allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

小さき勇者たち 〜ガメラ〜(2006)

メディア映画
上映時間96分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2006/04/29
ジャンル特撮/アドベンチャー/アクション
ガメラは少年のために。
少年はガメラのために。
小さき勇者たち ~ガメラ~ 大映特撮 THE BEST [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1,183
USED価格:¥ 1,400
amazon.co.jpへ

 Photos
小さき勇者たち 〜ガメラ〜小さき勇者たち 〜ガメラ〜

【クレジット】
監督:田崎竜太
製作:黒井和男
企画:佐藤直樹
プロデューサー:有重陽一
椋樹弘尚
脚本:龍居由佳里
撮影:鈴木一博
怪獣造型:原口智生
視覚効果:松本肇
美術:林田裕至
編集:平澤政吾
音響効果:柴崎憲治
音楽:上野洋子
音楽プロデューサ
ー:
和田亨
主題歌:mink
『Eternal Love』
アクションコーデ
ィネーター:
阿部光男
照明:上妻敏厚
制作プロダクショ
ン:
角川ヘラルド映画
操演:関山和昭
装飾:茂木豊
特技・撮影:村川聡
特技・照明:白石宏明
特撮演出:金子功
録音:矢野正人
助監督:大野伸介
出演:富岡涼相沢透
夏帆西尾麻衣
津田寛治相沢孝介
寺島進西尾治
奥貫薫西尾晴美
石丸謙二郎雨宮宗一郎
田口トモロヲ一ツ木義光
石川眞吾石田勝
成田翔吾石田克也
渡辺哲
正名僕蔵
小林恵相沢美由紀
南方英二
(チャンバラトリオ)
諏訪太朗
江口のりこ
弓削智久
安部まみこ
(中京テレビ)
佐々木俊宣ガメラ
吉田瑞穂ジーダス
【解説】
 人気怪獣キャラクター“ガメラ”を新たな視点から描いた冒険ファンタジー。ひょんなことから生まれたばかりのガメラを育てることになった少年とガメラとの心の交流と成長を瑞々しく描く。監督は“平成仮面ライダー”シリーズを手掛ける田崎竜太。
 美しい海辺が広がる伊勢志摩。交通事故で母親を亡くしたばかりの少年、相沢透。ある日彼は、海岸で不思議な卵を拾う。やがてその卵から小さなカメが誕生した。透はそのカメを“トト”と名付け、父親に内緒で飼い始める。ところがカメだと思ったその生き物は驚くべき速さで成長し、やがて火を噴き、空を飛ぶようになるのだった。そんな中、街には凶暴な巨大生物が出現、人々を恐怖に陥れていた…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
843 5.38
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ぴっぷ投稿日:2014-04-19 07:39:49
子供との絡みも多かった昭和ガメラに原点回帰しよう……といった具合の内容だが、視点が子供寄りすぎてしまった感がある。言うまでもないがそのような作品はカッコよさや迫力をそがれることが多く、当の子供からそっぽを向かれてしまう。怪獣映画というジャンルではなおのこと。

ただ平成3部作に共通の硬質感になじめなかった自分には、久々に温かみのあるガメラ作品を見られてよかったと思えたのも事実。個人的には平成3部作よりもこちらのほうが好きである。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-10-08 02:13:00
製作委員会の意図は儲けたいと言うより、ガメラ映画を大勢の子供に観て貰いたかったのだろう。だからミニチュア特撮に気合が入ってる事は分かる。ただ漁村から市街地という流れや新怪獣の食性、怪獣バトルの決着の付け方は例の平成シリーズ第1作と殆ど同じなので新味が無く、最初の対決までは40分も掛かり、その間は少年と小さい亀の触れ合いを延々と写して、学者たちの新怪獣の分析は殆ど写して無いという構成にも問題があった。クライマックスの子供による赤い石のリレー(何で三人組以外の子供がそれを知ってるんだ?)はまさに子供の観客へのメッセージその物だが、実際に劇場で観てくれた子供はどれだけ居たのだろうか。子供の為に自分たちが好きだったキャラクターを復活させるというのは結局自己満足に終わる事を如実に示した作品だった。
投稿者:農協多発テロ投稿日:2007-12-27 00:23:38
ミュータントタートルズが先祖がえりなさった!しかも巨大や!
投稿者:かっこう投稿日:2007-05-27 01:36:16
【ネタバレ注意】

子供向けすぎる内容でどうにも・・。ガメラが無条件に人間の味方をする設定は、ガメラというシリーズ上仕方がないかもしれないが、あの子供たちのリレーはやりすぎ。ちっちゃいガメラは可愛いが、でかくなったガメラは中途半端に愛らしくて変だし、そもそも戦闘がしょぼい。

投稿者:Jack1991投稿日:2006-06-07 20:52:41
 公開前のHPなどでの情報で、すでにこの作品の面白く無ささが十分にただよっていたのですが、見てその思いはさらに強まりました。
 よくこの作品のレビューで、ゴジラのスタッフ見習え!などのような事を書かれているのを見ますが、平成ゴジラの方がまだ全然マシです。この作品が何を訴えようとしているのか、何がテーマなのか全然読めませんでした。小さなカメが成長してガメラになるなんて、もはやガメラじゃありません。ただの“大きなカメ”です。ジーダスは造形的にも設定的にも好きですが、特撮が滅茶苦茶です。まるで臨場感無し。遊園地でやるようなちょっとした怪獣ショーを大画面で見ているような気分です。自衛隊の兵器も申し訳程度しか出てこないし、大体に出演者がイマイチ。個人的に良かったと思う人は、津田寛治だけです。ここまで来ると、一体何の目的で作った映画なのか良く分かりません。興行的にも大ハズレしたようですし(10億円に届かなかったとか…)。
投稿者:After The Rain投稿日:2006-06-05 01:01:14
諸悪の根源が判ったよ。 ウルトラマンや、仮面ライダーのスタッフが怪獣映画を作ろうとするからこうなるんだよ。 平成ガメラ・シリーズが過去のガメラやゴジラのシリーズより素晴らしかったのは、金子監督がこういう畑の出身じゃなかったから。 でも、ジータスのオーソドックスな怪獣造型は好きだな。 人間喰らうシーンもなかなか恐怖感があってよかった。 下手に光線吐かないのも正解です。 それから哲さん、おいしいっスね。 存在感ありすぎです(笑)! それでさ、もうゴジラもガメラもキャラ固まってて駄目なので、斬新かつ生物的でリアルな新怪獣で思いっきりえげつなくて恐ろしい大人の怪獣映画・・・もとい、和製モンスター・パニック映画を作ってください誰か!!
投稿者:sizuka投稿日:2006-05-21 10:47:58
問)「ガメラはどうして人間のために戦うの?」
答)「それはガメラだからだよ」

上のやり取りを読んで、「あぁ、そうかぁ」と納得できた人にはオススメ。
http://usedpeople.exblog.jp/3296084/
投稿者:メンタイ投稿日:2006-05-15 01:07:02
正直、おいらは好きです。
「ガメラはゴジラよりも子供の味方です」
っていう色を出しすぎちゃってあんなエンディングになっちゃったりとか、
成長に無理があったりとか、
巷の評判がボロクソなのも理解できますが、
正直、おいらは好きです。
平成ガメラ3部作が素晴らし過ぎなんですよ。
昔のガメラってこっちですもん。チープで(いい意味)

ただ、確かにどこにターゲットを絞って製作されたんだかが、
まったく見えず、子供向けでもなく、大人向けでもなく、
おいらみたいなガメラ好きのみが観に行く・・・みたいな。
だから、ガラガラ・・・・

まぁ内容的には
ずばり、“ダイゴロウ対ゴリアス”+“REX”でしたけどね。http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:kuss投稿日:2006-05-04 22:52:14
これまでの平成ガメラの出来がよいだけに、これ何?って感じです。
田崎監督なので期待したのですが、逆に田崎監督だからこんなものに
なってしまった気もします。映画監督でなくTV特撮監督なんですよね。
途中からガメラのことはどうでもよくなり、あちこちにちりばめられた
仮面ライダーなものを探すのだけを楽しんでいました。そもそも津田寛治
だし、龍牙(黒い龍騎)のソフビがあったり、あと最後に出てきた自衛隊員
って吾郎ちゃん(弓削智久)でなかった?

一連のガメラシリーズには入れたくない出来でした。なぜわざわざこんな
もの作ったのでしょうかね。

3点  残念
投稿者:Cinema Trek投稿日:2006-05-04 13:17:46
ガメラと子供の友情を中心に描いた怪獣映画では異色作品。何を思ってこのような演出にしてしまったのか。ターゲットはガメラ・ファンの大人なのか子供なのか。このような演出は大人には理解出来るが子供には飽きてくる。と言って、あまり上手い演技をするとは思えない子供が中心なので大人向きではない。また、伊勢志摩や名古屋というロケ地にもかかわらず全員が標準語というのももう少し真剣に映画作りをして欲しかった。たぶんこのスタッフはリアルタイムに大映のガメラを観て育ったのではないと思う。ビデオを見てイメージを膨らませて行き、自分では素晴らしい演出,脚本だと思って作ったに違いない。ジーダスは及第点だったのにガメラは愛らしい顔つきでとても怪獣とは思われない着ぐるみそのもの。怪獣の原点は凶暴さにあり、人類の味方であっても味方であらず。(仮面ライダーと同種にしたのが失敗。)自衛隊やレスキュー隊が打ちまくるが歯が立たず。そしてガメラが出てきて一件落着。そういったものが観たいと思う。これはガメラ・シリーズには入れたくない番外編である。

20060502_Cinema鑑賞_60点
投稿者:愛媛の伊藤投稿日:2006-05-03 00:24:55
お金を出して見るお客対しての侮辱
物語自体に無理がありすぎで
舞台が地方なのになぜ主人公は超標準語話すのか
監督の意図が理解できません
投稿者:popoya投稿日:2006-04-29 17:56:13
今日が初日で二回目を観たのに、ガラガラ。30人いたかいなかったか。
今回の作品は、子供にしたら「ゴジラ」よりは怖くなくわかりやすいのかなーと思ったけど五歳の息子は退屈。九歳の息子は最後感動して泣いていた。
(こいつはいつもすぐに泣く)
私は「ふーん名古屋の街ってこんななのねー」とか「伊勢志摩懐かしいなー」とか思っていました。
初日からこんな入りじゃあ、二週間も持たないだろうなー・・・
主演の津田さんが気の毒・・・
投稿者:ワイハ好き投稿日:2006-04-24 15:55:48
お金をドブに捨てた方が、この映画を観るよりマシです!
なんでこんなモノを、お金を払って観てしまったのか(涙)。
怪獣映画は好きなんです。子供の頃から、、、
ガメラも好きでした。

怪獣映画に子供を出すだけでぶち壊しなのに。
こんなモノにも脚本家とか、監督が居るんですよね。
もうちょっと、いい仕事しようよ。
【レンタル】
 【DVD】小さき勇者たち 〜ガメラ〜レンタル有り
 【VIDEO】小さき勇者たち 〜ガメラ〜レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION