allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バルトの楽園(がくえん)(2006)

メディア映画
上映時間134分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月2006/06/17
ジャンルドラマ
第九の扉が開くとき
軍人は「人間」に帰る。

なぜ、彼はドイツを信じようとしたのか。
バルトの楽園 特別限定版 (初回限定生産) [DVD]
参考価格:¥ 7,344
価格:¥ 5,000
USED価格:¥ 4,368
amazon.co.jpへ

 Photos
バルトの楽園(がくえん)バルトの楽園(がくえん)バルトの楽園(がくえん)バルトの楽園(がくえん)

【クレジット】
監督:出目昌伸
製作:鶴田尚正
冨木田道臣
早河洋
塚本勲
滝鼻卓雄
渡部世一
企画:土屋武雄
中村仁
遠藤茂行
亀山慶二
製作総指揮:岡田裕介
宮川日斤也
プロデューサー:野口正敏
妹尾啓太
冨永理生子
ミヒャエル・シュヴァルツ
脚本:古田求
撮影:原一民
特撮監督:佛田洋
美術:重田重盛
美術監督:西岡善信
編集:只野信也
音響効果:柴崎憲治
音楽:池辺晋一郎
照明:安藤清人
整音:瀬川徹夫
録音:瀬川徹夫
助監督:宮村敏正
監督補:鈴木康敬
出演:松平健松江豊寿
ブルーノ・ガンツクルト・ハインリッヒ
高島礼子松江歌子
阿部寛伊東光康
國村隼高木繁
大後寿々花志を
中山忍マツ
中島ひろ子たみ
タモト清嵐林豊少年
佐藤勇輝幼い頃の松江
三船史郎松江の父
オリヴァー・ブーツカルル・バウム
コスティア・ウルマンヘルマン・ラーケ
イゾルデ・バルトマレーネ・ラーケ
徳井優広瀬町長
板東英二南郷巌
大杉漣黒田校長
泉谷しげる多田少将
勝野洋島田中佐
平田満馬丁宇松
市原悦子すゑ
【解説】
 第一次世界大戦中、徳島県鳴門市の板東俘虜収容所で日本で初めてベートーベン作曲の『交響曲第九番 歓喜の歌』が演奏されたという実話を基に、ドイツ人捕虜たちと収容所員や地元民たちとの心の交流を描いた感動ドラマ。主演は松平健、共演に「ベルリン・天使の詩」「ヒトラー 〜最期の12日間〜」のブルーノ・ガンツ。監督は「天国の駅」「きけ、わだつみの声 Last Friends」の出目昌伸。
 第一次世界大戦中の1914年、日本はドイツ軍の極東根拠地である中国の青島を攻略、ドイツ兵4700人は捕虜として日本へ送還され、各地の俘虜収容所へと振り分けられた。1917年、劣悪な久留米収容所で2年間を過ごしたドイツ人捕虜たちは、収容所の統合により徳島県鳴門市にある板東俘虜収容所に移送される。再び地獄の日々を覚悟していた彼らだったが、意外にも同収容所を監督する松江豊寿所長は、捕虜たちには人間的な生活が保障されなければならないとの考えの下、彼らに対して寛容な待遇で接するのだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
528 5.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:2時間はいい投稿日:2015-07-23 11:32:39
なんだかとても解説がやさしくない
Wikipediaの備考でも「。。。実際の事実とは異なる表現や描写もされている。」とだけ。
言葉遊びが豊富でなぞかけができそうでね
バルトは(ひげの意に集中させたいことも含めて)わかったが コバルトとか
板東(氏名と町の名前)は簡単だった
板東さんもガンツさんもお国なまりが使えないし
それで威圧感を与えなかったかもしれない
阿波弁が大阪弁(のイントネーション)に似ていることも驚いた
*ここでの問題はサブタイトルで外国語に訳されたところで面白さは伝わらないかもしれない

まだある (次は自分流の楽しみ方の基本)
人名が掛詞みたいになっていて 一時的に面白くなったものの
映画を観ながら人名事典をチェックするということをやっていたら
疲れてきて何人くらいふらついてしまったか
バウムさんはあのケーキの?という分かりやすい迷いどころではない
日本植物誌、画家、鉄棒、柔道。。。。も誰かを真似ている!?
ちょっとたくさん詰め込み過ぎかも
*こちらのほうが名前を読むだけでも連想ゲームのようになるだろう

とにかく
一番大切なテーマの曲のここが始まりがわかってよかった
といっても選曲はあまりにも簡単な台詞で終わってしまった

追加としては次の2人の
高木さんの立場とすゑの演技がとても良い印象を残した
残念ながら自己流の学習で本当に興味のある情報はここから(この映画から)ではない
なぜなら日独で映画の台詞をスムーズに観客に伝える方法がとられているため
OO語クラスの様子というものがなくってね。。。
(そのためまったく映画からの情報とは関係のない本を読むことになった)
高木さんは2ヶ国語で育った人じゃないだろかという推理
全体的にドイツ語か日本語の習得が速いというとんでもない印象を観客に与え
この演出のほうがえらそうな軍人の演技よりも驚異的に思えた
投稿者:eddie投稿日:2006-12-29 01:42:13
題材も出演者もいいのにコケてしまったのは、やっぱり演出のせいか?

他の人も述べられている楓で自作されたバイオリンの件もそうだし、終戦によってドイツに帰ることになったバイオリン教師の前で生徒が「仰げば尊し」を歌うシーンなど、「出たぁーー!」とのけぞってしまったほどの古典的な「クサいシーン」。「鉄道員(ぽっぽや)」でも、健さんの娘の納骨の時に墓の前で同僚たちが肩組んで歌うシーンがあったりしたが、東映って、よっぽどこういうシーンが好きなんだな。

それに、序盤はヘルマン青年の目を通したが如き進行だったのに、彼とマツ(中山忍)の関係も描き方がなおざりで、ラストの演奏会のシーンには忍ちゃんの影も形もない。大正時代の話ゆえ、現代と同じような積極的な女性には描けないのは承知だが、それにしても、である。

マツケン所長の「捕虜の人格尊重」に反対していた阿部寛も何やら途中でいなくなるし、高島礼子に諭された平田満も結局そっぽ向いたままだし、マツケンは演奏が終わらぬうちに席立ってヒゲ切りに(!)行っちゃうし、ブルーノ・ガンツも途中で墓参りに行っちゃうし。ストーリー全体を見る視点が定まらないので、どうにも落ち着かなかった。

いい題材なのに、もうちょっと丁寧に作れなかったか、非常に残念だ。
投稿者:古狐投稿日:2006-12-16 02:49:47
会津武士の味わい悲哀と言うものが良く判る良い映画だと思います、辛さを知らない者に尊厳なんて物は判らないという事なんでしょう
ただ難点は、なんで4000人もの捕虜の収容所があんなに小さいの???
エキストラが何であんなに少ないの????
何で日本の兵隊さんは10人位しかいないの????

これでは主人公の松江豊寿氏の巨大さが矮小化され 淋しい限りです

この様な映画を作るならもっと金掛けてしっかり作って下さい

松江さん自身に対しても、子孫の方に対しても、また、会津人に対しても失礼だ、日本人を松江さんをそしてプライドを世界に問う良い題材だと思うけれど何とも 映画会社のお粗末を禁じ得ません 中途半端じゃない?

 東映さん オープニングタイトルに凝らないで中身に凝って下さい

st7stacks@yhoo.co.jp
投稿者:篭瀬山投稿日:2006-07-31 23:03:06
 敵の砲弾は、味方の将校が重要な話をしているときだけ止んだりしない。軍部の首脳会議の場でハーグ条約の初歩的な意義について論じ合ったりしない。芸者の棟梁みたいな女が軍人の女房だったりしない(冗)。

 例えばこんなシーンがあった。ドイツ兵捕虜に音楽を教えてもらっている地元の中学生のうち、手先の器用な一人が自分でバイオリンをこしらえてこう言う。「檜材(杉だったかしら?)が手に入らなかったから楓(かえで)で作ったんだ!」 しかし、一日二日で出来た訳じゃないだろうから、彼が楓材を選んだことは仲間なら知っていたはずである。「楓のバイオリン、出来たのか?!」とでも一人に言わせておけば、説明の用は足したと思う。私にはこの演出、脚本家や演出家の頭が悪いだけのように思えてしまう。しかし、この頭の悪さは至るところで的確に繰り返されているので、実際は頭が悪いのではなく、ある種の、日本昔話的な型をなぞっているだけなのだろう。東映という会社は昔から確信的にそこを狙っているところがあった。要するに、私に言わせれば、この映画の退屈さは、(スタッフが)自分の頭で考えないことによるものだ。ラストの第九のシーンで、呆けたような表情で感動を表していた役者陣の姿は、私にとっては正確に符合する。

 あと、桜並木の堤防が、『八つ墓村』で山崎努が失踪していた堤防とくりそつなのだが、何処なのだろう、と思った。3
投稿者:もりじ投稿日:2006-07-17 21:00:35
【ネタバレ注意】

友達がチケットをもらったらしく、タダで見に行きました。前評判も悪かったので期待してなかったんですが…ん?そこまで悪くないような。
元手がかかってないのと、期待してなかったのもあるんでしょうが特に「なんじゃそら!」というようなシーンはなかったです。あえて言うなれば板東英二…あんたいらん!シャレ起用か?

確かに、クサイとは感じたけど…他の邦画のいかにも「感動させます!」的なやつよりよほどマシ。
ああでもごめん、パン屋がシオを引き取りたいと言ったとき「ロリコン!?」と思ってしまったよ。邪推してしまった…

投稿者:メンタイ投稿日:2006-07-11 10:18:45
チケット屋で全国共通前売券が380円だった。
“夫婦50割引”のサービスによって、
この手の映画は最近ではコケないはずなのに。
どっかの代理店が流したのかな?
な〜〜〜んていう政治的な想像がすっ飛ぶくらい
“古き悪き時代の安い東映映画”に仕上がってしまった。

マツケンという呼び名で今や年齢層関係なく誰でも知ってる大御所:松平健
対するはドイツの渋〜い名優:ブルーノ・ガンツ

この大物2人を使うのは・・・・・
なぜ、10年ぶりの出目監督にメガホンを持たせたのか。
しかも、“古き悪き時代の安い東映映画”の出目監督に。

安っぽいナレーション、ヘタクソな日本語を喋るドイツ人
演技にもなっていない捕虜の外国人、バラバラな脚本
リアル度0の戦争シーン・・・

第九だって、そこに行き着くなでも肯定がほとんどなく、
ラスト近辺で「第九をやろう!」っておいっ!
しかも、本来、物凄く感動するはずのラストの第九も、
クラッシックでノリノリのドイツ人と、
首だけ無理に乗ってる日本人に、引いちゃって
感動したくても、まったく感動しませんでした。

正直、日本企業 vs 外人労働者をヘタな演技で安く描いた
「燃ゆるとき」とほぼ同じレベルでした。

頼むからドイツで上映しないで・・・恥ずかしいhttp://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:おしゃべりチャック投稿日:2006-07-09 16:29:27
ストーリーは嫌と言う程分かっていたので、安心して最後まで見れました。上映して間も無く捕虜の収容の場面に切り変わるので、これからずっと心温まるシーンが続くので、中だるみするのではないかと心配しましたが、穏やかでも幾つかの逸話が散りばめられ、最後まで集中して見る事が出来ました。時間的にも丁度だったと思います。実話なので、この時代にこれだけの人格者がいるのも驚きましたが、松平健さんが絶大なる存在感で演じてくれました。本当に何回見ても心温まるいい話です。私個人は年末の第九のファンなのですが、この様な逸話があったなんて驚きでした。また、よくあれだけの楽器をそろえて演奏したか、感動するばかりです。最後のシーンは鳥肌が立つ程感激しました。
投稿者:Longisland投稿日:2006-06-28 20:45:54
全体を通じ『薄い』印象。 ストーリーは淡々と進んでいくが観客に訴えてくるものが希薄。 独逸人俘虜と日本人との交流、独逸指揮官の苦悩、俘虜の扱いについて陸軍省・中堅将校の確執、ストーリー・設定からもっと感動を生みそうなのだが…

ブルーノ・ガンツはカメオ出演とはいわんがゲスト出演? 
投稿者:KINEMA投稿日:2006-06-26 12:45:08
【ネタバレ注意】

ラストの第九が分かっているだけに、それまでの盛り上がりにかける点が残念です。もっとエピソードを掘り下げてくれないと、感情移入はできません。ただ、年末になると日本中で演奏されている第九の初演が、どう言うものだったのかは良く分かりました。
それにしても杉原千畝(日本版シンドラーのリスト)とか今回の松江豊寿の話しなどは、きちんと歴史の授業で教えてほしいですね。

PS.阿波踊りの場面はマツケンのプロモかと思いました・・・。

投稿者:愛媛の伊藤投稿日:2006-06-21 17:24:11
【ネタバレ注意】

序盤の戦闘のシーンがいまいち迫力に欠けてるのと
結構重いシーンのところにナレーションが最悪だったために
ストーリーが軽く観えてしまってるのが残念。

松ケンとブルーノガンツ含めての外国の役者さんの存在感がなければ
ただの駄作になってただろうか
映画観に来てたひとも松ケン目的の人が多すぎってのも問題ありだったかも

投稿者:shizuco投稿日:2006-06-17 23:19:44
【ネタバレ注意】

ノベライズも読み、待ちに待ってた映画です。
あっという間の二時間。とてもいいのに。前のコメントを書いておられた方と、非常に似た印象を受けました。「ここ!」っていうシーンが少ないのです。
唯一、カルルが坂東で脱走して、市原悦子演じるすゑに助けられるシーンは良く描かれていたと思う。キャストもとても贅沢なのに、「もう少し!」っていうところで突っ込みが足りないような気がした。
それでも、松平健とブルーノ・ガンツの存在感は凄かった。
時間、3時間くらいにしてもいいから、もっとドイツ人と坂東の人たちの交流や心の動きを描いて欲しかったな。ウマさんの葛藤とか・・・・いろいろあったと思うんです。
あと・・・・・某宗教団体の関連団体とは!?ようやく納得がつきました。
ちょっと、おみそつけられたかんじ。でも、最後の第九の演奏はとても良かったです。逆にエンドクレジットの日本人の演奏は要らなかった。後はナレーターのひょうきんな声が、ちょっと違和感ありました。気合入れて待ってたわりには、肩透かしくらったような、ちょっと物足りなさがあったかな・・・・・。

投稿者:黒美君彦投稿日:2006-06-13 12:15:53
手堅い作品、といった印象。徳島の板東俘虜収容所のエピソードは以前から知ってはいたが、所長の松江豊寿(松平健)が会津藩の出身だったとは知らなかった。
その松平健や國村隼ら俳優陣は堅実な演技。なかなかの豪華キャストではあるが、ブルーノ・ガンツをはじめ独逸人捕虜サイドの心のうちには今一歩入りきれなかったような印象。
登場人物が多く、実話ベースのせいか、各エピソードの盛り上がりにも今ひとつ欠ける。群像劇の弊害ともいえるが、「楽園(がくえん)」というタイトルのとおり、ラストの第九の演奏がクライマックスになるわけだから、俘虜楽団の一人に焦点をあてるとかもう少し工夫が欲しかった。
とはいえ、そのラストシーンの第九演奏シーンは迫力もあり、思わずぐっと来たが、これはベートーベンの原曲の持つ力といった方がいいか(苦笑)。
名子役として活躍中の大後寿々花が、独日二世役で『SAYURI』同様青い目で出演していたのが…(またまた苦笑)。彼女もちょっと大人になった感じかな。
ナレーションの林家正蔵はミスキャストっぽい。

ちなみにタイトルの「バルト」とは「髭」のこと。「楽園」は収容所を意味するとともに、音楽・楽団の「がく」にひっかけているとか。
もひとついうなら、この作品、興行的にはすでに成功が約束されている。というのも製作が東映+シナノ企画だから。シナノ企画は某宗教団体の外郭制作会社であり、信者の皆さんの動員が予想される。興行成績というのは、作品の良し悪しとは無関係なものなのだ(溜息)。この作品が殊更に出来が悪いというわけではないですけどね。
しかしながら、人間同士の信頼の証のようなこの「ムスターラーゲル」(模範収容所)の十数年後、日独伊三国同盟が結ばれ、第二次大戦へと突き進んでしまうのだから、その後の歴史を知る私たちはいやになってしまう。
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】バルトの楽園レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION