allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

愛をつづる詩(うた)(2004)

YES

メディア映画
上映時間100分
製作国イギリス/アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月2005/10/15
ジャンルドラマ/ロマンス
一人の私、一人のあなた

静謐で情熱的。ロンドン、ベルファスト、ベイルート、ハバナへと巡る愛の軌跡――
愛をつづる詩(うた) [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 2,000
USED価格:¥ 680
amazon.co.jpへ

 Photos
愛をつづる詩(うた)愛をつづる詩(うた)

【解説】
 「オルランド」「耳に残るは君の歌声」のサリー・ポッター監督が描く大人の男女の愛の軌跡。夫との夫婦生活が破綻した北アイルランド出身のアメリカ人女性とレバノン人男性との文化の違いを乗り越えた情熱的な情事の行方を静謐な映像美で綴る。すべての台詞が韻を踏んでいるという、詩人でもあるポッター監督ならではの意欲的な手法が用いられ、作品に独特のリズムを生み出している。
 “彼女”は北アイルランド出身のアメリカ人。分子生物学者として忙しい日々を送っていたが、一方でイギリス人の政治家である夫との結婚生活は修復不能なまでに冷め切っていた。そんなある日、夫の体裁を取り繕うために出席したパーティで、彼女は一人のレバノン人男性“彼”と出会う。祖国に幻滅し、今はロンドンでコックとして働いていた彼。ほどなく2人は愛し合うようになり、情熱的で甘美な時間に浸ってゆくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
11 1.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Jean-Claude Marais投稿日:2007-02-27 18:52:59
モリエール、チョーサー、ジョイスに代表される性格描写にすぐれた作家の「風俗的な側面」の韻を踏み、相反する言葉で物語を紡ぎだした、ポッターが謳い上げる情熱的な愛の形。それらは、成熟した大人の愛の苦悩と絶望を、9.11以降の混沌とした世界情勢を背景に人種・宗教・文化を絡め、平等主義的な側面と共に、若干の左翼的傾向が反映されている。クリーナーに代表される「平等主義的」な側面と、作品のテーマの一貫性は無く、むしろテーマそのものが飽和状態にあり、処理し切れていない。
愛をもってして綴る詩が、一種の傲慢ささえ漂う、芸術に似せた陳腐なものと成り下がるくらいであれば、贅肉をそぎ落とす必要がある。削ぎ落とされてこそ、核となるものが明らかになるのだ。
勿論、サイモン・アブカリアンは好演しているものの、ポッターの分身となったジョアン・アレンにおいては、結果的にブルジョワ的な高慢さが滲み出ているにすぎず、そのキャラクターは理解しがたい。むしろ、冷めたスープをすするが如く「冷え切った夫」を演じるサム・ニールの欺瞞が、本作では映えるから皮肉でもある。
ポッターの一種の大胆さを持ち合わせた、どちらにも転がる反応し難い作品となった本作の最大の欠点は、喋りすぎることにある。これには懐疑的にならざるを得ない。
また、疑問点は宗教や人種の真の平等主義への追求と、それに相反する懐疑的な世界の視線は、容易に相容れない様に、本作も芸術的側面との狭間で大きく揺れ、アレンが語る「詩」は野暮で陳腐なものに成り下がる。複雑な要素を絡め、これらをひとつのラヴ・ストーリーとして転化させるには「詩」そのもの以前に、それを綴る「心」が芸術に対して傲慢であっては、駄作の烙印を押されてしまう、と言うことだ。
投稿者:8397MT投稿日:2006-08-02 01:27:22
よかった。

 冒頭の掃除する人がカメラ目線で話しかけるところ、カメラ目線ってなかなか使わないけど見る人に直接話しかける感じがよかったと思う。オルランドでもこういうシーンがあった。
 動きがカタカタとしたところがあった。フレームレートが小さいからか?こういった手法もあまり使われないけども、私は気にならなかったし、よいと思った。フレームレートっていうのかよくわからないがコマ数がすくないと映像の情報量が減る。情報量を減らすことで見せたいものがはっきりすると思う。
 あまり使われない手法は別に実験的だからというわけじゃないけど、見ていてめずらしく面白いので好きだ。

 邦題の『愛をつづる詩』というのはよくないと思う。ただのラブストーリーみたいだ。『YES』というのはやはり神のことだと思う。まあ神ってそのままつけるのも変だけど。でもやっぱり神についての映画だと思う。日本では神とか宗教は最大限に疎まれる。しかし私も主人公の愛人がいっていたようにどんな信仰でも神を信じないよりもましだと思う。神を信じるっていうのは別に神様って人を信じるんじゃなくて生きる意味があることを信じることだと思っている。
 
 映画のテーマって普通隠される。テーマがすぐわかってしまうと薄っぺらく見えてしまうから。多くの人はテーマなんてない映画が好きだ。ただただ没頭して二時間自分を忘れられるような映画。私もそういう映画は好きだ。薄っぺらいテーマを隠して善人ぶったような映画よりずっといいと思う。しかし映画にも色々ある。この映画でサリー・ポッターはかなり直接的に見る人に語りかけていると思う。そういった率直なとこがいいと思った。

 微生物の顕微鏡の映像など化学っぽいところはもっと多くてもよかった。こういった映像のはいった映画は好きだ。アダプテーションとかZOOとかにもある。
 
 ほめてばかりいるけどもよくないところもあるとは思う。しかしあんまり気にならなかったし、あら捜しをする気はない。よいところだけ見つけられればよいと思う。
------------------
追記
yesはイエス・キリストのイエスかと勘違いしてた。全然綴りちがうし恥ずかしいことだがなおさないことにする。yesというのは肯定という意味。否定はなにものでもない。否定の根本的除去、否定の抽象性・虚構性。肯定だけがある。ということらしい。むずかしいが。否定(限定や制限)は存在せず虚構で、本質は無限で永遠ということのようだ。(参考:スピノザ 実践の哲学、p173-179)
あとトト・ザ・ヒーローと共通するようなとこがあるなあと思った。
投稿者:Bava44投稿日:2006-02-06 02:08:52
青の似合うアラビア風の白色を中心とした色彩の中で多少難しい会話をする映画。と
普通の観客は思うのではないだろうか。

本作のストーリーを簡潔に言うとブルジョアの妻であるヒロインがアラビア人の男と出会って
本当の愛を知るというものである。
この話を嫌味なく描くために監督は掃除する女性を故意に描いて、ブルジョア批判的な意味合い
を持たせている。オープニングから、掃除しながらカメラに向かって話し掛けるメイド。
ベッドにある汚れとかで私は何でも知っているという感じだが、はっきり言って興醒め。

個人であると同時に民族の一人でもあるという事が分かる駐車場での会話は悪くはないが、
それ以上に、ヒロインの母親(共産主義者、もちろん無神論者)がキリスト教系の病院での
死ぬ間際の10分ぐらい続く彼女のナレーションがかなり皮肉で笑える。

コマ落としやその延長としてのジャンプカット、スローモーション、カメラを傾けたりするのも
見づらいだけ。モンタージュを使ってテンポ良く描くべきシーンなんかにもコマ落としを使って
ダラダラと描くからイライラした。映画としは赤点。
イギリス人の監督らしいが、英映画には60年代にヌーベルバーグを表面だけなぞって芸術
としては空っぽの映画があったが、本作もその流れを受けているのではないかと思った。
監視カメラ風の映像とか無意味でダラダラしているだけ、本当にイライラする。
この監督はもっと『省略』というものを勉強すべき。

女性監督であるという贔屓目で見ると、服を少し脱がされて興奮するシーンとか、
サム・ニール演ずる嫌な夫が妙に理性的で、嫌な質問には答えずに無視するのが良かった。
あと、娘が洋服を選ぶ時に、ヒールを穿いた脚をアップで写すところは印象に残る。

だけど、調理場での男達の会話はダメだね。あまり教育受けてなさそうな男たちが
あんな会話するわけがない。説明的過ぎる。
音の使い方もヘボくて、お店で体を触られ興奮して声を出すその瞬間に音楽が突然かかったり、
精神的ショックを受けるとそれまで流れていた音楽が止むとか幼稚な小細工している。

ヒロインは細胞を研究する学者という設定なので、ラストのキスシーンでそれらを重ねて、
愛の素晴らしさと細胞分裂の神秘さを重ねているのは笑った。

原題の『YES』には前向きに生きるとか自分に素直になるなどの意味が込められているらしい。
原題・邦題共にセンスなし。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】愛をつづる詩(うた)2006/04/07\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】愛をつづる詩(うた)レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 「愛をつづる詩」~オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,571
1新品:¥ 9,980より   3中古品¥ 865より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION