allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ソウ2(2005)

SAW II

メディア映画
上映時間100分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月2005/10/29
ジャンルサスペンス/ホラー
映倫R-15
ソウ2 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 1,606
USED価格:¥ 3,305
amazon.co.jpへ

【解説】
 低予算にもかかわらず、斬新なアイデアと巧みなストーリー展開が評判を呼び、世界的に大ヒットしたサスペンス・スリラーの続編。ある共通点をもとに出口のない家に監禁された者たちが、凶悪犯“ジグソウ”の仕掛けた凄惨な“ゲーム”の数々に翻弄され、逃げ場のない死の恐怖を体感していく。前作で監督・脚本を担当したジェームズ・ワンとリー・ワネルのコンビは製作総指揮に回り、新たに新鋭ダーレン・リン・バウズマンがメガフォンをとる。
 元々は荒くれ刑事で今は内勤に甘んじているエリック。彼はある時、猟奇的連続殺人犯ジグソウを執拗に追う女刑事ケリーに呼び出され、凄惨極まりない殺人現場に立ち会う。その残忍な手口から、これもジグソウの仕業に違いないと思われた。しかも死体はエリックが使っていた情報屋、マイケルだった。犯人が現場に残したヒントから、エリックはアジトを推測、SWAT、ケリーとともに急行する。案の定、そこにいたジグソウは、思いがけずあっけなく捕まった。だが、それはジグソウが仕掛けた新たなゲームの始まりに過ぎなかった。その部屋に設置されたモニターには、どこかの部屋に監禁された男女8人が写っており、その中にはエリックの息子ダニエルも閉じこめられていたのだった…。
<allcinema>
【関連作品】
ソウ(2004)
ソウ2(2005)
ソウ3(2006)
ソウ4(2007)
ソウ5(2008)
ソウ6(2009)
ソウ ザ・ファイナル 3D(2010)
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aソウ (2004)
[002]Aエミリー・ローズ (2005)
[003]Aシン・シティ (2005)
[004]Aマイ・ボディガード (2004)
[005]AVフォー・ヴェンデッタ (2005)
[006]Aミュンヘン (2005)
[007]Aバタフライ・エフェクト (2004)
[008]ALIMIT OF LOVE 海猿 (2005)
[009]Aスター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005)
[010]Aセルラー (2004)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
36227 6.31
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-31 02:45:07
今作は前作に輪をかけて面白くない。
投稿者:dbma投稿日:2015-03-15 19:48:19
【ネタバレ注意】

R指定版93分。
無指定版95分。
違いはよく分からん。
気づいたのは針のシーンがやや長いことくらい。
無指定版は国内DVD/BD未発売(2015年3月現在)。

ここでは100分と記載されてるが…。

投稿者:流氷一滴投稿日:2011-09-27 21:37:07
【ネタバレ注意】

前作の「ソウ」は真犯人の「意外性」という面では突出していました。
続編「ソウ2」は真犯人を隠すことができないので早々と登場。
真犯人は目の前にいるのに、監禁されている人質を助けることができない。
サイコサスペンスがパニック映画に衣替え。

人質が二人から相当増えた。相互不信から、互いに殺し合う。
「ソウ」のひしひしと迫る恐怖がなくなり、単なるスプラッター映画になった。
今回、真犯人の「後継者」が出てきますが、これは意外というより必然。

「ソウ」をみていないと全然わかりません。たとえ見ていても、「相当無理な展開」にがっかりします。

投稿者:ひろちゃん2001投稿日:2010-11-15 02:58:16
シリーズ2作目。
陰惨なグロシーンが減った(まあ普通の映画に比べると十分にあるが)が、
ミステリ(騙し)が巧妙に張りめぐらまされているので、コンゲームの
色合いが強くなっている。
犯人、場所、理由探しをまとめているので、理不尽さが無くなっている分、
怖さも無くなった第二作目である。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-03 01:48:27
衝撃度や、緊迫感で名作の1にはやはり及ばないもののショッキング映像だけはパワーアップして、見ごたえのあるサイコホラーになっている。
続編は駄作かも…という心配を覆してくれた!!

GOOD JOB!!
投稿者:ハッピーm投稿日:2009-03-21 22:54:27
【ネタバレ注意】

1に劣らず、もの凄いスプラッターシーンの数々!!   今回も犯人はすぐそばに紛れているというオチに驚愕。   犯人はジグソウだと思っていたのに共犯者がいるとは。  今回は前作よりも登場人物も増え、情景も豊かになって深みも増している。   低予算で作られた作品だというが、これだけ見ごたえのある奥が深い作品を作るとは見事だと思う。  
今作からジグソウの『命を大切に思わないものへの戒め』という被害者を選んだ理由が大きく関係してくる。   1でメインの部屋だった殺戮のバスルームで、死体や切断された脚が悲惨な状態のまま出てくるシーンが印象強い。

投稿者:アインスタイニウム投稿日:2009-03-14 14:25:50
【ネタバレ注意】

前作同様予測できませんでした。息子が助かるところのネタは「そういうことね」と面白さも感じました。ただ、ゲーム参加者の背景があまり語られずに終わってしまったのが残念。

投稿者:kinenchyu投稿日:2008-01-05 16:32:41
 好みがあるジャンルですが、きも怖いくて推理が好きな人であれば間違いなく楽しめる作品だと思います。前作の評判が良かっただけに、2は大丈夫かなぁと少し心配でしたが、期待を裏切ることもなく前作と同様最後まで独特の世界観にどっぷりと浸ることができました。さまざまなしかけや心理描写も良く練られており、映像のすごさだけでなくストーリーの深さも味わうことができます。犯行の動機としての着目点は良くわかるのですが、なんとなくありがちな動機なだけに、もっと掘り下げた心理描写や背景が欲しかったなあとも思いました。既に3の製作も決定とのことですが、必ず見てみたいと思います。
投稿者:きゃる投稿日:2007-11-10 23:09:16
見たくないシーンは早回ししちゃいました。
アイディア満載の作品ですが、異様です。
でも、クセになりそうですw
投稿者:フェニックス投稿日:2007-09-26 23:02:56
【ネタバレ注意】

悪徳刑事だが、子供に対する愛情は人と一緒という男に仕掛けられた罠。ジグソウがいうように本当単純なゲームだったんですよね。
もっともかっかしやすい男の性格をよく見抜いていたけど。
1回見終わって2回目だと伏線がよく見える。
しかし2度目のゲームの女と少年は、毒を吸っているはずなのになかなか死なないとか、その女が、凶暴な麻薬売人男に廃棄注射針の中に落とされたりするけど、予定外のアクシデントだったのかとかなんとなく気になる所もありますが。でも全体として面白い映画。

投稿者:それが俺の名だ投稿日:2007-07-17 15:30:12
**ネタバレ注意だぜ**

 このシリーズの最大の魅力は、密室に2人という状況とラストのどんでん返しであり、その意味では、今回の内容はソウらしくないと思う。
 まず、人質の人数が多すぎるし、移動できる範囲も広すぎる。結果、個々の人物の生活や事件の背景などを解明するための時間が得られず、印象に残らない。テープの内容も含めて、1つ1つのゲームやギミックに深い意味はなく、神経ガスも金庫も番号もXも、すべてが中途半端な形で終わっている。
 犯人と人質との関係もあいまいで、オビの詐欺の話もザヴィエルの麻薬の話もジョナスの家族の話も、ジグソウとは全く関係がない。刑事に復習するために息子を利用するというのは分かるが、それなら他の人質は必要ないはずだし、その設定自体(全員の共通点)も活かしきれていない。ただ殺し合いをさせているだけで、駆け引きも何もない。
 エリックとジョンにしても人質同士にしても、最初から最後まで噛み合わない会話が全体の流れを悪くしている。ケリーが「私が頼んでもダメ?」と言っていたが、君達は一体全体どういう関係なの?と聞きたい。
 ジグソウが「しばらく見ていない」と言いながらモニターの中のダニエルの様子を言い当てた時点で、モニターの映像は録画されたものである可能性が高いことは察しが付いたが、この手法は「スピード」や「オーシャンズ11」で使い古されているから、今更やられても驚かない。
 「なぜ死ぬ間際でないと考えを変えない」というが、それはジグソウも同じだろうし、「生を尊重しない者は生きるに値しない」と言うが、殺人鬼が何を言って・・・ということはともかく、少なくともジョナスは違うと思う。
 前作では神の領域に達したジグソウだが、こうして普通に登場すると案外大したことはないというか、買い被りすぎていた気がする。マシューズ式の尋問では、指を折られて悲鳴をあげるわ、顔を殴られてボコボコにされるわ、いいところなし。こんな姿は見たくない。今作で彼の存在は地に落ちてしまった。
 ところで、ジョンがプリズン・ブレイクのマホーン(回想シーンではダスティン・ホフマン)に見えるのは気のせいかな。

アマンダが怪しいと感じた点・・・
・登場シーンの起き上がり方が前作のジグソウと同じ。
・壁の中のテープの位置を知っていた。
・電気のスイッチの位置を知っていた。
投稿者:さとせ投稿日:2007-06-23 21:10:47
刑事はジグソウを捕らえるが、息子をジグソウにさらわれた後だった・・・。息子を含む8人は謎の部屋に閉じ込められていて、2時間以内にゲームに勝ち抜き解毒剤入りの注射器を入手しないと死んでしまう。
刑事はジグソウの設置したモニターで見守ることしか出来ない・・・。
大ヒットした前作からの続編。前作はアイデアの勝利だったが、今作はサヴァイバルスプラッターに徹している。
前作同様ノヴェライズ(行川渉・角川ホラー文庫・評価2・5)も出ている。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-03-22 22:14:28
1を観てから同じ日のうちに録って置いた続編も観てしまったが、こちらもなかなか面白い。一番「ソウ来たか!」と思ったのは、「最後まで話を聞けば息子は助かる」のトリック。ただユージュアルサスペクツも、スクリームもそうだが、もう一度観る気にならないのがこの手のホラーの弱い所。
投稿者:かっこう投稿日:2006-11-28 00:57:46
前作と比べてしまうとイマイチに感じるが、ショッキングなシーンもあるしテンポもいいし、なかなかに楽しめた。ラストには色々と気持ちよくだまされた。で、犯人にレクター博士みたいな威厳があれば、もっといいんだけど。犯罪の動機も希薄になって残念。
投稿者:スマーフ投稿日:2006-09-06 14:46:48
1までとはいかないけれど、なかなか楽しめました。
前作同様、あの最後の真相が一気に猛スピードで明らかになるテンポ感が好きです。
ただ私も3はつくって欲しくない・・・。どうするつもりなんだろう。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-09-02 09:23:03
前作みたいなインパクトは少なくなったものの、グロ度はパワーアップしたと思う。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-08-16 16:37:38
【ネタバレ注意】

刑事の必死な(ゲームを終わらせる)行動。
感情としては有り得る話。
つじつまなど合わせずに、ぼーっと観るのがお勧め。
仕掛けはそこそこ、ストーリーは、まぁ面白い。
所謂サイコな愉快犯ですね。しかも説教くさい論理の元に。
自分の命が助かるなら、何処までやれるのか?
何処まで追い込まれたら…やっちゃうのか?
…ってのが、モニターの向うで展開するドラマ。
彼らは刑事(ゲーム)の為に殺すのだろうし、サイコな者に、つじつまは無意味か?
(常に独りよがりな論理は存在するが…)
結末が解ったら…楽しみが失われるであろうが、…ありがちよ。
まぁ、あの時のアレが実は○△で…あぁそういう事ねという観客のため息が幕を引く凶悪サバイバルゲーム。
3って…これに?〜同じようなゲームは出来るかもだが、犯人は…本作で格好良くバラしてしまったのでは?

投稿者:bond投稿日:2006-07-02 19:19:09
1に比べるといろいろと見劣りしてしまう。3も作るという事か。「主人公マークウォルバーグに似てると思ったら、兄弟なのね。
投稿者:吉良投稿日:2006-06-03 19:12:59
【ネタバレ注意】

細かい設定は築きにくいけどこってるんだと思う。
注射器の針は1本足りなくていい(アマンダはいらない)、
何もせずに3時間話してれば息子は助かったとか。
よくよく考えるとなるほどねってところはある。

アマンダが注射の池に投げられたのは想定外だねー。

まあ、ゲームの内容がいまいちだったのは、アマンダのゲームだったからさ〜。

しかしジグソーは好きになれないね。レクター博士がいいや。

投稿者:25016投稿日:2006-05-24 10:09:46

・・・痛すぎ・・・

気が弱いので、指で目隠ししながら観ましたぁ〜
 
投稿者:NIMBUS投稿日:2006-04-25 11:37:22
・柳の下の二匹目のどじょう
・二番煎じ
・過去の栄光にすがる

前作だけで十分です。
投稿者:vale投稿日:2006-04-24 22:31:38
どうにも語り口が冗長なため進行にイライラが募ります。アイデア勝負の若手が評価されるのはプロット以上にテンポの良さ・切り口の斬新さによることが多いことを再認識させられました。その点本作は及第点以下です。長々と付き合わされた挙句が前作の起点では’時間を返せ!’ですね。
投稿者:けっけこ投稿日:2006-04-12 13:43:42
前作には全く劣るんだが、ま、これはこれでいいほうかな。
けど、ゲームに集められた連中の理由ってのが今回は曖昧になってる。
ドンデンもあるけど、そんな衝撃は無かった
投稿者:shin-hk投稿日:2006-04-10 15:24:29
さて、続編ってのは一般的に前作を超えられない、、ってのが定番なんですけどね、これもそう。もちろん、衝撃的といえば衝撃的だし、単編でも十分通用する映画だとは思うんだけど、、、ガスにやられてどうのこうのとか、EXITのドアを壊したら外は見えてるのに鉄格子で出れない、って諦めちゃうとか、、、、結局コレも最近流行りの人格崩壊モノになってしまっていて、前作を観た人間からすればモノ足りんの一言につきる、と思う。”CUBE”と同じ道を踏んでは欲しくないねぇ。 http://hongkongcafe.jugem.jp/?day=20060409
投稿者:ふじこ投稿日:2006-03-30 15:35:41
1爐曚匹両弖發呂覆ったものの、ゴッツい男が追っかけてきたりする怖さやら、ガスで苦しそうだったからこっちまで息苦しくなりそうだったり、まぁこれはこれでそれなりに楽しめたかな。

しかし相変わらず、痛い・・イタタタ・・・ってシーンが多くて気分は良いものじゃなかった。・・これからもまだまだ続いていくんだろうか?
投稿者:aldechino投稿日:2006-03-27 21:13:38
登場人物がみんなバカすぎる!見る価値なし!
投稿者:あっきー投稿日:2006-03-23 23:27:57
続編と考えず、この作品だけを鑑賞すると
十分見事な作品です!
1作目が強烈すぎたためか、分が悪いですな・・・
しかし、やはり最高級の作品であることは、まちがいない!

 ↓ みんなの「映画レビュー」始めました!!http://www.0721cinema-spirits.com/
投稿者:佐々木投稿日:2006-01-16 02:21:13
評価4点(前作は7点)
前作が非常に面白かったので期待して視聴
しかし期待ほどではなかったのが実際の感想…

前作のような練られたストーリーも展開も無く
只々勢いだけで進むストーリ…
その辺りがチープな所為か作品全体がチープに感じる…

期待が大きかっただけに非常に残念…
投稿者:くろくろ75投稿日:2005-12-29 00:24:46
最高、ってわけじゃないけど、まあ1時間30分かなり楽しめたかな。それ以上でなければそれ以下でもないって言うか。どうも、パート1でのインパクトが強すぎて、普通に無難なパート2って感じがしました。パート1がアレなんだから、2では全然違ったインパクトを求めちゃうな。自分は、前半主人公の刑事が息子と喧嘩して・・辺りまでは、かなり「おっ、これは? パート1とは全く違った方向で行くの?」と期待したんだけど。実際ゲームが始まったら単なる密室での残虐映画・・にしか思えなくなってしまった。まあ、ラストも含めて無難なパート2って感じで、それなりに良かったとは思うけど、さすがにパート3には期待できないなぁ〜。。
投稿者:kuwa_chin投稿日:2005-12-10 09:44:46
【ネタバレ注意】

前作のラスト、死体がっむくり起き上がったシーンでは、ほとんどの観客が「しまった、それがあったか」というある意味爽快な(?)敗北感を抱いたと思いますが、今作では、それがなかったように思います。アマンダの正体をもっと後のほうまで引っ張る手はなかったでしょうか。
たとえば「JAWS」でサメの姿を最後までチラチラとしか見せず恐怖感を煽ったように。

投稿者:FFF投稿日:2005-12-01 11:00:52
【ネタバレ注意】

前作は細かいツッコミを帳消しにするラストのインパクトに焦点を絞ったシチュエーションホラーの傑作だった。
今回人数が多い上ジグソーとの折衝シーンがキーになっている為、密室劇としての緊張感が薄い。おまけに最大のトリックが甘過ぎ(前半で読めてしまった)。
前作では被害者の努力(?)次第で生還できる設定にある程度ジグソーへのシンパシーを感じさせたが、今回ほとんどが残虐に殺される前提でトリックが仕掛けられておりジグソー(役者は良かった)が快楽殺人者としか思えない。
何故この脚本でGOを出したのか。前作の比にならず。

投稿者:メンタイ投稿日:2005-12-01 06:29:04
密室サスペンスホラーの超傑作「SAW」の続編が
こんなにも早く観れるとはぁぁぁぁぁあああぁぁぁあ!

とは言っても、
「人気がある内にPART2を撮っちゃえ!」系って
ろくなのがないので、あまり期待するいのはやめよう。。。

ってな感じで観て来ました。「ソウ2」「相通」「想痛」…more

前作が飽きない展開に衝撃のラストなだけにハードルは高い。
でも、冒頭はいきなりやってくれる!
「CUBE」のオープニング級のハラハラだ。うんうん、お見事!

中盤から終わりにかけては「ソウ」の世界観のみをキープしながら
新しいことに挑戦している。
新監督として

「アナザーSAW」が作りたいんじゃない!「SAW2」なんだ!

という意気込みは感じられえた。「アナザー」と「2」のバランスもよい。
十分、面白かったし、見応えはあったけど、前作が名作過ぎて
越えてはいなかったかな。

いやいや、それにしても・・・痛いよ・・・目・・・ナイフ・・・目・・・

PART1を観た人のみ、オススメです。「2」から観ると面白さ半減。http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:チューイ投稿日:2005-11-17 13:41:06
自分的には「痛い」

全盛期のFMW(大仁田厚)を見るようで・・・
ジグソウ役の人のめ、メ、目、眼!
あの眼は怖い。。。http://blog.livedoor.jp/chewie23/
投稿者:rhyric投稿日:2005-11-16 01:05:23
【ネタバレ注意】

「CUBE」+「そして誰もいなくなった」=「SAW2」とでも言いた
くなるような作品。
特に、アガサ・クリスティーの名作「そして誰もいなくなった」を
思わせる設定に(というかある意味そのまま、個々の罪を公表してい
くところとか、犯人の動機(これはちょっと違うか...)、最後のオチ、
などその他諸々)、知っている側からすると、展開が読めてしまう構
成は如何なものかと...

何も知らなきゃ(前作を見てなかったり、同系統(密室推理サスペンス)
の事前知識もなかったら)、それなりには楽しめるかも...

というか何も知らないで(期待しないで)見たほうが、むしろ楽しめるの
ではなかろうか。

クリスティーへのオマージュだったらわかるが、これで「予測のつかな
い展開」的な宣伝をされてもなぁ...

投稿者:ぬらり−ひょん投稿日:2005-11-08 15:44:24
「SAW1」を観ていたせいか、オチは読めてしまいます。それ以前に警察も、監禁された人たちも頭悪すぎ!「1」を超える、っていうのは難しいことなんですねえ。
投稿者:Cinema Trek投稿日:2005-11-06 15:55:07
前回は2人だけの生死を賭けたゲーム。短期間、低予算でありながら度肝を抜くストーリー展開で見ごたえのある作品だった。今回は、前回のストーリー展開と「ジグソウはいつも最前列にいる!」というキャッチ・コピーからジグソウが誰なのか、どんでん返しを予期しつつ観賞。前作に比べて制作費や期間もかかっている。前作のように足を切断するとかいうどぎつさはそれほど前面に出てこない。それでもジグソウの生死を賭けたゲームの謎解きや観客の心理をつかんだストーリー展開は他の作品に比べて健在。前作を越える作品ではなかったがジグソウは最前列にいたにもかかわらず予測外れで楽しめた作品であった。前作は、シネコンでは100人以下の試写室みたいな小さなスクリーンでの上映だったが、今回は400人以上も入る大スクリーンでの上映はその人気ぶりがうかがえるし、映画館の大スクリーンで大勢の中で観たという費用対効果は満足であった。「ソウ3」の製作も考慮中と言うがネタがあまり変らないので新鮮味からいうと製作しないほうがとも思う。

20051105_Cinema鑑賞_85点
投稿者:moomoo投稿日:2005-11-05 16:54:19
いくらジグソウが「無駄に生きている者たちへの天誅」的なお題目を唱えても、結局のところ「SAW」「SAW2」いずれも、犯行動機は怨恨なんですよね。

「セブン」の犯人の不条理な動機はそれだけで恐怖に値するものでしたが、そういった意味ではあまり恐怖を感じませんでした。

残虐描写やトリックに関しても、真新しさを感じるほどのものではありません。よく出来た「土曜ワイド劇場」レベル。

★★★★
投稿者:varietta投稿日:2005-11-05 03:21:53
皆さん、結構辛口ですねぇ(笑)
米国での人気に比べて公開劇場が少ない状況で、1を見ていないと面白さが半減する内容なのでかなり環境としては厳しいですが、前作を見終わった後に、続編の話を聞いて、「アレに続編なんてできるの?」って思ったかたは少なくないはず。それぐらい前作は奇抜なアイディアの面白さがあったんですが、この続編は、よくある「2」と言いながら全く違う物語だったりする作品と違って、正真正銘の「2」として、かなりがんばった作品だと思いました。かなり辛口評が多いのも、それだけ前作が優れていたということでしょうね。
とにかく、今回もよく練られた展開、脚本に感心しました。
投稿者:篭瀬山投稿日:2005-11-04 23:05:32
 冷静に見ると、観客の心拍数を否応なく高める手法に長けているのが分かる。被害者の泣き叫ぶ表情と、血の飛び散る残虐なカットを小刻みに交互挿入するシーンに、絶叫や金切り声を被せるなど。ただし、この技術に関しては前作から進歩がないし、今作だけで見ても、繰り返し用いられるので、じき慣れてしまう。前作だって初めの内は相当ハスに構えて観ていたのだが、いつのまにか話に引きずり込まれていた。今作は最後まで冷静に見てしまったので、この点だけでも、前作に及ばないと言える。

 さらに言うと、前作では「一番近くで見ている」というルールは繰り返し述べられていた。にもかかわらず、われわれは騙されたわけだ(それが鍵となるルールだとは思わなかったからだが)。つまり前作は、まったく隠さずに隠し通した、と言える。ところが今作は、「ルール」は確かに一度は明らかにされるが、その後は大切に隠され仕舞い込まれてしまう。比較にならないくらい質が落ちたと言える。まあ、別の言い方をすれば、普通のサスペンスになっているということだ。6
投稿者:shinji投稿日:2005-11-04 01:01:41
【ネタバレ注意】

 とにかく見る側からすれば前作と比較してしまいます。前作のラストがかなりインパクト強かった・・あの立ち上がるシーンが・・オチが一瞬であったのが、「シックスセンス」なんかだと(ベタな例でスイマセン)数分前から臭わせる的な手法ですが、立ち上がった瞬間のヤラレタ感が前作の秀でたところだと思います。と言うことで2が早くも公開、商業的な部分が多いのではと不安を持ちながら見に行きました。まぁ基本的な世界観をほとんど変えない設定に好印象です、しかし前作のハードルが高いせいか、難癖つけたい点が多々でてきます、ひとつはジグソウ自体が出てきてしまったと言う事、見ていてずーっと本人ではないであろうと思っていたのですが、本人でした(それがオチに繋がるのですが)、続きものにするのであれば正体を明かさない方が個人的には良かったのではと思うのですが。ふたつめは登場人物を増やしすぎたのではと思います、多いなら多い意味付けがあるのではと思っていたのですが、刑事の○○○ではふさわしくないでしょう、結局いろんなシュチュエーションでの残虐な殺され方を見せたいという事ですよね、そういうホラー色はこの映画にはいらないのです、もっと個人と個人の心理戦を見たい。3つめはやっぱり伏線が分かりやすかったという事です、○○○がいると言う時点であやしいと解るでしょう、解らなくても前出の「シックス・・」的に数分前から、あぁそうだったのかと思わせてしまうのがいただけない。
 批判してしまいましたが、とにかく面白かったです(矛盾は承知)、前作の○○がでてきた時には「SAW」という世界観の広がりを感じましたし、続編をにおわせる終わらせ方も、さぁここからどう展開させるのよーという期待感を抱きつつ、「スクリーム」的にはならないでほしいなと思いつつ、3を待ちます。
 

投稿者:トマト殺人事件投稿日:2005-11-02 23:25:46
あまり、面白くは無かったですね。どうも登場人物の行動に共感出来ず、笑ってしまいました。展開も凡庸ですし、もし「3」が作られるのなら、単なる拷問映画にならないか心配です(それはそれで面白そうですが)。
ところで、先ごろ「CUBE」を観ましたが、改めて良く出来た映画だな、と思いました。
投稿者:プリズム5投稿日:2005-11-01 17:58:42
前作よりも残虐度が増し、血みどろになってパワーアップした気もします。ジグソウは拘束されたが、サスペンスフルな展開が維持されているのが凄い。レクター博士やジョン・ドウよりもジグソウが素敵に見えてしまいます。
投稿者:たのきゅう投稿日:2005-10-31 14:18:53
【ネタバレ注意】

「人生を無駄に生きてる者達に生への存在意義を問う」とか何とか言ってもZIGSAWは犯罪者に間違いはありませんから(笑)。パート2はこけまくるのが定番ですが、まあまあ頑張った方じゃないですか。でも、これ以上ゲームを続けるのはキツイと思います。60/100点

投稿者:ヒッチ先生投稿日:2005-10-30 23:47:19
前作ほどのインパクトないも、なかなか楽しめた。最後はやはり読めまへんでしたわ。もう一回みたいな。
投稿者:紅竜投稿日:2005-10-29 20:09:54
 「ムダに生きている大人はいねぇか!」
映画史上最も病弱にして最も凶悪なサイコ犯罪者
ジグソウが生命の尊さに気づかず怠惰に生きている
大人達を裁く為、再び帰って来ました。
 この続編は約10年前ラストのドンデン返しで
話題になった某作品と同じ構成になっていますが
前作においてジグソウにカリスマ性を与えるかのような
結末を用意していたので今回は前述の「某作品」と同じ
展開になっても不思議はないなと思いました。
 おなじみ(?)劇中登場する殺人トラップも観客に
ショックを与えるには効果十分の物から「とりあえずここいら
で何か出さないと」と言ったお約束的な物まで玉石混交状態
で、なにやら80年代に流行したスプラッタームービーのような
B級映画のノリも味わえます。
 前作もそうですが本作はフェアに伏線を張りつつ観客をうまく
騙していくタイプの映画ではなく意味ありげな台詞、
インパクト重視の映像、ケレン味たっぷりの演出等などで
観客にハッタリをかまし煙に巻くタイプの映画でしょうね。
私はそういう映画と割り切って単純に楽しみました。
投稿者:sabu投稿日:2005-10-26 13:45:05
【ネタバレ注意】

全体的な作品のインパクトは前作よりもやや薄いものの、撮影の手法や物語の色はほぼ変わっておらず、物語から冒頭から引き込まれる内容になっている。
とはいえ、男女8人が、洋館に閉じ込められ、それぞれ色々な形で、ゲームをしていくのだが、この“閉塞された空間で、大勢が試される”という設定にはもうこりごり。ハリウッドでは、とことんやりつくされた手法で、見ていてうんざりしてくる。ずっと殻に閉じこもっている奴、自分勝手でチームワークを乱す奴、ずっと怯えている奴というように、もうお決まりのように、そういうキャラを作っている。なんかもっと斬新な手法は無かったのかと思ってしまう。
それと、この作品のチラシにこういう注意書きがある。「この話は、終盤、大どんでん返しがあります。それを絶対に鑑賞していない人ににバラさないようにして下さい。」と。こんなことを書かれれば、否が応にも、そのどんでん返しに期待してしまう。まず、これが失敗だ。ラスト付近に待っていた結末は、全然衝撃的ではないし、容易に予想できる。そんな注意書きを書くくらいなら、観客を唸らせるようなラストを用意しておけよと、憤慨に近い感覚を覚えた。
前作をはるかに超える内容でないと、続編を作る意味はない。ただ興行面だけを考えて映画を作るのはやめてほしい気がする。ただでさえ、こういうタイプの作品の続編というのは、うかつに手が出せないほど難しいんだから。
『CUBE』以降に作られた同作品の続編を見れば分かるでしょ・・・。
http://sabuchan0605-id.hp.infoseek.co.jp/index.htm

投稿者:irony投稿日:2005-09-06 05:05:21
 コケるか、コケないか?続編なのか、はたまた前作とのストーリーのつながりは有るのか無いのか?前作に続いて出演されるのは、トビン・ベルとディナ・メイヤー。ジグソウと女刑事だと思ったが、どうなるか興味は尽きない。
ショウニー・スミス 前回アマンダ(唯一助かった女性)もデータアップされましたね。今回は彼女がキープレイヤーになりそうな予感が・・・彼女、ジグソウに感謝してたし、同じ役所で使わない気がする。

DVDで鑑賞。あちゃ〜やっちゃったね。予想を越えるものを想像してたのに…。それぞれのゲームにあまり意味がないね。アマンダとダニエル以外皆具合が悪そうなのに、二人だけ普通だし、驚愕のラストも驚愕になっていないし(笑)ジグソウは末期癌だから続編作ろうと思えば一子相伝は仕方ないけど、アマンダじゃ物足りないわなぁ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 悪役賞トビン・ベル 
【ニュース】
ダーレン・リン・バウズマン監督ホラー「Abattoir」、最新予告編2016/11/18
ダーレン・リン・バウズマン監督ホラー「Abattoir」、予告編2016/08/25
ダーレン・リン・バウズマン監督ホラー・ミュージカル「Alleluia! The Devil's Carnival」、最新予告編2015/06/25
ダーレン・リン・バウズマン監督ホラー・ミュージカル「The Devil's Carnival: Alleluia!」、予告編2014/11/07
ダーレン・リン・バウズマン監督ホラー「11-11-11」、最新予告編2011/10/26
ダーレン・リン・バウズマン監督最新ホラー「11-11-11」、フル・トレーラー2011/06/28
ダーレン・リン・バウズマン監督最新ホラー「11-11-11」、ティーザー・トレーラー2011/02/14
レベッカ・デモーネイ、カルトホラー「マザーズデー」のリメイクで母親役に2009/09/01
「ソウ」シリーズ監督によるカルトホラー「マザーズデー」リメイク企画にゴーサイン2009/05/08
全米興行成績、「ソウ」シリーズ最新作が好スタート2007/10/29
「ソウ」シリーズ監督ミュージカル・ホラー「Repo!」、予告編2007/10/24
「スキャナーズ」、「ソウ3」監督でリメイクへ2007/03/01
「ソウ3」、予告編2006/08/14
MTVムービーアワード、結果発表2006/06/05
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表2006/04/25
E・ロス監督、「ホステル」続編に早くも着手?2006/03/15
「ソウ3」、年内の全米公開が正式決定2006/03/07
サターン賞、ノミネーション発表2006/02/16
ホラー専門サイト主催のホラー大賞発表2006/02/13
DVDリリース情報:「ソウ2」「タッチ」etc.2005/12/20
全米興行成績、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」がシリーズ最高のオープニング2005/11/21
Master P、「ソウ3」への出演が明らかに2005/11/15
全米興行成績、「チキン・リトル」がV2達成2005/11/14
全米興行成績、ディズニー最新アニメが好スタート2005/11/07
全米興行成績、「ソウ2」が快心の首位デビュー2005/10/31
全米興行成績、人気ゲームの映画版が首位2005/10/24
「ソウ」続編、監督が決定か?2005/02/16
「ソウ」続編、脚本に「28日後...」のA・ガーランド2005/01/19
話題のスリラー「ソウ」、早くも続編製作が決定2004/11/02
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION