allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

絶対恐怖 Pray プレイ(2005)

メディア映画
上映時間77分
製作国日本
公開情報劇場公開(日本出版販売株式会社=スローラーナー)
初公開年月2005/10/15
ジャンルホラー
もし誘拐した少女が、すでに死んでいたとしたら…。
プレイ/pray [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 2,500
USED価格:¥ 800
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:佐藤祐市
製作:小松賢志
迫田真司
プロデュース:森谷雄
西前俊典
制作統括:山森哲郎
南條昭夫
エグゼクティブプ
ロデューサー:
古屋文明
尾越浩文
美術プロデューサ
ー:
本田邦宏
企画プロデュース:小林智浩
小榑洋史
脚本:小川智子
撮影:川村明弘
編集:深沢佳文
音楽:吉川慶
映像:吉川博文
照明:三重野聖一郎
録音:吉田登
出演:玉山鉄二
水川あさみ
篠田光亮
小林且弥
豊永利行
宮田早苗
小日向文世
【解説】
 旬なキャストと新進気鋭の映像クリエイターを起用し新たな恐怖に挑戦するホラー・プロジェクト“絶対恐怖 NEW GENERATION THRILLER”の第1弾作品。主演は玉山鉄二と水川あさみ。TVドラマ「僕の生きる道」「ウォーターボーイズ」などを手掛ける佐藤祐市監督による劇場デビュー作。
 ミツルとその恋人マキは、現在の最低な状態からどうにか抜け出そうと、身代金誘拐を企てることに。さっそくめぼしい少女をさらって廃校になった小学校の校舎に身を潜めた2人。ところが誘拐した少女、篠原愛の自宅に身代金要求の電話をしたところ、思いもよらぬ応えが返ってきた。愛は1年前に死んだというのだ。では一体、彼らが誘拐した少女は何者なのか? おまけにその少女が突然行方をくらましてしまう。もはや身代金どころではなくなり、マキは恐怖に怯える。一方ミツルも少女によって封印していた過去の記憶が蘇り、精神的に追い詰められていく…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2007-08-30 23:28:40
身代金目当てに子どもを誘拐した男女2人組が、篭城している学校で不気味な出来事に出会う。やがてグループと落ち合うが怪現象により仲間割れしていく・・・。
雰囲気は良いが、ありきたりの展開のため先が読めるのが難。
泣けるホラーを目指したらしいが効果は無し、だが、水川あさみの悪女役は良い。竹書房よりノヴェライズ(白石まみ・評価2・5)もあり。
投稿者:籐四郎投稿日:2005-10-22 09:00:08
 観ながらダメ出しをしてくと数え切れないほどあるような作品でしたが、限られた条件を考慮すればよくやってると思えました。
 こじんまりとまとまっていて、傑出した個人の才能という点では私には感じられなかったのですが、ちゃんと正統派のホラーとして映画になってました。
 ただ、ラストのまとめ方は作品の印象を決定してしまうので、もっとなんとかならなかったのかとも思えました。
 ちなみに、日本映画の底上げには二週間の限定のレイトショーでも、ミニシアターの聖地のようなシネマライズで上映できるのは意義あることではありますが、肝心のお客の入りは・・・残念ながら、からっきしのようでした。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】プレイ Pray2006/03/01\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】プレイ Prayレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION