allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブロークバック・マウンテン(2005)

BROKEBACK MOUNTAIN

メディア映画
上映時間134分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワイズポリシー)
初公開年月2006/03/04
ジャンルドラマ
映倫PG-12
ブロークバック・マウンテン [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,380
USED価格:¥ 844
amazon.co.jpへ

【解説】
 「グリーン・デスティニー」「ハルク」のアン・リー監督がワイオミング州ブロークバック・マウンテンの雄大な風景をバックに綴る、2人のカウボーイの20年にわたる秘められた禁断の愛の物語。原作はアニー・プルーの同名短編。主演は「ブラザーズ・グリム」のヒース・レジャーと「デイ・アフター・トゥモロー」のジェイク・ギレンホール。男同士の純愛というセンシティブなテーマにもかかわらず2005年度の映画賞レースを席巻した感動作。
 1963年、ワイオミング。ブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者として雇われ、運命の出逢いを果たした2人の青年、イニスとジャック。彼らは山でキャンプをしながら羊の放牧の管理を任される。寡黙なイニスと天衣無縫なジャック。対照的な2人は大自然の中で一緒の時間を過ごすうちに深い友情を築いていく。そしていつしか2人の感情は、彼ら自身気づかぬうちに、友情を超えたものへと変わっていくのだったが…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aミュンヘン (2005)
[002]Aクラッシュ (2004)
[003]Aジャーヘッド (2005)
[004]Aスタンドアップ (2005)
[005]Aブロークン・フラワーズ (2005)
[006]Aホテル・ルワンダ (2004)
[007]Aウォーク・ザ・ライン/君につづく道 (2005)
[008]Aエミリー・ローズ (2005)
[009]Aネバーランド (2004)
[010]Aナイロビの蜂 (2005)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
41341 8.32
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-03 19:57:28
ヒース・レジャーの不器用な感じが良い。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-10-13 00:35:54
本人たちも辛いんだろうけど、奥さんたちもとっても不憫。
投稿者:いまそのとき投稿日:2014-09-28 18:00:44
20年の友情はあまりに重く切ない。出会ったことではじめてわかった高揚感。しかし彼らは周囲から孤立せざるを得ない。家族も不幸だ。アン・リーは語りすぎず、二人が動揺しながら生きていった心の軌跡をきめ細かく描いている。苛まれる心理、やはりこれは純愛に違いないのだ。それがこの映画のエッセンス。そういう出会いがあったかなかったか。そうなったかならなかったか。これは運命の悪戯だろう。ここでは人への憐れみと愛おしさを深く、痛々しく、温かくみつめている。これを名作と言わず何と言おう。
投稿者:sachi823投稿日:2014-08-27 22:20:04
同性愛を扱った作品の多くが、深い悲しみを携えているように
感じるのは、社会的に認知されないような状況での
マイノリティとしての孤独感からでしょうか。
同系列のヨーロッパの作品で見られた美々しい描写の
文学的な趣の作品とはまた違う荒涼とした雰囲気が支配しています。
劇中ではラストの切なさと2人が最初に会う場面が印象的です。
投稿者:グレコ投稿日:2012-11-08 08:43:43
ジェイク・ギレンホール。
音楽も映像も良かった。
投稿者:scissors投稿日:2011-04-19 00:12:32
いまさら見たけど・・・。
主演の二人がダイコンに見えてしまった。特にJ・ギレンホール。

良くも悪くも題材頼りの映画で、作品としての出来が良いとは思えなかった。
投稿者:kinenchyu投稿日:2010-09-24 19:37:41
同性愛がテーマなだけに、どうしても感情移入しきれないところがあった。ただ、物語はたんたんと進み、お互いにさまざまな苦悩を乗り越えて、最後は、永遠に結びつくところは、とてもうまく描かれていると思った。
投稿者:Normandie投稿日:2010-05-19 14:10:39
男の友情がテーマの映画は無数にあるし男性は精神的なつながりや似たような感情は認めますよね。
境界線は危ういものでテーマは普遍的なものだと思う。
このふたりの若い俳優たちはよく演じたと思うしアン・リーの演出が素晴らしい。
彼の「ウェディングバンケット」も同じテーマだったがあっちはコメディタッチだったので別の意味で面白く見た。
作品賞をとらせないぞという悪意が感じられたAMPASは愚かです。

ヒース・レジャーという俳優を亡くした事はとてもとても映画界で目に見えない痛手になるでしょう。
少しだけジェームズ・フランコが似てるので年も1才違いだし、いつか共演してほしいと思っていた。
フランコは上手いから今後この世代を代表するいい俳優になりいい作品に巡り会えると思うが、ヒースは永遠になっていく。
これが未来にどういう作用を持つか誰にも分からないけど・・・

※ここのヒースへの特定のコメント(datsan5555とロッテントマト)は許し難いです。削除を求めます。
投稿者:fuji3776投稿日:2010-05-03 15:09:34
監督はうまかった、センセーショナルにgayの世界で度肝を抜き、おもむろに語り始める、いやはやそのテクニックに呆れるやら感心するやら、きっと「カーボーイgay」に食いついてくる輩がいっぱいいるに違いない。7/10点。

ブロークバック・マウンテン、桃源郷こそが人生である、二人で過ごしたブロークバック・マウンテンははるか山の上にあり、年に数度訪れる地となっても、そこでの青春の思い出の日々は忘れることができない、待ち合わせの再会の日、男同士いとおしく抱き合い、夢見るように眠る甘美な時間。

 結婚して妻と子供のいる世界は、家を守るための生活の糧をロデオやカーボーイとして稼ぎ出さなくてはならない地上の現実世界なら、ブロークバック・マウンテンでの思いでは少年のときに描いた希望の象徴でもあり、いつの日か実現を望んだ指標である。山を登って行けばたどり着けるであろう桃源郷、「坂の上の雲」、私は雲をつかむために生まれたのだ、雲を手に入れる才能に恵まれて生まれて来たのだ。

 30%にも及ぶといわれるアメリカ男性のホモセクシャルな人々の中でさえ、自分の居場所に悩む青年、・・年貢米を収めることもできない小作農の大家族の貧乏子供、私はそんなことのために生まれたのか、貧乏で家も持てず結婚もできず、・・アフリカからの奴隷の子供として、売られて鎖に繋がれる為に生を受けたのか、・・そう、人はそんなことの為に生まれてきたのではない、だからこそのブロークバック・マウンテン。

夢うつつの中に目覚める「雨月物語」や、帰って現実に引き戻される「浦島太郎」のお話のように、若き日にあこがれた職業、夢見た生活、今の現実とのギャップ、あくせく働くために生まれたのかとの想い、才能と頭脳を信じ、自分の人生の憧れを断ち切れぬ思いのブロークバック・マウンテン、希望の象徴なのだ。映画は人生をシンボリックに描いている。

若き日、ブロークバック・マウンテンの日々は、私の生涯に、死してなお、実現できない理想と現実のギャップを描く、類まれなる映画として捕らえるならば、いかんせん、わが人生のこの嗜好こそが、ブロークバック・マウンテンに残してきた日々の残影に過ぎない事を。
投稿者:QUNIO投稿日:2010-04-26 17:13:30
ヒース・レジャーとミシェル・ウィリアムズは仲が良さそう。奥さん置いてけぼりで可哀想に。登場人物全員の心情が伝わってくる巧妙な演出だった。僕としてはこういう最後まで救われない終わり方がどこか琴線に触れてしまって同性愛者はキモいと思いつつ孤独が身に染みて泣けてしまうのだな。実生活荒んでるから余計に。僕はハリウッドらしい安直なラストに嫌悪感を覚えるので惨めさを追求するアメリカ映画が一番性に合うようだ。眼を背けたい現実がここにある。
投稿者:マスターユーダ投稿日:2010-02-28 14:59:36
ダークナイトを除いてこの作品のヒーズ・レジャーが一番良くできていると思う。ジェイク・ギレンホールは好きな俳優だけどちょいと微妙だったかもねぎてかゲイでも女とSEXするんだね、友情が愛にかわるのか・・・
映像がきれいだった。アン・ハサウェイが乳だしてた。
投稿者:nedved投稿日:2010-01-03 23:22:45
ヒース・レジャー
投稿者:gapper投稿日:2009-12-07 23:03:31
 よく分からないところもあるが、感動的な作品。

 青と緑を基調とした美しい映像の風景で終始静かなイメージで話は進む。
二人とも簡単に女性と結婚してしまう感じがする。
そんな男と分からないのかどうなのか、いまひとつ疑問を持つ。

 1963年設定で難しいところをうまく回避した感じがする。
ブローバックでのテントと二人で釣りをするときのテントが時代を反映しているなど、細かいところもいい加減にしていない。

 日本人だと、アメリカ人とかなり身近に感じる度合いが異なるだろう。
その辺で、十分な評価は出来ないと思う。

投稿者:uptail投稿日:2009-10-29 09:41:10
ヒース・レジャー
投稿者:IDU投稿日:2009-09-22 00:47:46
不器用な男を見せるのがうまい
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-10 08:40:51
正直に言うと同性愛ってどうにも受け入れられん。
と、思っていたのがこの映画を見てちょっと変わった。
好きになったら仕方ないんだねぇ。

俺はミシェル・ウィリアムズが超タイプなんでそっちが気になって仕方なかったが、主演二人の愛を応援したくなったしラストは純粋に感動!!素晴らしい映画だと思った。

何故アカデミー受賞出来なかったのか…審査員が『ホモはちょっと…』とか思ってたんだったら残念やわ。
投稿者:william投稿日:2009-02-24 13:48:35
ゲイであることは罪なのだろうか?そんな疑問を抱いてしまう。
自分は同性愛者ではないが、決して同性愛が罪であるとは考えていない。しかし、もし身近に同性愛者がいたとすれば、そんなつもりはなくとも、恐らく自ずと嫌悪感を抱いてしまうだろう。
その嫌悪感はどこから来るものかはわからないが、多分「ゲイは正常でない」という、ある種定説的な考えからだろう。
とすれば、同性愛者達は常に「そう思われている」という意識に駆られながら生活しているのではなかろうか。それは何時しか罪悪感に変わり、呪縛に囚われながら生きていかなくてはならない。
現代だからこそ、「オカマ」が登場し、およそコミカルなものとしてゲイが大衆の意識に定着してはいるが、彼らが心の内に秘めている本当の苦しみや悲しみは計り知れないものであろう。

真実の愛。それだけがこの作品を浄化させている気がする。
投稿者:渡りに舟投稿日:2009-01-25 16:49:45
男同士のラブシーンが美しいのか。
美しい俳優が演じ、洗練された脚色が施され、ロマンチックな音楽が流れている、だけではないだろう。
この映画には男女の絡みもいくつか出てくるが、美しい女優さんの露になったバストがグロテスクにさえ見える。
女の目から見るからかもしれないが、何か性の部分が浄化されて、魂と魂が求め合う姿が投影されているような気もする。
この映画にはまた、一途な男たちとコトラストをなすように、冷淡な男たちが登場する。
過酷な労働を強いる牧場経営者、何故か冷たいジャックの父親、同性愛者を虐殺したイニスの父親、婿をないがしろにするジャックの義父。
考えてみると、シビアな男社会の中にあってこそ、男同士の甘やかな感情が芽生えるものかもしれない。
個人的にはジェイク・ギレンホールの魅力にすっかり参ってしまった。
この俳優さん、伏目がちの顔と、表情豊かな口元が最高にチャーミング。
老け方も堂に入っていてかなりの実力派と見た。
投稿者:cossa*投稿日:2008-10-17 05:05:26
かなり好きな映画です。
映像が美しいのと、だらだら喋って自分の感情を表現しようとしない2人の関係がいい。
怒ってるからって口を「イー」にした状態で喋るthe heroesのチアリーダーの女の子とか、ああいう演技をみていると本当に、ああ〜〜〜内からあふれ出る怒りを表現できんのかおまえは!?とこの映画がなつかしくなってしまう…


投稿者:paris1895投稿日:2008-02-28 23:32:06
かつてないほどの流れにのってアン・リーという監督は、いとも簡単にハリウッドで成功を納め始めた。
 それは、ラングがルノワールがスタンバーグが異国へと訪れて、苦心のもとに、しかし途方もなく美しい映画を残したのとは訳が違う、と呟かずにはおれない程の、大いなる成功である。
 何故なら、かつてハリウッドに渡って映画を撮る義務を課されたものたちは、皆一様にそれはグリフィスのあの映画の如く、散っていったからだ。
花は咲くから美しいのではない、散るから美しいのだ。
 
 とするならば、このアン・リーという監督はどうも全く散る素振りをみせないところに、果てしない図太さが見え隠れしており、しかし、彼の撮る映画が、大いなる誤解の名のもとに『繊細』の一語で表現されてしまうあたりに、現在の映画史の愚かなる過ちの繰り返しを感じずにはおれない。

 審美主義的な構図に、決して失敗しないキャメラアングルを多用するこの監督を、それがボグダノヴィッチのように、それがデヴィヴィエのように、それがリドリーのように、われわれは唾棄しなければならない。
 
 仮に彼の映画を擁護するものが現れたとするならば、われわれはそっと口にする言葉を知っている。
 引力のある物語は決して目に見えない。
 審美主義的なキャメラアングルは映画に近づく行為ではなく、遠ざかる行為に相違ない。
 (それは、ラングがルノワールがスタンバーグが証明している)
 アン・リーの名前を、ロベール・ブレッソンの前においた今村昌平と同義語として捉える事で、事態はより明確になる。
 1983年の36回目を迎えるカンヌ国際映画祭で、映画史的な汚辱が起こったのは周知の事実だ。
 ブレッソンの遺作の『ラルジャン』とヴィクトル・エリセの『エル・スール』を無視して、あの醜悪な今村昌平の『楢山節考』が最高賞を取得したのだから、それだけで、今村昌平の罪の重さを十分に感じられるだろう。
 
 われわれは、今村やリドリーや深作やロドリゲスや大林やヘルツォークや河瀬やルーカスや岩井やカーウェイや行定やソダーバーグ、ごときたちものに何の期待もしていなかったし、これからもする事はないだろう事を、ここで表明しておかなければならない。

 そうしておいて、初めて、このアン・リーという監督を語る準備が整う。
この監督の映画は確かに、面白い。面白いが、決して美しくはない。
それが、どれだけ審美主義的構図におさめられたカットであろうと、一瞬たりとも、美しさを纏えていない。
それはただ、面白いだけだ。


 
 
投稿者:kouseikeishi投稿日:2007-11-05 09:13:19
【ネタバレ注意】

アメリカは広いなあ。大自然の懐に抱かれたような風景描写が素晴らしい。20数年に渡る男と男、男と女の愛憎劇を淡々とスケッチのように描く演出にアン・リー監督の著しい進境を見る。臆面もない男と男の愛情表現は恥ずかしくて顔を背けないようにするのに努力がいる。しかし、スクリーンに目を釘付けにする強さがこの映画にはある。暗く沈んでいながら哀切。この映画のような西部は生粋のアメリカ人にはだせないだろうな。「いつか晴れた日に」を凌ぐアン・リー監督の代表作だろう。ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール両男優の頑張りに拍手!亭主の浮気現場(男相手)を観た妻の心境は言葉に出来ない。酷い、いや、凄いシーンとして記憶に残ると思う。

投稿者:寿ママ投稿日:2007-10-31 21:15:06
「ホモは華奢な美少年同士」という少女漫画世代なので、マッチョな男同士の恋愛はちょっと、、、。男性が見るとちがうんでしょうかね。でも、2人の男優の演技力はすばらしいです。他作品とのギャップがすごいですね。「カサノバ」と「デイ・アフタートゥモロー」の2人のイメージだったら、すんなり見れたかな、、。
投稿者:irony投稿日:2007-10-24 13:13:06
それがどうした?文句があるかぁ〜♪
誰も知らない 知られちゃイケない〜 俺達が○○なのを〜♪ 

タマタマ男同士って事で男と女に置き換えれば純愛ストーリーだね それでも純愛度 過去のトラウマ 置かれている環境ではヒース・レジャーの方が難しい役所でした ジェイク・ギレンホールの方はチョ凸猛進タイプか?つまみ食いもしてるし、我侭で純愛度ではヒースには劣る 勝手に逝ってしまって、本人にしてみりゃ我が生涯に一片の悔いも無しか…。

ミシェル・ウィリアムズとアン・ハサウェイも惜し気もなくティッツを放り出してるのでビックリこいたよ 嗚呼素ばらしき哉 ブロー○OBマウンテン

絶叫シリーズのアンナ・ファリスはやっぱりそんな役所でしたね…。
投稿者:bond投稿日:2007-10-17 10:40:28
徐徐に友情→愛じゃなくて唐突に始まっちゃうので、出足取り残された感じ。お互い夫婦もいたからバイ?
投稿者:Heinz&Thom投稿日:2007-05-12 23:53:40
【ネタバレ注意】

いい映画だと思います。
予備知識なし・・・というかヒースとジェイクがホモということ以外は知らずに見ましたので、なにかこう、もっと社会的な衝撃的問題作!みたいなものかと思ったのですが、鑑賞後、ああ、これは要するに二人の純愛の物語だったのね、ただ二人が同性同士だっただけで、とようやく気がつきました。まあ、それが「ただ同性同士だっただけ」ですまないものだっていうところが問題なのか。ぜんぜん的外れかもしれないけれど、「評決のとき」で、事件そのものは同じでも被害者が黒人か白人かっていうことで全く人々の見方が変わってしまう、という構図がありましたが、同性愛というのもこのような観点から見ることができるのかもしれないと、改めて考えさせられました。
個人的には、ヒース・レジャーは好きですし(どことなく垢抜けないところが。昔風の作品にばっかり出演していることも、現代風でないという証左ではないかと。)、ジェイク・ギレンホールは今作で初めて見ましたが、二人ともとてもよかった。二人とも、スタイルいいなあ!ジーンズが似合うなあ! と思った。ナイス・カウボーイ。
しかしそれだけに、これってこの二人がものすごい醜男同士だったら、この感動は成立しないんだろうか? なんてことも考えてしまいました。あああ、そのシャツはぁ!っていうあの感動も、二人がかっこいいからなんだろうか? て言うかただ単に私がヒースを好きなだけですか。

投稿者:はるか投稿日:2007-04-24 12:38:01
最初の羊の大群にやられた。羊がかわいい!! かかえられて放り投げられるとことか。もちろん映画自体も好き。「クラッシュ」よりこっちだろって思った。(「クラッシュ」の俺、頭いいだろ!って感じがムカつく)地味なラブストーリー(時代物でゲイものって意味じゃ特殊かもしれないけど)のディテールにあんなにお金と羊をかけられるところにアメリカ映画の力を見たような気がします。あと羊も良かったよね。他には羊とか。えーっと、あとはやっぱり羊かな。
投稿者:nehane215投稿日:2007-04-24 04:12:19
【ネタバレ注意】

「汚らわしい!」と…
汚らわしいのか? 汚らわしくないのか?
そこに純愛があれば許されるのか? 認められるのか?
もっとオープンになって、
「汚らわしい!」などと言われることのない時代になったら
それはどんな世の中になっているのだろう?
ふと思ったよ…

投稿者:さち投稿日:2007-04-09 16:14:27
世界からの逃避。
ゆるやかに時は重なり、変化していくのに、変わらないものは確かに存在します。古き良きという美化された言葉では括る事のできない人達がいる、事がある。綺麗なものは綺麗なままで完結しないのかもしれないけど、自らが成長しても、消えずにそのまま残るものもある。自分が消え去るまで。 
投稿者:袋小路投稿日:2007-03-26 02:07:22
この映画で分かりにくいのはノーマルな者にとってはブロークバックマウンテンでの二人の時間がそれほど人生を決定付けるものと思えないことです。それぞれの家庭や貧乏の問題はあるのですがその辺の精神的な描写は十分ではありません。従って肉体的な関係が重要なポイントということになります。
.殴け撚茲箸垢譴估体的な関係は大きな意味をもつのでしょう。再会後の抱擁などびっくりしてしまいます。とすると単なる純愛映画で、それ以上いうことはありません。欧米では両刀使いが多いのでこれだけでも結構切実なテーマなのかもしれません。
▲殴い隆愀犬鬟轡鵐椒訶に捉えれば違った映画になるかもしれません。山での関係を青春のしこりの表現と考えると、ここでのゲイの体験は例えば学生運動とか音楽に賭けた情熱とか、スポーツで脚光を浴びた体験とか青春の記憶の象徴とみても良いと思います。この映画のやりきれないところは、苦労しながらもそれなりに20年を生きてきた男たちが、昔の記憶から逃れられずに自分の人生を了解できないことでしょう。二人で暮せば幸せだったのにというせりふがありますが、それがそうではないのは二人の関係が風化していくことを見ても分かります。過去の楽しかった記憶を逃げ道にして人生と真正面から向かい合わない男達の悲劇です。男らしいカウボーイのイメージから遠い二人の男、過ぎ去った時代、帰らぬアメリカへの郷愁なのかもしれません。「真夜中のカウボーイ」でもそうですが、カウボーイは遅れてきた青年の代名詞のようですね。
 映画としては、二人の関係をじくじくと描く一方で、それ以外の描写は唐突でクールです。その内面の熱さと表面のクールさを役者がうまく演じています。ミッシェル・ウイリアムズなども内面の修羅場を抑制された演技で表現していて私は好きです。よくも悪くもゲイという違和感を巧く使ったなかなかしぶとい映画だと思います。
投稿者:datsan5555投稿日:2007-03-12 02:16:14
【ネタバレ注意】

なんというか、主役の二人や彼らを取り巻く人々に「葛藤」が存在していない気がする。いや、厳密には存在しているのだろうが描写が極めて薄く少なく、攻撃的かつ幼稚な行動(これが多くの方が言う「主役二人のわがまま」)でそれを発散させているに過ぎないのではないか。
ものすごくダルい前半部分の終わりにイニスはジャックの要求に答える。もうここでイニスが何故ジャックの要求を受け入れたのかが不可解である。花火大会でゴツいカウボーイをブン殴ったのならそこでジャックを殴って抵抗することもできたはずである。だが受け入れるのはそれでいい。「俺たちの秘密だ」「俺はカマじゃない」の台詞が「ああ、禁断の関係って案外あっさりと始まっちゃうものなのね。」と思わせる。しかし、それを納得させるほど二人が孤独感を募らせていた描写が存在していたかというとまた微妙である。鹿撃ってやたらはしゃいでいたし「豆は飽きる」とワガママ言うし。
やがて二人は別れるが、禁断の関係であったからこそ別れるのは辛い。辛いというよりも怖いという感情の方が的確ではあると思うが。すでに恋人もいたわけだし、恋人と友人との間で動く心の描写が全然足りない。いや、観客の想像力に完全に依存しきっているのだ。
そして二人は再会し、イニスは「妻には見られていないだろう」と思ってトンでもないところでキスし始めるのである。これには失笑した。しかしここで俄然面白くなってくる(べき)なのがミシェル・ウィリアムズ演じるアルマの心理描写である。特に、自分の旦那が、子供がいるにも関わらず男と熱くキスしていて、しかも相手の男にも妻と子がいる。そこでアルマの受けた衝撃と葛藤を徹底的に描写すべきであったがそれも明らかに薄味で、いきなりモーテルで二人が回想と現状報告をし始める。なんともったいないことであろうか。それが終わるともう夫婦仲は完全に冷え切っている。「俺の子供が欲しくないなら お前とはもう寝ない」の台詞には唖然。このシーンに限らず映画全体、本当のゲイの人が見たら怒る仕上がりになってしまっている。特にイニスは「妻子がいるが昔から愛し合っている旧友とも別れられない」のだが、ヒース・レジャーの演技力不足か脚本の失敗か、二つの「愛の対象」の間で揺れ動く心模様がいかんせん不足している。(余談ではあるがヒースとミシェルは実生活ではキチンと子供を作った。)
アカデミー賞も百歩譲って音楽賞は認める(というか他のノミネートを知らない)が、監督賞と脚色賞は絶対に与えるべきではなかった。おまけに主役の二人もオスカーのノミネートだったり各賞受賞するほど魅力的ではない。(これはもちろん監督と脚本の失敗があるからだが。)正直、ヒースとジェイクを嫌いになりそうになってしまった。
あと絶対に許し難しいのが監督のアン・リーと原作のアニー・プルーがそれぞれアカデミー賞そのものと『クラッシュ』を批判し酷評したことである。自分の映画が受賞最有力と報道され、いったん受賞を逃すと烈火の如く怒りを爆発させるのは「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てもいないのに貶す井筒監督よりもたちが悪い。受賞するしないに一喜一憂する志というか人間レベルの低さは、映画関係者として失格である。そんな人ばかりになるのであればもはや映画賞など存在するべきではない。上映時間が長いのと冗長なのは違う。「ままならない人生に肩を落とす」ことと「緊張感に欠ける」のは全く違う。主役ふたりには同情心が沸かない。わがままな登場人物の甘い幻想になど付き合いたい観客などいないのである。

投稿者:Jean-Claude Marais投稿日:2007-02-21 15:31:21
重要なのはセクシュアリティではなく、愛すること。
社会からの偏見や、差別は、時を経ても、決して消えるものではない。すべては、心に根付くものであるからだ。多様なセクシュアリティが、認識され、許容される範囲が広くなることはあれど、十字架を背負うのは、各々であり、それを払拭するのも、また、それぞれなのだから。認められないから苦しいのではなく、己が認められないことに、苦悩が影をつくる。

「カウボーイ」は現代では消えた。
1950年代以降のカルチャーの変化が、新しい波を起こした。
キャサリン・ヘプバーンが、ジョン・ウェインの死に触れて語るように、かつては「男は男であった時代」があった。彼女は、ジェームズ・ディーンなどの登場に違和感を覚えたと語る。泣き、苦悩し、めそめそする姿に。しかし、それも、当然である。確実に変化し、抑圧された人間の性と生があった。カウボーイは「男らしさ」の象徴であり、男が男であることが、求められた時代に存在した。
「カウボーイはどこへ行ってしまったの?」と、とある米国の女性歌手が唄っていたことがある。しかし、カウボーイは消えてしまったのだ。ふたりのカウボーイは、「カウボーイであること=男であること」が求められた時代に生き、出逢った。その、運命に翻弄される。ふたりが結ばれた瞬間から、その後の人生を、お互いの「影」がお互いの人生を支配していく。しかし、現代でもなお、その名残は根強く残る。しかし、愛に性は関係ない。互いに、断ち切れない鎖を、心に打ちつけながらも、片方は「カウボーイ」として、片方は「ただの男」として生きようとした。
背信の山(ブロークバック・マウンテン)が、結びつけた絆は、目には見えない。絆という「心」に刻まれた不確かなものが「死」によって、確かなもの、として訪れた時、予め、結ばれた鎖は「誓う」という最後の言葉によって、永遠となった。切なくも美しい愛の物語である。


投稿者:なちら投稿日:2007-02-20 01:56:37
まあまあ。間延びしてた。
投稿者:ベァ投稿日:2007-01-27 11:55:46
山をおりた後、一人膝をつき涙するイニスが切なかったです。


アカデミー作品賞、受賞してほしかったナ。
投稿者:wanderer投稿日:2007-01-08 15:36:48
 単なるゲイ映画か、と言ってしまえばそれでおしまいですが、単なるゲイ映画では終わっていないですね。まあ元々「単なる」ゲイ映画なんてないのかもしれませんが、決して退屈な映画ではないというような意味です。

 ただ、アカデミー賞監督賞をはじめ、ゴールデン・グローブ賞やヴェネチア国際映画祭金獅子賞などを受賞していますが、そんなに賞をもらうほどの作品なのかと、逆に思ってしまうのは、アメリカにおける同性愛者への「リンチ」の歴史をあまり知らないからかもしれません。

 ゲイ映画というよりは、アメリカにおけるゲイの暗い歴史を背景に取り入れた、普遍的な社会と人生を描いた映画なのでしょう。かなりリアルに感じたのは、何も複雑な人間関係があるから、というだけではなく、若い頃の楽しく、かつ苦労した体験があり、その後、なんとなく物足りない実生活が続いているという、そんな状況がリアルに感じさせてくれるのかもしれません。

 また、背景の自然も素晴らしく綺麗でした。http://homepage1.nifty.com/mt_hayashi/movies.html
投稿者:kath投稿日:2006-12-30 01:03:25
ジャック・ツイスト、イニス・デル・マーという名前がそれぞれの個性を良くあらわしているなと思った。イニスの内面に秘めた葛藤をもう少し解りやすく表現して欲しかった。ジャックの親との出会いや、イニスの後半の人生の姿が印象的だった。
投稿者:映画好き?投稿日:2006-12-27 14:09:27
あれっぽっちの原作を、ここまで膨らませて芸術作品に仕上げたのは見事!
でも、出来たらもう少しイニスの、ジャックへの恋心を表現して欲しかったな〜。
それに、絡みが少しオーバーアクションぎみなのが×。
特にジェイク・ギレンホールの方がね〜。ヒースの方が自然でした。
投稿者:SUNSET投稿日:2006-12-05 03:06:53
【ネタバレ注意】

マイノリティ(この言葉自体好きではないが)の恋愛に対し、これ程真面目に真正面
から向き合った作品がかつて有っただろうか…と思う位、秀逸な作品です。
ブロークバック山を象徴的に置き、その狭間で葛藤する男二人を見ていると、
同じ男で有りながらも、切なく感じます。

純粋と言うものはどうしていつもこうも儚く脆いのだろう…
だからこそ鮮明に輝きもし、心へ刻印される…
そんな純粋を過去と言う時へ封じ込めるのじゃなく、
その先にある成熟へもっともっと向き合って欲しい…
観つつ感じた思いです。
イニスの心にある父親からのトラウマや「時代」に諦めを見出し、
片方では山を降りる時に躊躇し殴りあったり、別れた後の道端で慟哭したり、
その矛盾を切なさで包み、また純粋へと迎わせる矛盾なスパイラルや、
愛へ向う二人の分かり易いスタンスが、作品の訴えたい部分を鮮明にさせていて、
脚本としても秀逸だと感じました。
時間はやがて大きなうねりとなり、時代へと変遷する…
そんな壮大さも秘めた作品のように思えます。

大自然じゃなく、
時代を今へ移し舞台を都会へと置いたシチュエーションでの続編を観たい(笑)
主演のヒース・レジャーに若かりしトミー・リー・ジョーンズ(歌へ!ロレッタの頃)を彷彿。
注目株かも。

投稿者:tocky1213投稿日:2006-11-29 19:08:43
【ネタバレ注意】

私の保守感覚では、受け入れられませんでしたが、確かに映画としては
おそろしく良く出来ています。
美しい自然の光景(そしてゆるやかな時間の流れ)があいまって、かなり
見やすい描写にはなっている絡みのシーン...引いてしまいました。

おそらく、本作で言いたいのは、保守的な殻から飛び出せない「普通の人間が
得た大切なもの」が保守的な人間には受け入れがたいものであって、でも否定も
できないジレンマと葛藤だと思います。
そういう意味では、同じく保守的ながら「金」という分かりやすいステータスを
得たジャックとの口喧嘩シーンは見応えあったけど、やはり題材が同性愛という
のは、ちょっとひき気味に見てしまいます。

保守的なイニスが、捨てうるすべてを捨てて、ジャックとの愛のために暮らす
場所...しかし、やはり保守的な解を出す娘との最終シーン。
今冷静に考えるとあそこでの限界感と無力感があって、最後のシーンが生きて
いるのだと思いますが...やはり、どうにも感動できません。

これが私の保守的な限界なのだと思います。
保守感覚を捨て去れる柔軟性があれば、最強の一本かもしれません。

投稿者:スマーフ投稿日:2006-11-26 13:42:32
他人には理解してもらえない二人の絆を、ブロークバックだけが暖かく見守っているような自然の偉大さを感じました。
人生の儚さ、現実を物語っていて、変に同情もなく良かったです。
主演2人の演技も引きこまれました。
投稿者:glamfreak投稿日:2006-10-19 17:45:17
なのに「ゲイ」というテーマが目を引いてしまっていて、多くの客を逃しているのがもったいない!

映像はおそろしく美しいし、ギターの音色や使いどころも完璧だ。それに、ひとりひとりの登場人物がめいっぱい活きている。むかし、『飲食男女』も観たけれど、アン・リーに『男女七人』シリーズを撮らせたいくらいよ!

たまたま秘密が「ゲイ」だけど、男なんて所詮こうした「男にしかわからない楽しみ」を求めて家族との間で揺れ動いてんじゃないの??
投稿者:Sekino☆そら投稿日:2006-10-16 22:11:01
【ネタバレ注意】

人は何かしら抑圧された中で生きている。それが強すぎても弱すぎてもよろしくない。皆がごく普通と考える「どうにかなるコト」というのは、自分でどうにかするか誰かにどうにかしてもらうか、やがてどうにかなってしまうことの方が多い★

そうすることで凸凹は次第に平坦になっていく。けれど世の中にはどうしたって「どうにもならないコト」がある。時には「どうにもならないコト専用」みたいな手段によって裁かれたり爪弾きに遭うこともある。

このシネマもまさしく「どうにもならないコト」について扱っているのだが、観ているものはできるだけ「どうにかなるコト専用」装置をうまく使いこなしたいと思わせてくれる。

「どうにかなるコト」の地層みたいなものは、実はそうやって何層も堆積してきたものだと改めて気づいたように◎◎


Sekino☆そら

(^^評価を数字には表せないガンコ者)

http://blog.goo.ne.jp/anndarusia2000/

投稿者:ふじこ投稿日:2006-10-06 22:32:37
最初はただ壮大な大自然に感動し、二人の関係を見守っていたのだけれど、それがだんだんと胸が締め付けられるような切なさに変わっていった。

相手の事を記憶から消し去ることができれば、また最初から出逢うことがなければ、あんなにつらく切ない気持ちにはならなかったのに・・と。
イニスやジャック、または彼らの妻、それぞれの心の葛藤が痛いほど伝わってきて、観てるこちらの気持ちも大きく揺さぶられてしまった。

流れる音楽がまた素晴らしい。サントラを聴きながら、特にグスタボ・サンタオライヤ奏でる音色にしみじみと心を傾け、山の風景を思い出してみる。
後々まで余韻が残る作品だったな・・。
投稿者:アリョーシャ投稿日:2006-10-03 23:07:17
これは久々に感動した作品だ。特にラストの主人公の台詞には泣かされた。
下のほうの人も書いているが、今現在、男女の恋愛劇ではこれほどの切なさは描き得ないのかもしれない。この作品がアカデミーの作品賞を取れなかったのは、やはりハリウッドがまだまだ保守的だからであろう。
俳優も主要4人は皆好演。特にヒース・レジャーはラスト近くは自然と中年らしさを表現しており、かなりの演技者と見た。今後が楽しみだ。
投稿者:日商簿記2級投稿日:2006-10-03 01:01:04
【ネタバレ注意】

 ↓の人が書いていたように、ハルクにはとても失望したし、僕も、アン・リーの映画は、あまり好きじゃなかったけれど、アカデミー賞でかなり話題になり、同性愛というテーマの映画で、どういう作品なのかとっても気になり、この前レンタルされ、早速借りてみてみました。
 イニスとジャックは、ブロークバック・マウンテンで2人きりで働き、自然な行為のように、性交渉をする。そして、山をおりたあと、イニスは、アルマという女性と所帯を持つが、ジャックの事が忘れられず、アルマから隠れてジャックに会う。
 いままでのアン・リーの作品と違って面白かった。
 しかし、イニスの行動には、理解できないところがある。ジャックを愛してしまい、アルマといるよりも楽しいのかもしれないが、男を好きになったことに躊躇いを感じ、一緒に住もうといわれても、それを簡単にいやだといって、ジャックは好きだ、だがアルマも好き、ホモではなくバイセクシャルみたいな感じもした。 でも、時代が時代だから仕方がないのかもしれない。男は女が好き、女は男が好き。当たり前の事だが、秩序が多少乱れてもいいと思う。相手が誰であろうが、その人のことが好きのなら、すきでいい。保守的な時代だろうが、自由な世界でも恋愛には変わりないと思う。ずっと前のスマステの月イチゴローで稲垣吾郎がコメントした「僕もこういう感情はないとはいえない」そうだなっと思った。しかし、自分が何かの出来事で、同性の人を好きになったら、こういうことは、絶対に思わないと思う。同性のひとを好きになったら、自分もイニスのようになると思う。人間というのは、わからない動物だとこの映画をみて思った。
 話はかわるけど、この映画の監督のアン・リー。ハルクを観たときは、本当につまらなかったし、観たい映画ではあったが、この監督なので、この映画の期待は五分五分だったが、この映画はおもしろかった。
 映像もきれいだし、セリフも意外と少なく、観やすかった。明るい気持ちにはなれないが、感動したいときには、お勧めの映画である。

投稿者:藤本周平。投稿日:2006-10-02 20:54:38
観ててちょっと恥ずかしかったです。でも主演の二人は好演してました。
投稿者:sflover投稿日:2006-10-02 04:35:00
【ネタバレ注意】

クラッシュも良かったが、保守的なモノがなければ
アカデミー賞はこっちが獲っていたと思う。

ヒースのベリーラストシーンのセリフに感動した。
彼にはアカデミー賞獲って欲しかったな。

投稿者:KAZOO投稿日:2006-09-21 12:17:46
残念ながら、私は↓のみなさんのような感動がわかりませんでした・・・
ホモ映画は大好きだし、偏見もありません。
一体何がだめだったかというと、二人の気持ちが 一気にグっと縮まった最初の夜の、その気持ちの衝動が あまりにも唐突過ぎてついていけなかったし、20年を追った話にしては 主人公の二人とも ブロークバック・マウンテンの頃とほとんど変わらず、年をとっていった事がわかりにくかったことと、ヒースの演技が・・・無骨で不器用な男を演じていたのだろうけれど、ど---にもダメでした。
っていうか、アン・リーって どうにも私の波長とあわないと確信。グリーン・デスティニー もダメだったし・・。
投稿者:ロシアンブルー投稿日:2006-08-12 10:36:23
原作を読んだとき、風変わりな小説だと思った。登場人物の心の内面は詳しく描かれず、一見瑣末に思われる物や風景が細かく描かれている。この内面描写の乏しさこそ、イニスの心の世界観を現している。イニスの世界はあくまでもワイオミングのごく一部に過ぎない。本文にあるように、それはポットの柄のまわりを回っているような範囲なのである。その狭い世界に差し込んだ一条の光がジャックだった。しかしイニスにはジャックを受け入れられない。この物語の悲劇は保守的な社会がイニスを受け入れないことではなく、イニス自身が保守的な考えに囚われていて、そこから抜け出せないことなのだと私は思う。イニスはそこに囚われていることすら自覚していない。その点、ジャックはイニスほど自らを呪われた存在と考えていない。
映画の導入部を見ていて感じたのは、映し出される壮大な風景とはうらはらな、スケール感のなさであった。原作にあるような距離感が感じられず、何故か狭い。その後二人が20年間も交情を深めるきっかけとなる山での生活も、エピソードが乏しいせいもあり、説得力がない。原作がとても短いために映画では、いくつかのエピソードが追加されているが、通俗的な話になってしまった。主演の二人はスィートなゲイカップルだが、とてもシリアスな幼少期を送りタフに生きるカウボーイには見えない。そして、映画全体を覆っている緊張感のなさ、冗長さには致命的なものがある。
この映画、当初予定されていたガス・ヴァン・サントがメガホンをとっていたらどうなっていただろう。
投稿者:ASH投稿日:2006-07-31 19:50:56
 映画としては、申し訳ないが「太陽と月に背いて」みたく、ゲイ・ムービーのコーナーに置いてあればそれでいいようなもんですが、なんといっても、新世代女優たちの共演だけが僕は楽しかった。つまり、男優陣はどーでもよろしい。

 ミシェルの成長っぷりが特にいいが、「スクービー」でしか知らなかったリンダにびっくり。あ、そうそう、僕、ヒースって嫌い。
投稿者:三葉十四郎投稿日:2006-06-08 20:28:36
【ネタバレ注意】

近頃は同性の恋愛でも、ごく普通の事として描く映画が少なくないなか、本作は同性愛に
厳しい時代を題材にとって悲恋のメロドラマとして臆面の無い描ききりをしている。
イニスとジャックは山で二人きりの羊番をすることになる。 無骨で無口なイニスだったが、
次第にジャックとうち解けて気の置けない仲になってきたある日、酔っぱらって外で眠るハメになり
寒さに凍えるイニスをジャックが体に寄せた時に、衝動的に結ばれてしまう。
イニスはこの時のこの行為を恋愛とは考えておらず、ジャックも否定はするが関係は続いてしまう。
羊番が一月早く切り上がる事になった時、じゃれ合いが一転衝突になりイニスとジャックは
殴り合い流血する。
イニスは古い考え方の染みついた男であり、この関係の行き先がどうなるかも良くわかっている。
従って山から下りた時、二人はそのまま別れ、イニスは悔悟の気持ちから咆吼する。
イニスは婚約していたアルマと予定通りの家庭を持つが、どことなく倦んだ暮らしとなる。
一方ジャックは寂しさを埋める相手を求めて彷徨っていたが、ロデオ優勝を切っ掛けにつきあいを
始めたラリーンと結婚し、双方、落ち着いたかに見えたが、山での出来事のように不意によこして
来たジャックからの久しい手紙にイニスの心は乱されてしまう。
アン・リー監督は二人のこの寂しさや愛情の持ち方に様々な変化をつけているが、
一緒に暮らしたい、お前が恋しい、とハッキリした愛を示すジャックと時代の流れの中で
男がどうあるべきかが身についてしまっているイニスは、どちらとも大変に男らしく、
家長として家庭やプライドを守る生き方をしたり、あるいは、そうせねばならない
状況がひしひしと描かれている。
女性側も神経の行き届いた描かれようになっていて、妻アルマは二人の関係を知りながらも
夫を見限らずにいたが、夜に体を求められた時、生活苦から子供をこれ以上創れないと
拒むと、イニスから"お前を抱く必要が無い"と言い放たれ、アルマは夫が愛情では無く
かく有るべきものとして妻に迎えられた事を悟り離婚してしまう。
再び逢った時も、ジャックとの関係を直接なじったりせず、魚籠に入れておいた手紙が
開封されなかったとして、自分が一顧だにされなかった事を攻めるくだりはアルマの
女としての悔しさと持っていた愛情の深さが良く伺えるシーンである。
イニスはキャシーとも付き合いを持つが、結局深い仲にはなれずに終わってしまい、
自分が詰まらない男だと嘯くイニスに、女はそんな事で惚れるばかりじゃ無いと言われる。
これはキャッシーをして、女性全体からのイニスへ向けた決別が表された場面でもある。
二人はキャンプをしながらの逢瀬を重ねる。 そこでは友情と愛情が行き来、混在したものになって
いるが時代が進んでも、未だ恋愛として認める事に抵抗し、開放してくれと苦しむイニスの姿は、
これはこれでまた、男なりの愛の苦しみ方で、類する映画がちょっと思いつかない。
結局ジャックはリンチに依って殺された事が示唆され、イニスは死を悼みに生家を訪れる。
クローゼットの中にかっての喧嘩で流した血の染みついた自分のシャツとジャックのシャツが
あの山で寄り添っていた時の様に重ねられているのを見つけて、思わず顔を埋めるシーンは
男女を問わず、いじましさを憶えるものであろうし、形見分けとして貰ったこのシャツが
イニスの洋服ダンスの中に掛かっているのを見るラストには全体を支配する寂寥感が
最も込み上がるエンディングになっている。

だったら見るな、などと言われてしまいそうですが、偏狭な意見を敢えてひとつ、
正直、僕は同性愛に賛同する事に少なからず抵抗を持っている。
実のところ、映画を見ている限りにあって、男女の友情が成立し難い、友情の先に異性としての
情愛が来るのはやむ得ない事、と考えていますが同性での友情はせめても友情と信じたいし、
その先に体を求め合うような生臭い愛情がある事を予見させられるような考え方は忌避したい。
こんな考え方が短慮であり、この映画の主人公達のような悲劇に結びつくんだ、と言われても、
それは否定はしません。
しかし本作のラストで、かってのあの山での暮らしを胸に秘め、娘の求めに応じて、
今のこの世に暮らす意を見せる無骨で純情な主人公の思慕が女性に
向けられたものであったなら、どれだけ心を動かされたか判らない。

投稿者:カロンタンのエサ係投稿日:2006-06-06 10:22:33
【ネタバレ注意】

一体この映画は10年経つと、どんな風に語られるのだろう。
作品賞の『クラッシュ』が時間とともにつまらない映画に思えてきたのに対して、本作は思い出すほどに美しくなっていく。いい映画とはつまり、そういう作品なのだと思う。
もともと隅々にまで気を行き渡るアン・リー作品は好きだった。
やはり同性愛もので、カルチャーギャップを仄かな笑いで包み心温まる家族ものに変化させる過程が見事な『チャイニーズ・バンケット』、やはりカルチャーギャップが老いらくの恋の複線として効果的で,活劇にまで広がった構成がおもしろい『推主』、なんか事情の違う『グリーン・ディスティにー』さえ、もののけ姫が実写になったようなチャン・ツィイーの扱い方はチャン・イーモウのアクションよりずっとよかった。
アン・リーの視点には微妙な対象に向かいながら近づき過ぎず批評眼がぶれないでいる、抱きかかえ突き放すというすぐれた映画監督の資質そのものといえる。
そうした手法で描かれる1960年代アメリカ片田舎の同性愛。60年代生まれの日本人には時代背景にわからない部分はあっても、テーマそのものが普遍的だからわからないようがない。
多くの観客は性別に関わらず、主人公らの妻たちの立場で本作をみるのではないか。
そこで良識からは外れつつこの世でもっとも美しい世界を生きる主人公たちのブロークバックバック・マウンテンに嫉妬しながら、イニスの釣り道具に思いをぶつけるアルマの苛立ち、暮らしがすさむとともに見かけだけ華やかになっていくジャックの妻ラリーのさみしさを体験する。
そしてそんな風にリアルな彼女たちの良識のシーンが消えると、ズーチャッチャ、チャーン、チャーン、チャラチャーン、とワルツに乗って画面上に広がるブロークバック・マウンテン。「ウィスキーの川が流れていて……」というラリーのセリフはパラダイスに決して行くことのなかった悲しみに満ちていて、同時に見守る観客には画面の上でそれを目にはできるという映画というスタイルの奇妙をまざまざとみせてくれて見事だ。
そしてブロークバック・マウンテンの二人の、観客にはどうしてもわかりようがない気持ちのぶつけ合いの数々。それは観客の単純な共感を遠ざけ、映画的な謎を謎として残したまま、ズーチャッチャ、チャーン……と美しい稜線だけを心に刻むことになる。
“わかりようのなさ”と“わからないようのなさ”。その間で揺れ、心にブロークバック・マウンテンがほしくなる、実に映画的な2時間ちょっとの夢。http://blog.goo.ne.jp/quarante_ans/

投稿者:sizuka投稿日:2006-05-27 22:34:04
ありきたりな表現だけど、胸を締め付けられて、搾り出すような涙が止まらなかった。http://usedpeople.exblog.jp/
投稿者:メンタイ投稿日:2006-05-01 01:21:47
全ては映像の美しさが物語を語っている。
確かにテーマは同性愛。
けれども、そこを重視していない。
禁断の愛のせつなさ。
私はこっち系の趣味はないが、
男にしかわからないせつなさを伝わってきた時に
何もないシーンですら、映画を楽しむことが出来た。
確かにこのせつなさは女性との恋愛劇では表現出来ない。
何とも微妙な表現だが、何とも微妙に心に残る作品だ。
是非是非、女の子の感想を聞いてみたい。

本来、オスカーを獲ってもおかしくないけど、
まぁ、アカデミー委員は絶対に選ばないわな。
また、ヒース・レジャーとジェイク・ギレンホールという
旬なキャスティングもかなりOK。
アン・リー監督は「ハルク」の汚名を返上したね。 http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:ミルフィーユ投稿日:2006-04-23 15:38:24
映画としてこれほどしっかりしているもの、自分はあまり見たことないと思いました。
それ以上に、とても前向きな、勇気もらえる映画だと思います。
悲しかったり、虚しかったり、の映画ではない、と。

素晴らしい映画見せてもらって、私も映画の二人(+役人おじさん)に おおきにありがとう とお礼言いたいです。

http://blog.goo.ne.jp/villealpha/e/96f7fa497c45ba52861e57b5328d4eca
         *(下記ブログ2006年4月11日記事です)http://blog.goo.ne.jp/villealpha/
投稿者:篭瀬山投稿日:2006-04-22 22:02:30
 ホモの純愛映画かと思ったらそうじゃなかった。

 初めのうち、教科書的な四角張った演出に鼻白む思いがした。それはやがて気にならなくなったが、監督歴は長いはずなのにこの素人臭さはちょっと気になる。

 話は、ある種の折り合いと、それによる悔恨を描いている。思いがけず自分の中に生じた欲望により、社会が個人に要請する(と当人が思っている)資質にクオリファイしない自分を認識することとなった男。男にとって、自分の欲望と、社会の要請の間に折り合いをつけることは必然だったが、同時に、素直に欲望に従う選択ができたらどんなにか幸せだったろう、という悔恨を抱え込むはめとなる。人は、過去に下した決断の上に今を生きている。遡って取り消すことは出来ないのだ。欲望を動力とし、人間に資質を要求する現代社会に、必然的に生じる類の悔恨を描いていると言えるだろう。苦い映画だった。6
投稿者:satoru投稿日:2006-04-12 22:46:05
【ネタバレ注意】

 あらすじを見て二人がどうやって恋に落ちるのかが興味のあるところでしたが、あっさりとした展開でクリアしているところがかえって◎。原作での描き方と比べてみたいものです。
 片一方に許婚者がいる状態から恋が始まるわけですが、それぞれのいわゆるストレートとしての結婚生活を絡めながら物語は進みます。つまり、一種の不倫ものなワケですが、男女間であれば
「いつになったら奥さんと別れてくれるのよ!」
「子供の進学が近いんだ。それが済んだら必ず……」
「いつも口ばっかりで……」
といった感じで、「夫の座」「妻の座」に誰が座るのかが争点ともなりますが、その「座」そのものが無いという行き止まりな恋。
 さらに社会、家族などからの締め付けもある中、恋はたった一つの思い出の品に集約されていきます。
 しかも、その思い出の品は二人の諍いの記憶なのでした。
 情感あふれる描き方も大したものですが、それを支える物語自体の足腰の強さ。アニー・プルー(原作者。「シッピング・ニュース」原作者でもある)とその原作を手際よく写し取った脚本家に感服します。

投稿者:sarunosakamuke投稿日:2006-04-10 18:38:37
愛に敗れた者、挫折を味わった者、青春の終わりを目撃した者、叶わぬ夢を捨てきれない者、そんな種類の人間にとってどうしようもなく悲しく、そしてやさしい物語だ。

主人公たちは人生で最も輝いていた20歳の夏への憧れに縛られ続ける。
二度とそこへは戻れないことを知りながら、そしてそこで犯した自分たちの罪の影におびえながら。
彼らは自分で自分が何を求めているのか、真正面から自分をみつめるということをしなかった。
自分の抱えている矛盾の大きさを認めるのが怖かったからだろうか。

映画を観ながら、ふと自分の両親のことを思い出した。
1940年代に生まれ、貧しい環境で苦労を当然のこととして育ち、学もなくカネもなく、結婚して子どもをもうける以外の人生を選ぶ自由など思いもつかなかった人々。
口下手でタフで人を頼ることを嫌い、自立心は強いのに保守的で排他的な価値観からは離れられない世代。
自由ってなんだろう。愛ってなんだろう。親子ってなんだろう。家族ってなんだろう。

一度きりの人生はあくまで自分に正直に生きるべきなのだろう。
自分を騙し続けるということは、結局周りの人間も騙し傷つける。
そのことに気づかずにすべてを失った主人公には同情は出来ないが、哀れではある。
投稿者:詩音磨投稿日:2006-04-07 12:58:57
2005年度にはアカデミー賞でこそ、作品賞を逃したものの、ゴールデン・グローブ賞を始め、数々の映画賞を総なめにしている(アカデミー賞では3部門を受賞)。
監督は名匠アン・リー。時代に翻弄される愛を描くその演出は、いつもながらに見事である。本作で念願のアカデミー監督賞を受賞している。
観る世代によって、感想は違うだろうが、素晴らしい作品である。

   ↓
http://www.elfy.biz/asp/special200603.asp#brokebackmountain
投稿者:あいちゃん投稿日:2006-04-07 12:20:28
ラストの台詞は字幕が悪い。元の台詞は「Jack.. I swear..] 決して..
(忘れない)だけなのに、お前と一生生きてゆくみたいな長字幕をつけて
余韻が台無しに。
見た後でこんなにじわじわと切ない愛が伝わってくる映画は初めて。

アン・リー監督の「いつか晴れた日に」という英国没落貴族を描いた堂々た
る大作を見ればこの人がアジアテイストだけじゃなく、立派にメジャー作品
をまかせられる才人だと言う事が良く分る。立派な作品。妙な偏見でオスカー作品賞逃して残念。「クラッシュ」も優れた作品だけどスケール感が無い
地味なもの。いずれにしてもこの監督ならいつかは獲るでしょうきっと。
投稿者:エバ投稿日:2006-04-05 18:06:07
【ネタバレ注意】

前評判ばかりが先行して、ゲイムービーのような印象を先に与えられていたけど、
実際みたら、あっけにとられるほどのごく普通の、そして上質なラブストーリー
だった。時間がたてばたつほど味が出てくる感じ。
感情をはっきり表現するジャックと違って、イニスは何をするにも全て受身。
ジャックが全てを捨てて一緒になろうと言うのに断ったり、
見えないところで嗚咽しながら泣いてたり、あまりにも不器用すぎる愛情表現。
なので、ジャックは結局の所彼の想いの強さを実感できないまま死んでしまったのでは?と思わせるところがこれまた悲しい運命のさが。
このせつなさ、大雑把なハリウッドムービーメイカーにゃ
作れないんじゃないかな?巧いね〜アンリー。アジアの誇りだわす。
でも最後の言葉はいらなかったよアンリー。イニスの仕草に全てを委ねてほしかった。最後のセリフがいかにもハリウッドになってしまってて残念だったよ〜

投稿者:ホイ投稿日:2006-04-03 02:45:52
折角西部劇タッチの設定なのだから、そういう話にしていただかなければ。
そもそも男なんて、ホモセクシャルな面を背負ってるわけで、その一線を
超えるか超えないかが問題であって、一線越えちゃった連中の話は、結局
男女の恋愛とそう変わらんよね(笑)。
男女の恋愛モノならば、Sex含めて表現すると思われるが、本作はSexそのも
のについては隠蔽してる感じは否めない。ま、お子様向け恋愛モノもしくは
ファンタジーか。やっぱ、男同士の行為は美しくないからなのか。
戦争映画や西部劇など、”男臭い”とされる作品に見え隠れするホモセクシャルを
具体化することが優先されるべきだったんじゃないだろうか。山で二人きり
で寂しかったからじゃ説明にならんと思う。
投稿者:黒美君彦投稿日:2006-04-01 21:54:33
ここまで情熱的な愛慾があるだろうか。
ブロークバック・マウンテンでのひと夏に満たない日々が、イニス・デル・マー(ヒース・レジャー)とジャック・ツイスト(ジェイク・ギレンホール)のその後を支配していく。
壮大なワイオミング州(実際はカナダでのロケがメインだったようだが)の山岳地帯の大自然が美しい。
下界に下りて別々の道を歩みだした彼らはしかし、相手を渇望するのだ。狂おしいまでに。無数のラブストーリーのように。
古い西部と新しい西部。保守的な社会にあって、時に衝突しながら20年にわたって交わした愛慾の形はしかし、同性愛であるがゆえに常に攻撃される脆弱性をもつ。
それぞれ夫を愛する妻たち(ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ)の表情もいい。彼らもまた妻たちを愛している。家族を愛している。だが、それでも離れられないほどに狂おしい愛慾に囚われてしまったのだ。

グスターボ・サンタオレヤの音楽が心に沁みた。それにしてもヒース・レジャーとジェイク・ギレンホールは撮影時、まだ20代半ば。何という深い演技をしてみせるのだろう。すっかり参った。こいつらタダモンじゃない。
正直いってアカデミー賞作品賞は、下馬評どおり『クラッシュ』よりもこの作品が受賞するべきだったろう。残念。『アイス・ストーム』などで、静謐だがインパクトの強い作品を作ってきたアン・リー監督の、本来的なセンスを生かした作品だと高く評価したい。
投稿者:HALUKARU投稿日:2006-03-27 23:41:05
こんなにいい作品なんだから、絶対作品賞とると思っていた。ていうか、監督賞と作品賞が別の作品っていうのはおかしい!!!監督あっての作品だと思う。何でクラッシュやねん!!!
投稿者:fulcrum投稿日:2006-03-25 00:23:20
【ネタバレ注意】

■ワイオミング州は日本の本州より広い面積がありながら、人口は50万人しかいない。1963年当時は30万人少々。北隣のモンタナの向こうはカナダ、南にコロラドとニューメキシコをはさんでテキサスがある。作中に出てきたエルパソはメキシコ国境に接したテキサス最西端の町である。
■ワイオミングにはカウボーイ州との別名があるらしいが、彼らが牛を追っていたのは昔のことで、いまや肉牛は工場のような飼育舎で太らされ、処理場でパーツにされて流通する。だから本作でもカウボーイが追うのは羊である。羊番でなくなったイニス・デル・マーは道路工事などで糊口をしのぎ、やっとありつけた牧場の仕事は休めなくてきついのに金にならない。カウボーイ以外の生き方ができない不器用な彼にとって、もっとも自分がカウボーイらしかったのはブロークバック山での一夏だけだった。
■ジャック・ツイストは地道な牧場仕事よりもロデオ・ライダーとして派手に楽しく生きたいと思った。だがさして才能はなく、身体は故障だらけで徴兵すら免除だ。ロデオ大会を渡り歩くのははっきり言って楽ではない。先は見えている。彼にとっても、もっともカウボーイらしく生きたのはイニスと二人で羊番をしたあの夏だけだった。

■本作はゲイの映画ではない。不幸にも開拓時代ではなく現代に生まれてしまったカウボーイが直面する現実を描いた、ウェスタンだ。拳銃も強盗も保安官も出てこないが、歴とした西部劇なのだ。
■前半、ブロークバック山での羊番の毎日が描写される。倒木を伐って焚き火をおこし、缶詰を温める。一夏の放牧期間中、風呂などない。柔らかい服もない。気晴らしはウイスキーだけ。山道を進む馬の背は揺れる。話し相手はお互いしかいない。アウトドアで寝たことのある人は思い当たるだろうが屋根のないところで暮らすのはものすごく過酷だ。この状況で、二人の間に特別な絆が生まれないなど、ありえない。二人がたまたま行為に及んだとしても、それは特別なことではない。相手が羊じゃなかっただけのことだ。
■山を下りた二人が立ち戻った現実は、山よりも過酷だった。イニスは牧童仕事を見つかけたが金はない。赤子は泣く。金を得たジャックは妻の親に誇りを売り渡したような毎日だ。再会した二人が、二人だけのブロークバックに戻ろうとしたのは当たり前だ。だが、ブロークバックはもうどこにもなかった。

■本作は、男なら誰にでもある、ありふれた出来事だけを描いた西部劇だ。友だちがいた。昔はよかった。生活はつらい。だが暮らしから抜け出すことはできない。最愛の友だちと会っても昔のようにただ幸せではいられない。お互いの心はすれ違う。普通なら、この不器用な関係がずるずると続いていくのだろう。だがジャックは死に、イニスは残された。ブロークバックの記憶だけを残して。

■本作は断じてゲイ映画ではない。ただ単に、男の愛情を描いた映画なのだ。こういうことは昔からあったし、誰にでもある普遍的なことなのだ。だから、私には全然特別なことに見えなかった。むしろ、初めて見る風景や初めて見る習慣にも激しく既視感を覚えたし、「俺のことを撮った映画じゃないか」と終始疑いながら見た。私たちだって、ブロークバックの記憶だけを温めながら生きている。

▼ところでゴムなしでやると雑菌性尿道炎になると思います。気をつけたほうが。
▼画面の隅から隅まで目が離せない、巧妙に設計された、隙のない映画でした。Old Roseというウイスキーが写ってましたが実在するのかな?
▼奥さんたちの演技も素晴らしかった。二人ともセリフが少ない分、目千両でしたね。とくに好きなのがジャック夫人。夫が舅に激しく逆らったときの「偉い!」と言いたげな目が良かった。二人とも夫のことが好きだったし、夫の彼氏に嫉妬してたんですね。
▼アカデミー賞三部門だそうですが、私のアカデミー賞を全部差し上げたいと思います。とくにアカデミー喫煙賞を。思えば、タバコを吸うのって、男の子が男になる過程で必須科目でしたね。昔は。
▼けっこうカップルで見に来られた方が多かったようですが、どうなんですかね。私なんか何度か泣いちゃったしエンドロールでは涙が止まらなかったので、もしも横に彼女がいたら超気まずいです。

投稿者:ココちゃん投稿日:2006-03-24 00:22:37
見終わった直後は、ヒース・レジャーと一緒に涙してしまい「ウ〜ン・・・・・」って感じだったけど、後からジワジワと沢山のシーンがよみがえり、本当に色々と考えさせられた。最初は、友情から始まりゲイ(違うと言ってたが、明らかにジャックはそうだった、もしくは、その要素が十分にあったと思う)の恋愛に変わっていったけど、見ていくうちに、確かに、スクリーンでは男同士の禁じられた愛が演じられてるのだけれど、私の中では、ゲイの恋愛ではなくなっていた。愛の形は、さまざまだと思う。男女で結婚して子供を生む…そればかりが幸せとは限らない。人それぞれ幸せの形は違う。同性同士でも、年齢差カップルも…本当に心通じ合う者同士が心から満足できる人生を、一番愛する人と過ごせたら、それが最大の幸せなんだと思う。でも、イニスにもうちょっとの勇気があれば、幸せになれただろうに…とちょっと残念に思う。
ヒース・レジャーの恋人と会う時のウキウキした様子や、押し殺したような演技は、たいへん素晴らしい!でも、私個人としては、J.ギレンホールが大好き。きっと個性的で素敵な俳優さんになるでしょう(^3^)☆
投稿者:スワガー軍曹投稿日:2006-03-22 21:29:01
映画の内容はあえて語らず、俳優の感想を。
ヒース・レジャーの、モゴモゴとした話し方はいわゆる「南部なまり」というものなのだろうか。これが彼の「演技」の一部だとは、彼を初めて見る人は気づかないだろう。『ロック・ユー!』などを見て比べて欲しい。個人的にはちょっと作り過ぎてるように感じてしまったが…
ジェイク・ギレンホールは『遠い空の向こうに』以来お気に入りの俳優なんだが、ちょっとキャリアが順調すぎるんじゃないのか?今回オスカー候補にはならなかったけど、もう時間の問題かも知れん。お姉さんともども、ちょっとエキセントリックな演技派としてじっくり大成していって欲しい。
あと、従来のイメージを払拭したミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイの二人は大変良かった。この二人がしっかり演技してたからこそ、主役二人が生きたと思う。

投稿者:masayuki投稿日:2006-03-22 01:08:45
ストーリーはとくに大きな事件もなく淡々と、
(といってもずっとハラハラし通しです、乞ご期待)主役2人の生活を
ゆっくり追うので、自分がそうであっても(ゲイであっても)おかしくなかった…という気にさせられてしまいます。

見終わってから、情景をいろいろ思い出したり、エピソードを考えさせられる映画です。

とくに気持ち悪いとかおもしろ半分でみにいくと「なんかフツー」って、
男女の話だったらほんと普通なんでしょう。か?

ちょっと取り上げづらい題材でバーンと賞をとって、人気もあって、
今後「ブロークバック以来の〜〜映画!」のようにエポック的な扱いをされてゆきそうですが、私は異存ありません。
いい映画でした!
投稿者:ぺん投稿日:2006-03-20 01:03:18
話題のホモセクシャル映画ってことで、期待したけど、思ったより普通?
ヘテロなごく普通の許されない系恋愛映画の相方を同性にしただけっぽい。
近親相姦系やら、階級差恋愛とかとラインは一緒なのかしら。
ヘテロな僕的には、「そういう趣味・性癖の人も居るのね」程度の他人事。
ホモ文化の発達したアメリカならば流行るのかもしれんが、日本だと、
この映画を喜ぶのは、やおいの連中だけかな(笑)。大島渚の「御法度」の
方が、良い感じに気持ち悪かったなぁ。
投稿者:ショーンファン投稿日:2006-03-19 19:05:48
【ネタバレ注意】

感想は二手に分かれるようですが、私はあまり・・・でした。

ゲイ映画は初めてだったので正直唖然。
先日結婚したイギリスの歌手もああゆうことをしているのかと思うと正直しらける。
ジャックが同性愛傾向があるのは分かるが、何故主人公まで・・・?
こうまでしてゲイ同士が偶然出逢うものであろうか・・・・。

と言う事はおいておいて、アン・リーの試みは受け入れようと思う。
ゲイを通して人間愛の哀しさ等を伝えようとしたのであろう。
何故か、途中から「同性愛も別に悪い事ではないな」と感じてきてしまう。
それほど、哀しいのだ。

華やかで素晴らしい超大作を期待するとだめ。
しかしこの、人間の哀しさを感じたいなら、見ればいい。
アコースティック・ギターの音色が、あなたの心を哀愁に浸らせる。

投稿者:Longisland投稿日:2006-03-06 23:17:12
【ネタバレ注意】

美しい米国中部風景、20余年に及ぶ愛のドラマ、同性愛という難しい題材を芸達者な演技陣で見事に映像化した秀作であることは認めるが・・・。
ジェイク・ギレンホール演じるジャックは、もともとそういう性的嗜好があったと描かれなんとなく納得も、結婚を控えたイニス(ヒース・レジャー)が何故あそこまでジャックに惹かれるのか理解できず。そういう設定なんだというには、唐突に二人が結ばれることへの説明が不足し違和感が残る。

しかしアン・リー監督は立派。「シビル・ガン」を観たときにも感じたが、亜細亜色濃かった初期作品から一転、本作品も完全な米国映画。オリエンタリズムを売りにせず真正面から勝負した本作品でアカデミー監督賞を受賞は素晴らしい。

投稿者:sabu投稿日:2006-03-05 15:41:50
【ネタバレ注意】

同性愛というハリウッドでは珍しいセンシティブなテーマを真っ向から描いた意欲作。時代背景を60年代にもってくることにより、男くさいカウボーイ二人の友情を超えた愛情という感情をよりリアルに引き立てている。この作品のテーマは同性愛というものだが、その根底には生きるという必要不可欠な要素が敷かれている。それは黒澤監督の『生きる』にも通ずるメッセージ性も兼ね備えている。美しい山々をきれいに描写するそのカメラワークはとても“空間”というものを繊細に取り扱っている。計算されつくした、美しくも切ない描写、それは日本の往年の名監督、小津安二郎を彷彿とさせる作り、そしてアメリカンニューシネマのような題材を掲げる。そう、この映画は、今までの映画史を振り返るとともに、その全てを集約しているのだ。アン・リー、末恐ろしい監督である。レジャーとジェイクの二人により紡がれる関係性は、とても重厚かつ哀愁を感じさせる。彼らの演技は一級品。そしてこの映画における、最も大切で、感じなければならない、「生きていく」ということへの重圧や軋轢、その他もろもろの壁・・・。いつしか主人公であるイニスは自分に課せられた罪を受け入れ、生涯を孤独とともに生きていく。そのシーンの切なさといったらない。それは同性愛という隔てをさらに超え、彼にしか分からないような人生というものの意味を受け入れたという感覚を、僕たちに伝えてくれている。しかも彼の持つ、演技力ひとつで。この作品は映画史に残ることは間違いない。アン・リーが、この作品を撮ろう、と決めたその瞬間から、名作への系譜は既に出来上がっていたのかもしれない。本当にいい作品を見た。心からそう思える作品に出会えたのも、個人的には久しぶりのような気がする。http://sabuchan0605-id.hp.infoseek.co.jp/index.htm

投稿者:くろくろ75投稿日:2006-02-05 04:14:22
映画雑誌、サイト等での評価が異常に高かったため、見終わった直後は正直、「ちょっと評価され過ぎじゃないかぁ〜?」と思ってしまいました。ですが、後からジワジワ、ジワジワと効いて来た。主人公2人の素晴らしい演技はもちろん、脇を固める女性陣の美しさと悲しさ。なんか、日本では「男同士の恋愛」って部分に異常にスポットライトが当たりまくる気がするけど、それが女性だろうが男性だろうが誰でも一度は感じる、人生の喜びを得る代わりに支払わなくてならない儚さや侘しさ、せつなさや疲労感・・を淡々と綴った作品。前半もいいけど後半はもっといい。諦めや絶望でなく、「ああ、これが俺の人生だ。これが生きるって事なんだ」と全てを受け入れ日々を過ごすヒース・レジャーの静かな演技。いろんな人に見て欲しい作品。
投稿者:コゴロー投稿日:2006-01-14 16:32:32
「ゲイの恋愛」というテーマから人が「生きる」というところまで
話を展開できている秀作。主人公がそこまでの境地に達するために、
「60年代アメリカの封建的な田舎のカウボーイの恋愛」という
枷だらけの設定をアン・リーは使用したのだと思う。
素晴らしい作品で私は圧倒的に感動した。
投稿者:NKYYSD投稿日:2006-01-06 14:21:41
米国での異常な高評価には「そこまで良いか?」と首を傾げざるを得ないけど、まあ普通に楽しめる作品ではあった。男同士の友情って実はゲイぎりぎりのところにあったりするしね。主演二人の名演技、美しくも峻厳な西部の映像に圧倒されます。
http://d.hatena.ne.jp/NKYYSD/20060103
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞ヒース・レジャー 
 □ 助演男優賞ジェイク・ギレンホール 
 □ 助演女優賞ミシェル・ウィリアムズ 
 ■ 監督賞アン・リー 
 ■ 脚色賞ラリー・マクマートリー 
  ダイアナ・オサナ 
 □ 撮影賞ロドリゴ・プリエト 
 ■ 作曲賞グスターボ・サンタオラヤ 
■ 金獅子賞アン・リー 
■ 作品賞 
 ■ 男優賞ヒース・レジャー 
 ■ 監督賞アン・リー 
■ 作品賞 
 ■ 監督賞アン・リー 
■ 作品賞(ドラマ) 
 □ 男優賞(ドラマ)ヒース・レジャー 
 □ 助演女優賞ミシェル・ウィリアムズ 
 ■ 監督賞アン・リー 
 ■ 脚本賞ダイアナ・オサナ 
  ラリー・マクマートリー 
 □ 音楽賞グスターボ・サンタオラヤ 
 ■ 歌曲賞グスターボ・サンタオラヤ “A Love That Will Never Grow Old”(曲)
  Bernie Taupin “A Love That Will Never Grow Old”(詞)
■ 作品賞 
 □ 主演男優賞ヒース・レジャー 
 ■ 助演男優賞ジェイク・ギレンホール 
 □ 助演女優賞ミシェル・ウィリアムズ 
 ■ 監督賞(デヴィッド・リーン賞)アン・リー 
 ■ 脚色賞ダイアナ・オサナ 
  ラリー・マクマートリー 
 □ 作曲賞(アンソニー・アスクィス映画音楽賞)グスターボ・サンタオラヤ 
 □ 撮影賞ロドリゴ・プリエト 
 □ 編集賞ディレン・ティチェナー 
  ジェラルディン・ペローニ 
□ インターナショナル(非ヨーロッパ)作品賞 監督:アン・リー(アメリカ)
■ 作品賞 
 ■ 監督賞アン・リー 
 □ 主演男優賞ヒース・レジャー 
 □ 助演女優賞ミシェル・ウィリアムズ 
■ 作品賞 
 □ 主演男優賞ヒース・レジャー 
 □ 助演男優賞ジェイク・ギレンホール 
 ■ 助演女優賞ミシェル・ウィリアムズ 
 ■ 監督賞アン・リー 
 □ 脚本賞ダイアナ・オサナ 
  ラリー・マクマートリー 
 □ 歌曲賞Emmylou Harris “A Love That Will Never Grow Old”
 □ 音楽賞グスターボ・サンタオラヤ 
■ 演技賞ジェイク・ギレンホール 
 ■ キス・シーン賞ヒース・レジャー ジェイク・ギレンホール&ヒース・レジャー
  ジェイク・ギレンホール 
□ 外国映画賞アン・リー 
【ニュース】
ヤン・マーテル原作×アン・リー監督サバイバル・アドベンチャー「パイの物語」、最新予告編2012/09/24
ヤン・マーテル原作×アン・リー監督サバイバル・アドベンチャー「パイの物語」、予告編2012/07/26
ヤン・マーテル原作×アン・リー監督サバイバル・アドベンチャー「パイの物語」、スチール2012/04/26
ミシェル・ウィリアムズ主演ドラマ「My Week With Marilyn」、予告編2011/10/06
ミシェル・ウィリアムズ主演ドラマ「Meek's Cutoff」、予告編2011/02/28
ライアン・ゴズリング主演恋愛ドラマ「Blue Valentine」、予告編2010/10/12
LA映画批評家協会選定、ゼロ年代映画トップ102010/01/13
ピーター・トラヴァース選定2009年ベスト10発表2009/12/11
全米興行成績、「ファイナル・デッドサーキット 3D」がシリーズ・ベストの好スタート2009/08/31
ミシェル・ウィリアムズ主演インディ・ドラマ「Wendy and Lucy」、予告編2008/10/24
DVDリリース情報:「ラスト、コーション」「バンテージポイント」etc.2008/05/30
俳優ヒース・レジャーが急死2008/01/23
「バットマン ビギンズ」続編、ケイティの代役はM・ギレンホールか2007/02/14
ビヨンセ&エヴァ・ロンゴリアで女性版「ブロークバック・マウンテン」?2006/11/14
フィリップ・シーモア・ホフマン、チャーリー・カウフマン初監督作に主演へ2006/08/14
「バットマン ビギンズ」続編、ヒース・レジャーのジョーカーが正式決定2006/08/01
「ハルク」新作、主演候補が明らかに2006/07/04
全米興行成績、「スーパーマン リターンズ」が圧勝2006/07/03
DVDリリース情報:「ブロークバック・マウンテン」etc.2006/06/30
MTVムービーアワード、結果発表2006/06/05
ボブ・ディラン伝記映画にH・レジャーも参加へ2006/05/25
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表2006/04/25
アカデミー賞結果発表!2006/03/06
インディペンデント・スピリット賞発表2006/03/06
英国アカデミー賞結果発表2006/02/20
全米興行成績、リメイク版「ピンク・パンサー」が首位2006/02/13
テリー・ギリアム監督、次回作は西部劇か2006/02/10
ロンドン映画批評家賞発表2006/02/09
脚本家組合賞発表2006/02/06
全米興行成績、リメイクホラーが初登場首位2006/02/06
アカデミー賞、ノミネーション発表2006/02/01
監督組合賞&俳優組合賞発表!2006/01/30
全米興行成績、M・ローレンス主演コメディが首位2006/01/30
米製作者組合賞も「ブロークバック〜」に2006/01/23
全米興行成績、「アンダーワールド」続編が好発進2006/01/23
英国アカデミー賞ノミネーション発表2006/01/20
全米オンライン映画批評家賞発表2006/01/17
ゴールデングローブ賞発表!2006/01/17
全米興行成績、パロディ・アニメが初登場1位2006/01/17
レビューサイト“Rotten Tomatoes”主催の映画賞が発表に2006/01/12
シカゴ映画批評家協会賞発表2006/01/10
放送批評家協会賞発表!2006/01/10
全米興行成績、スプラッタホラーが初登場1位2006/01/10
監督組合賞&映画俳優組合賞、候補発表2006/01/06
製作者組合賞&脚本家組合賞、候補発表2006/01/05
フロリダ映画批評家協会賞2005/12/27
ラスヴェガス&サンディエゴ批評家協会賞2005/12/21
全米興行成績、「キング・コング」が初登場1位2005/12/19
ロンドン映画批評家賞、ノミネーション2005/12/16
ゴールデングローブ賞、ノミネーション発表2005/12/14
ロジャー・エバート&ピーター・トラヴァース、ベスト102005/12/14
NY批評家協会賞は「ブロークバック〜」に2005/12/13
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表2005/12/13
放送映画批評家協会、ノミネーション発表2005/12/12
LA批評家協会賞発表2005/12/12
全米興行成績、「炎のゴブレット」がV3達成2005/12/05
米インディペンデント賞ノミネーション発表、日本作品も候補に2005/11/30
アン・リー監督、J・ギレンホール主演作、予告編2005/08/26
H・レッジャーとJ・ギレンホールがゲイ役で共演?2004/01/15
【レンタル】
 【DVD】ブロークバック・マウンテンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION