allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い(2005)

FOUR BROTHERS

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UIP)
初公開年月2005/11/19
ジャンルドラマ/アクション/サスペンス
フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,355
amazon.co.jpへ

【解説】
 義母を何者かに殺された4人の兄弟が、自ら真相究明に乗り出し、復讐に立ち上がるサスペンス・アクション。主演は「ミニミニ大作戦」のマーク・ウォールバーグ。監督は「シャフト」「ワイルド・スピードX2」のジョン・シングルトン。オリジナルはジョン・ウェイン主演で65年に製作された西部劇「エルダー兄弟」。
 感謝祭を控えたデトロイトの小さな町。食料品店を訪れた中年女性エブリンは、2人組の強盗に襲われ射殺されてしまう。彼女の葬儀に集まった肌の色の違う4人の兄弟、ボビー、ジャック、エンジェル、ジェリー。筋金入りの不良だった彼らを自らの養子として引き取り惜しみない愛情で育て上げたのがエブリンだった。エブリンの思い出にひたる4人は、犯人への怒りを募らせる。やがて、事件が最初からエブリンを狙ったプロの犯行と知った兄弟は、自分たちで母の敵を討つと固く誓い、犯人探しに奔走する。
<allcinema>
【関連作品】
エルダー兄弟(1965)オリジナル
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1171 6.45
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2014-08-08 16:11:48
【ネタバレ注意】

ジャックや刑事を死なせる事は無かった。脚本がもっと良ければ快作になったのに。

投稿者:RRMN投稿日:2008-07-20 22:47:32
兄弟の歩き方と心情とルールに小津要素。

心地よかった。爽快でした。
投稿者:グレープジュース投稿日:2008-06-17 19:25:13
一言で言えば、好きです。
この軽いコメディアクションドラマが(笑)
程よい見易さのカーアクションと銃撃戦はこんなジャンルが苦手な女子でも挑めますよ。
兄弟のキャラ設定もお気に入りです。
あぁ、分かる分かるよ〜!な感じでクスクス笑ってしまいました。
ヒューマン的には物足りない気もしますが、とにかく軽い所が尚いいのです。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2008-02-25 11:12:53
 
いまごろDVDで鑑賞。
義母を殺された四人(義)兄弟がまず良いね。
乱暴者だけど包容力のある長男、唯一常識ある家庭人の次男、図体でかいけどイジられ役の三男、全員からかわいがられて育ったっぽい四男。男兄弟らしいガサツさや絆の深さがよく描かれています。
四人が食卓を囲み、もういない母親の声を聞くシーンとかグッときました。

もうちょい能天気なアクションかと思ったら結構ハードで、吹雪の中の大カーチェイス(どうやって撮った?)の末つかまえた実行犯を、黒幕を吐かないと見るやいきなり射殺!
真犯人が四人の中にいるか?と思わせるあたりも引き込まれました。
中盤、4人が襲撃される銃撃戦はかなりの迫力。しかしギャングの皆さん、高級アサルトライフルを買う資金があるなら、抗弾ベストも買った方が・・・

ラスト、長兄のボビーが近所の子供たちと話すあたり、冒頭の義母の台詞「(説教役の)お兄さんがいればいいのに」につながるんでしょうね。

キャストではM.ウォルバーグが、この映画を象徴するような「バカ乱暴」っぷりで最高。エンドロールで流れるホッケー選手時代も笑えます。
投稿者:ghost-fox投稿日:2008-02-02 23:40:15
軽っ!
投稿者:irony投稿日:2007-07-24 16:03:32
これは細かい事を抜きにして面白かったなぁ マーク・ウォールバーグはこういったちょっとバカがはいってる役がハマる ちょっと前の作品のビッグヒットを思い出した。
投稿者:なちら投稿日:2007-07-03 23:24:35
血の繋がりは無くても家族の愛は存在するし、それが良く描かれていたと思う。割と面白かった。
あと、ギャレットが思った以上に存在感があって、今後が気になるところ。
投稿者:エアマリン投稿日:2007-06-21 00:34:35
【ネタバレ注意】

復讐撃にしてはちょっとやりすぎのような気がしました。育ての祖母を殺さ
れたとはいえ、カーチェイスまで引き起こしての4人の強引な捜査にはちょっ
と唖然。それでもアクションはなかなかの出来でしたが、荒削り過ぎる雰囲
気にあまりなじめなかったです。中盤で殺されたジャックと、後半近くで殺
された刑事がちょっとかわいそうでした。
そのジャックが殺される中盤の銃撃戦ですが、チンピラ達は一体どこでG36や
MP5Kといった特殊部隊系の装備を手に入れたのでしょうか(多分事件の黒幕
から譲り受けたと思いますが)?そのシーンだけ好きです。

投稿者:bond投稿日:2007-06-04 09:22:46
オリジナルは観てないが、面白かった。親兄弟の絆に血は関係ないのだ。でも街中であんなにドンパチやって、捕まらないかなー。
投稿者:とろりん投稿日:2006-08-27 16:07:56
”おもしろくなさそう〜でももしかしたら当たりかも!”と期待しつつ見たけどやっぱり面白くなかった。まあがんばって作ってると思うけどぱっとしない。サスペンスとしての作り方が甘い気がする。よくわからないところもあったし。見所といえば兄弟愛かなぁ。ギャレットが出ていたけど今年12月の公開作「エラゴン」でもっと活躍して欲しいなぁ。
投稿者:ゴン投稿日:2006-06-03 16:38:04
骨太のアクション映画を期待していたのだが、見事に外した。育ての親の復讐というが、その復讐の仕方があまりにも短絡的ですぐに人を殺す。敵役を見ててもチンピラばっかりで復讐を成し遂げた後の達成感がない。要するに兄弟達に全くといっていいほど共感できなかった。
ストーリーとは関係ないがブギーナイツのときと比べてマークウォールバーグの雰囲気が変わっててびっくりした(役柄ははまってた)エンドクレジットを見るまで末っ子の”妹”が当人だと思ってた。
投稿者:シオカラ投稿日:2006-05-28 19:08:19
【ネタバレ注意】

ストーリーは一本道なので触れません。
終盤いきなり襲撃を受けるのですが、兄弟の一人が撃たれてしまいます、その表情とかがリアルです。敵もバリバリ撃って来るのですが主人公が隠れているレンガの壁を打ちぬけ!と命令したり、撃退方法もリアル志向です。
中盤にもカーチェイスがありますが、スリップしまくりでどこぞのドライビングゲームのような感じです。

投稿者:てつやの爆談放送投稿日:2006-04-11 04:03:16
さすがに名作のリメイクだけあって、かなりしっかりとした力作。
期待を裏切らない筋書きの脚本に、馬鹿の一つ憶えとも言える兄弟、家族愛に徹底した演技力が光った。
編集も良く、これだけ良い出来の作品にしては、悲し過ぎるくらい世間の目に晒されていないのが残念である。75点をつけた。http://jf3mxu.g-7.ne.jp/ba9dan/
投稿者:arizona投稿日:2005-12-23 03:36:58
マーク・ウォールバーグは、「The Italian Job」で見せたナイーブな面影を全く見せず、短気で凶暴なタフガイを演じている。
彼自身も14歳で学校をドロップオフして、泥棒、詐欺、ドラックと荒れた少年時代を送り、16歳で刑務所にも入っているので、役的にはピッタリだ。
派手な作品ではないが、彼の代表作になったのでは?

ストーリーは、唯のバイオレンスではなく、笑いもあり、兄弟・親子の愛のテーマを中心においている。
中盤以降で謎解きとどんでん返しもあって、中だるみなく最後まで観客を引っ張る。http://www.doblog.com/weblog/myblog/38668
投稿者:さとさと投稿日:2005-11-26 16:33:26
昔のブラックエクスプロイテーションムービーの香りのする復讐劇
残念な出来だった「シャフト」リメイクのジョン・シングルトンが監督ということで期待してなかったんだが、非常に面白かった。
陳腐な左翼的モチーフやいかにもな悪役など時代錯誤的な部分は多々見られるが、
タランティーノのようにパロディに逃げたりしない正攻法の演出は好感が持てる。
舎弟俳優のイメージが強かったマーク・ウォールバーグも頑張っている。
こういうのがもっとみたい。
投稿者:sabu投稿日:2005-11-10 11:10:50
【ネタバレ注意】

アカデミー監督賞にノミネートされた過去があるジョン・シングルトンだけに、その圧倒的な映像描写と演出センスはズバ抜けて巧い。なおかつ、ハリウッド特有のあり得ないド派手なアクションもなく、リアルを追求した結果のアクションがうまく表現できている。さらに兄弟4人の構図、キャラクターもそれぞれ個性的で素晴らしい。ただ、スケールが小さいせいか、ギャングや、町のボス、警官などの位置関係がイマイチ分からないし、悪漢については強大な敵というイメージが欠ける。主人公たちは「あんなやつには太刀打ちできない」と連発してるが、見ているこっちは「そうか?」と、首を傾げてしまう。あと、人殺しに対しての説得力がない。結局、復讐といっても、どれだけ彼らが義母を愛していたか?どれだけ犯人を憎んでいるのか?という説明が不足しているせいで、「殺し」という、やっていることは犯人たちと一緒。というふうに捉えられてしまう。それはおそらく、義母の死から、4人の兄弟が復讐を決意するという結果に達した部分の転機が弱いところに要因がある。なんだかノリで義母の葬儀に参列し、ノリで復讐しようと思い立ったような描写はいただけない。そこがしっかりしてたら、もっといい作品になったはずだ。
http://sabuchan0605-id.hp.infoseek.co.jp/index.htm

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ブレイクスルー演技賞アンドレ“3000”ベンジャミン 
【レンタル】
 【Blu-ray】フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い スペシャル・コレクターズ・エディションレンタル有り
 【DVD】フォー・ブラザーズ/狼たちの誓いレンタル有り
 【VIDEO】フォー・ブラザーズ/狼たちの誓いレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION