allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ポビーとディンガン(2005)

OPAL DREAM
POBBY AND DINGAN

メディア映画
上映時間86分
製作国オーストラリア/イギリス
公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月2005/11/26
ジャンルドラマ/ファミリー/コメディ
ポビーとディンガン [DVD]
価格:¥ 2,052
USED価格:¥ 945
amazon.co.jpへ

【解説】
 日本でも10万部以上を売り上げたベン・ライスの世界的ベストセラーを「フル・モンティ」のピーター・カッタネオ監督が映画化した心温まるハートフル・ストーリー。空想上の友だちがいなくなったと言って元気をなくしてしまった妹と、そんな妹のため町の人々を巻き込んで友だち捜しに奔走する兄の姿を描く。
 世界的なオパールの採掘地として知られるオーストラリアの田舎町。両親と一緒にこの町に暮らす兄妹、アシュモルとケリーアン。町の生活になじめないケリーアンにはポビーとディンガンという架空の友だちがいた。ところがある日、ケリーアンは2人がいなくなったと騒ぎ出す。そして次第に元気をなくし、ついには病気になってしまうのだった。そんな妹を心配したアシュモルは、ポビーとディンガンが妹の想像上の友だちと知りながらも、2人をなんとかして捜し出そうと立ち上がるのだった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
652 8.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:なちら投稿日:2009-01-14 12:54:27
【ネタバレ注意】

だいぶ面倒くさいタチの妹なので、オパールの採掘に懸けている父の事を思うと、若干イラっとします。
町での採掘権が脅かされた時は、こりゃもー家庭崩壊だと思ったよ。

ただ、兄のアシュモル少年が本当に賢く優しい子で、嘲笑にも負けず家族の皆を支える姿はジンと来る。
アシュモル少年の真心が町の人間の心を動かし、結果、家族が採掘に情熱を傾ける事ができたと。
信じる事は大切だね。
ファミリーで見るには、もってこいな作品です。

投稿者:さゆぽん投稿日:2007-08-03 17:58:40
見えない空想の友達を、
妹のためにけなげに探してあげている姿がじわっときました。
「奇跡」と呼べるような出来事ではなかったけど、
なんとなく優しい映画でした。
奥さん役の女優さんが綺麗。
投稿者:paris2006投稿日:2006-10-03 23:36:35
【ネタバレ注意】

本は確か死にますよね?妹。
家族愛は良かったけど何かね〜感動は出来なかった。
本読もうかな・・・

投稿者:NYY投稿日:2006-03-25 11:35:41
 うーん、微妙な作品だな〜。誰もコメントしてないし・・・
 要するに、ポビーとディンガンという架空のものを、皆で信じたかのように振る舞うことで始めて成立する種類のコミュニケイションがあるってことかな?
 そのことで何とか詰まんない日々をやり過ごすことができるとか?そーゆーことを言いたかったのかな?  
 で、穴掘ったら、ダイヤだかオパールだかが見つかるかも知れないとか考えて生きていけるとか?
 悪くはなかったけど、そんなに良いとも思わなかったなあ・・・。
 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ポビーとディンガン2006/09/08\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ポビーとディンガンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION