allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

イーオン・フラックス(2005)

AEON FLUX

メディア映画
上映時間93分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月2006/03/11
ジャンルSF/アクション
2415年、イーオン
君に泣いているヒマはない。
イーオン・フラックス [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,391
USED価格:¥ 3,000
amazon.co.jpへ

 Photos
イーオン・フラックスイーオン・フラックスイーオン・フラックスイーオン・フラックス

【解説】
 「モンスター」でアカデミー主演女優賞を獲得したシャーリーズ・セロンがセクシーな女戦士に扮したSFアクション。韓国出身クリエイター、ピーター・チョンの人気TVアニメを基に「ガールファイト」のカリン・クサマ監督で実写映画化。
 西暦2011年、人類は新種のウィルスにより99%が死滅、科学者トレバー・グッドチャイルドが開発したワクチンのおかげでなんとかぎりぎりのところで全滅を免れた。生き残った500万人は汚染された外界から隔てられた都市ブレーニャで安全かつ平和な生活を送るようになる。しかし西暦2415年、トレバーの子孫と科学者で構成された政府は秩序維持の名の下に圧政を敷いていた。そんな政府に強い疑いを抱く反政府組織“モニカン”は、最強戦士イーオン・フラックスに君主暗殺を命じ、政府の中枢である要塞へと送り込むのだった…。
<allcinema>
【関連作品】
イーオン・フラックス(1995)TVアニメシリーズ
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
29157 5.41
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-04-07 23:43:25
シャーリーズの美しいボディを堪能するためだけの映画。
結局モニカンの女ボスは何やってん?
投稿者:namurisu投稿日:2012-07-02 14:12:59
世界がキレイすぎ。クローン再生の技術はあるのに不妊治療の技術はないのか?
投稿者:william投稿日:2011-09-11 23:29:22
下にもあるけど、確かに「ウルトラヴァイオレット」と展開も似たり寄ったり。
出だし10分から既に滑ったオーラ満載。
投稿者:scissors投稿日:2011-07-14 08:33:09
うーんこれは大コケするよそりゃ。
ラジーにノミネートすらされてないのが不思議なくらい。
投稿者:terramycin投稿日:2011-07-14 03:29:51
黒髪のS・セロンがアクションをする映画の存在は知っていたが、題名がイーオン・フラックスという名であることは知らなかったし、このような名前の作品が存在することを知らなかった。

もちろんアメコミ原作であることも知らなかったが、コメント数を見る限りかなり有名な作品であることが分かり小さな驚きであった。

独特な世界観のため初めはなかなかなじめなかったが、予想外に作品背景は作られているようであったので次第に作品に入り込めた。

日本を意識したデザインが垣間見えたのは面白かった。

管理された世界、主人公とグッドチャイルドとの関係の全体像が分かってくる後半が面白かった。

投稿者:uptail投稿日:2010-01-01 02:49:51
シャーリーズ・セロン
投稿者:NYY投稿日:2008-10-13 11:34:53
【ネタバレ注意】

ダメ、面白くない。
シャーリーズ・セロンよりも、アメリア・ワーナーの方が好みな
んだけど、始まってすぐにムニャムニャで・・・
 
ここの世界は、何もかもが嘘臭いし、映像が気持ち悪いところも
あるし・・・
見てて、ここの世界の謎に全然興味が持てないような作りになって
る。
実はこうだったんだ!っていうネタは、なかなかだと思うんだけど
そこに至るまでが全然盛り上がってないから、何も感じなかった。
SF物としては、ダーティさや寒い感じが足りないんだよ。
 
シャーリーズ・セロンのアクション娯楽物の方に重点を置いたの
かも知れないが、そっちも中途半端でイマイチなデキ。
 
ま、愛しのアメリアがムニャムニャな時点で終了してるから、後の
展開は、どーでもいいや。
 

投稿者:naoron投稿日:2008-10-05 15:07:59
いまいちの評判なので覚悟して観ましたが、やはりイマイチでした・・・
シャーリーズファンだから観たけど、もうちょっとアクション頑張ってほしい。
雰囲気はよいが、CGもイマイチ。
投稿者:歌王投稿日:2008-09-12 10:56:52
【ネタバレ注意】

どうしても「ウルトラヴァイレット」とカブるというか、まあもはやこういう未来世界の設定は定番なんで、そのへん気にしてもしゃあないんですが。
でもいろいろやりすぎなあちらに対して、こちらは逆に煮え切らない感じ。この2本を足して2で割ればちょうどいいのかも。

「ハンコック」でも思いましたが、シャーリーズって動きのキレがイマイチですよね。いや別に超美人ってだけで本来十分なんだけど、本人的にはアクションものが好きなんでしょうか。まあアクションと衣装のおかげで美しすぎるボディラインも堪能できるわけで、要はシャーリーズだけ見てればいい映画であるなと。

桜のシーンは良かたものの、基本的にオリエンタル・テイストは若干空回りしてます(てか米映画の未来=アジアという発想じたいが食傷気味)。すごい未来の話なのに武器が弾丸を使った銃、というのはある意味リアリティあっていいですが、ほかに「おお」と思うシーンや美術が少ないのが、この手の映画として物足りない感はあり。
けどそれをやりすぎると「ウルトラヴァイレット」になっちゃうわけで、このへんのバランスが難しいのだなあという感じです。

投稿者:hymitecs投稿日:2008-08-24 09:59:54
SF的ストーリーはまあ、あるわけだし、それほどひどいものでもない上、映像的にもしっかりしてはいるのだが、楽しさや、わくわく感はさほど感じなかった。細かい背景の味付けや仮想世界のルール付けをもっとしっかりとすれば、もっと良いものになったろう。これは、きっと主人公のスタイルのよさや格好良さを楽しむのを一番に作成したんだろうな。
投稿者:bond投稿日:2008-07-08 09:50:52
シャーリーズ・セロンはセクシーだが、格闘シーンが綺麗で絵にならない、というかアクション向きの女優じゃない。話も似たようなSFあったし、シャーリーズ・セロンファンは楽しめたでしょう。
投稿者:irony投稿日:2008-07-08 02:17:10
【ネタバレ注意】

 DNAが一つの情報体と考えれば前身の記憶が残るってのも解る気がする んっでもってこの作品は完全な失敗作 ネタバレされてなかなか面白いストーリーなのに、なんか勿体ないなぁ 作中でも伏線を張ってるんだろうけどぼんやりしてしまっていネタバレされてもつながんないのよねぇ ドラマのミニシリーズでやればよかったのにと思うしだい 何せ一時間半程度で全てを注ぎ込むには無理があったような気がしないでもない

クローンと言えば聞こえはいいが、身体的な特徴は残るワケだからプサはプサのまんま チビはチビのまんま ハ・・ おっと言うまい 確かに地獄かもしんない ガタカのような世界もなぁ・・・

投稿者:ジーナ投稿日:2008-07-07 19:04:42
シャーリーズ・セロンのしなやかな動き、セクシーな衣装を存分に堪能できました。
私もバレエをやっておけばよかった・・・そういう問題じゃない?(笑)

映像もシャープでゴテゴテしていないのがイイですね。
「ウルトラ・ヴァイオレット」のCGはやりすぎ・・・と思っている方にはこちらのほうが合っているかも。

軸は定番とも言える未来設定だし、分かりにくい部分もあるのですが世界観が斬新なので飽きずに鑑賞できました。
映画というよりは、現代アートでも見ているかのような気分に浸れました(それでイイのか?笑)
ただ、展開に抑揚がないので美しいモノに興味がないと飽きる可能性大です。

ピート・ポスルスウェイトの存在も面白みがありましたね。

感情移入や緊張感とは無縁の作風ではありますが、シャーリーズ・セロンの美しさ、その美しさを存分に引き出している見せ方にある程度満足できてしまいます。
しばらくすると内容を忘れてしまうようなライトさですが(爆)
とにかくセロン目当ての方だけどうぞ(笑)
投稿者:フェニックス投稿日:2008-01-02 07:57:45
黒髪で、無駄のない黒のコスチューム。派手さのないところが美しき黒豹というという感じで、個人的には好き。あまりスタント使わないで自分で演じてるらしいし。
物語、面白いけど、話がするする進み過ぎるような気も。もう一ひねりあっても、って感じかな。
投稿者:ちんちら投稿日:2007-09-06 22:06:06
マトリックス系かな。
日本のアニメの影響で絶対的な能力者が出る作品が多くなりました。
なぜ”モニカン”は強いのか、その辺の事情が説明されていない。一般市民はただただ無力なだけ。”強い”っていう説明を放棄している作品が多すぎる。

記憶を引き継いでいくという考え方は発想こそ古くから使われているものの(砂の惑星の教母など)まだまだ十分に使われていません。
もっとその変をクローズアップしてくれたら凡庸なストーリーから脱せたのに、と思います。

予告編だけ面白そうに見せるためのよーな芝生や玉の演出が、作品自体の評価とは異なるため、落胆も大きかっただろうと思います。 http://chinchila4.blog76.fc2.com/blog-entry-29.html
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-04-28 23:42:04
【ネタバレ注意】

シャーリーズが、ラストのラストに愛嬌のある笑顔を見せる…
いや爬虫類のような這いずりとか…変な情報を聞いていたのでアレだったのだが〜つまり警備網(自動機関銃装置みたいなのに四方八方から撃たれる)を掻い潜るミッションにおけるスタイルのことだったのね。

ウィルスで人類が死滅…多少残った人々が治療薬のおかげで生き延びるも、副作用から妊娠しなくなってしまった…それを政府は人々に隠して、死んだ人間のクローンを自分の子として生ませるような仕組みを作る…そうして400年が過ぎて……しかも「一度だけ生きるから価値がある」…結構、壮大〜どうでも良いかもだが。

まぁコセコセと権力争いする奴等は醜い。支配者の妻の遺伝子は破棄されずイーオンとなり、運命の再会を果たす〜「和」テイストかどうか知らんが、美術は結構凝ってる〜隠し扉とか。まぁ時空を飛ぶし、空も飛ぶし、壁は壊すし…機関銃の雨は降るし…結構なアクションムービー。

投稿者:ほたて屋アニィ投稿日:2007-04-14 22:39:12
【ネタバレ注意】

星を2つにしましたが、何が面白くないのかずいぶん考えてみました。
で思いついたのが、イーオン(シャーリーズ・セロン)があまりにも無表情すぎる事に原因があるのかと。

アクション全般を見ても、インテリアにおけるアジアンテイストを見ても、多分イーオンのベースになってるのは忍者(くの一)だと思うんですが、その無駄のない動きの割りに敵にバレバレな諜報活動とそぐわない無表情さが、彼女から人間的魅力を剥ぎ取ってしまって、ちっとも同調できない。
設定としては、相も変らぬクローン物ながらその使い方がちょっと違ってて、その部分をもう少し盛込む(あるいは掘下げる)なりしても面白いかとも思うんだが、結果的に敵のお家騒動の構造がうるさくて消化不良なまま、綺麗なだけで面白みのないアクションシーンが続く事になる。
(シサンドラや、トレバーの護衛の女戦士の方が余程、人間的魅力を感じる)

誉める点で言えば、イーオン自身の所作の美しさ(個人的には妹のウーナの方が好みだが)やユニークなツールの数々なんだろうけど、そこに言及していくと限りなくゲームデザインと同等の話になって行く訳で、まぁそこに魅力を感じたい方へのカルトムービーっていう評価が正当なのかな。http://www.gekiuma.com/

投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2007-03-11 15:01:09
セロンかっこいー!!
スタイルいぃー!
きれぇぇい。

終わり。
投稿者:SUNSET投稿日:2006-12-13 02:35:03
「死んで行くから生きることに意味がある…」
この台詞に集約される内容なんですが、
ならばもう少し脚本に凝って欲しかった。
まるで空飛ぶデータベースの様な飛行船が支配する一画の世界と同じく、
小じんまりとまとまってしまった感有りき。
ただし個人的にセロン好きなので(笑)「ノイズ」を彷彿とさせる久々のSF物、
なかなか楽しめました。
シリアスな役ばかりだと疲れるから、たまにはこんな作品で彼女の美貌を
見せて欲しいモンです(笑)SF物が似合う数少ない女優さんでも有ります。
投稿者:ASH投稿日:2006-11-23 11:34:08
 ピーター・チョンによるTVアニメ版を少しでも知っていれば面白いんでしょうが、残念ながら僕はそういうアニメがあるということを、この実写版の後に知った。だからどこまでその世界観を忠実にトレースしているのかは不明だが、結果的には映画は失敗作でしょう。まあ、シャーリーズを見る映画と捉えてよろしい。

 ただね、ひとつ気に入ったのは室内の美術や調度品がどういうわけかアジアン・テイストなところ。もっと言っちゃえば日本調。まさか日系監督が起用された理由がそこにあるわけじゃないんだろうがね。それと、屋外の建物はもしかするとセットやCGではなくてロケーション?

 シャーリーズの露出度がもっと高かったら良かったのにね。確かに、案外後にカルト化する映画かもしんない。モチーフは、もしかして「未来惑星ザルドス」?
投稿者:オタマナ投稿日:2006-10-25 22:48:23
ん〜・・・。評判が悪かったため映画館には見に行かなかったけど、見に行かなくて正解だったかなぁ〜(笑)一つの映画としては見てよかったかなぁ〜って思う♪http://yaplog.jp/mm-mana-mm/
投稿者:ちいまま投稿日:2006-10-13 00:01:54
DVDで見ましたがすっかりだまされた感じ。SF好きではないにしてもあまりにも内容が乏しく最後の方は眠くてしょうがなかった。見かたを変えると予告編を作った人はすばらしい。
投稿者:vv投稿日:2006-09-28 23:30:49
まったく相手にしていなかった映画なのだが
前作もそうだったけど、今回もだまされた(ポスターにね)
「ほ〜この主役の子は綺麗だね〜誰だろ?」…「あのセロンかい〜!?」
ちなみに、前回はこんな感じの印象だった…
「どっひゃ〜だれだこの汚い下品そうな女優は?」…「あのセロンかい〜!?」

だけど結局、あまりに評判悪いので見るのはやめた。(見てないんかい〜!?)
セロンは見たいが、見ないでおこうと心に決めました。

今のところは
投稿者:三葉十四郎投稿日:2006-06-22 14:06:14
【ネタバレ注意】

外界と隔絶された管理型未来社会と言うのも、もう何度見たか判らないぐらいなのだが、
おかげさまですっかり慣れて"確か中世から近世の間に百年ぐらい在ったんだよなぁ"
などと思えるぐらいになった。
ただ、独裁政権側は、かって人類を死滅から救った製薬会社の子孫で、薬の副作用で人類が
新生児が生めなくなっていたところを、死んだ人間をクローン胚に戻してから新しく生まれた子供と、
偽って出産させて人工管理していたが、人々が再び自然に受胎し始めた為、独裁を揺るがせに
しない様に、それらの人間を攫って抹消している、と言うプロットは多くの類似品の中でも比較的
しっかりしたものに思われるし、クローンの題材も、当節でもまだギリギリ賞味期限内じゃないかな、
と僕は思っている。
本編もシャーリーズ・セロン演ずるイーオンが相棒と一緒に物騒な植物に守られた施設に潜入して
独裁政権のリーダー格を暗殺しようとして捕らえられ、形状記憶合金の小道具で脱出するあたり迄は
なかなか快調である。
独裁側も兄がじつは善玉でクローンとして生まれ変わる前はイーオンと夫婦だった、と言うのも
捻った発想だが、悪玉の弟が、じつはイーオン達を指揮する反政府組織の黒幕だった、
なんてやり出すので今度はこっちが首を捻ってしまう。
最後の対決も、普通の銃器で並み居る兵隊を撃ち倒すと言うのは、もう少しSFらしいアイデアを
盛り込んで欲しいところだったが、掛かった製作費の事を別にすれば、結構、気楽に見れられる
中規模SFアクションと言える。
シャーリーズ・セロンは「モンスター」ですっぴんに近い顔での熱演だったのに、
本作の方が顔を洗ってきた様に見えるのがご愛敬。

投稿者:shin-hk投稿日:2006-06-02 12:46:38
テンポはいいんですけど、のっぺりしてるんですよね。起伏が少ないというか、原作を知りませんので先入観なしで観たんですけど、とくにハラハラドキドキも無く、映像は綺麗でしたけど、あぁ、こんなもんか、、と。


http://hongkongcafe.jugem.jp/?day=20060601
投稿者:ゆうじ投稿日:2006-04-29 01:21:31
ストーリーの背景が説明不足で、何がなんだかわからないまま話が進んでいく・・・と思ったら、後で友人に聞いたところ原作のアメコミを読んでおけばほとんど違和感なく作品の世界に入っていけるとのこと。もしかして、しっかり予習をしておけば退屈しないで済んだかな。

どちらかと言えば駄作の部類なのだろうけれど、ストーリーの流れるテンポはまずまずだし、90分強にうまく(強引に)まとめたところは評価してもいいのでは。シャーリーズ・セロンがたっぷり拝めることだし、暖かい目で見てあげよう。
投稿者:スマーフ投稿日:2006-03-31 01:27:29
 シャーリーズのみですね。ほんとに。
 ストーリーはなんだかぼんやりとしか理解できなかったです。
 一番最初の説明しっかり見とかないとだめですねぇ〜。
 な〜んか安ーい映画でした。レンタルでいいなって感じのさくひんですね。
 でもラストらへんの桜の木の中でのアクションシーンはすごく綺麗でした。全体的になんとなくオリエンタルな雰囲気ありましたね。なんとなく。
投稿者:ワイハ好き投稿日:2006-03-30 11:59:13
シャーリーズ・セロンを見たい人だけに贈る映画です。セロン好きの私はそれなりに満足してしまいましたが、言わせていただければ、もっと腕のある監督で(セロンを)観たかった! 
監督は日系のKaryn Kusama(女性)という人ですが、過去に「ガールファイト」(2000年)という映画を監督して、そこそこの評価だったようですが、今回はいけません。私ならラジー賞にイチオシです。
不美人が美人を撮るとこうなるものなんでしょうか?
制作費70億円とか? 無駄にしちゃいましたね。
投稿者:fairlane999投稿日:2006-03-22 09:54:25
【ネタバレ注意】

シャーリズがこんな恰好してくれること、あと何回あるの?
たとえもう一回あるにしても、そんときゃいまより歳喰ってるわけだからね。

「彼女があのコスチュームで暴れてくれれば文句はない!」ってみんな言うけれど、
「暴れて」くれないから問題なんだよなあ。

単純に「あの恰好で暴れて」くれれば何の憂いもない映画になるはずなのに、
変にストーリーをひねくりまわして、イーオンの任務は最初から失敗、
挙句の果てにイーオンが始末される側になっちゃうなんて、面白いわけがない。

単純なグラビア・アクションでいいはずなのに、まったくそうならなかった
日本の『キャッツ・アイ』の教訓はいまにいたるも全然活かされてない。

なんで単純明快なヒロイン・アクションじゃいけないの?

それに、裏切りだの陰謀だの、敵や味方に内通者がいっぱいいるような話は
もういい加減やめてほしい。『アンダーワールド』も『ブレイド3』も結局は
そんな話で、後味が悪いことこの上ない。そういう物語が複雑で高尚だと思ってるとしたら、
とんだ誤解です。それからセロンちゃん、こういう映画に出るのなら、もっとキャメラ・アングルを
解放してあげてくださいね。なんか出し惜しみしてるみたいで、これまた
後味が悪いですよ。

投稿者:the hysteric green投稿日:2006-03-20 22:50:30
評判が悪いので期待せず観たけど、それでも大して面白くなかった。

アクションが中途半端過ぎ。
これならアクションを無くしてドラマに重点を当てたほうが良かったかも。

全体的に特別何が悪いって部分は無かったけど、それぞれの要素が上手く噛み合ってないように感じた。

でもこういう終わり方は大好きなので一度は観て良かった。
投稿者:Cinema Trek投稿日:2006-03-20 00:44:07
この作品は、アメコミの実写化だそうだが、主役の“イーオン・フラックス”は、ポスターを見てもシャーリーズ・セロンと分からないくらい髪を黒く染め、セクシーさを全面に押し出した異色作。ストーリーもそれほど難解ではなく頭に入ってくる。アクションももセクシーさもほどよく散りばめられており娯楽作品としては良いのだが、終わってみれば1日も経たない内に、ストーリーから場面までほとんど思い出せない。テレビの宣伝を観てもそういう場面があったことを覚えているのだが、どこの場面なのかほとんど思い出せない。何となくストーリーなどどうでもよく、シャーリーズ・セロン・ファンの為のビデオ・クリップの様な気がしてならなかったし、ハル・ベリーの「キャット・ウーマン」を思い出してしまった。どうもこの作品、ラジー賞を獲得するような作品に思えてならなかった。

20060311_Cinema鑑賞_70点
投稿者:64投稿日:2006-03-14 13:53:01
シャーリーズ・セロンの肢体の美しさを堪能する映画で、作品の良し悪しを云々するのは野暮というもの。 「バガー・ヴァンスの伝説」の1930年代のファッション「レイデアゲーム」のジーンズと並んでピッチリの黒装束が美しい。
日の丸や和傘や満開の桜がでてくるのは監督が日系だからだろうか?
投稿者:hira投稿日:2006-03-14 01:58:04
 近くのシネコンで観たが客席は全く埋まっていない。1週目からこれじゃまずいんじゃないだろうか。今年の日本劇場チェーンはハッキリ言って興行的に魅力的な作品が少ない。まあ個人的にはハリウッドの作品にはもう少し興行面で頑張ってもらいたいので。
 アメリカでは収入、評価共に散々な結果だったが、結構面白い作品。シャーリズ・セロンが主役なのでアクションシーンはイマイチ迫力に欠けてしまったが、93分の中にバランス良く配置されているので飽きることはない。
 ビジュアルや小道具も面白いものが沢山出てくる。セロン自身の魅力も加味されて、映像的には観れるものになっている。
 ストーリーは、過去の作品の寄せ集め程度だが、あまり気にならない。ビジュアル先行の作品なので『砂の惑星』を思い出してしまった。数年後、この作品みたいにカルトムービーになるといいね。
投稿者:kuss投稿日:2006-03-12 00:11:28
【ネタバレ注意】

 この映画は「モンスター」で絶望をくらった自分へのプレゼントに違いない。黒髪の美しきセロンちゃんを堪能だ!と意気込んで行ったのですが、あんまエロくなかったですなぁ。「ディアボロス」の頃のういういエロさはなくなってしまいましたね。。。アップも多かったので歳とったのを感じました。それに濡れ場あんなんだし。。。ボディラインはため息ものでしたが。
 話の方はこじんまりまとまったSFショート小説を読んだ感じっちゅうんですかね。既視感抜群。そこそこ面白かったですけど。あとお金かかってなさそー、って思ったんですが6000万ドルすか。。。どこに?セロンちゃんに?日系監督がユニオンにいいように使われたんすかね。
 一番面白かったのは「お前普段映画なんか見に来ないだろう」という一人で来ているのがおやぢどもがたくさんいたことでした。オレも仲間か!?

でも好きよ、今度はエロくお願い。6点

投稿者:hanya投稿日:2006-03-11 05:13:30
観た後、時間がたつにつれてストーリーが壊れていく。
観てる最中はまだ話、覚えてたんだけどなあ。すでに忘却の彼方。
日系とはいえ、SFにはああいう似非ジャパニズムを入れたくなるのだろうか。
最後付近になんとなく面白いかな、つう部分があったような。
投稿者:マーサ19投稿日:2006-03-09 20:19:46
【ネタバレ注意】

ここで不評だったから、期待せず見ました。
・・そのせいか、そう悪くないと思いました。
確かに最初はわけわからなかったり、ちょっとおかしなシーンもありましたが。
シャーリーズセロンはスタイルも素晴らしいですね。
彼女のフアンの為のような、いらない箇所もあった気もします(笑)。
SF好きなので、こういう映画もあり!って思えました。
妹役の女優、とても可愛かったですね。

投稿者:痛風投稿日:2006-03-05 17:46:53
SFは虚構の世界に引きずり込めるかどうかがポイント。
残念ながら監督の力量、シナリオ、映像ともに問題あり。
主演女優に頼りすぎ脇の俳優はキャラが弱い。
冷めたまま終わりました。
投稿者:幻巌堂投稿日:2006-03-02 14:25:42
 こりゃ快作だよ、快作!
 でっかい制作費使って、こんな素敵なカルトムーヴィー作るなんて、カリン・クサマはなんともあっぱれだよ。荒唐無稽とか、陳腐な内容とか、稚拙だとか、独りよがりなんて、この映画の評価にはどうでもいいことだと思うよ。「シャーリーズがいてくれりゃ、何にもいらない」〜そう感じられれば、(少なくとも私には)かけがえのない1本になったのだから。
 多分この作品の評価は、5年先10年先にはっきりと出てくるんだと思うよ。私自身は、カルトムーヴィーの傑作の1本として見続けられると信じてるから。だって、「一度だけ生きること、それが希望さ」ってメッセージに含まれた深いアイロニーは、時代とともにリアルさを増してくるだろうからね。
投稿者:A Dangerous Tree投稿日:2006-02-24 00:15:11
いやぁ、ひどかった。KUSAMA監督は女流でしかも日系だから、がんばってほしいなとおもっていたけれど、期待はずれです。だめなところはいくらでもあるんですが、「作り物の世界」「近未来の世界」「人の動き方」がちょっと楽しめたので、甘くして2点にしときました。10点満点です。まず、脚本の時点で欠点があったのでしょう。大体、あれだけネタがあるものを1時間半にまとめるのは困難なことですが。悪い脚本を補う演出力も監督になく、映像やキャラの魅力で魅せようとしたが、どちらもそこまでクールでもない。結果、見事このように崩壊したのです。ロマンス部分にじゃっかんいきすぎてしまってどっちつかずになっていたり、何かと中途半端でしたね。だめなところが見事に集まってできた、うわべだけの映画。観客騙すなら、死ぬ気でかからないと無理ということをスタッフは学んだでしょう。
投稿者:yos投稿日:2006-02-10 01:48:41
予告を観て、期待したんだけどな・・・ マトリックス系近未来ものだと思って観ました。まったくその通り。スタイリッシュな衣装とアクションはこの手の定番??
投稿者:シネマ野郎投稿日:2006-02-08 21:53:56
ヒドイ。内容も陳腐で、シャーリーズ・セロン観たさで興味があるなら予告編だけで十分だと思う。全編まで観るなんて時間の無駄。それならもっと良い作品を観ましょう。
投稿者:黒美君彦投稿日:2006-02-04 09:12:43
“この映画のシャーリーズ・セロンは「第2のハル・ベリー」だ”などと陰口が聞かれるが…。
製作費6000万ドル(約73億円)をかけたSF超大作…という売り文句にも拘わらず、配給元のパラマウントは予定していた試写をすべてキャンセルしたとか。出来が今いちの作品の場合、いきなり公開することが多いとかで、本国でも評判は散々。
実際にこの目で観るまでは…とは思ったが、そのウワサは決して間違いとはいえなかった(苦笑)。
原作はアメコミで、ゲームにもなっているそうだが、ストーリーはお子様向けSFの域を出ず、ごくありきたりのアクション・ヒロインものに終わっている。
今更こんな作品を観せられてもね〜、というのが正直なところ。もう少し工夫の使用もあるだろうに。シャーリーズ・セロンが可哀想。直前に観た『スタンドアップ』(05年・ニキ・カーロ監督)のシャーリーズ・セロンが大変よかっただけに、ギャップが大だった。もう少し出演作を考えた方がいいのに。
とはいえ、この作品が好き、という意見を否定する気はない。私にとっては「なんだかなー」と思えたというだけのことである。マニアックな中高生あたりには受けるかも。
日系三世というカリン・クサマ監督には頑張って欲しいんだけどな。
投稿者:ウィノナ投稿日:2005-12-21 15:42:38
【ネタバレ注意】

アイラインを眼全体に描くと誰か分かんないわ
細菌で生き残った人類が塀で隔離された街の中でのお話

誰かと誰かは夫婦だった。だんだんと記憶が甦る
塀の外の世界はどうなっているのか・・・・・・

シャーリーズはとにかくカッコイイに尽きるわ
イーオンはサイボーグなのかしら??????

スパイダーマンと比べるとストーリーはイマイチかな
映像をシャーリーズだけに尽きる映画でしたわ

10点中 6.8点

【レンタル】
 【Blu-ray】イーオン・フラックスレンタル有り
 【DVD】イーオン・フラックスレンタル有り
 【VIDEO】イーオン・フラックス <日本語吹替版>レンタル有り
 【VIDEO】イーオン・フラックス <字幕スーパー版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION