allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

四月の雪(2005)

APRIL SNOW

メディア映画
上映時間107分
製作国韓国
公開情報劇場公開(UIP)
初公開年月2005/09/17
ジャンルロマンス/ドラマ
それは はかない恋だった
どんなに舞い降りても積もることのない
四月の雪のように・・・

四月の雪


 Photos
四月の雪四月の雪四月の雪四月の雪

【解説】
 人気俳優ペ・ヨンジュン主演のラブ・ストーリー。互いのパートナーが同乗していた車が事故に遭遇したことで裏切りの事実を知ってしまった男女が、心の傷を癒やし合ううち、いつしか互いに惹かれていく。監督は「八月のクリスマス」のホ・ジノ。共演に「永遠の片想い」のソン・イェジン。
 コンサート会場の照明ディレクターを務めるインスは、仕事中に妻スジンの交通事故の知らせを聞き、彼女が搬送されたサムチョクという町の病院へ駆けつける。その廊下には、夫が交通事故に遭ったという女性ソヨンが独り悲しみに打ちひしがれていた。やがて彼らは、事故処理の結果から互いの伴侶が不倫関係にあり、同じ車に乗っていたという衝撃の事実を突きつけられるのだった。それぞれパートナーに対し、怒りと悲しみが込み上げ複雑な心境に苛まれるインスとソヨン。そんな2人も互いに励まし合ううち、恋愛感情が芽生えていく…。
<allcinema>
【関連作品】
四月の雪(2005)
四月の雪 ディレクターズ・カット完全版(2005)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1570 4.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:いまそのとき投稿日:2012-05-12 11:11:08
静かな語り口はいいけど、そうなる辺りとその後のこの二人の複雑な心理描写が描ききれてないと思う。不思議といえば、生き残った妻と死んだ亭主の腐れ縁。事故後に初めて知ったという映画の核心部がどう考えてもおかしい。余計なことだけど事故の被害者の賠償はどうなったのだろうか。一番の見所は二人がゆっくり話すハングルかもしれない。勉強中の自分にはホントに聴き取りやすかった。
投稿者:EROZZA投稿日:2010-06-25 14:40:34
★エロ目的で映画を観たっていいじゃないですか★

ソン・イェジン
投稿者:irony投稿日:2007-09-03 14:56:22
【ネタバレ注意】

 これってハリソン・フォードのランダム・ハーツのパクリ?状況設定が飛行機から自動車に変わっただけじゃん? でも自動車の方が状況はキツイか?(不倫は一目瞭然だし)

結果 不倫男死亡 不倫女房生存 事故相手死亡(ここ重要)何も聞かないで通る訳無いと思うのだが 二人も死亡してるし…警察だって聞くだろ、普通は…。4月の雪も大雪じゃん 一面銀世界だし それにしてもまだ続けるのかねこの二人は…ぺの奥さんは何も言えんわなぁ だから追求しなかったのかね なかなかの策士 やりおるな ぺ 御主もワルよの〜〜
はっきり言って早送りで充分な作品 見てると眠くなること眠くなる事…。

投稿者:tanukun投稿日:2006-08-25 19:27:03
「消しゴム」を観て、ソン・イェジンに興味があり観た。ぺさま共演は私にとって「おまけ」だった。
それにしても、この映画は何を語りたいのだろう。ハラハラドキドキなのか、あるいはドンパチなのか、あるいは考えさせられるものなのか。どれででもいいのだ、映画は娯楽と芸術を兼ね備えた媒体だからだ。その空間にこの映画が入り込む場所が見当たらない。
また、個々のキャラクターもその特長が活かされていない。役者は最低4人いるのだが、その相関関係と個々の状況・情感についても描き込まれてはいない。従って「つまらん」の一言しかコメントのしようが無い。まるで「スターを2人使いました」という、二昔前のアイドルを起用した邦画を想起させる。
ラストも突然訪れる。残念ながら「突然のラスト」の監督や脚本の意図すら活かされていない。何の脈絡もなく、ふと邦画「失楽園」を思い出した。
投稿者:万華鏡投稿日:2006-01-13 21:13:44
ホ ジノ監督は何をどう表現したかったのか?映画は二人芝居のようで興味を引くが、伏線も生かされず、あまりに淡々と描きすぎて二人の情感が伝わってこない。そのため、主人公達の性格や思考もわからず、共感できない。また、いつもは引きのアングルが多い監督が初めてアップ処理を多用しているが、その効果は生かされておらず、非常にくどく映る。今回の手法は監督の失敗といわざるおえないのではないか。ただ、ヨン様人気の韓流の主役・ぺ ヨンジュンは、冒頭を除いて演技に安定感があり、抑えた静かな演技でかなりの演技派だと知らしめてくれる。けれど、相手役女優の演技に難点がある。最初から最後まで少女のようで、不倫という入り組んだ感情をまったくといっていいほど表現できていない。このせいで不倫がただの「ままごと遊び」のようにも見えてしまう。素の本人が持つ透明感のせいで救われてはいるが、演技は最悪といってもいいほどだ。大人の映画とはいいがたい。残念ながら、ぺ ヨンジュンだけが目立つヨン様映画といわれても仕方がない作品に仕上がってしまった。八月のクリスマスで見せた監督の手腕は何処へいったのか。まさに映画はアンサンブルが大事だと痛感させる映画だ。監督と主役達の方向性がバラバラだともいえる。
投稿者:rossa..投稿日:2005-12-05 12:37:53
最初から最後まで暗〜い映画でした。
投稿者:Cinema Trek投稿日:2005-11-13 14:05:38
この作品は、中高年層のおば様方での支持でベストワンを取ろうという勢い。配給会社もユニバーサルと絶大的人気のあるヨン様効果を狙って世界市場を視野に入れている。勧告映画は韓流ブームに乗って日本にどんどん入ってきているが、その中でも低制作費のひどい作品であった。確かに、ペ・ヨンジュンはどんな映像でも「ヨン様」と呼んでいるファンにとっては絵になる。しかしながら会話が少なく大半が態度と表情での演技。陰気でじめじめいらいら。そのテンポのなさに睡魔が襲ってくる。我々、アジア人にとってその陰的心情は理解出来るが欧米人には決して理解されないであろう。奥さんをどうするのか。お互いの心情の流れから自分も不倫の関係に陥ってしまった。その後、どういう結末が待っているのだろう。と観ている内にエンド・ロールが流れ、この作品のテーマはあっても何を訴えているのかが見えてこない。脚本的に観るなら薄っぺらい内容でお勧めしない作品である。

20050922_Cinema鑑賞_50点
投稿者:夏苺投稿日:2005-10-04 21:36:33
【ネタバレ注意】

淡々とした進行、セリフも少ない。俳優の表情も無表情…なのに、
その悲しみが、辛さが伝わってきます。酔ってしか感情をぶつけられないインス。
妻を信じきっていた男の裏切られた心もとなさ、というのでしょうか?
“はかない恋”というキャッチ・フレーズは私は違うような気がしました。
絶望の淵に独りで立って、何とか這い上がろうとした2人の物語。初めのベッド・シーンなんて、“愛”でも“恋”でもない気がしました。ただただ、同じ苦しみ・傷をお互いに
癒しあう…。無我夢中で…。そしてそんな方法だったけど、お互いの存在に確かに癒され、再び笑顔を取り戻していった。そこへまた悲劇が起きるのだけど…。
この先2人はどうなるかわかりません。もしかしたら、二度と会わないかも…。それでも
人は傷ついても、愛を求めてそして癒され、また歩いてゆく。人生を感じた映画でした。
主演2人とも素晴らしかったと私は思います。饒舌ではない演技が内面をより映し出していたと思いました。

投稿者:まー投稿日:2005-10-02 23:24:24
【ネタバレ注意】

前作と似た雰囲気の、確かにホ・ジノの世界ですねっていう映画なんですが、地味な映画のわりに前宣伝がすごすぎて、シーンの4割が「あー話題になっていたこのシーンね」って見えちゃうのでちょっとしらけました。
ヨン様はずいぶんこだわって納得するまで演技したと話題になっていましたが、この監督の映画にはちょっと合わなかったのでは?演技力不足を感じました。
ソン・イェジンはさすが。上手かったです。悲しみと戸惑いとどうしようもない気持ちの揺れを静かに感じさせてくれました。完全にヨン様食われてましたね。

投稿者:篭瀬山投稿日:2005-09-23 13:47:51
道徳のない世の中には背徳も存在しない。だが(制度としての夫婦ではなく)連れ添いに対する貞操観念だけは不思議と堅持されており、この映画もそれを当然の前提として作られている――とでも考えないと、この、ただ出会ってただ布団に入るただの男女の物語は、いい年したボーイミーツガール物の域を出ない。台詞も冴えなきゃドラマも薄いし――一体、世の中どうなってるんだろう。4
投稿者:おいも投稿日:2005-09-22 02:06:29
 配偶者の事故、次第に分かる配偶者の裏切り、という出来事から物語りは始まりますが、淡々とすすむストーリーの中に、人間は肉体を持って生きているということ、悲しみの中でもいろいろなことを感じながら日常を生きているということ、自分でも思いがけないような行動に出てしまうことがあるということ、そのときの心の変化のきっかけになることなどが、映画のすみずみにちりばめられています。ストーリーは、静かに進むが、無駄なシーンが無く展開ははやい。どのシーンもみのがせない意味の有るシーンです。
 主役のインスの役はその誠実でやさしい人物像、風貌あわせてぺ・ヨンジュンでなけばならなかった、と思えます。彼は、まさに、インスという男を演じています。ソヨンを演じるソン・イェジンは若々しくかつ感情を上手く表現しています。音楽もシーンに合っているというよりは、深みを与えているといった感じで心に残ります。
 見る人の価値観や性格で感想が変わるような内容だと思いますが、見終わってから、いろいろと想いにひたれる作品だと思います。 
投稿者:籐四郎投稿日:2005-09-19 19:55:44
 一部の人にしか楽しめないような、なまぬるーいつくりで、私にとっては、ぶっちゃけ・・・ゴミでした。
 呆れたことに、これで買い付け額が700万ドルですよ!制作費よりもはるかに多く払うなんて、韓流ブームもここまでくるとおかしすぎるでしょ!
 だってどんなに駄作を作ろうが、制作側は既に契約の時点で利益が出てるってことなんだから。どんなハリウッド映画にだって、こんな馬鹿な契約をすることは考えられんです。
 宣伝費も含めると、多分15億円くらいかかっているので30億円くらいの興行収入が必要だと思うのですが、とてもじゃないが映画にそんな力は無いと思えました。
 まあ、UIPがどんなに損しようが知ったことじゃないですが・・・なめられすぎでしょ!日本は。
投稿者:黒い豹投稿日:2005-09-19 18:01:59
ヨン様のために作られた映画なのに、本人が作品をダメにしてる珍しい映画。撮影中、ホ・ジノ監督とヨン様はかなりソリが合わず、監督激怒しまくってたって話だけど、それもそうだよなって感じ。しかし、彼は何で眼鏡かけてんの?無駄にマッチョだし。とにかく、ヨン様が微笑んだり凹んだりするたびにこみ上げる笑いを堪えるのに必死になった作品でした。しかし、ソン・イェジンはいい女優ですね。
投稿者:oishi投稿日:2005-09-17 22:49:45
本日から地方でも上映開始になったので、女房に付き合いました。ストーリー等紹介されているので省きますが、概ね主人公2人を中心に淡々とストーリーは進みます。特に盛り上がりというか、クライマックスもありません。こうした展開の場合、もっと二人の内面的・心的葛藤が描けておれば共鳴する所はあるのですが、それも期待できません。バックの音楽も心理模写にふさわしくない様に感じました。不倫なのに、暗さがなく甘いのですね。ペ・ヨンジユンも性格俳優としてまだまだ成功していないと思いました。ストーリーも、結局女房にも不倫相手にも良い格好をすると言う煮え切らなさ、なんなんでしょう。名前忘れましたが、女優さんの方がいい味を出していたのが救いです。もっと、フランスやイタリア映画等の心理描写を学ぶべきです。まだ、アントニオーニの方が数倍上ですね。
投稿者:黒美君彦投稿日:2005-09-07 11:21:01
ホ・ジノ監督の作風は、今回のようなテーマにはそぐわないのかも知れない。
さらにいうなら、彼は恋愛モノが必ずしも得意ではないのではないか。
大傑作のデビュー作『八月のクリスマス』(98年)で、生と死を明確に切り取り、その中に溢れる人間性と叙情性を描いた彼だが、彼の演出はそうした重さにこそ相応しいと思う。
だから、前作『春の日は過ぎゆく』(01年)同様、今回のような男と女のもつれた感情は停滞し、観る側は置き去りにされてしまう。主人公たちが涙を流すたびに、何を深刻がっているんだ…と醒めてしまう。
儒教の国である韓国(この作品も“不倫”が主題なのでR-18指定らしい)の社会背景においてはそれなりのインパクトがあるのだろうが、すでにそんな禁欲的な段階を通り過ぎ、欲望のままに振舞っているこの国ではただイライラするばかりだ。
前作『春の日は過ぎゆく』では、主人公の録音技師の「音」に対するこだわりが見事に表現されていたが、今回の「照明監督」という設定も活かされなかったように思う。唯一薄暮の路傍に車を停め、農村をバックにペ・ヨンジュンとソン・イェジンがそれぞれ違う方向を向いているシーンは秀逸だったが。
もうひとつ乗り切れなかった要因のひとつは、それぞれの伴侶に対するアンビバレンツな感情がもうひとつ描ききれなかった点にあるのではないか。ホ・ジノ監督は小道具を上手く使う監督だと思うが、今回はそうしたものが殆ど登場しなかった。ペ・ヨンジュンもソン・イェジンも、それぞれの妻・夫に対する記憶がないかのようだ。葛藤が見えない以上、感情移入も難しい。
期待していただけに残念だ。
投稿者:earthblue投稿日:2005-09-01 23:27:22
このふたりは最初から十字架を背負っている。それぞれの夫と妻が不倫をしていなければ、ふたりも出会わなかったはず。これはどう考えればいいのだろう。傷を癒す相手なのか?それが愛ってものなのか?

この映画、ラストがいい。http://blog.livedoor.jp/earthblue/
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】四月の雪 <初回限定生産>2009/10/02\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ドキュメンタリー「四月の雪」 ペ・ヨンジュンに魅せられて <初回限定生産>2009/10/02\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】四月の雪 <初回限定生産>2008/09/11\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】四月の雪 スーパーライブコンサート:ペ・ヨンジュン Scene in the film <初回限定生産>2008/09/11\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ドキュメンタリー「四月の雪」 ペ・ヨンジュンに魅せられて <初回限定生産>2008/09/11\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】四月の雪 <初回限定生産>2007/12/13\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】四月の雪 スーパーライブコンサート:ペ・ヨンジュン Scene in the film <初回限定生産>2007/12/13\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ドキュメンタリー「四月の雪」 ペ・ヨンジュンに魅せられて <初回限定生産>2007/12/13\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】四月の雪 スーパーライブコンサート:ペ・ヨンジュン Scene in the film <初回限定生産>2006/11/30\933amazon.co.jpへ
 【DVD】四月の雪 <初回限定生産>2006/11/30\933amazon.co.jpへ
 【DVD】ドキュメンタリー「四月の雪」 ペ・ヨンジュンに魅せられて <初回限定生産>2006/11/30\933amazon.co.jpへ
 【DVD】April Snow/再会 さいたまスーパーアリーナ・イベントDVD スタンダード版 <初回限定生産>2006/09/21\6,476amazon.co.jpへ
 【DVD】「四月の雪」+「ドキュメンタリー『四月の雪』 ペ・ヨンジュンに魅せられて」 ツインパック <初回限定生産>2006/04/01\2,838amazon.co.jpへ
 【DVD】「四月の雪」+「四月の雪 スーパーライブコンサート:ペ・ヨンジュン Scene in the film」 ツインパック <初回限定生産>2006/04/01\2,838amazon.co.jpへ
 【DVD】四月の雪 プレミアムBOX <初回限定生産>2005/12/29\18,857amazon.co.jpへ
 【DVD】四月の雪 <通常版>2005/12/29\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】四月の雪 スーパーライブコンサート:ペ・ヨンジュン Scene in the film2005/12/29\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ドキュメンタリー「四月の雪」 ペ・ヨンジュンに魅せられて2005/09/07\2,838amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】四月の雪レンタル有り
 【DVD】ドキュメンタリー「四月の雪」 ペ・ヨンジュンに魅せられてレンタル有り
 【VIDEO】ドキュメンタリー「四月の雪」 ペ・ヨンジュンに魅せられてレンタル有り
 【VIDEO】四月の雪レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 四月の雪 オリジナル・サウンドトラック
新品:
4新品:¥ 1,500より   39中古品¥ 1より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION