allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

エレクション(2005)

ELECTION
黒社會

メディア映画
上映時間101分
製作国香港
公開情報劇場公開(東京テアトル=ツイン)
初公開年月2007/01/20
ジャンルサスペンス/犯罪/ドラマ
映倫R-15
権力と
結ばれるのは、
一人だけ。
エレクション~黒社会~ [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,352
USED価格:¥ 2,451
amazon.co.jpへ

【解説】
 香港裏組織のトップを決める会長選挙を舞台に、権力の座を巡って壮絶な仁義なき抗争を繰り広げる男たちの姿を、冷徹かつスタイリッシュな映像で描き出すサスペンス・ドラマ。監督は「PTU」「ブレイキング・ニュース」のジョニー・トー。主演は「PTU」のサイモン・ヤムと「愛人/ラマン」のレオン・カーフェイ。
 香港黒社会で最大の組織“和連勝会”で2年に1度の会長選挙が行われようとしていた。新会長の座を争うのは、冷静で伝統を重んじるロクと血の気は多いが実行力もあるディーの2人。ディーはなり振りかまわぬ買収工作を仕掛けるが、組織の調和を重視する長老幹部たちは結局ロクを新会長に選出する。この結果に憤慨したディーはすぐさま報復を開始する。さらに、現会長のチョイガイに対しても、会長であることを示す<竜頭棍(りゅうとうこん)>をロクに渡すな、と脅迫する。混乱を恐れたチョイガイによって竜頭棍は中国本土へと運ばれてしまい、両派の抗争はいつしか竜頭棍の争奪戦へと発展していく。その一方で、香港警察による和連勝会幹部の一斉逮捕が決行される。
<allcinema>
【関連作品】
エレクション(2005)第1作
エレクション 死の報復(2006)第2作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
213 6.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-04-01 04:28:06
【ネタバレ注意】

15分でリタイア。インファナル・アフェア第二弾の時にも感じたが、観る側が人物関係を理解する前に勝手に話が進んで行くのが駄目だった。映画はやはり序盤で人物を「紹介」するのが基本。

追記 08-11-8(土)
中盤までの展開も中途半端で意味不明なシーンも多かったし、暴力シーンもこの監督は「痛さ」を知らないんだなと思った。後半に到ってはこれが描きたかったの?と思う位平凡な終わり方で、一番悪い奴はロクでしたってか?

投稿者:bond投稿日:2008-02-03 17:57:16
ボスの象徴である物がなければ、ボスになれないとはいかにもアジアっぽいヤクザ社会。インパクトはあるが終わりがあっけないなー。子供に見られたのは迂闊だったんじゃない。
投稿者:irony投稿日:2008-01-12 03:59:55
 先が読めないと言えばこの監督さんのマッスルモンク(アンディ・ラゥ主演)の後半も凄かったな 

 黒社会の緊張感がピリピリ感じるいい作品でした。
投稿者:grups投稿日:2007-12-10 19:42:41
後半、心臓ばくばく。劇場で観たら怖くて泣いちゃうよ! 評判通りのお方でした。
投稿者:気まぐれ飛行船投稿日:2007-04-30 02:21:47
【ネタバレ注意】

ジョニー・トーは今、世界でいちばん面白い活劇を撮れる男だ。
その男が今回は、まず銃を封印した。あとは功夫かというと、それも使わない。香港映画で銃も功夫も使わずに、ではどうするのだ?

引退する組織のボスの跡目を巡って幹部たちがディスカッションしてる、いつもより地味な出だしだ。
だが中国の旧正月の爆竹みたいな性格のレオン・カーウェイに、飯の食い方にケチつけられた若いヤクザが、やおら陶器のレンゲを皿の上で粉々に砕いて、それをザァッと口の中に流し込む。カーウェイを睨みながら、何杯もバリバリやってる。
きたきた、いつものジョニー・トーのつかみだ。
レオン・カーウェイは自分を跡目とする事に反対する者には容赦しない。
さらって来て、木の箱に押し込み、高い崖の上から蹴り落とす。
一回じゃない。若い者が数人がかりで、それを上まで担ぎあげ、また蹴り落とす。担ぎあげて、また蹴り落とす。

まだ映画のごく前半だが、すでに見た事もないような事をやってる。
その後もボコボコに殴る奴と、ボコボコに殴られる奴のケータイが同時に鳴り、互いのボスからの連絡で、実は味方同士になった事を知るくだりとか、血なまぐさいのに、笑わずにいられない場面の連続だ。
そして終盤には不意打ちのように凄まじい暴力が炸裂する。銃も功夫も全く必要なかった。次の場面が想像つかないから、最後まで固唾呑みっ放し。

しかも困ったことにこの映画は2部作になっており、一番すごいテンションの所で第1部が終わるので、「この気分をどう収拾つけりゃいいんだよ!」と身悶えするしかない。第2部は一体いつ公開されるのだ?連続上映にしとけよ最初から!
というわけで最初に戻るけど、今世界でいちばん面白い活劇を撮れるのは、ジョニー・トーだと思うのだ。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ パルム・ドールジョニー・トー 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】エレクション 〜黒社会〜2007/07/18\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】エレクション 〜黒社会〜レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION