allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

機動戦士Zガンダム III -星の鼓動は愛-(2006)

メディア映画 Anime
上映時間99分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2006/03/04
ジャンルSF/ロボット/戦争
誰も知らないラスト…新訳Z(ゼータ)完結編。
機動戦士Zガンダム 劇場版Blu-ray BOX (期間限定生産)
参考価格:¥ 22,680
価格:¥ 34,070
USED価格:¥ 18,941
amazon.co.jpへ

 Photos
機動戦士Zガンダム III -星の鼓動は愛-機動戦士Zガンダム III -星の鼓動は愛-

【クレジット】
総監督:富野由悠季
絵コンテ:富野由悠季
製作:吉井孝幸
企画:内田健二
プロデューサー:松村圭一
久保聡
原作:富野由悠季
原案:矢立肇
脚本:富野由悠季
キャラクターデザ
イン:
安彦良和
キャラクター作画
監督:
恩田尚之
メカニカル作画監
督:
仲盛文
メカニカルデザイ
ン:
大河原邦男
藤田一己
美術監督:甲斐政俊
デジタル色彩設計:すずきたかこ
撮影監督:木部さおり
編集:坂本久美子
音響監督:藤野貞義
音楽:三枝成彰
テーマ曲:Gackt
スタジオ演出:松尾衡
声の出演:飛田展男カミーユ・ビダン
池田秀一シャア・アズナブル
榊原良子ハマーン・カーン
島田敏パプテマス・シロッコ
鈴置洋孝ブライト・ノア
岡本麻弥エマ・シーン
勝生真沙子レコア・ロンド
浪川大輔カツ・コバヤシ
新井里美ファ・ユイリィ
井上和彦ジェリド・メサ
小杉十郎太へンケン・ベッケナー
名取幸政ウォン・リ一
大塚芳忠ヤザン・ゲーブル
池田勝ジャミトフ・ハイマン
郷里大輔バスク・オム
島村香織サラ・ザビアロフ
【解説】
 TVシリーズに新作画パートを加え、新解釈の三部作として劇場版へと昇華した人気SFロボットアニメの完結編。連邦軍同士の内戦に2つの勢力が割って入り、それぞれの思惑を胸に熾烈な総力戦を繰り広げていくさまを、デジタル技術を駆使したスピード感溢れるタッチで描く。
 地球圏での戦乱が混迷を極めている宇宙世紀0087年。カミーユ、シャアらの反地球連邦組織エゥーゴは、連邦軍のエリート組織ティターンズと激しい攻防戦を展開していた。さらに、自軍のティターンズを掌握せんと目論む木星輸送船ジュピトリスの指揮官パプテマス・シロッコ、そしてザビ家の復興を掲げる旧ジオン軍残党アクシズの指導者ハマーン・カーンまでもがこの激戦に絡み合う。こうして彼らは、地球圏を制するための重要拠点、巨大レーザー砲に改造されたスペースコロニーのグリプス2を巡り、未曾有の最終局面へと向かっていく…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
639 6.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2015-04-17 16:37:50
クライマックスが長過ぎた。
投稿者:nabeさん投稿日:2010-12-05 15:16:20
Zガンダムシリーズ三部作の最終編。副題が「星の鼓動は愛」となっているが、相変わらず戦闘場面のオンパレードで人間ドラマが希薄だ。
基本がTVで放映されたものの再編集劇場版ということなので、ストーリーや登場人物の人間関係をあらかじめ知っていないと、まるでわけがわからない。どの作品でもそうだが、こういった続き物は必ず初めて観た人でも物語の位置づけと人間関係をまずわからせてくれるものだが、はなからそういう気配りはないため、エヴァのような感動は期待しようがない。
「ガンダム」という日本のアニメ史上に燦然と輝く作品を大切にし、更にファンを増やしていく努力をしていかないと、本当にもったいないと思う。
もっともガンダムおたく達からすれば、そんなのどうでもいいことなのかもしれないけどね。
投稿者:かさみや投稿日:2007-11-26 19:06:30
【ネタバレ注意】

まずはホッとしました。1作目の早いこと早いこと。とびにとびまくっているので、原作しらなければ、なんだこりゃっていう感じだったので、今後もこうなるのかなっと不安になっていたが、兇ら落ち着いたので、期待して観ることができました。原作のわけのわからない展開も映画になって一気に観るとストーリーがうまく繋がっていて、かえってTV版よりも観やすいのでは。驚いたのはサラ・ザビアロフ。TV版だとロザミアの方が目立って、影が薄かったけれど、意外とカツとの絡みもあって、隠れ名キャラだったのですね。ダメダメなカツ君もサラとの絡みで普通キャラになったな、という感じです。涙を誘うのが、ジェリド。あれでは、あまりにもあわれです。やはり、ラスト。あれでは、ZZがなかったことになってしまうのか。カミーユは生き残ったし、ハマーンはほぼ、あれでは撤退という感じだし、でも、ヤザンのポッドは排出されているし、と結構そのへんは富野氏得意のうやむやです。まあ、作るとしても5〜10年後だろうな。そのときはそのときで、カミーユを元に戻しちゃうのかな?とか思っちゃいます。

投稿者:irony投稿日:2007-03-31 02:06:31
 ストーリー全然わかんねぇ〜 カツ死んだのはわかったけど TVシリーズも見てない 3部作は時間置いて観たので余計わかんねぇ 最後はス−パーZガンダムなの?
投稿者:愛媛の伊藤投稿日:2006-10-04 09:27:48
【ネタバレ注意】

はっきり言って映画館でわざわざ観るよりdvdですましてしまったよかったぐらいなお粗末な構成だったろうか。

旧作画と新作画とのアンバランスと一部キャラクターの声優変更によるイメージダウンなどTV版を観てない人は良いのかもしれないが
観てた人にとっては違和感がかなり来るじゃあないかと思う。

今更ながらZガンダムを劇場版を作る必要があったのかと言うのは
意見が分かれるかもしれないが私自身のとしては
必要がなかったのかなと思います

投稿者:aszem投稿日:2006-03-26 13:21:03
屑っぷり。

関連商品を売る為だけに企画された様な物に、今更、評価も糞も無いが、いちクリエーターだったら、もうちょっとプライドもって作品を作ろうよ・・・。

ネェ、富野さん。

テレビ版を観ている事を前提とした、無茶苦茶な編集で、キャラクター同士の相関が解らんし、前置き無しの感情表現で、殆どの登場人物が情緒不安定か二重人格状態。

しかも「誰も知らない新たなエンディング」は結局「誰もが予想した(大甘な)エンディング」に終始したし。

テレビサイズから無理やり引っ張ってきた戦闘シーンは、ワイドスクリーン・ビスタサイズの奥行き感ゼロの惨い物だし。

はっきり言って、良い所なし。

まあ、アニメ映画など、公開される事によるファンの御祭り騒ぎがメインで、作品の質など二の次っぽいが、もうガンダムの名前を使ったセコイ商売映画はノーサンキュー。

まあ、実際、今回の三部作も「劇場数量限定プラモデル」の即売会の御膳立てだったと考えれば、腹も立たんか?

ちなみに、劇場予告でチャッカリ宣伝していた、富野監督の新作「リーンの翼」。

「ダンバイン」系の新作なのだが、この監督は、「ガンダム」と言い、過去の遺産を食い潰す事でしか生きていけないのかと溜息。

投稿者:ginza7投稿日:2006-03-11 18:41:20
【ネタバレ注意】

最後死んでいった人たちがカミーユの味方をしたのは主人公だからという以上の理由があるのだろうか?もはやどっちが正しいのやら何やらという感じです。
でもTVの終わりに比べればよかったと思います。

投稿者:チューイ投稿日:2006-03-09 20:17:13
ラストとオマケを観に行ったって感じかな?

しかし・・・
ハマーンがカッコ良すぎでは?
投稿者:青江又八郎投稿日:2006-03-09 00:32:54
【ネタバレ注意】

富野由悠季という監督はアニメでエロスを論理的に演出できる数少ない監督と再認識。ラストのノーマルスーツで抱擁するカミーユとファに対する演出と芝居などは典型的。カメラアングルも実によく分かった撮り方だし(分からない人はF91のラストと比べてみましょう)。
しかしこうした演出が出来るのはキャラクターがちゃんと芝居をしているため。殊にシャアと会見したハマーンが「楽しかったよ、シャア」という台詞を言う下り、ハマーンの手、指先だけが映るのだが声をあてた榊原良子の演技もあいまって実に艶っぽい☆こうした細かい演技の積み重ねがこの作品に深みと厚みを与えている。まあ、この辺りは凡百のアニメ監督にはやっぱり出来ん。それでいてテレビで分かりづらかった政治的な部分をかなり分かりやすく見せるのだから見事という他ない。
カミーユはきちんと主人公をまっとうしている、シロッコ・ハマーン・シャア・ブライトといった大人たちが魅力的、でも美味しいのはやっぱりヤザン、といった感じで新約3部作を受け入れられた人々には大満足の出来でしょう。

投稿者:白と黒投稿日:2006-03-04 22:10:09
【ネタバレ注意】

時間が九十分ということもありかなりカットされていました。
ラストは予想通りカミーユの精神崩壊は無かったです。
ダカールとキリマンジャロ、サイコMk兇魯ットされいつの間にかロザミアが死んでました。
兇曚匹泙念くは無いですが話が強引に短くされていたので少し違和感がありました。 一人一人死ぬのがあっという間で TV版のときの死ぬときの台詞は殆どありませんでした。一応ヤザンは脱出していました。
サラの声が又変わってました 
心にもやもやが有りますが まぁまぁよかったと思います

【書籍】
■マンガ版
【コミック】 機動戦士ZガンダムIII星の鼓動は愛 (角川コミックス・エース (KCA166-1))
新品:
10中古品¥ 1より 

■コミカライズ
【コミック】 機動戦士Ζガンダム Define (1) (角川コミックス・エース 90-16)
新品:
2新品:¥ 605より   47中古品¥ 1より 

【コミック】 機動戦士Ζガンダム Define (8) (カドカワコミックス・エース)
新品:
2新品:¥ 626より   16中古品¥ 1より 

【コミック】 機動戦士Ζガンダム Define -5 (カドカワコミックス・エース)
新品:
2新品:¥ 605より   26中古品¥ 1より 

【コミック】 機動戦士Ζガンダム Define (10) (カドカワコミックス・エース)
新品:
3新品:¥ 626より   18中古品¥ 22より 

【コミック】 機動戦士Ζガンダム Define (4) (カドカワコミックス・エース)
新品:
2新品:¥ 605より   29中古品¥ 1より 

【コミック】 機動戦士Ζガンダム Define (3) (カドカワコミックス・エース)
新品:
2新品:¥ 605より   27中古品¥ 1より 

【コミック】 機動戦士Ζガンダム Define (7) (カドカワコミックス・エース)
新品:
2新品:¥ 605より   23中古品¥ 1より 

【コミック】 機動戦士Ζガンダム Define (9) (カドカワコミックス・エース)
新品:
2新品:¥ 626より   14中古品¥ 27より 

【コミック】 機動戦士Ζガンダム Define (6) (カドカワコミックス・エース)
新品:
2新品:¥ 605より   19中古品¥ 1より 

Amazonで「機動戦士Zガンダム III -星の鼓動は愛-」を更に検索する
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION