allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

TAKI 183(2005)

メディア映画
上映時間85分
製作国日本
公開情報劇場公開(コムストック)
初公開年月2006/01/28
ジャンルドラマ/青春
生きる意味、行方不明。
TAKI183 [DVD]
USED価格:¥ 162
amazon.co.jpへ

 Photos
TAKI 183TAKI 183

【クレジット】
監督:小林正樹
エグゼクティブプ
ロデューサー:
野口照夫
白井博
古屋文明
林朋夫
北出継哉
プロデューサー:杉田浩光
小林智浩
原案:一色伸幸
脚本:一色伸幸
撮影:滝彰志
美術:塩田仁
撮影監督:津田豊滋
音楽:RINO LATINA II
DJ YAS
照明:川井稔
制作プロダクショ
ン:
テレビマンユニオン
監督補:権野元
出演:塚本高史トミー
忍成修吾カン
窪塚俊介ハッタ
村田充吉野山義夫
加藤ローサヲンナ
秋山菜津子
手塚とおる
陣内孝則
(友情出演)
西村雅彦
【解説】
 HIP HOPカルチャーを代表するムーブメントの一つ“グラフィティ”をフィーチャーした青春ドラマ。塚本高史、忍成修吾をはじめフレッシュな若手キャストの共演でグラフィティに青春を懸ける若者たちの姿を描き出す。劇中のグラフィティは日本における第一人者TOMI-Eの手によるもの。
 トミー、カン、ハッタ、吉野山義夫、ヲンナの5人はグラフィティに夢中。彼らが最高傑作と自認する“スルメ屋敷”の巨大グラフィティは、今では渋谷で一番熱い待ち合わせスポットになっていた。しかしそれを境に、5人は次第にそれぞれの人生を歩み始めた。それから2年後、大人になりきれず悶々とした日々を過ごしていたトミーは、あのスルメ屋敷が明日取り壊されることを知ると、スプレー缶を手に取り、たった一人でスルメ屋敷に新たなグラフィティを描き始めるのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
12 2.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:DORA投稿日:2007-02-14 15:30:00
取り留めの無い刹那的なストーリは、今時の若者を象徴していると思えば、しっくりくる。
今だけよければいいという成れの果てから、這い上がろうともがいているといった感じか。
まあ、途中意味不明って事もあったけど、(それを歳のせいにはしたくない・・・と強く思う)
グラフィティもこの手の作品も嫌いじゃないので、楽しく観れた。
と、いいつつ評価が低めなのは、いまいち突き抜けてないな、と感じたので。
何より共感できなかったのが大きいかな。あぁ、やはりジェネレーションギャップなのか・・・。
大物俳優がちょい役で出てたりして、チープな作風な割には大盤振る舞いだった。
中には、そこでその人の起用は必要?ってのもあったりw

若い頃って瞬間的な事を重要視して、行動自体や後先を軽視しがち。
歳を取るって、意味を見出せなきゃ動けない人間になってしまうって事なのかなぁ。
動いてから見える景色もあると思うんだけど。
・・・と、観終わった後、作風の割にはしみじみとした気持ちになったりwhttp://doras.cside.com/blog/
投稿者:モニカ投稿日:2007-01-31 18:09:49
スプレーペンキで、街の壁にイタズラしまくる「グラフィティ」に熱中する若者たち。とにかく塚本高史の横顔がカッコいい!窪塚弟もキレキャラですごくよかった。役者が原寸大の渋谷系若者に見えて、ドキュメンタリーみたい。ところどころに差し込まれる狂った大人たちの世界が混在していて、現代人の病の重さを感じさせつつ、センスのいい音楽で、重い主題を軽くし、観る者を不快にさせない努力が伺える。ただひとり、現実離れした加藤ローザはかわいすぎて、渋谷系ギャルとして有り得ない。若槻千夏ぐらいでよかったのでは… 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】TAKI 1832006/10/18\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】TAKI 183 TOMI-Eとトミー 〜6人と壁と600本のスプレー缶〜2006/01/18\2,381amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】TAKI 183レンタル有り
 【DVD】TAKI 183 TOMI-Eとトミー 〜6人と壁と600本のスプレー缶〜レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION