allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

白夜行(2006)

メディアTV
放映日2006/01/12〜2006/03/23
放映時間21:00〜21:54
放映曜日木曜日
放映局TBS/毎日放送
製作国日本
ジャンルドラマ/ミステリー
白夜行 完全版 DVD-BOX
参考価格:¥ 24,624
価格:¥ 18,000
USED価格:¥ 10,865
amazon.co.jpへ

【クレジット】
演出:平川雄一朗
那須田淳
石井康晴
プロデュース:石丸彰彦
原作:東野圭吾
『白夜行』(集英社刊)
脚本:森下佳子
音楽:河野伸
主題歌:柴咲コウ
『影』
出演:山田孝之桐原亮司
綾瀬はるか唐沢雪穂
渡部篤郎松浦 勇
(特別出演)
柏原崇篠塚一成
田中幸太朗古賀久志
小出恵介園村友彦
田中圭菊池道広
八千草薫唐沢礼子
(特別出演)
西田尚美栗原典子
奥貫薫西口奈美江
大塚ちひろ川島江利子
塩谷瞬高宮 誠
泉澤祐希幼少時代の亮司
福田麻由子幼少時代の雪穂
河合美智子西本文代
平田満桐原洋介
麻生祐未桐原弥生子
余貴美子谷口真文
武田鉄矢笹垣潤三
【関連作品】
白夜行(2006)TVシリーズ
白夜行(2010)映画版
白夜行 -白い闇の中を歩く-(2009)韓国映画版
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
330 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:hayate9投稿日:2009-01-25 20:35:03
【ネタバレ注意】

同じ東野作品のドラマ「流星の絆」をボロクソにいっている人たちが褒めていたのがこの「白夜行」だったので、一気観しました。こんなシリアスドラマを期待して観ると、クドカンの「流星の絆」なんて悪ふざけしたドラマにしかみえなかっただろうなぁ・・・。

1、2話はハマりました。(子役は演技が上手い!)
が、雪穂が友人の江利子をレイプするよう指示する辺りで、雪穂にドン引き・・・。
まぁ、11歳の頃からすでに亮司をトラックの前に飛びださせて「僕は死にましぇん」ごっこをやらせるというムチャもビックリしたのですが・・。
刑事を演じる武田鉄矢の嘘くさい関西弁と浮いた演技がなんかなんともいや〜ないやらしさで拒絶反応でましたが、ラスト2話でこの武田鉄矢の存在感がすごくて心の中でいつの間にか応援していました。(笑)
殺された相棒・古賀のカタキをうつ・・・っていうのもありつつ、父性も感じさせつつ・・・。
キャストや話の見せ方が素晴らしかったです。
こちらも原作を読んでみます!

追記
・・・ということで、原作本を読んでみました。(続編の「幻夜」と関係ないのに「シンデレラ白夜行」まで読みました)いや〜本も面白かった!
本の方が乾いた感じかな?
ラストと亮司のキャラはドラマの方が好きでした。
それにしても、脚色が見事。余さんと八千草さんのキャラクターの膨らませ方が素晴らしい。

投稿者:bern投稿日:2007-02-04 18:24:22
見れば見るほどはまってしまいました。特に1話の子役がどちらもとても素晴らしいです。川でどぶに咲く花を見せてあげるシーンは切なくて大好きで何度も見返してしまいます。雪穂は亮司にとってまさにファムファタール(運命の女性)ですね。あまりにも人生の初めにおいてここまで強く結びつき合える相手に出会えることは幸福なのか不幸なのか・・・。常人には体験できない濃密な幸福感も味わっているだろうこの2人は理解できないけれどほんの少し羨ましかったりします。山田孝之さんのドラマは原作ものが多く山田さんの演技をみたあとで必ず原作を購入して読んでしまいます。セカチューと微妙に声のトーンが違うナレーションも見事で、ドラマ放映中のスキャンダル発覚は残念でしたがやっぱりとても好きな役者さんです。「砦なき者」で妻夫木さんがやっていたようなタイプの犯罪者役も見てみたいです。音楽もドラマにマッチしていてとても好きです。武田さん、八千草さん、渡部さんなどの脇役の存在感もとてもドラマを盛り上げています。原作のギリシャ悲劇のような深淵な世界観を損なっていないドラマだと思います。
投稿者:龍勝利投稿日:2006-05-31 15:44:42
春雨ヌードルのCMで『おいしいよ』のセリフが秀逸だった女の子。「下妻物語」からアッという間に大きくなったけれど、可愛いし、うまい。第一話ラストの別れのシーンで、改札出口を指し示す指のきれいさにもまいりました。キャラメルボックスの芝居と「日本沈没」が今から楽しみ。
投稿者:黒美君彦投稿日:2006-03-25 14:50:36
【ネタバレ注意】

1991年、建てかけのビルで桐原洋介(平田満)が殺される。店員の松浦(渡部篤郎)と関係のある妻・弥生子(麻生祐未)が疑われるが、11歳の息子・亮司(泉澤祐希/山田孝之)の証言によってアリバイが証明される。だが刑事・笹垣(武田鉄矢)は、その時亮司に違和感を覚える。一方、桐原が金を貸していた西本文代(河合美智子)の関与が疑われるが、彼女は娘の雪穂(福田麻由子/綾瀬はるか)と無理心中を図る。実はそれらは亮司が偶然父親を刺殺したことから始まった巧妙な親殺しだった。15年後の時効を目標に、ふたりは離別するが・・・。

何とも救いのない物語だが、ドラマとしては力作。好青年に見える山田孝之が汚れ役を好演。綾瀬はるかも可愛いだけではない女優としての新境地を開いてみせた。渡部篤郎や麻生祐未、八千草薫といった脇役もそれぞれさすが、という演技。
関西弁の武田鉄矢は確かに無理があるし、脂っこさが鼻にもついたが、終盤、特に最終回の山田と対峙するシーンは圧巻。演技者としての迫力は評価できるのではないだろうか。それと子役の福田麻由子。彼女はぞくっとするくらいの演技だった。

原作は未読だが、子供による殺人とその後の転落を追った異色のストーリーは、その救いのなさにただただ立ちつくすしかない。嘘に嘘を重ね、愛する者のために罪を重ねていく虚しさ。救いは彼らのなかにある「良心の疼痛」だけか。
騙し、殺し合うことによってしか人生の目的に達せられないとしたら。何とつらいことか。
こうした心の襞は、連続ドラマでこそ表現できるものだ。ドラマのTBSの復活を志す制作者たちの挑戦を喜びたい。だが、も少し救いのある原作も選ぼうよ(苦笑)。
最終回で武田鉄矢が山田孝之に「お前には子供がおるんや」と伝えるシーンがあったが、放映期間中にスポーツ紙を賑わせた「山田に隠し子発覚」のニュースとだぶってしまった(笑)。

投稿者:ふじこ投稿日:2006-02-04 13:33:55
原作本は読んでいましたが、ドラマはこないだ初めて観てみました。
ジグソーのピースが後にピタッと合わさってゆくような感触の原作とはちょっと違った雰囲気で進んでくようですが、まぁドラマはドラマなりの面白さがあるのかもと思ってちょっと期待してますが・・。
山田くんは影があって亮司的なイメージ。綾瀬はるかちゃん、雪穂役は難しいと思うのでこれからが演技の見せ所かな・・。
笹垣役の武田さんは・・何か違和感ある関西弁ですが、私もいっそのことドラマじゃ設定を博多に変えてしまえば・・と思ったんですが、コテコテの博多弁じゃかなり雰囲気変わってしまうもんねぇ。
じゃあ赤井英和あたりどうか?メイクで老けさせれば・・とか勝手に考えてみたがピンとこなかった。
あの怪しげな関西弁により、何か謎を含んでそうで(何考えてるんかわからない親父っぽくて・・)いいのかもしれない・・どうなんだろ?

投稿者:幻巌堂投稿日:2006-02-01 15:54:11
子役といい、主役の「世界中」コンビといい、脇といい、近頃のTBSドラマとしては文句のないキャスティングだと思う。ただし、重要な刑事役の金八、基い、武田鉄矢の思いっ切り気持ち悪い関西弁どうにかならんのか! ろくに関西弁のできないやつをそれでもキャスティングしたいのなら、何も関西の刑事にしなくても博多出身の刑事にすればエエやないか。それにしても、何やっても金八の武田の台詞、標準語交じりの関西弁より気持ち悪いぞ! もう、ドラマぶち壊しや!
投稿者:joe投稿日:2006-01-17 03:47:18
初めて見た子役ですが、天才的じゃないすか?
なんか、前田亜希(漢字合ってるかな?)にどことなく似てる?

原作を楽しんだ人間としては、不満な点もなく、今後も期待できそうな予感。
投稿者:eddie投稿日:2006-01-13 12:37:59
第1回スペシャルの最初数分を観て、「なんちゅう陰気くさいドラマじゃ」と、所用もあったので席を立ったのだが、所用を済ませて戻ってみると(家族はそのまま観ていた)、男の子の父親と女の子の母親が殺され、武田鉄矢演じる刑事が登場して、俄然興味深い展開になっていた。観とくんだった、一刻を争う用事じゃなかったのに。

泉澤祐希くんと福田麻由子くんの二人は、いかにも山田孝之・綾瀬はるかコンビの幼少時という感じで違和感ないし、武田鉄矢の一癖も二癖もある刑事は、いかにも物語を通してのキーパースンになりそうな雰囲気で、先が楽しみだ。私はそんなに読書好きではないので、この原作も知らないのだが、これは読んでみたくなった。

それにしても、武田鉄矢。正月に放映された「里美八犬伝」でもそうだったが、ついに「金八先生」や「101回目のプロポーズ」での「人の好い田舎者」って固定イメージを振り払うことに成功したね。これで悪役(憎まれ役)スター街道まっしぐらか?

追記
福田麻由子くん。「女王の教室」での優等生役も印象的だったが、さらに伸びたようだ。「存在感」では、完全に「7年後の雪穂」役の綾瀬はるかを凌いでいる。先が楽しみな「女優さん」だ。

初回2時間スペシャルを放映2日後に再放送するなんて、今まで聞いたことがないが、そんな異例の措置がとられたのも、彼女の衝撃的な演技への反響の大きさゆえではなかったか。

彼女が見事に演じた小学生時代の雪穂の屈折した複雑なファンダメンタルを、今後の展開の中にどう生かして行けるか。そこにこの作品の成否がかかっていると言っても過言ではないだろう。

それにしても、自らが演じる役の子供時代の難しい設定を、先にここまで見事に表現されてしまったのでは、綾瀬はるかもさぞやりにくかろうな。

再追記
友達が録画してた「初回スペシャル」のビデオを借りてきて、くりかえし観た。原作も読み終えた。すっかりハマってます。

ところで、原作の舞台は大阪だが、このドラマもそうなのかな。しかし、それにしては、方言で話すのは、メインキャストでは武田鉄矢だけだし、その武田の訛りも「大阪弁」としてはおかしい(八千草薫さんはさすがに完璧だけど)。最初は、彼が九州の出身であることから「九州が舞台なんやろな。大阪弁とちがうみたいやし。」「へー、九州にもイカ焼きってあるんや。」なんて、すっかり「舞台は九州」のつもりで観てたから気にならなかったけど、大阪だとすると、ちょっと気になるな。(ただし、亮司の父親が持っていた「質屋協同組合」の封筒に書いてある「布施市」というのは、もうない。あったのは'67年1月までで、現在は東大阪市の一部だ。ということは、架空の街なのか?)。

もちろん、そのことは、このドラマへの期待や興味をいささかも削いではいないのだけれど。

もういっちょ追記
私と同じように、武田鉄矢の大阪弁に違和感を持つ方が出てこられたことに勇気を得て、特におかしいところを挙げてみよう。

まず、「ドア」。これは大阪弁でもアクセントは「ド」にある。「ア」ではない。それとは逆に、「窓」は、大阪弁では「ま」ではなく「ど」にアクセントがある(「マドンナ」から「ンナ」を除く、と思ってもらうとわかりやすいだろう)。それから、「目に見えとう事実かて、真実とは限らへんで。」というセリフ。「見えとう」というのは、「見えてる」の「神戸弁」だし、「限らへん」という音便は「京都弁」に近く、大阪ではあまり使われない。「限らんで」または「限れへんで」というのが一般的だ。
「ウソ」というのも「ウ」ではなく「ソ」にアクセントだ。「未来なんてあらへん」も「あれへん」が一般的。「身ィ滅ぼすだけや」のセリフは「ィ」にアクセントが来るとおかしい。表記すれば「みーほろぼすだけ」と平坦に発音し、「や」で下がる。
「なんか言うことないんか」というのも、「なんか」の「な」ではなく、「ん」にアクセントだ。同様に「言うこと」は「こ」、「ないんか」は「い」にアクセントである。

第1回に限っても、これだけ出てくるのだから、「幻巌堂」さんのご意見ももっともだ。主役の「セカチュー」コンビからいか焼き屋のおばちゃんに至るまで、他の出演者のほとんどを標準語(というより、東京弁)で喋らせるのなら、武田鉄矢扮する笹垣を「博多出身」ということにして、武田の「お国訛り」=博多弁で喋らせたところで、「原作と違う」という点では同じことだろうし、その方が武田ものびのびとやれたんじゃないのかな。

まあ、しかし、この作品、原作よりはやや甘口のようだが、ミステリー・ドラマとしては出色だ。気にし出したらきりがないので、「あちこちを転々として、方言がごっちゃになった大阪の刑事」とでも思って、これからは、観ることにしよう。

最終追記
結局、最後まで武田鉄矢のおかしな「関西弁」には違和感が拭えなかった。
本人の語るところによると、「関西弁(=大阪弁だと思っているようだ)だと、吉本一派と比べられたらバレるので、神戸弁で通した」そうなのだが、神戸弁にもなってないよな。もともと神戸弁と大阪弁は、基本的なイントネーションはほとんど違わないのだ。彼の場合、そのイントネーションがおかしかったから、「あれは神戸弁」と言われて、神戸の人も「?」と思っているはずだ。
演技の迫力・存在感とも、彼以外には考えられない、と思わせるほどの熱演だっただけに、残念だった。
【エピソード】
第1話2006/01/12
 
第2話2006/01/19
 
第3話2006/01/26
 
第4話2006/02/02
 
第5話2006/02/09
 
第6話2006/02/16
 
第7話2006/02/23
 
第8話2006/03/02
 
第9話2006/03/09
 
第10話2006/03/16
 
第11話(最終話)2006/03/23
 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】白夜行 完全版 DVD-BOX2006/06/23\22,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】白夜行 2レンタル有り
 【DVD】白夜行 3レンタル有り
 【DVD】無料レンタル・新ドラマ 「白夜行」レンタル有り
 【DVD】白夜行 6レンタル有り
 【DVD】白夜行 1レンタル有り
 【DVD】白夜行 4レンタル有り
 【DVD】白夜行 5レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 TBS系ドラマ「白夜行」オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,700
5新品:¥ 2,466より   8中古品¥ 1,550より 

【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION