allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ロード・オブ・ウォー(2005)

LORD OF WAR

メディア映画
上映時間122分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月2005/12/17
ジャンルドラマ/サスペンス/アクション
映倫R-15
――史上最強の武器商人と呼ばれた男――

弾丸(タマ)の数だけ、
札束(カネ)が舞う――。
ロード・オブ・ウォー Blu-ray
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 3,000
USED価格:¥ 2,367
amazon.co.jpへ

【解説】
 史上最強の“武器商人”と呼ばれた一人の男の実像をシニカルなタッチで描いたニコラス・ケイジ主演のアクション・エンタテインメント。監督は「ガタカ」「シモーヌ」のアンドリュー・ニコル。共演に「トレーニング・デイ」のイーサン・ホーク。
 ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれ、少年時代に家族とともにアメリカに渡ったユーリー・オルロフ。やがてニューヨークにレストランを開いた両親を手伝い、そこで働くユーリーはある時、ギャング同士の銃撃戦を目撃する。この時彼は、食事を提供するレストランと同じように、いまの世の中では武器を必要としている人に武器を提供する仕事が求められていると気づき、弟のヴィタリーと2人で武器売買の事業を始める。危険と隣り合わせの裏社会で天性の才覚を発揮し、世界有数の武器商人へと成長していくユーリー。しかし、そんな彼にインターポールのバレンタイン刑事が迫ってゆく…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aスタンドアップ (2005)
[002]Aミュンヘン (2005)
[003]Aジャーヘッド (2005)
[004]Aナイロビの蜂 (2005)
[005]Aバタフライ・エフェクト (2004)
[006]Aアドレナリン (2006)
[007]A旅するジーンズと16歳の夏 (2005)
[008]Aスネーク・フライト (2006)
[009]A県庁の星 (2006)
[010]Aヒストリー・オブ・バイオレンス (2005)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
26198 7.62
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-04-08 15:36:32
底が丸見えの底なし沼(日本のプロレス記者)。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-02 18:16:03
バッファロー・スプリングフィールドの曲を選ぶ所が渋い。
投稿者:なちら投稿日:2012-02-14 20:26:32
食や宗教と同列に暴力を並べ、逃げるより飛び込むべきと主人公に言わせる。
そんな危険を冒す作り手の心意気にちょっと感心する。

インターポールが正義の立場でどんなに追い詰めても、
結局、世界に必要とされているものを排除する事はできない矛盾が面白かった。
ただ、平坦な展開で飽きやすいのは残念なところ。
投稿者:namurisu投稿日:2011-07-31 15:14:12
一発の弾丸の重み。もうちょっとシリアスに作れ。説明セリフ、ウザい。
投稿者:nabeさん投稿日:2011-06-11 13:36:44
闇の武器商人をN.ケイジがシニカルに演じる。
常に命の危険と隣り合わせの密輸商人なので、取引相手は見るからにヤバそうな連中ばかり。それらに相対する主人公が、N.ケイジだとあまりにもスマートすぎて緊迫感が無い。これはこれでカッコいいし観ていて安心だが、もう少しスリリングさがあった方がより楽しめたと思う。
奥さん役のB.モイナハンが実にセクシーだ。バプチスタ将軍役の、E.ウォーカーもいい味を出している。
投稿者:ノブ投稿日:2010-10-30 19:28:43
【ネタバレ注意】

「ロード・オブ・ウォー」(監督:アンドリュー・ニコル 122分)
話の内容は、武器商人のインタビュー(これが胡散臭い)に基づいて作られた、武器商人の話(ただしフィクション。当たり前だけど)。
紛争地域に米軍が残した兵器を安く買う(個人の武器商人がどうやって?コネも無いのに。賄賂も現場役人への小銭だけ。)というのが非現実的だった。
冷戦が終わって安いソ連の兵器を買い付けに行く(個人でソ連軍相手に買付。親戚の軍人を頼って。バカじゃないの?いっくらソ連がムチャクチャになったからと言ってそこまでヒドクは無いと思う。)というのが非現実的だった。
紛争のあるアフリカなら高く売れる(「ブロウ」の麻薬王に気に入られるより現地の独裁者に個人の武器商人が気に入られるのは難しいと思う。麻薬王は売り捌く相手を見つけ売れば金になるから、販売ルートがしっかりしていて(ヤクが捌けて)金をきちんと出す個人ならヤクを売る可能性があるが、独裁者は得体の知れない個人からは武器は買わないと思う。それよりも国家から買ったり、強力なコネがある人などと取引すると思う)というのも安易だと思った。
少年兵・アフリカの道行く人々(貧困層)が着陸の飛行機の金属を跡形もなく盗んでいく等をギャグ(しかも平和で裕福なハリウッド製作者で高みに立ちながら世の中の事もきちんと考えてますよといったクズが考えそうなギャグの作り)にしていて反吐が出た。
ラストのオチは「安保理事国の方が国家としてボクみたいな個人のチンケな武器商人より武器を捌きまくってますよ。それを世の中の為に警告したくてこの作品を作ってみたんですよ。どう。」というオチでこれまた反吐が出た。
全般的に
武器商人の商売の仕方も全く現実的では無かった(素人でも考えそうな安易さ)し、新聞ぐらいしか情報源が無かったのではないかと思わせるようなステレオタイプの崩壊したソ連・アフリカの紛争地域の描き方には反吐が出たし、オチも酷すぎて観た後味も最悪だった。
エンターテイメントに徹するなら、武器商人も商売なので、熱心に商売をやっていて商売が面白くなり、成功していって私生活も充実し更に商売が面白くなる主人公の方が、自己実現達成・私生活の充実(仕事熱心なシーンや私生活が派手になるシーンなどを交える)と売った商品の悲惨さ(兵器で人が死んでいく)とのギャップが出て面白かったのではないかとボクは思った。
しかも時間も2時間以上と長く、武器取引の勉強になる事もなく、ムカムカさせられっぱなしで、いい所が何一つなく、本当に観なければ良かったととてもとてもとても後悔した作品。http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:nightwing投稿日:2010-07-07 19:45:25
オープニングタイトルが凄くいい!
これだけでも観る価値がある。

戦争の恐ろしさと愚かさをブラックユーモアを織り交ぜて
違う視線から描いた非常に見ごたえのある作品。
商談中おもむろに側近(?)を銃殺した大統領に主人公が激怒したのは
銃が一発でも発射されれば中古になるから・・・・ってくだりは
命の尊さよりも、銃器の品質及び儲けに拘る武器商人の
冷酷さが当たり前のように描かれているシーンでとてもいい。

子供のおもちゃの銃をゴミ箱に捨てるシーンもよかった・・・・・。
投稿者:mototencho投稿日:2010-03-16 09:37:42
世界の化けの皮を剥がした傑作。インディペンデントも捨てたモンじゃありません。
http://mototencho.web.fc2.com/2005/lordwar.html
投稿者:nedved投稿日:2010-01-04 00:00:12
ニコラス・ケイジ
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2009-11-08 11:36:13
【ネタバレ注意】

…じゃなかった…AK47(自動小銃<Abtomat>/カラシニコフ・47年型)か〜白鳥の湖にのせて銃器としての魅力が語られます。

大きく儲けるにはリスクが必要/結果に対する責任なんて甘い事は考えない…そんな才能に恵まれた男〜ニコラス・ケイジ。

この物語最大の仕掛け…それは勝利者から絶望の淵に突き落とされるイーサンの姿。何度となく訪れる危機を才能故か華麗に転換して逃げ延びてきたニコラス最大のピンチ…ラストの見せ場です。

まぁ自分を殺し掛けた男すら死体にしたいと思わないニコラスですが、難民大虐殺は商売の為に必要。
「ブロウ」なぞと違って、そういった人(幾人か?)のエピソードを元にしているのか、中途半端な感じはしない。

死の商人なライバル?〜クラプトンの「コケイン」、追いかける捜査官、憧れの女を落とすぶっ飛び計画〜エイズの危機?〜報復の暗殺に難民虐殺〜簡単に殺される人間達…そして彼の身内達それぞれ選択。

どうしようもないジャンキーで脛齧りかと思った弟君、無言の帰還〜またヒーローな事を。
ブリジット・モイナハン…結構自分の能力を見極めて卑下した部分のある彼女は仕事に口を挟まない女な筈が…誰しもコレだけは許せないというモノがある証明でしょう。恐らくだが、彼が麻薬王だったとしたら、怪盗ピンクパンサーだったら…尾行はしていないような。合法か合法でないかではなく、許せる行為か、否か、それだけ。
が、ニコラスは、そういう「現実」と最愛の弟である彼の事件をも乗り越えて堂々と自らを「必要」である、と主張する。現在的(イーサン的?)には異常っちゃー異常かもだが論理的ではある。武器を輸出するという「悪」を為す国家の中で、例えば公務員が武器を輸出するのは国家に対する使命でしょうからね。

って事で「悪」を駆逐しようとしたイーサンは打ち拉がれ………永遠に人とは強い者の論理で虐げられる存在である…要領の良い人間=そこを理解して利用するヤツって事ですね。モイナハン、ゲットからして大嘘で…途中美人ウェイトレス?ともヤッちまってますからね。大統領のプレゼントは丁重にお帰り頂くが…(コンドームが無いからか?)

が、人たるもの損する事も尊いのではないかと〜馬鹿ですが。弟君が残り半分も爆破したら虐殺は延期かもですが。…危険な飛行機の不時着〜解体ショーも凄いぞ。

投稿者:ドミンゴ投稿日:2009-09-13 21:25:44
銃に馴染みのない日本。だから日本人の俺は何も口出しとかできないな、、
でもすごいジーンと来た映画には間違えないし兄と弟の葛藤がよかった。
共感できたのはそこだけであとは客観的になってしまう。まあ日本人がこの映画観たら誰でも客観的なってしまうのは当たり前だけど、、 でもそこをうまく主観的にもとらえててよかったです 
日本人の俺が言えるのはそれだけ。

ジャレッド・レトがよかった。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-10 09:51:35
勝手にニコラス・ケイジがマシンガンぶっぱなす映画かと思ってたら違うかった(笑)
武器商人が存在してるのは分かってるし、内容的にはそんなに衝撃的な物ではないけど、一人の人間ドラマとしてそこそこ楽しめた。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-05-29 01:12:08
武器商人の世界というのは興味深かったが、もっと一人の人間としてのドラマが盛り込まれていた方が良かった。
こういう矛盾した実態が現実にあるということを今更淡々と見せられても、ほとんどの人は知っている事ですからね・・・
オープニングのセンスが全体に施されているようなスタイリッシュな作りにするとか、何か秀でたモノがあればよかったのですが終始事実を述べているような作りなので面白みがありませんでした。
ロックな音楽も意外性に欠けたし、インターポールの存在も中途半端だったような・・・。

どうも視点が一人称な感じなんですよね。
シンプルに見せるのが狙いだったのかもしれないけど、様々な人々の思惑や心情を絡めた重厚な作りで観たかったかな。
メッセージ性もドラマもいらない、ただ事実を知ってほしい・・・というのは別に構わないのだが、せめて皮肉盛りだくさんな辛辣映画に仕上げていただきたかった。

疲労感たっぷりの苦悩するキャラクターっていうのは、ニコラス・ケイジの得意分野だろうから安定感あるけどチョットこの手のキャラに飽きてきた(爆)
弟役のジャレッド・レトーのほうが目を引いたかな。
他にもブリジット・モイナハンやイーサン・ホーク、イアン・ホルムやドナルド・サザーランドなどキャスティングはなかなかで楽しめました。

ニュースを見る、新聞を読むという行為が苦手な方にはオススメしますが、普段からドキュメント番組をチェックしているような方には物足りない内容です。

もしかしたら営業マンとしてのノウハウを勉強できるかも(笑)
投稿者:◎とーる◎投稿日:2008-01-27 16:43:14
【ネタバレ注意】

作品のできの問題ではなく、この映画は多くの人に見ていただきたい。
先進国で平和に暮らすということがどういうことなのか。はっきりと知らずに、知る機会もないから仕方がないかもしれないけども、生きていく事は罪に感じた。
世界がどうやって動いているのか、戦争とは一体どういう物なのかをこの作品で確かめてもらいたい。
ホテルルワンダや、ブラックダイアモンドにおいても戦争の生々しさを実感したが、この作品はまた少し違う角度から戦争を観た。

投稿者:irony投稿日:2007-12-12 01:16:28
 死にたく無かったら、戦地に赴くな 裏の裏を知る人間のアドバイス でも現実に生きる為志願する兵隊はいるんだろうね

 
投稿者:bond投稿日:2007-12-11 09:19:37
実話と知って、やっぱそうかと納得。死の商人も大国が生んだ仕事って事ですか。ドラマとしては面白いが、ニコケイにドンパチやって欲しかった。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2007-09-01 23:14:30
【ネタバレ注意】

 
見逃してたんでDVDで鑑賞。
これはまた意外なほど面白かった。
ブラックな笑いで軽妙に見せておいて、最後の最後にズシンと
重たい現実を突きつける。
個人的には、大上段に戦争反対とか平和を謳いあげる作品より
こういうのが好みです。
それにしてもN.ケイジがまた上手い。

投稿者:Graham Hill投稿日:2007-08-28 00:21:09
あまり評価が高くないみたいでびっくり・・・。
個人的にはとてもいいと思いました。
ブラックユーモアを湛えた進行は純粋に楽しめたし、それでいて意味を感じさせる映画だったと思います。
もっとこういう作品があっていいと思います。
日本の憲法九条の言う戦争の放棄がいかに国際的に進んだ法なのか、その重要性をとても気づかされた次第です。
銃社会への風刺でもあり、マイケル・ムーア監督のドキュメントを思い出させてくれました。
おもしろく、ブラックに、痛烈でリアルに、武器のブローカーという新たな視点から世界の矛盾を描いた社会作なのではないでしょうか。
「物事の善悪は見方次第」というシェイクスピアの言葉がこの世界のすべてを物語っている気がします。
投稿者:ぽっぷ投稿日:2007-08-05 02:29:53
【ネタバレ注意】

ニコラスケイジが「天職なんだ・・・」というシーンはリアルでしたね。
人間がいる限り戦争はなくならない。戦争自体が必要悪ってことなんでしょうか。
日本にいるとピンとこないけど、人類の歴史はホント戦争の歴史なんだなと思いました。
イーサンホークは相変わらずショボい。。。正直誰でも出来る感じでした。

投稿者:8397MT投稿日:2007-04-05 20:20:13
色々と勉強にはなったが、やはり主人公が悪人だとなかなか上手くいかないと思った。
投稿者:藤本周平。投稿日:2007-03-16 19:17:47
自分が思ってたものよりも大分違った映画でした。まあ面白かったですけど。
投稿者:kath投稿日:2006-11-03 23:46:45
「当惑顔」のニコラスケイジは、ここでも抜群の演技だった。弟の弱さが最後に理解できたと同時に、兄の強さの根拠は「ここにあったのか!」と解っていた筈のエンディングになぜか驚いた。
投稿者:vampire投稿日:2006-07-17 12:39:14
武器商人ではないですが、リアルな世界観を描いてるように思える。
これはある意味、教育映画だ。
戦争の真の姿を見ることができる。
「ホテル・ルワンダ」よりも、こちらの方が印象に残った。
観る価値の高い、素晴らしい映画だ。
だが↓の人の言うとおり、秀作ゆえにヒットしない。
だが秀作であることは事実!
投稿者:くろくろ75投稿日:2006-01-26 03:38:25
なかなか良かったです。やっぱ前半の、うだつの上がらない青年が武器の売買で成り上がっていく行程が非常に面白かった。全体的にはブラックコメディーが効いて、観客にとっては観やすく仕上がってるし、観終わった後に心にズシリと残るテーマもある。お奨めです。
唯一、音楽の使い方がどうか?と思いました。J・バックリーのハレルヤをラスト近くで流したのは、冗談なのかマジなのか、ビックリ。しかも、全然シーンの雰囲気に合ってないしさ。
投稿者:zin09投稿日:2006-01-19 04:07:19
【ネタバレ注意】

ニコラスのハマリっぷりがとてもいいです。
「今、世界には5億5千丁の銃がある。ざっと12人に1丁の計算だ。
残る課題は一人一丁の世界!」とでだしからブラックユーモアたっぷりで
笑わせてくれます。それだけずっしり銃器という大量破壊兵器について
考えさせられますが、一見の価値アリです。
ニコラスの髪の毛も一見の価値アリです(笑)

投稿者:oohlala投稿日:2006-01-18 17:32:09
役者を使ってストーリーテリングさせているけど、リアルでドキュメントに近い感じ。特にN・ケイジの役柄・台詞。武器商人ってこんな人なんだろうと思う。しかし、製作者・監督は映画を作りあげるまでホント大変だったはず。
投稿者:フリクリ投稿日:2006-01-17 13:02:42
【ネタバレ注意】

今年最初に映画館で観た映画。
最初にこんな面白映画に出会えるとは、今年は良い年になりそうだ。
いつものオーバーリアクションではなく、控えめな演技のニコラス・ケイジは良かったが、
イーサン・ホークも良かった。ラストのあの悔しそうな顔が!
叔父さんの車が吹っ飛ぶのが予想できてしまったのが残念ですが、全体的にとても面白い映画でした。
続編があるなら、現代、あるいは近未来の武器商人の話が見てみたい。

投稿者:黒美君彦投稿日:2006-01-12 13:34:42
オープニングの銃弾の旅からもう秀逸。殆どこの作品の主題が集約されているといっていい。
人間の手で作られ、人間によって運ばれ、人間によって銃に充填され、人間によって撃ち出され、人間の生命を奪う。銃弾そのものが悪なのではなく、全ては「人間」が関与することによって完成する殺戮の連鎖。
ところが内容は徹底して乾いている。暗いユーモアで包みながら、淡々とビジネスとして武器を売買する男たち。結果に対する責任など目も向けない商才に長けた男たち。
ニコラス・ケイジが決して極悪人には見えないというのがミソだ。というのも、彼は自らの才覚を最大限に生かし、自己実現に成功した稀有な人間に過ぎないからだ。だから悪びれることもない。
イーサン・ホーク演じる国際刑事機構の捜査官が「核物質の流出よりも銃の密売の方が問題だ」というのが面白い。「銃は現実に使われているからだ」(うろ覚え)。
武器の輸出では、密売人よりも国家の方が遥かに犯罪的、というのは当然過ぎる結論だが、この国とて、米国の武器開発や製造には深く関わっている。50年代、「朝鮮特需」が日本経済自立の足がかりとなったのは紛れもない事実だ(最近「朝鮮特需」はなかった!という言説もあるようだが…米軍向け軍事物資の輸出でかなり潤ったのは事実でしょう…苦笑)。
こんな作品なので米国内の映画会社からそっぽを向かれ、製作資金を集めるのにかなり苦労したようだが(結局アメリカ資本はゼロだとか)、その結果、軽くて重い何とも居心地の悪い佳作に仕上がったと思う。
ナチスの幹部たちが総じて芸術を愛し、子煩悩で家族思いだったことを思い出す。
この作品で描かれた武器商人もまた然り。
ブラック・ジョークとしか思えない(思いたくない)「真実」の重みに、思わず人間嫌いになりそうな、そんな挑戦的な作品である。
投稿者:7ヒカリ投稿日:2006-01-11 12:54:58
武器商人になろうと思ってなれる国ってすごいなぁ。
投稿者:チンペイ投稿日:2006-01-10 00:07:52
内容を読んで見たいと思った作品だった。
期待しすぎた感はあるがニコラスケイジがで出演しているのにスポットが
当たってないのは残念。戦争に対してのメッセージ性はYAMATOの比じゃない
けどなぁ。
投稿者:純三投稿日:2006-01-09 12:31:55
戦争の一側面を丁寧に描いた、非常に真面目な映画。ニコラス・ケイジというハリウッドの大物がこんな映画を作ってしまうという事実に、ただ頭が下がるのみ。
私はストレートな反戦映画だと捉えます。

ただ、家庭人としての描写が、やや現実味を薄めてしまったような気が。イアン・ホルム演ずる武器商人の冷徹さの方がリアルに感じました。

ほんとの武器商人って、どんな人なんでしょうね。こんな人なんでしょうかね。
投稿者:kuss投稿日:2006-01-09 01:12:10
【ネタバレ注意】

重たく考えさせるテーマを時には皮肉な笑いを入れながら、サラりとしたテイストで描ききった監督の手腕に脱帽。そしてあのラスト。すべてはあのラストを言いたいための前座なんですよね。秀逸です。ニコラスのキャスティングもブラボーでした。
しかし「シティ・オブ・ゴッド」を見たときと同じ後味の悪さを感じました。残虐にそしてアッサリと殺しあう人々の姿。。。人類ってやっぱ滅びたほうがいいのかも。
9点!

投稿者:ハリー・ハウゼン投稿日:2006-01-05 01:58:45
最後の方のシーンの武器の拡散の実態を明かすところとかは
マイケル・ムーアが作った映画を思い起こさせる。

出演者もみんないいし内容も抜群の映画だと思う。

投稿者:歌王投稿日:2006-01-04 01:58:39
【ネタバレ注意】

メインの銃、そして主人公の境遇はかなり重い題材。なのにナレーション
主体の作りと、戦争で人が死ぬ過程をあっけなくリアルに描いているせいか、
全体的には淡々と軽い雰囲気で見せてくれます。
バランス感覚がなかなか見事で、飽きさせません。銃弾の一生?を描いた
オープニングからして秀逸です。

予告編で見た「アメリカ大統領が一番のお得意様」のくだりは、また白々しい
平和演説シーンかと思ってました。が、これが実は主人公お得意の屁理屈だった
というあたりがこの映画のポイントでしょう。

感動も涙もないし反戦や好戦といったこれみよがしなテーマもありませんが、
何か心にひっかかり、考えさせてくれる映画。上出来だと思います。

投稿者:Longisland投稿日:2005-12-20 20:57:06
一枚の真鍮板から作り出された7.62mm×39 弾がアフリカに渡り発射されるオープニング、作品中のカラシニコフの連射音がレジの音に転換されているシーンは流石。
仕事も女も順調に進む作品前半は、ウクライナからの移民青年の米国サクセスストーリーでテンポよく進むものの、後半からなんだか説教臭くなるところが残念。
個人経営武器商人より大国(国連常任理事国様)のほうが武器を大量に紛争国に輸出して罪が重い云々と言われてもね、国家が(米国が)どう個人武器商を利用したかが描かれていないんじゃ説得力を欠くでしょ・・・
とはいえ、アンドリュー・ニコル監督のちょっと捻くれた感覚で、個人経営武器商の葛藤を上手く描いている。

思うに、ニコラス・ケイジ演じるユーリーは家族を失ったが、自分の才能がなんであるかを知り、尚且つそのことを仕事に出来た幸せな人間だったんじゃないかな。
投稿者:アルベルチーヌ投稿日:2005-12-18 23:22:01
上映時間が進むに連れ,作品の内容の重さも同時にひしひしと感じられる作品だった。「銃」という一つの中軸であるテーマ、そうならざるを得ない生まれ育った環境、
「武器商人」の結婚の仕方、家庭のあり方、兄弟の葛藤、合衆国への挑発、孤独などのライトモチーフと重なり合って非常に完成度が高かった。人物描写をもっと深く描いていれば更に良い仕上がりであったのにと思いもするが、2時間で上記の複合するテーマを上手く纏め上げた監督にエールを送りたい。
投稿者:ASH投稿日:2005-12-11 01:22:11
【ネタバレ注意】

 まあ、ディランの方は「Master」だけど、武器商人をテーマにしているところは同じなのでこのコメント題を。アンドリュー・ニコルのSFマインドってアナクロだけど好きなのでこの映画には期待だ。ジャンルはSFじゃないの?

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ロード・オブ・ウォー2012/09/05\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】ロード・オブ・ウォー2015/03/03\1,143amazon.co.jpへ
 【DVD】ロード・オブ・ウォー2006/06/09\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ロード・オブ・ウォーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION