格闘技
殴者 [DVD]
価格:¥ 3,678
USED価格:¥ 215
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:須永秀明
製作:田中雄一郎
製作総指揮:榊原信行
エグゼクティブプ
ロデューサー:
葵てるよし
プロデューサー:森谷雄
マツムラケンゾウ
脚本:伴一彦
撮影:小松高志
美術:磯田典宏
音楽:會田茂一
出演:玉木宏暗雷
水川あさみ月音
陣内孝則ピストル愛次郎
虎牙光揮虎走六
篠井英介皮舌雨舌
クリスチャン・ストームズ
山田明郷
マギー
田中要次
桜庭和志銀閣
高山善廣鉄風
ヴァンダレイ・シウバモルテ
ドン・フライメイソン
クイントン・“ランペイジ”・ジャクソ
ドン・ディガ
【解説】
 総合格闘技イベント“PRIDE”を運営するドリームステージエンターテインメントが本格的な映画製作に乗り出した第1弾作品となる異色時代劇。主演は玉木宏と水川あさみ。監督は「けものがれ、俺らの猿と」の須永秀明。桜庭和志、高山善廣、ヴァンダレイ・シウバといった人気格闘家も多数出演、迫力ある格闘シーンを披露している。
 時代は明治初期。“殴合”と呼ばれる地下賭博があった。それは、ならず者や格闘家など“殴者”たちを集めて行なう闇試合。そしてそれを取り仕切るのが、やくざ世界の顔役、ピストル愛次郎率いる雷一家だった。ここで世話役を務める暗雷。彼は自分の父を殺した愛次郎に育てられていた。そんな異常な世界に身を置く暗雷が唯一心を開けるのは、同じく愛次郎のもとで一緒に育てられた月音だけだった。愛次郎のもとを離れ月音と2人で生きていきたいと願う暗雷。そこへ、対立する組織、蟷螂一家と雷一家の抗争という千載一遇のチャンスが訪れる。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
211 5.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:松竹錠投稿日:2005-10-16 22:15:44
【ネタバレ注意】

C・ブロンソン、J・コバーンが主演した『ストリートファイター』の日本版を
期待した俺がバカだった。

格闘のあいまに挿入される回想場面がうっとうしく、感興をそぐなと思っていたら、
玉木宏と水川あさみの恋愛劇が主筋で、格闘は単なるバックグラウンドじゃないか。
その格闘の描写にしても、やたらにスローモーション使ったり、安手のBGMをまぶしたり、
アクションをナメたような演出には閉口する。
タランティーノの悪影響のような流血描写も、勝手にせいっ!
虎牙光揮の台詞「生きることは格闘なんだ」だと?
分け知り顔のインテリじみていてリアリティ皆無。聞いててヘドが出る。
陣内孝則の目玉ひんむき絶叫芝居も、3流仲代達矢イミテーションだよ、これじゃ。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】殴者2006/03/03\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】殴者レンタル有り
 【VIDEO】殴者レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION