allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マイ・シスター・アイリーン<未>(1955)

MY SISTER EILEEN

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開
ジャンルミュージカル/コメディ/ロマンス
マイ・シスター・アイリーン [DVD]
USED価格:¥ 627
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2014-01-15 13:56:37
ミュージカルとしては、さほどの作品ではないと思いますが、アイリーン役ジャネット・リーが、かなり唄っているのが珍しいです。彼女は、これより後の「バイ・バイ・バーディー」でも一曲唄っていますが、こちらの方が面白い映画でした。
アイリーンが姉ルース(ベティ・ギャレット)とグリニッジ・ビレッジの半地下のぼろアパートに住む当たりの描写が面白いし、ルースが男は皆、妹に取られてしまうと唄い、その辺が強調されているのも面白く、やはりアメリカン・ミュージカルらしいなと思って見ていました。
だだ、言われているようにブラジル船のシーケンスは、コンガを聞かせるためとは言え、取って付けたようなエンディングになっていて、あまり感心できませんでした。
投稿者:noir fleak投稿日:2012-10-26 23:53:15
が歌を書いたが残念ながらスタンダードになったものがない。俳優陣も当時はまだ無名に近かった。だからあまり知られてない映画になってしまったのだろう。
しかしボブフォッシーの振り付けやダンス、それにロケとセットを巧みに使った撮影が素晴らしい。NYの街中が非常に鮮やかに撮られている。
ジャネットリーがこんなに踊りもうまいとは知らなかった。さすがにジャックレモンは踊らないが、歌を聞かせる。うまくはないが、吹き替えなしなのが好ましい。
しかしブラジルのルンバはちょっと興ざめだ。
投稿者:ロビーJ投稿日:2009-10-23 05:20:40
かなり好きな作品です。もうDVDを買ってからかなり見ていますがまったく飽きません!それほどまでに本作は素敵なミュージカル映画なんです。なんといってもボブ・フォッシーとトミー・ロールという『キス・ミー・ケイト』でも共演している名ダンサー2人と、『踊る大紐育』などのベティ・ギャレット、美しいジャネット・リー、TVシリーズ『奥様は魔女』のディック・ヨーク、そしてあのジャック・レモンまで豪華に共演しているのです。もう幸せですね!
ニューヨークのグリニッチ・ビレッジに夢を抱いてやってきた作家志望のルース(ベティ・ギャレット)と女優を目指すアイリーン(ジャネット・リー)姉妹。妹のアイリーンは美しくアッという間にフランク(ボブ・フォッシー)とチック(トミー・ロール)から想われる。逆に前からモテないヘコみ気味のルースはボブ(ジャック・レモン)に出逢い惹かれていく・・・そして妹の恋愛体験を小説に書きこれを自分のことだと彼に言ってしまうのだが・・・。
親しみやすく歌声が素晴らしいベティ・ギャレットと美しく愛らしいジャネット・リー、コミカルで素敵だったディック・ヨーク、そして控え目な演技と優しさがにじみ出たジャック・レモン、そして素晴らしいボブ・フォッシーとトミー・ロール。もう何の文句もないですね!素敵すぎます!しかもミュージカル・ナンバーもとにかく素晴らしくて、特にボブとトミーのダンス・ナンバー♪「Competition Dance」は溜め息が出るほどの素晴らしい出来。アクロバティックで美しくタップも最高!もう何度も何度も見たくなるナンバー。他にもボブとジャネットがロマンティックに踊る♪「There’s Nothin’Like Love」も最高でボブの優しい歌声とジャネットのピンクのドレスが本当に素敵!他にもべティ、トミー、ジャネット、ボブの4人が歌い踊る♪「Give Me A Band And My Baby」のシーンも良いです!それからジャックも一曲歌ってくれますよ!
とにかくボブ・フォッシーが振りつけたダンスが輝きまくっている作品です。ミュージカル映画としてはこじんまりしていますが、だからこそとても温かいしちょっとホロっとくるのだと思います。まぁとにかくわたしにとってはボブとトミーがまた一緒に踊ってくれただけでも嬉しすぎるし、ディックも可愛くて、ジャックも相変わらず良い人を爽やかに演じててもうホントに言うことなしです!なのでこのような作品をDVD化してくれて本当にありがたいです。これからも何度も何度も楽しみたい作品の一つですね!
投稿者:ユースフル投稿日:2005-11-29 02:21:07
よくぞ日本発売されたと思う。名作というわけでもないし、ロザリンド・ラッセルの最初の映画版の方が有名なのに。もちろん、ボブ・フォッシーが「パジャマ・ゲーム」や「くたばれ!ヤンキース」に先駆けて振付した知る人ぞ知るミュージカル映画。同作品で発揮された彼のセンスが最大の魅力で、それだけでも価値があるけど、不思議なのは特典映像に日本ではDVD発売されていない「バイ・バイ・バーディー」が入っていること。外盤持っているから今さら日本発売してほしいとは思わないけど、普通出すなら日本でもおなじみの「バイ・バイ・バーディー」でしょ。多分、こちらがアメリカで発売されたから日本でも付き合いで発売したのだろうけど、パッケージとかにこの作品の売りも書いていなくて、発売元の担当者のセンスを疑ってしまう。作品には関係ないけど、不思議な発売でコメントしました。でも出してくれたのは嬉しい。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】マイ・シスター・アイリーン <期間限定生産>2005/09/28\1,905amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】マイ・シスター・アイリーンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION