allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スクールデイズ(2005)

SCHOOL DAZE

メディア映画
上映時間102分
製作国日本
公開情報劇場公開(ファントム・フィルム)
初公開年月2005/12/10
ジャンルコメディ/学園/青春
映倫PG-12
スクールデイズ [DVD]
価格:¥ 1,700
USED価格:¥ 1
amazon.co.jpへ

 Photos
スクールデイズスクールデイズ

【クレジット】
監督:守屋健太郎
エグゼクティブプ
ロデューサー:
土井宏文
石崎邦彦
池田雄二
浦谷年良
プロデューサー:浜田一英
藤村恵子
杉田浩光
脚本:柿本流
CG:秋元きつね
撮影:鯵坂輝国
美術:福澤裕二
編集:茶圓一郎
音響効果:伊藤瑞樹
音楽:オオヤユウスケ
主題歌:ザ・ハイロウズ
『一人で大人 一人で子供』
照明:平野勝利
録音:滝澤修
助監督:佐藤隆之
出演:森山未來相沢晴生
金井勇太佐治
忍成修吾柏木(新太役)
山本太郎高井戸(一平役)
市川由衣早津(綾子役)
鶴見辰吾相沢安彦
いとうまい子相沢由紀子
小林且弥間宮
水川あさみ夏美
田口トモロヲ坂田監督
松尾スズキ俵先生
田辺誠一赤井(鴻ノ池先生役)
【解説】
 往年の人気TV学園ドラマのエッセンスを随所に取り込みつつ、元人気子役の高校生がドラマに人生を翻弄されていく姿をシニカルに描く痛快青春コメディ。主演は「世界の中心で、愛をさけぶ」の森山未來。監督はこれが長編デビューとなる守屋健太郎。
 わずか0歳で芸能界デビューし、天才子役と騒がれたもののさまざまな問題を抱え8歳で惜しまれつつ引退した相沢晴生。以来8年間、自分の思いとは裏腹にロクなこともないまま、今は冴えない高校生となっていた。そんな晴生は再起をかけて、人気学園ドラマ「はみだし!スクール☆デイズ」のオーディションに挑み、みごと合格する。そして、ドラマの現場で出会った熱血教師・鴻ノ池先生役の赤井に強い感銘を受けた晴生は、少しずつ影響されていく。ところがやがて、晴生の中でドラマと現実世界のバランスが崩れ始め、ついには鴻ノ池先生が現実の世界に登場してしまう…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
530 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:かっこう投稿日:2010-10-12 23:53:38
現実とお芝居の境目があいまいになっていくという設定はいかにも面白そうなんだけど、シュールなギャグ満載な感じがどうにも好みではない。映像に面白い効果をつけていたりするが、効果的なんだろうか。いじめシーンは残酷すぎて見るのが辛い。
投稿者:irony投稿日:2007-04-16 15:53:03
 誰だって現実の生活で代償行為は少なからずするよね?それが行き過ぎちゃうと過剰補償行為で精神疾患ってことになっちゃう…新太役が現実と演技を混同しちゃいけないって批判しちゃうけど相沢の家族自体が代償家族そのものなんだからどうしようもない。相沢の異常に最初に気付いた市川の表情はよかった。キンパチのパロディや現場での楽屋裏の話とかはとても面白いし現実の不祥事やアクシデントを上手い具合に脚本を変更させ出演者を葬ってしまうのも現実ではよくある事…不祥事を商魂逞しく売り込むラストは流石は芸能界と思わせる。
投稿者:sabu投稿日:2005-11-28 22:15:59
設定というか、とっかかりが面白い。学園ドラマと実際の学校が登場するのだが、どっちがどっちか分からなくなることもなく、きっきりと色分けして表現されている。またこの撮影方法は被写体がとても立体的に見え、作品全体に漂う、本当にそこにいるかのような、思春期独特のリアリティをうまく映し出している。やがて主人公はドラマと現実の区別が付かなくなり、実生活の中に鴻ノ池先生が登場してしまうという、どことなくシリアスな場面でも、笑いをもってきてしまう展開はいただけないんじゃないかと思う。後半は特にシリアスなのだが、前半に笑いをかなり持ってきてしまっているので、見てる側としてのイメージが既に植えつけられてしまっていて、作品の変わりようについていけない。そこは致命的な気がする。前半、面白かった展開をここまでラストで意気消沈させるのか、という展開作りにはなんらかの意図があるんだろうが、伝え切れてない部分がある。後半のエピソードもだいぶ足りない。問題は映画が終わってからの主人公の生活。そこを見せなくちゃいけないし、その部分が主人公が再起を賭ける一番ドラマ的な部分なんじゃないかと思う。
http://sabuchan0605-id.hp.infoseek.co.jp/index.htm
【サウンド】
『一人で大人 一人で子供』
歌 :ザ・ハイロウズ
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】スクールデイズ2006/07/05\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】森山未來 in school daze2005/10/19\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】森山未來 in school dazeレンタル有り
 【DVD】スクールデイズレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION