allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

NOTHING ナッシング(2003)

NOTHING

メディア映画
上映時間89分
製作国カナダ/日本
公開情報劇場公開(クロックワークス)
初公開年月2005/09/17
ジャンルミステリー/ファンタジー/コメディ
扉を開けると、世界は消え始めていた
ナッシング [DVD]
価格:¥ 700
USED価格:¥ 1
amazon.co.jpへ

【解説】
 「CUBE」「カンパニー・マン」の奇才ヴィンチェンゾ・ナタリ監督が、「ある日突然、世の中から全てのものが消去され、何もない世界が広がっていったら?」という奇想天外な設定を実際に映像化した、斬新かつ実験的な異色オフビート・コメディ。主演は、ともに「CUBE」にも出演していたデヴィッド・ヒューレットとアンドリュー・ミラー。
 カナダのトロント。デイブとアンドリューは幼い頃からの親友同士。デイブは協調性が全くない自己中心男、一方のアンドリューは極度の心配性で家から出られない引きこもり。ルームメイトの2人は、デイブが外で働き、アンドリューが家事を引き受けることで、なんとか互いに助け合いながら生きていた。しかしそんなある日、2人はたび重なる不幸に見舞われ、ついには住み慣れた家からも追い出されようとしていた。すっかり何もかもが嫌になった2人は、思わず“放っといてくれ!”と叫ぶ。するとその瞬間から、驚いたことに彼らの周りから“無の世界”が広がっていくのだった…。
<allcinema>
【関連作品】
RYAN [ライアン](2004)同時上映
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
733 4.71
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2009-06-19 10:27:01
CUBEの間逆的発送だが映画としてはコケたのでは?漫画程度の内容だと思う。
投稿者:ジーナ投稿日:2009-02-02 01:06:27
斬新な設定で一躍注目を浴びた「CUBE」の監督による、これまた斬新な?コメディです。
結構、皮肉たっぷりにシュールな事を描いているのですがナゼかほんわか出来る作品でした。
おそらく危機的状況なのに歩くと弾む床(しかも効果音も可愛い)など遊び心のある演出を施しているからだと思います。

正直何のこっちゃ分からない世界(ストーリー)ではありましたが、ユニークな設定と映像は鮮烈で、普段使わないような頭の奥のほうを刺激されました(笑)
余韻に浸れるようなモノではないけれども、記憶の片隅には残るインパクトを持った作品でした。

ほんわかしていたら、いきなりスパッとグロい映像になったりしますのでソコは注意が必要です。
まぁ、ナタリ監督ですからノホホ〜ンのまま映画を終わらせるわけないんですけど(笑)

ジャンルには拘らないし、一風変わった映画なら何でも好きだという方なら楽しめると思いますよ。
投稿者:irony投稿日:2009-01-31 05:50:53
【ネタバレ注意】

 願いがかなったら・・ 願いってのは時として残酷だね

投稿者:さとせ投稿日:2008-04-07 20:47:12
デイブとアンドリューは大の仲良しで2人で暮らしている。ある時、デイブが彼女のサラと一緒に暮らすため家を出て行く。会社に行くと横領の罪でクビと言われ、サラの家に行くと横領したのは実はサラだったと聞かされる。アンドリューは児童暴行の嫌疑がかかり、戻ってきたデイブと2人で出直しを決意するが家の立ち退きと警察の追及により万事休すかと思いきや、外
にでると何も無い世界に家が建っていた。2人は辺りを探索するが本当に何も無い。遊びまくる2人だがやがて飽きてきてお互いに憎みあうようになり・・・。
「CUBE」で一躍、有名になったV・ナタリ監督の軍神の一作で今回はコメディ。しかし、只のコメディと違いそこはオリジナル感溢れる笑いと友情物語で締めている。DVDで鑑賞したが5.1chは爽快でシネスコも画面を締めるのに役立っていた。
投稿者:堕落者投稿日:2007-11-13 00:07:54
差し詰め、グローバリズムを巡る現代社会の寓話といったところだろうか。この作家の発想力には毎度の事驚かされるが、今作もその発想は実に大胆で刺激的である。
しかし本作は些か題材倒れ、という感じもあるのが惜しいですな。
投稿者:白色投稿日:2007-03-20 22:40:34
【ネタバレ注意】

いいよナタリ
何というかたぶんオチは、アンドリューの言ってた
一時停止
だと思う。
だから、ある程度時間がたって再生・・・・
かな、逆にカメラワークが楽しかった。http://orzjohnnyorz.blog96.fc2.com/

投稿者:8397MT投稿日:2006-11-24 00:13:54
主人公がバカなほうが面白い映画が多いように最近思う。
この映画の主人公二人もけっこうバカというかこの先何が起こるかまったく知らないという感じが良いと思う。
前半のどんどん不幸な出来事に巻き込まれていく感じが好き。ボーイスカウトの格好をした女の子が実にむかつく。

それからどうなるのか?と思ったら何もなくなってしまいましたという話には意表がつかれたけど、どうにかして事態を切り抜けるとかのほうが好きだ。

後半は前半よりもコメディ調が強くなっているように感じたが私としてはなんだか身につまされる思いだった。前後半別の作品としてみたほうが良いような気がする。主人公二人は実にどうしようもない男なので、まわりになにもないと是が非でも見えてくるのはどうしようもない自分である。しかもそのどうしようもない自分の過去や体をを消していくのだ。これは実に悲しい話だと思う。見ている自分にもそういうとこがあったりしてなんとも悲しかった。
投稿者:かっこう投稿日:2006-11-20 01:06:12
アイデアがスゴイ。いや、全てがなくなるというコンセプトを思いつく人はいたかもしれないが、これで2時間ひっぱるストーリーを考えるのがスゴイ。いや正直2時間は引っ張れてなかったかも。ちょいと長いか?だけど、なんでもアリな馬鹿馬鹿しいラストは思わず笑った。
投稿者:リザード夫婦投稿日:2006-10-25 22:57:11
ナタリ・ファミリー映画だったのね。低予算で遊び心いっぱいってな感じ・・・がいい方には行かなかったようで。前評判が悪かったので、全く期待してなかったけど、なる程納得。長すぎるわこれ。ネタを統一したオムニバス映画にでもして欲しかったなあ。
投稿者:カコ投稿日:2006-03-06 03:42:08
「CUBE」の監督作品というのでシリアスなミステリーかと思ったので、ちょっと肩透かし。設定というかアイデアは斬新だと思うけど、他の方もコメントされているようにダラダラと長い。エキセントリックな二人のやり取りを延々観せられて驚くような展開も無く終わった。
投稿者:Sekino☆そら投稿日:2006-01-31 00:04:49
【ネタバレ注意】

作品の冒頭に「これは真実である。もう一度言うがこれは真実である。」という騙し文句の駄目押しがやがて背景も何もない真っ白なスクリーンに虚像を映し出してラストは”消しすぎて”しまって首ひとつだけになってしまう。その主人公を見ていていよいよこのシネマの本質が掴めなくなってくる。そして何もかもなくなったはずの世界で一匹の亀がノソノソと首だけで旅立つふたりを追う姿を観てやっと納まり所を見つけることになる◎

それは無人島に何を持っていくかを現実的に考えようが非現実的に考えようが双方散々考えて持って行ったものが果たして本当に身の為になるものかなど行ってみないと予想もつかないという想像の域に留まるもの、その象徴であることに過ぎないことを意味している。後になって持って行こうとしたものが大事なもの大切なもの、残しては旅立てないものであったことは、すべて”無くなって”みないとわからないということである●○

あの亀は無くなった世界に残った”有るモノ”として”在るもの”で、ボクにとってこのシネマは”消すこと”によって起こる様々な現象をどう捉えるかということより、もともと”無いもの”とは何なのかを考えることがどれだけ苦痛で大変なことかを問いかけられたような気がしてなりませんでした(^^;


長くなりましたが、
本当はもう少し書いたのです。。

でも消しました。。

無くなってはじめてわかると言いますが、
今のところボクにはよく分かりません。


不思議なものです。。


Sekino☆そらhttp://blog.goo.ne.jp/anndarusia2000/

投稿者:choku投稿日:2005-10-26 18:01:00
他の方もコメントしてますがワンアイディアだけで押し切る不条理コメディですね。発想自体とそれを映像化したことはまあいいとして、無駄に長いこと長いこと。しかも登場人物が全く好きになれないタイプだったので正直上映中に席を立ちたくなること数回、苦痛でした。万人向けではないです。
あとこれは云っておきたい。いくらこの監督が出世作『CUBE』の印象強いとはいえ、あの宣伝は詐欺ですよ。みんな勘違いすると思う。配給会社はもう少し誠実に宣伝したら? 信用失いますよ。
投稿者:メンタイ投稿日:2005-10-21 09:58:50
「CUBE」のナタリ監督最新作。
これ、ショートムービーネタですよ。
30分だったら伝説のショートムービーになったな、マジで。

ある日突然身の回りから物が消えてゆく!
一歩間違えば「私の頭の中のケシゴム」です。(間違えねーよ)
でもって「消えろ!」っていうと消えちゃうんですよ。
だから物語交換はず〜〜〜〜っと絵がないの、まっしろで。
でも2時間近く引っ張り過ぎな気がします。
サクっと〆てくれたら100点クラスの面白さなのに。
まーそう考えれば思いっきりナタリ監督ですね。 http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:ぬらり−ひょん投稿日:2005-10-13 14:27:48
テンポよく観せればそれなりに楽しめると思うけど、いかんせん長い。15分位の短編だったらよかったのに。
投稿者:Mr.Q投稿日:2005-09-28 21:26:02
最高!!
何も無くなる、意味も無くなる。
つか、会場のウケはあまり良くなかったけど
皆はこの映画に何を望んでいるのだろうか?!
CUBEだってストーリーは無かったに等しい。
コンセプトで押し切る今作品も最高に面白かったぞ〜〜!!!
投稿者:ノートン投稿日:2005-09-21 01:32:18
『CUBE』は最高傑作だったために、今回はかなりの期待で劇場に足を運びました。結果は相当な駄作です!何の緊張感も無いバカ映画です!観る価値ナッシング!
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】NOTHING ナッシング2006/01/27\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】NOTHING ナッシングレンタル有り
 【VIDEO】NOTHING ナッシング <字幕版>レンタル有り
 【VIDEO】NOTHING ナッシング <吹替版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION