allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

親切なクムジャさん(2005)

SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE

メディア映画
上映時間114分
製作国韓国
公開情報劇場公開(東芝エンタテインメント)
初公開年月2005/11/12
ジャンルサスペンス/ドラマ
映倫R-15
最後の復讐が、一番哀しく、美しい。
パク・チャヌク リベンジ・トリロジー (初回限定生産) [DVD]
参考価格:¥ 10,584
USED価格:¥ 12,500
amazon.co.jpへ

 Photos
親切なクムジャさん親切なクムジャさん

【解説】
 「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続くパク・チャヌク監督の“復讐三部作”完結編。「JSA」「宮廷女官 チャングムの誓い」のイ・ヨンエを主演に迎え、無実の罪で服役した一人の女性の壮絶な復讐の物語が描かれていく。共演は「オールド・ボーイ」のチェ・ミンシク。
 天使のような美貌の持ち主クムジャは、ひょんなことからペク先生に幼い娘を人質に取られ、彼が犯した幼児誘拐殺人の罪を背負わされて投獄される。刑務所では誰に対しても優しい笑顔を絶やさず、“親切なクムジャさん”と慕われていた。しかし、彼女の目的はただ一つ、ペク先生に復讐を果たすこと。そして13年の服役の末、ようやく出所した彼女は、かつて恩を売った囚人仲間のもとを訪ね、ペク先生への復讐へ向けて周到な準備を進めていく…。
<allcinema>
【関連作品】
復讐者に憐れみを(2002)
オールド・ボーイ(2003)
親切なクムジャさん(2005)
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aバタフライ・エフェクト (2004)
[002]AVフォー・ヴェンデッタ (2005)
[003]Aバットマン ビギンズ (2005)
[004]Aリチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (2004)
[005]Aティム・バートンのコープスブライド (2005)
[006]Aブロークン・フラワーズ (2005)
[007]Aサイドウェイ (2004)
[008]Aドッグヴィル (2003)
[009]A真珠の耳飾りの少女 (2003)
[010]Aナイロビの蜂 (2005)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
20157 7.85
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-08-09 07:16:46
ソン・ガンホもカメオ出演。刑務所内のクムジャのエピソードにもう少し時間かけて欲しかった。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-31 02:32:52
復讐三部作の完結編。人間て怖い・・
投稿者:さとせ投稿日:2015-07-27 20:21:45
誘拐殺人鬼の身代わりでクムジャは13年も刑務所に入っていた。優しい彼女は親切なクムジャさんと呼ばれ慕われていたが刑務所を出て復讐を始め・・・。

パク・チャヌク監督リベンジムービー最終作。
個人的に「JSA」以来となるイ・ヨンエが主演しているのが嬉しいが映画自体はどうって事なく良く見ていないと分からなくなる。
DVDはdtsで収録されているが効果の恩恵は無し。シリーズとしては最初の「復讐者に憐れみを」が完全にトップ。

ノヴェライズ(大石圭・角川ホラー文庫・評価3・5)はノヴェライズの大家らしく映画では分かりづらかった場面も詳細に書かれていて素晴らしい出来。
投稿者:uptail投稿日:2013-08-03 15:41:45
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2010-03-28 19:59:09
【ネタバレ注意】

…当初の計画には有りませんね。

刑務所のクムジャさんは確かに助けられた囚人からすれば神でしょう。
そんな彼女等が復讐相手(娘を人質に自首させられる)を捜し、妻として料理を作りクムジャの復讐をサポートします。娘の所在を調べて逢いに行き、復讐計画は何故か気付かれて予想外の反撃を受けますが、校舎に連れ込んで拳銃を突きつけるまでは計画通り。

が、あの男の携帯に付けられたマスコットで4人の被害者がいる事が解って、撃ち殺す代わりに足に弾丸をぶち込みます。で、家捜しでビデオを発見して後…あの会合です。
ホラーですか…って復讐劇と化しますが。
刑務所の親切(ってか人を殺戮して笑うクムジャさんは天使のような悪魔)も、出所後の彼女等の行動も全てエピソードは面白く結構な見応え。あのケーキってまさか犯人の血が入ってるんじゃないでしょうねぇ?

美しさが怖い映画。オープニングのアニメーション、そして彼女の部屋の異常なデザインはDVDジャケットで確認出来ます。

三部作としては、やはり#2が一番ですかね?ヒロインは演出も相俟って#1、#2…甲乙付け難いですが、演技的には#3…本作の彼女が上手いかもですね。

投稿者:okashichan投稿日:2010-03-28 00:35:03
【ネタバレ注意】

不思議な映画でした。
でも、復讐を考えるとしたら、自分もこうするかもなぁと思いました。
もちろん、服役中のいろんな準備を考える頭はありませんが、ペク先生を死に至らしめるまでに考えられる復讐はこうかも…と思ったりしました。

よかった…とコメントしている理由は
映画の演出もよかったですし、視聴者(あたし)の感情の波を大きくつくってくれたこともよかったです。子どもを失うということは、この奇怪で不気味な復讐が行われるほど、それ以上につらく苦しいことだと見ていて思います。

我が子を殺されるシーンを見ている親たちの気持ちを思うと感情の大きな波がおそってきて、嗚咽しました。そして、だからこそあのような復讐を親たちが望むのだと思うのです。といっても、あたしだったらビデオを見なくても、この復讐を望んだでしょう。

親切なクムジャさんは、親たちの復讐も手伝うと言う意味での「親切」なのか…。

ユーザーのコメントを読むと、あまり良い評価ではないようですが
あたしは楽しめましたし、記憶に残りそうです。

ただ、娘が自分の親(おそらくほとんど記憶にないだろう母親)に久しぶりに会い、その親が心底謝っているのに謝る回数を指折り数えるレベルの怒りをもって接していたとしても、最後のケーキのシーンで実の母親の心を理解し抱きしめたのは、ちょっと不思議な気もしました。

気が触れるほど悲しみと絶望を感じた人たちは、
この映画のように奇怪であるのだろう…と思い、この映画を高く評価したいなと思いました。

投稿者:brilliant tomorrow投稿日:2009-11-30 22:22:22
 映画の質はともかく、内容は可。法治国家であることは基本的に幸せだと思いますが、もともと、したり顔をした法曹家たちが、裁判で罪の有無だけでなく罰の重さまで決める権利を持っていることには不満でした。そう、私は被害者や遺族自身による敵討ちに賛成しています。
 イ・ヨンエの娘は、もっと可愛くないとね。。。
投稿者:irony投稿日:2008-06-21 11:53:21
【ネタバレ注意】

 刑務所時代の人脈作りの為の親切はまぁ計画の為だからいいとしても(ペクと結婚をし生活する元女囚もどうかと思うが)・・・被害者遺族を巻き込むのはどうなんでしょ?余計な御世話的な気がしないでもない ヨンジャがそもそも事件に関わった背景や犯人との関わりもよくわからない(教育実習時に惚れてその後エンコーって) ヨンジャの心の動きもよくわからないし物語の構成も解りづらい 復讐後のケーキパーティーもなんだかなぁ 人肉パーティーにでもすればと思ったりもした すべてがピンボケで明後日の方向で期待はずれ 最期に残ったのは殺人者たちの娘だけ(これから殺人するのに会いに行く・・・よくわからん 娘は本当の母親なんぞ知らん方がよかったのでは?) それにしても殺人会議にどうして刑事がいるんだよ お茶汲みやってるし・・・ どんな放置国家なんだよ(笑)外国へ簡単に里子に出しちゃう韓国ってある意味凄いな

投稿者:bond投稿日:2007-02-28 09:20:43
あらゆる意味で親切だった?刑務所での親切は計画の為、復習は皆の復習の為。今回はオールドボーイのおっさんが悪役。主役はチャングムだったのね。この映画のヒントはオリエント急行殺人事件だろう。
投稿者:まりんこ投稿日:2006-09-18 22:46:01
イ・ヨンエさん見たさでした。
オープニングの映像がキレイで、凄く引き込まれました。
見終わって(若しくは見ている最中)感じた事は韓国映画って難しい!です。
わたしが映画を知らない、無知なだけかとも思うんですが…。
見ている場面を理解しようとする自分の中の作業にイライラしてしまいました…。そして、画像はさっさと次の場面に行ってしまわれます(TT)
結局、クムジャさんは復讐を果たせたんでしょうか…気は晴れていないとの
説明(多分子供の言葉だった?)されていましたけども…。
でも、イ・ヨンエさんの表情は一生懸命見てしまいました。
ステキな女優さんです。
投稿者:ノリス投稿日:2006-08-13 10:31:37
この映画は復讐三部作の完結編として作られた映画だが、あまりにも捻られすぎて理解しづらい作品であることは言うまでもない。前二作より多少、暴力シーンは抑えられたが、その分、しっかり映像を目で追って見なければ話は分からないと思う。まあ簡単に言えばこれがパク監督独自の個性といえばそれまでだが、イ・ヨンエ演じる主人公がどう考えても監督自身の自己投影じゃないかと思う。監督の頭の中で感じている世界を社会に対する不満として映像として具現化し、彼なりの解釈で語られているのだと思う。でもこの復讐三部作におけるテーマだと思われる”心の優しい罪もなき普通の人間がある不幸な出来事に遭遇して世の中の間違っていること不条理に対して復讐する”という重い内容を貫いていて単なる残酷な映画ではないと思う。
投稿者:スマーフ投稿日:2006-07-25 23:56:59
ストーリーや主演女優よりもなによりも、監督の演出が素晴らしいと想いました。
音楽のかけどころなど、盛り上げ方がすごく気持ち良かった。
投稿者:晴れ男投稿日:2006-06-11 21:34:43
主演のイ・ヨンエ、脇役も含めうまい!の一言。
そして、なによりもうまいのが、監督の演出である。
単なる、復讐劇になりがちな内容を、ドラマチックに見せる技術には
脱帽です。囚人たちの紹介の挿入の仕方、伏線の張り方など
二度三度見ても、うまい!と思いました。
感動するかしないかというより、技術を楽しむ作品です。
投稿者:ふじこ投稿日:2006-03-30 15:47:30
三部作前二作が結構ドギツイ感じがありましたので、女性が主人公ってことで自分的には最も観やすかった。イ・ヨンエの演技の幅広さに驚いた。優しい笑顔に隠された復讐心。狃囚さそりシリーズ爐里茲Δ砲燭隻讐だけに焦点を当てるんじゃなく母親としての面も描いていたので、彼女の気持ちも解るような気がした。でも終りはアッサリだったのでちょっと拍子抜けした。
投稿者:サコウ投稿日:2005-12-22 01:04:32
『オールドボーイ』があんなに面白かったから、多少期待して行ってしまったにしろ、ひどい。ショック。字幕が越えられなかった壁がどれほどなのかDVDが出たら吹き替え観るつもりですが。映画にする意味がわからない。
投稿者:やんこら投稿日:2005-12-02 22:37:12
韓国映画は本作が初めてです。つまり今まで「オールド・ボーイ」も「春夏秋冬そして春」などの作品を見逃すという愚行を今まで犯してきたわけです。
本作を鑑賞後思ったのは映像の美しさ、役者の、特にイ・ヨンエの素晴らしさ、テーマに対するストーリーの進行具合の素晴らしさ、です。音楽の効果的な使用も同時に印象的でした。しかし、途中まではもう一回見ようと思えていたのですが、後半からの重苦しい展開にあまりのショックを受けてしばらくの間動けませんでした。ちょっと時間を置いて元気にならないと再見するのは辛いです
投稿者:イドの怪物投稿日:2005-12-02 10:36:08
「オールド・ボーイ」のあのエネルギーは何処へ行ってしまったのか。
凝りすぎた演出がリアリティさと面白さが半減してしまった感がある。
12/1の映画の日の鑑賞なのが救いかな。
投稿者:サッツー投稿日:2005-11-30 19:35:20
【ネタバレ注意】

イ・ヨンエの演技が素晴らしく一見の価値あり。この監督の作品らしくストーリーが意外な方向に展開してなかなか見ごたえがある。刑務所での物語と出所後の対比も人間の描き方が素晴らしいと思う。
しかし、それだけに実に惜しい映画である。結構大事な部分の展開が意外に雑に感じた。刑務所内で親切にした仲間囚人たちに、出所後に自分の復讐に協力させるのだが、各役割が済んだ後に彼女たちがどうなったのか非常に気になる。クムジャが住む部屋の住人だった女性はどうなったの?
それから、被害者の家族が廃校に集められるまでの描写も無いので物語が飛んで感じる。そんな部分が何箇所もあった。合成なども使った演出に気を使い過ぎてるからかなぁ…。70点

投稿者:黒美君彦投稿日:2005-11-15 19:39:57
あまり期待はしていなかったが、意外に面白く観ることが出来た。
20歳で子供を誘拐し、殺したとして13年の刑に服したクムジャ(イ・ヨンエ)。
出所時に宣教師?が豆腐を差し出すが、何でも韓国では、服役を終えると親類縁者が豆腐を食べさせる習慣があるのだそうだ。身を清める、という意味合いがあるらしい。
監督自ら「贖罪と救い」がテーマだというが、全編コメディタッチの軽さがあり、深刻な内容をギリギリのところで救っている。確かに34歳になったイ・ヨンエの新しい境地となる作品。つかみどころのない彼女の演技はなかなかだった。結局子供に救われる、というあたりはちょっとありきたりだが。
それにしても、13年も復讐の準備をして来るような賢い女性なら、そもそも事件に関わったりするようなヘマをするだろうか、という気もするが…。
『オールドボーイ』を私は評価できなかったので、それに比べるとはるかに面白く観たが、後味はどうも好きではない。
投稿者:Longisland投稿日:2005-10-29 20:16:58
復讐三部『復讐者〜』よりグロすぎなく、『オールド〜』より重くなく・・・洗練されていてポップな感じ。高校生デートでも(R-15だし)OKだと・・・思う。
目を背けるようなゾッとするシーンはほとんど無いが、ストーリー展開・演出と映像で緊張感高く約2時間があっという間。イ・ヨンエがかかっこいい! 
並みの(普通の)監督なら、13年服役している刑務所のシーンをもっと長く・重く撮るはずだけどあっさりってとこは、『オールド〜』と同じ。
主演はもとより、脇の豪州の養父、ケーキ屋、刑務所仲間のキャラクターが魅力的に描かれ、音楽・映像も流石、完成度高い傑作。

追記 06-01-09
 自分の05年洋画No.4でした
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ インターナショナル(非ヨーロッパ)作品賞 監督:パク・チャヌク(韓国)
【レンタル】
 【DVD】親切なクムジャさん デラックス版レンタル有り
 【VIDEO】親切なクムジャさん <字幕スーパー版>レンタル有り
 【VIDEO】親切なクムジャさん <日本語吹替版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION