allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

風の前奏曲(2004)

THE OVERTURE

メディア映画
上映時間106分
製作国タイ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月2005/12/03
ジャンルドラマ/音楽
気がつけば、
世界は“音楽”に満ちている。
風の前奏曲 [DVD]
価格:¥ 8,990
USED価格:¥ 4,266
amazon.co.jpへ

 Photos
風の前奏曲風の前奏曲

【解説】
 タイ伝統の木琴楽器ラナートの第一人者、ソーン師の生涯を実話を基に映画化した感動の音楽ドラマ。幼少期のラナートとの出会いから、天才の名をほしいままにした青年時代、そして極端な西洋化政策の中で切り捨てられようとしていたラナートを守り抜く晩年までを、ラナートの美しい調べに乗せて綴る。
 いま、一人の老人が息を引き取ろうとしていた。彼の名は、タイの楽聖とも言われる天才ラナート奏者ソーン・シラパバンレーン師。やがて彼の脳裏に、これまでの人生が甦る――。19世紀末、タイがまだシャム王国と呼ばれていた時代。音楽一家の末っ子として生まれたソーンはラナートの演奏に天賦の才を発揮する。しかし、彼の兄がライバル奏者に暗殺されると、悲嘆に暮れる父はラナートを封印する。それでもソーン少年は、父の目を盗んではラナートの腕を磨いていった。やがて成長したソーンは、数々の音楽競技会で並居るライバル奏者を次々と打ち負かし、彼の名声はかつてないほどに高まるのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
220 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2008-10-25 02:23:21
個人的には興味深い映画だった
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-10-23 17:08:56
【ネタバレ注意】

好感の持てる作品だった。色々足りない描写があったし(主役と結婚したのが誰かが解らないなど)、仲間の一人が首を吊る必要は無かったと思うが。

投稿者:ミリアム投稿日:2008-04-17 14:11:59
お行儀が良すぎる感は否めないが、時間軸を交錯させるプロットもよくできていると思う。でもやっぱり音楽ありきではあるのだが。
投稿者:籐四郎投稿日:2005-10-04 11:07:01
 邦画だと文科省推薦のお墨付きが付きそうな部類の、あまりにも素直すぎる作風だったので、私にはもの足りない面もあったのですが、一般的にはちょうど良い出来なのかもと思いました。
 仏映画の「コーラス」や「ラヴェンダーの咲く庭で」、あるいは「北京ヴァイオリン」と同じ系統の作品で、とにかく音楽のシーンはたっぷりとあり、それだけでそれなりに満足できました。
 実際は全てのシーンを俳優が演奏してるわけじゃないそうなのですが、ほとんど見分けがつかないほどの迫力がありました。
 特に、「春の雪」ではシャム王室からの留学生役でちょっとしか出てなかったアヌチット・サパンポンですが、今作では見違えるような熱演でした。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】風の前奏曲2006/09/22\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】風の前奏曲レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION