allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブラザーズ・グリム(2005)

THE BROTHERS GRIMM

メディア映画
上映時間117分
製作国アメリカ/チェコ
公開情報劇場公開(東芝エンタテインメント)
初公開年月2005/11/03
ジャンルファンタジー/アドベンチャー/コメディ
ブラザーズ・グリム スペシャル・プライス [Blu-ray]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1,486
USED価格:¥ 972
amazon.co.jpへ

 Photos
ブラザーズ・グリムブラザーズ・グリムブラザーズ・グリムブラザーズ・グリム

【解説】
 「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」の奇才テリー・ギリアム監督がグリム童話誕生秘話をイマジネーション豊かに描き出したダーク・ファンタジー・コメディ。地方の村々を巡り民間伝承を蒐集するかたわら、魔物退治と偽り村人から多額の報酬を得ていたペテン師まがいのグリム兄弟が、ある時本物の魔女と対決するハメになるさまを、『赤ずきん』『ヘンデルとグレーテル』『眠れる森の美女』などのエッセンスを散りばめつつ、VFXを駆使したファンタジックで悪夢的な映像で綴ってゆく。
 19世紀のドイツ。兄ウィルと弟ジェイコブのグリム兄弟は各地の村を旅して、その地に伝わる古い物語を集め回っていた。その一方で、村人たちを苦しめている恐ろしい魔物がいればそれを退治し、賞金を手にしていた。ところが、魔物の正体は兄弟とその助手たちがでっち上げたイカサマだった。しかし、それがバレて将軍ドゥラトンブに捕まった兄弟は、ある村で起きている少女連続失踪事件の解明を命じられるのだが…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aバタフライ・エフェクト (2004)
[002]AVフォー・ヴェンデッタ (2005)
[003]Aミュンヘン (2005)
[004]Aミリオンダラー・ベイビー (2004)
[005]A宇宙戦争 (2005)
[006]Aヴァン・ヘルシング (2004)
[007]Aソウ2 (2005)
[008]Aチャーリーとチョコレート工場 (2005)
[009]Aキング・コング (2005)
[010]Aスター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
43273 6.35
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-01 03:46:28
ヒース・レジャーが輝いてますね。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-09-23 21:41:55
なんかヌルそうだなー と思ったものの、テリー・ギリアムだし
一筋縄ではいかない作りになってんのか?と観てみたら がっくし。
投稿者:BMG投稿日:2010-05-30 23:20:53
【ネタバレ注意】

子供向けの御伽噺は、原作が以外と暗いと良く聞く話ですが、この映画は、それが如実に現れていました。
ヘンゼルとグレーテルは虫に襲われ、髪の長い女王は不気味な老人になっていてとなり、ある少女は、馬の食道を生々しくのみこまれ、泥でできたジンジャーマンは、また別の少女の肉体を飲み込んで、不気味な融合体となる・・・・・
とても童話の中とは思えない、嫌悪感のあふれる描写ばかりでした。
下手したら、軽いトラウマになりますよこれは・・・
ただ、それ以外に特筆すべきことは、マットデイモンとヒースレッジャーのえんぎぐらいか・・・・
ぶっちゃけ、CGもチープだったし、多くのキャラクターの位置づけがはっきりしなくて、違和感ありまくりだし(拷問好きで、いやなやつが何の脈略も無く仲良しになったりとかね)シナリオの進め方も無理がある・・・・
グリム童話のファン以外には、格別は勧められないかな

投稿者:william投稿日:2010-01-26 23:16:31
「本当は恐ろしいグリム童話」って事にしたかったんだろうけど、映像の迫力だけで、ストーリーにインパクトゼロ。
投稿者:uptail投稿日:2010-01-25 00:02:34
マット・デイモン
投稿者:namurisu投稿日:2010-01-22 16:49:41
この監督の映画は、舞台演劇を観てるみたいだ。
投稿者:なちら投稿日:2010-01-20 23:07:24
ギリアムよ!貴方の放つ眠気の魔術に私は屈しはしない!と勇ましく挑んだが、意外にも普通で。
眠くもならず、かといってテンションも上がらず、良いのか悪いのか…。

グリム兄弟がペテン師な設定は驚いたな。ペテン師ってあんまカッコ良くないね。
兄貴がいつまでも魔法の豆を根に持つのも男らしくないし。

馬が少女を飲み込む様なおどろおどろしい場面は面白いが、ジンジャーマンはCG臭くて白けるよ。
投稿者:ビリジョ投稿日:2009-11-14 02:11:15
【ネタバレ注意】

 テリー・ギリアムは、結局「未来世紀ブラジル」だけ、という監督で終わってしまうのかな。さみしいな。

投稿者:ジーナ投稿日:2009-08-24 02:11:20
赤ずきんからヘンゼルとグレーテル、眠れる森の美女までグリム童話のあれやこれやをチョットずつ取り入れたグリム兄弟の冒険ファンタジーです。
不思議な世界観に関してはファンタジーと言えるでしょうが、全体的にダークな雰囲気なので可愛らしいファンタジームービーが好きな方にはオススメできません。
正直、今回ばかりはテリー・ギリアム監督の個性が裏目に出たような気がします。

まず、掴みである前半に勢いがないのが残念なところ。
もう少しシンプルなストーリーにして、前半・中盤・後半と盛り上がりを見せてくれれば娯楽性も増したでしょうね。
別人かと思うほど急にキャラクターが変わってしまうなど登場人物たちの心の動きが読み取れないのも作品に入り込めない原因だったかな・・・?
キャラクター性は濃いもの揃いだっただけに、都合よく立ち位置が変わる脚本に疑問を抱かずにはいられません。
兄弟愛みたいなものも薄いし、失踪した少女たちのエピソードが手付かずだったり・・・とにかく無駄なモノを詰め込みすぎて必要なポイントを入れられなくなっちゃったって印象を受けました。

映像・キャスティング・演出・テンポ・アイデアは良かったですが、大事な脚本がグラついているのが大きなマイナス要因でしょう。
ホラーなのかアドベンチャーなのかファンタジーなのかコメディなのか・・・絞りきれていない感じが完成度を低くしてしまったのかもしれませんね。

子供でも観れる童話ファンタジーにするか、とことんブラックなファンタジーにするかどちらかにすれば良かったのになぁ・・・。

マット・デイモンの風貌には首をかしげますが、コミカルな演技は良かったと思います。
モニカ・ベルッチは文句無く美しかったです。
ヒース・レジャーもメガネ男子が好きな女子にはたまらん感じでしょう(笑)

余談;確実に老けていく永遠の命って拷問よね(爆)
投稿者:hymitecs投稿日:2008-02-13 21:18:47
【ネタバレ注意】

最後のクレジットまで、誰が監督か知らなかったんだけど、テリー・ギリアム、相変わらずの怪しさ満載ですね。常識的なまともな人間がまず出てこない。ストーリーもそれぞれの童話のプロットが上手く生かされていて、飽きさせない。何の予備知識もなく見たので、最初はグリム兄弟の伝記映画だと思いこんでおり、ちょっとびっくりした。なかなか良かった。ただ、狼男のくだりはちょっと弱いかな。

投稿者:ちゃき投稿日:2007-12-10 21:09:32
マット・デイモンが面白い役をやるなぁと思っていました。彼が出るくらいだから、グリム童話をサスペンスちっくに現代風にひねって作っているのかな?と思いきや、案外普通。ひねりがない。

出てるって知らなくて出て来てびっくりしたモニカ・べルリッチの美しさが、グリムのおどろおどろしさと紙一重な感じで、現に美しい以外の部分も見られて、そのギャップがよかったとは思うけれど、それだけかな。

ちょっとわざとらしい部分が多くて、乾いた笑いをする面が多かったかなと思います。http://ameblo.jp/milestones/
投稿者:あさ投稿日:2007-10-09 21:50:08
ギャグがしつこいのは笑って許せる程度。
投稿者:霧人投稿日:2007-09-07 15:44:00
話のまとまりが悪いしテンポも悪い。
トドメにギャグが滑りまくりで嫌になる。
映像は、凝っているのはわかるけど、ハッとさせるものが皆無。
肝心のグリム童話も、活かされているなんてお世辞にも言えない。
あくまで主観です。

マット・デイモンはホントに大根だなぁとつくづく実感。
あくまで主観です。
投稿者:irony投稿日:2006-10-24 13:45:01
 可も不可もない、良くも悪くもない。
投稿者:bond投稿日:2006-10-20 09:34:47
出だしは良かったが、その後はありきたりな展開、もう少し練って欲しかった。
投稿者:ローリング投稿日:2006-09-23 03:23:43
評判がイマイチみたいですね。個人的にはきら〜くに見て、きら〜くに楽しめたんだけどな。やっぱ「奇才」テリーギリアムだと期待しちゃいますもんね。たしかにヒネりは少なかった。
投稿者:スマーフ投稿日:2006-09-10 11:43:45
つ・・つまんなかったー。
グリム童話とかいい題材だしおもしろそう!と思いきや・・。
何何?全然意味も分からなかったし、どっちつかずな感じだったし。
魔女役のモニカが見たくて、最後まで見れた感じ。
よくわかんなかったからもう一回見ようかなとか思ったけど、見る気が起きず。眠い。
投稿者:brilliant tomorrow投稿日:2006-09-09 16:24:32
 説明の「ファンタジー」だけでなく、「ダーク」という部分をちゃんと見て手に取ることを忘れないで! いろいろな種類のグロさがたびたび出てきますので。
 出てくる童話エピソードは、センスのないパッチワークのようで、一つ一つの美しさも、全体のハーモニーも感じられず、「なるほど、だから“グリム”を題材に選んだのだな」と思わせる説得力がありませんでした。
 皮肉っぽい会話って、センスの如何で気持ちをハッピーにもブルーにもすると思うのですが、この映画ではどんどん気分が沈んでいきました。“軽くからかう”と“小馬鹿にする”の違いとでも言えばいいのかなぁ。登場人物の中に、友だちになりたい人は一人もいませんでした。
 ちょっと色眼鏡が入った見方になったせいか、いいところがあまり浮かびません。映像がきれいといっても、2005年度としてはそんな出色ではないし、こだわりが見える部分はあるけれど反対に手抜きっぽいところも多々あるので±0。わざとらしい大げさ演技(これは演出?)のため、役者がうまいという印象は受けにくい。…でも、最後まで観たので、評価は2点にします。
 この監督さんの他作品を知らないのですが、“異才”のようですね。自分は今後選ばないと思います。
投稿者:ひょかの投稿日:2006-05-29 12:01:27
始めの場面でいきなり『ジャックと豆の木』を連想。それが実はグリム兄弟の実体験から生まれた物語だと言わんばかりの設定がウケました。でもその後の展開は正直メチャクチャでした・・・
なぜこう思ったのか言わせて頂くと:
ミス・キャスティング − マット・デイモンの人柄からしてあの役は難しい。イギリスのアクセントはマスターできてもウケ狙いの演技がわざとらしい。これはキャラクターと役者のギャップが原因ですね。日本は吹き替えの場合気にならない点だとは思います。ていうか、グリム兄弟はドイツ人ですが・・・(アクセント間違ってんじゃん!)
後フランス人を演じたピーター・ストーメア・・・スウェーデン人の彼ですが、何か?
グリム兄弟の目的 − 実際のグリム兄弟は『白雪姫』や『シンデレラ』など、ドイツの童話を世に広めた兄弟。映画はグリム兄弟が実際の『赤頭巾ちゃん』や『ヘンゼルとグレーテル』などの体験を元にそれらの物語を作っていったというのが趣旨のようですが、その根拠が薄すぎる。 第一赤頭巾ちゃんのおばあちゃんが登場しないし、ハンセルとグレーテルに出てくるお菓子でできた家もない。例えこれらの要点を後から加えたとしてもドロから突然生まれたジンジャーブレッドマンと自称名乗る妖怪はどう説明するか。ジンジャーブレッドマンは人型のクッキーの名である。
フランスのドイツ占領 − これまたやっかいな設定。兄弟の年齢とフランス革命寸前の時代設定はほぼ間違っちゃいないが、フランスに関しては触れすぎ。というかグリム兄弟をペテン師と仕立て上げた脚本も悪い。そのせいで彼らはフランス王の言いなりになってしまい、劇中はずっと監視されっぱなしで物語を発展させるのには状況があまりにも不自由。この設定が本当に余計だったと思います。
エグイ描写 − 唾吐き、断頭、拷問、子猫のミジン(+それを食べるフランスの将軍)、うさぎの皮むき・・・この映画の狙っている年齢層は一体いくつから?物語に関係ないので全く見せる必要はないし、むしろそんな描写は余計。映画であそこまでする必要ない!フランスの将軍の意図もあまり明確ではないし、妨害ばかりして文句を言うのもアホらしい。あのキャラまたウケ狙い?(これはフランス人たちを皮肉ってんのか?侮辱してんのか?)存在感ありすぎだし、イライラさせられるような過剰なお邪魔キャラとしか言いようがない。
孤独なヒロイン − 兄弟二人が主人公。ヒロインは一人・・・どっちでもいいからせめてどっちかと結ばれろ!グリム兄弟一人ずつに恋愛感情のヒントを与えておいて最後に見せた二人均等のキスは一体何!?役柄とその必要性が曖昧。
引っ張る過去 − 『豆!』『豆!』映画中、兄ウィレムは15年も前の出来事を引きづりすぎ!あの最初の場面は大して物語には必要な出来事とは思えないし。弟ばっかからかってどうすんのこれは?兄弟愛が微妙。兄は一人で逃げようとしたし、最後まであまり良い印象が持てない。2人は完全に正反対なんだね。しかし二人でグリム兄弟なのになぜ仲悪い?セリフ自体なんかおかしかった。『豆』っておい?
論理性のないセリフ − 明らかにウケ狙いのセリフが多すぎる。状況的に笑えないし、そんな柄のキャラクターでもないのにどうして笑わせようとしてんのかもわからない。登場したフランス人たちと会話する場面は特に。悪役がふざけてどうすんの・・・
唯一よかったと思えた事:
ヒース・レジャーの演技がよかった!僕的にはマット・デイモンより輝いてた気がします。日本ではまだあまり知られていないかもしれませんが、レジャーはかなりの実力派。これからは日本でもキャーキャー言われる事間違いなしだと思います。2005年に出演した作品はマット・デイモンより多くて主演がほとんどだったし。グリム童話の誕生の秘話的な物語の趣旨もかなりよかったと思います。グリム兄弟が村へ行き、そこでの体験を元に物語を作っていくという設定は面白い。でもその描き方がどうも中途半端で疑問に思う事が多い・・・音楽もよかったし、ファンタジー映画の雰囲気はうまくできていた。センスの悪いダークなユーモアと鳥肌が立つような生々しい描写に悔いあり。またまたまた言いますが、フランスの軍隊にしてはアホすぎててあまり危機感を感じない。しかしその割には拷問や断頭など、とにかく余計なことしすぎだったと思います。個人的な事ばかりかもしれませんが、僕は【 ★★ 】までしか評価できない・・・この作品は実際のグリム兄弟の良さを背きすぎ、本当失敬な作品としか思えません。ファンの方は気を悪くなさらずに。もしよければあなたの意見も聞かせて下さい。
投稿者:ALDION投稿日:2006-05-23 12:06:57
「森はキリスト教信者に焼き払われた」
「オーダーを頼む」
「女王に聞け」
台詞回しの妙が実に楽しい。
時代設定に於ける人種、宗教的軋轢等「毒」も適度に含んだ本当の意味での「御伽噺」的映画でした。
次はギリアム童話が控えているらしいので今から公開が楽しみ。
少しも老いと感覚の劣化を感じさせない作風は流石だと感じる。
物語が理解出来無い人間は見なければ良いと思うがエンターティナーとしては失敗作なのかな?。
少し世の中が斜めに見れる人にはお勧めの怪作。
モンティの「宗教裁判」風の人も出て来るので過去のファンも少しだけニヤリと出来るかも?。

投稿者:藤本周平。投稿日:2006-04-28 18:18:38
もうちょっとひねってほしかった。
投稿者:きも投稿日:2006-04-11 00:47:33
監督にとって久々の作品なので、もっと狂っていてヤバいかと期待してしまいました。
が、話は先に進まないわ(森に行くとすぐに村に帰ってくる)鋭い会話のやりとりや
風刺もほとんどないわで、実に毒が抜け切っていた。
お馴染みの童話のキャラ達を、リアルにかつ面白おかしく描いて欲しかった。
投稿者:やまつだ投稿日:2006-03-13 19:49:29
あまりにも無駄な出来上がりでびっくり、あんぐり。
アレだけの金と人を動員してあんなくだらない作品を作ってどうしたいんだろう?
誰に見てもらいたい映画なんだろう?
正直に言って今までで最悪な映画でした。
映画という芸術に絶望しそうだ!
投稿者:Longisland投稿日:2006-01-12 09:20:15
一行コメントってあんまりしたくないのだが・・・・
お金は掛かっているんだろうが普通
投稿者:さとさと投稿日:2006-01-04 12:06:21
ロスト・イン・ラマンチャで引退してたほうが良かったかも。
投稿者:佐々木投稿日:2005-12-28 20:13:04
評価4点
深夜の馬鹿力で伊集院光が絶賛していたので観たが…

それほどの物では無いと思う…
ストーリーは平凡…
この題材でこの監督ならもう少し壊れたストーリーの方が面白かったと思う

グリム童話のパロディーが散りばめられていて面白い…ってのは
映画の面白さの本質とは全然違うと思う…
投稿者:hira投稿日:2005-12-16 02:11:09
 分かりやすいストーリーではありますが、個性あふれる楽しい作品です。冒頭の回想シーンは笑えますよね。「豆で人を救えるわけないだろ!。」これが全てを物語っているわけです。所々に悪趣味な描写が散りばめられているのもいいですね。
 『スリーピー・ホロウ』に似すぎているのは残念です。せっかくのグリム兄弟の話なんだから、もう少し考えても良かったのでは・・・。とはいえ、続編出来そうな雰囲気なので、そちらに期待します。でも、アメリカでコケたんですよね。作ったとしてもギリアム続投は難しいのかもしれません。
 出演者ではモニカ・ベルッチの美しさに心奪われました。あれなら確かに騙されるかもしれません。バカ兄弟のデイモンとレジャーは弾け具合が足りなかったですね。
投稿者:masayuki投稿日:2005-12-10 14:17:28
最初出てくる魔女は顔が怖くてびっくりしました。でもホラーっぽいのはここまでだったかな、と思います。
映像も素敵、出てくる俳優も豪華(有名)で映画館で見れれば一応幸せです。
でもストーリーは覚えてない…。それに塔が小さく低く感じました。
ま、いいか。
投稿者:daisuketti投稿日:2005-12-06 22:31:03
【ネタバレ注意】

さて、感想ですが、ナンセンス&悪夢&ファンタジーです。
だんだん、現実と、ファンタジーの区別がなくなっていくような印象をうけます。CGすごいですね。テリーギリアムといえば、映像の魔術師という異才をもっていますが、「ロードオブザリング」などをはじめとした、CG全盛期では、予算が左右することもあって、今作は、そこまですごいとは思えませんでした。アナログの手法なら天下一品だと思うのですけれども。時代の変化ですね。しかしながら、映画館で観たほうが、臨場感が違います。音楽や効果音もど迫力です。また、「ブラザーズグリム」は、ホラーの要素もあって、ドキドキしっぱなしでした。
「未来世紀ブラジル」のような悲劇的な終わりではなかったので、よかったです。テリーギリアム作品にしては、一般性があるので、ギリアムファンじゃなくても、観られるかもしれません。たぶん、「ロスト・イン・ラ・マンチャ」未完成事件の借金を返済するため、一般性を盛りこんだのだと思いますが、ギリアム監督が、元「モンティパイソン」のアニメーターだっただけあって、漫画的で、「不思議の国のアリス」のように、ナンセンスです。そして、ラリってるんじゃないかと思えるような悪夢がもりだくさんでした。今作は、SFではなくて、ファンタジーでした。
ギリアム作品には、必ずといっていいほど、障害者や、虫などがでてきます。しかもミステリアス&ダーク&ユーモラスに描かれてるため、好きな人は好きだけど、嫌いな人はまったくダメな要素になっています。くせがあるので、アカデミー賞をとれるような一般性のある作品は少ないですが、私は好きな監督です。

投稿者:サッツー投稿日:2005-11-30 19:20:05
【ネタバレ注意】

ストーリーに意外性も無ければ、設定を生かした美しい画面も無い、もちろんギリアムらしい社会風刺や社会批判も無い。
ただ楽しいだけの娯楽映画です。ギリアムもこんな商業主義に染まった映画が作れるんだという事が発見ではありますが…。
しかも、娯楽に徹している割には演出が下手だしね。もともとギリアム監督ってテクニシャンじゃないし、ギリアムらしい毒を全て無くしたら中途半端な作品になるのは当然だよな…。65点

投稿者:篭瀬山投稿日:2005-11-29 21:50:02
遊園地のメリーゴーランドみたいにねちっこい映像で、見終えた後も網膜にこびりつく。言われてみればテリー・ギリアムってゴシック系そびえ立つ映像モチーフを駆使する映画作家だったんだね(だったっけ?)。枝の隙間から空を見上げる映像単位が繰り返し使われている。話は幻想冒険譚のためケツの予測がついてしまい、それ以外に注意を繋ぎ留めるものがないので遊びにつき合うのが辛かった。もっと毒の強い監督じゃなかったっけ?と思いながら見たが、そう感じた人多いんだ。だよねー。3
投稿者:メンタイ投稿日:2005-11-29 07:23:28
「赤ずきんちゃん」「ヘンデルとグレーテル」「シンデレラ」
「眠れる森の美女」「死霊のはらわた」・・・

まー最後のは冗談だとして、
いろいろなおとぎ話がフューチャーされている・・・とはいえ、
「リーグ・オブ・レジェンド」みたいにそのヒーロー達が
活躍するわけではなく、全てがほんのカメオ出演レベル。
なので、同じ内容で「イソップ版」も可能です。

でも十分楽しめました。CGがどーのとか、マット&ヒースがどーのとかじゃなく、
「気持ち悪いのが好きな家族向け」(やな家族だな)映画ですね。
ただ、テリー・ギリアムの毒っぽさは皆無です。

虫が嫌いな彼女を持った彼氏には最高のデートムービーですよ。
抱きつかれまくりです(^0^)ウジョウジョウジョ〜〜〜〜 http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:イドの怪物投稿日:2005-11-25 10:52:42
面白いんだけど、ギリアムらしい毒が無い、故に物足りない。
先入観無しでみれば面白い映画として流せるのだが、ギリアムさんだと期待してしまうのでつい愚痴の一つも言いたくなる。
マッド・デイモンはここでは冴えない。
投稿者:kuss投稿日:2005-11-20 01:19:24
なんかとても普通です。ギリアムなのにこんなんでいいのでしょうか。
ただのCG映画でした。しかも赤ずきんちゃんや、ガラスの靴やら、
グリムなだけの意味ないもんを入れ込んで、べつにそれをうまくつなげる
気もなく。。あーもしかしたら脚本は面白いのかもしれんが、ギリアムが
そんなものいらんと思って適当に好きな映像だけとったのかも。。。
ま、未来世紀ブラジルを我映画観賞史の中の超重要映画としている私的には
消化不良もいいところです。              すまんが4点
投稿者:咳をしても太り投稿日:2005-11-18 13:40:29
ギリアム監督ファンなら観てもいいかも。
マット・デイモンは相変わらず上手い役者。ヒース・レジャーといいコンビです。
イタリアの宝石といわれるモニカ・ベルッチも完璧な美しさ。
童話を要所に織り込みつつ、『きもおも』路線。ストーリーより映像。

投稿者:Cinema Trek投稿日:2005-11-18 00:16:31
VFXの多い予告編から大人もぞっとする初版『グリム童話』の映画化と勘違い。グリム兄弟なんて関係なくてもストーリーは立てられるのに、ストーリーにはあまり関係ない「赤ずきん」や「ヘンデルとグレーテル」もどき横道にそれるものだから本筋を見失いそうになる作品であった。結局、製作者はVFXの特撮技術を自慢したかったようにも見える。実質ストーリーに関係のないシーンを除けば1時間ぐらいにコンパクトにまとまる作品である。グリム童話と思って子供を連れて行くと面白い場面もあるが全体的にホラー系ファンタジーと言ってもいいくらいで脇道へそれるのも多いのでちんぷんかんぷんになってしまうだろう。グリム兄弟というからには子供でも観賞出来る「ハリー・ポッター」のような明快でテンポある脚本で製作して欲しかった。

20051117_Cinema鑑賞_60点
投稿者:徘徊爺投稿日:2005-11-17 21:04:21
見せ場が、いかにもCGを使ってる感じの映像で、現実感がないから迫力も恐怖感も伝わってこない。
投稿者:紅竜投稿日:2005-11-17 19:44:58
 個人的にギリアム監督作品で好きなのは
「バンデッドQ」「バロン」。よって単純な
冒険ファンタジーに仕上がった本作も面白く
鑑賞しました。ただし脚本が悪いのか現実的な
兄と空想癖のある弟の葛藤というギリアム好みの
題材を全然活かしてない(ただの兄弟喧嘩)のとグリム童話
独特の残酷さとか毒気が全くと言っていいほど描かれて
ないあたりが物足りない原因でしょうか。
 しかしほとんど作家性を出さないで本作のような
それなりの娯楽作を作れるのだから底力のある監督だと感心
しました。
投稿者:いっちーこ投稿日:2005-11-17 13:01:08
【ネタバレ注意】

わたくし、ギリアムになんの思い入れもないの。
で、普通に見たんだけど、うーんなにかしら、前半は完全にたるいわね。

グリム童話のいろいろな話を題材に、という情報が最初にあったので
色々な物語をごった煮した感じがうまくストーリーにでてるのかしら、とか
思ったんだけど、残念ながらグリム童話のエッセンスが微妙に入っているというだけでそのストーリーをどうこう、って感じじゃなかったわ。

途中まで見てて、全体的に絵が見づらいので眠くなってきたんだけど
マットデイモンが弟への想いを女性に語る部分から、
この映画は兄弟愛の映画だ、と頭を切りかえたの。そしたら後半まで一気に見れたわ。

でもそうすると前半の兄弟関係の描き方が足りない気もするし、
色々面白そうな部分はあったんだけれど、うまく膨らませられなかった感じがあってとりたてて記憶に残る映画じゃなかったわね。

投稿者:放浪人投稿日:2005-11-17 08:56:46
ヒース・レジャー&マット・デイモン共に大好きな俳優なので期待して
見に行ったが、内容的にはかなり期待ハズレ。俳優たちの演技力だけに救われた感が残った。脚本にかなり無理があるし笑うところも素直に笑えない。一般人が作った方がよっぽど笑えると思うくらい、笑いどころはつかみにくい。CGは良くできているんだろうけど余に溶け込んでいないので映画の出来の悪さを際立たせてしまっている。だが主演二人は良く頑張っていたと思う。特にヒース・レジャーは真面目な役が多かったのにコメディ色キャラを見事に演じていて可愛かった。残念なのはマット・デイモンがヒース・レジャーに若干飲み込まれていた部分。もっとアピールしても良かったと思う。
一番印象に残ったのはヒロイン的女の子がキーラ・ナイトレイに瓜二つだった事(笑)
投稿者:ロールシャッハ投稿日:2005-11-16 15:11:29
ブラック全開イケイケのギリアムより、興行的失敗に反省して大人しくしてる時のギリアム映画が好き。『フィッシャー・キング』とか。しかし、そんなヌルイわたしでも、今回は普通につまらなかった。
演出やギャグが、全部スベっているような・・・。映画を撮らせてもらえない状況から脱却したいギリアムとしては、精一杯薄味にしてヒットを狙ったんだろうけど、要所要所で皮肉ってみるクセは抜けないので、どうにも気分が乗らない。
唯一、泥人形だけは迫力があった。あと、「ドイツ語っぽい英語」とか「フランス語っぽい英語」とか「イタリア語っぽい英語」が出てくるのが、バカバカしくて笑った。
どうせ妥協してヒットを狙うのなら、「今回は黒い笑いは一切無し!」と徹底的に割り切って作れば良かったかも・・・。
投稿者:ロスコチャペル投稿日:2005-11-11 14:56:31
面白かったなあ。かなり笑えたんで。でも私の他は誰も笑ってなかった。「ハリーポッター」的ファンタジーを期待してしまうと(宣伝がそんな雰囲気だから)ノリが解らないんだろうなあ。役者も思いっきりやってて楽しかったあ。映画はジェットコースターじゃないよ。いろんな楽しみ方がある。ストーリーに難があって、完成度から行ったら高いとは言えないが、ストーリーなんて出尽くしてるんだし。ギリアムは、ヨーロッパを描かせたら余りに上手くて、とてもアメリカ人とは思えない。本当はヒト真似のくせに「ヨーロッパ的ゲイジュツ風」を吹かせて、作品を高く見せてる偽物アメリカ人監督とは違う。ギリアムは戦い続け、前のめりに死ぬんだと思う。
投稿者:ぬらり−ひょん投稿日:2005-11-10 14:37:59
テリー・ギリアムはただの酔っ払いの気のいいオジさんになってしまった。奇抜なアイディアも毒もなし。ティム・バートンといい、トシをっとってフツーの人になってしまったようで、寂しいかぎり。
投稿者:the hysteric green投稿日:2005-11-08 23:22:45
これだけの豪華キャスト&スタッフでこんなつまらんとは。

全てが中途半端で結局何がしたかったのかわかんないし、話がダラダラで眠くなった。
どうでもいいロマンスや兄弟喧嘩もテンポを悪くしてるだけ。

オレがグリム童話に詳しくないからかもしれないけど、グリムである必要性を全く感じなかったな。
投稿者:SYCO投稿日:2005-11-04 02:55:45
テリー・ギリアムの新作で、グリム兄弟の話というから、超期待しました...が、あっさり裏切られました。
モンティ・パイソン的な毒はどこに行ったのでしょうか?
これじゃ、ディズニー映画とあまり変わらない気がする。
何が言いたいのかもわからない。
魔法を信じなさい、なんていう、陳腐なメッセージを託してるのだとしたら、ギリアムは終わりです。
http://www.geocities.jp/obobsyco/
投稿者:たにし投稿日:2005-11-03 23:40:50
演出が平坦だし、映像のこけおどしがえがった(メッセージ性が重なればなおよい作品もあったね)が、

 この作品は眠気を誘ってしまった。。

新作を無難に撮影するこうなってしまうのか。。。ぎりあむ。。。
投稿者:yamaguchiani投稿日:2005-10-29 16:19:56
とにかく凄い。420点。
テリー・ギリアム、ぶっとび狂ってる。
7年間新作を発表できなかった鬱憤が炸裂しまくり。
シラフ(ストーリー)と映像で魅せる(飛び系)の容れ込み方、はめ込み方、
いわゆる編集が尋常じゃない。狂ってる。
知識だけの映画ヲタ、単なるファンタジーを期待した人には、

わかんねーだろっ!!!

映画の次なるレベルに達していると感じた極上の逸品。
腰が抜けてしばらく立てなかった。
ぜひ音響設備の整った映画館で見て欲しい。

で、そもそも「ロードオブザリング」めいたポスターの色使いは、
そういう客を取り込みたいのもわかるが、PRミス。
でもそれで、客がはいれば成功か・・・。
投稿者:sabu投稿日:2005-10-12 08:33:05
【ネタバレ注意】

ギリアム監督にしてはかなり分かりやすい、良質のエンターテイメントに仕上がっている。ひねくれ者のグリム兄弟を筆頭に、クセのある様々なキャラクターを作り上げている。しかし、ギリアム特有の、古典的な撮り方や、映像の色味は美しいし、見ていてなんだか不安になってしまう、カメラの微妙なズレは今作でも健在している。そして、ダークなユーモア、わけの分からない伏線の使い方も気持ちがいい。物語に設定されたメッセージ性も、今作では十分に感じられる。とても良かったのだが、なんだか普通にいい映画をギリアム監督は作ってしまった・・・。個人的に望んでいたのは、彼の作品特有の、キレた展開と不可解な映像描写だったのだが・・・。この作品でも、まったくそれが感じられないと言うことではないのだが、もっと強烈にアピールしてもいいような気がした。でも面白いから、これはこれで、かなりいい作品になっていると思う。

http://sabuchan0605-id.hp.infoseek.co.jp/index.htm

投稿者:くろくろ75投稿日:2005-10-08 01:27:47
娯楽作品としては楽しめたと思います。
テリー・ギリアムのファンが「あのギリアムの新作だから・・」で
期待しちゃうと、ちょっと期待はずれになるかも。。
映像は本当に綺麗でした。

ただ、それぞれのキャラがどうも好きになれなかった。
グリム弟を初めに、出てくるキャラ出てくるキャラにイライラしっぱなし。
「ラスベガス」でも「フィッシャーキング」でも「モンキーズ」でも
おかしなキャラっていたけど、演じてる俳優のお陰で気にならなかった。
けど、ブラザーズ・グリムでは正直どうもダメダメ・・

フランス人もドイツ人もイタリア人もみんな普通に英語を話すのは
相変わらずだな。。
投稿者:foya投稿日:2005-10-03 16:24:36
久しぶりのGilliamの快作を期待していたのだが、焦点のない作りでがっかり。と、赤ん坊の頃からずっと一緒だったはずの兄弟のナマリが違うのがげせない。しかし、あいかわらずのゴージャスな映像には楽しめる。
投稿者:NKYYSD投稿日:2005-09-22 04:56:49
テリー・ギリアムにしては、「わかりやすい」一本。
とはいえ、子供向けではないと思います。
観たい人は前売りがお得(おまけの玩具がよく出来てるので)!http://d.hatena.ne.jp/NKYYSD/
投稿者:マイカル投稿日:2005-09-01 21:52:03
海外の評価低いなあ、どうしちゃったんだろう。
海外でもバロンの評価はギリギリだけど、未来〜、12〜はランキングに載ってたから評価を信頼してただけに・・・
少しは脳内基準を下げてから見る必要ありかな?
【レンタル】
 【DVD】ブラザーズ・グリムレンタル有り
 【VIDEO】ブラザーズ・グリム <吹替版>レンタル有り
 【VIDEO】ブラザーズ・グリム <字幕版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION