allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

東京大学物語(2006)

メディア映画
上映時間105分
製作国日本
公開情報劇場公開(SUPLEX=エム・エフボックス)
初公開年月2006/02/25
ジャンルロマンス/青春/エロティック
映倫R-15
東京大学物語 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 13,135
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:江川達也
企画:平田恵介
プロデューサー:富田敏家
企画プロデューサ
ー:
上村俊介
佐谷秀美
原作:江川達也
『東京大学物語』(小学館 ビッグコミックス)
脚本:永田琴恵
撮影:早坂伸
美術:小泉博康
編集:掛須秀一
音楽:MOKU
照明:福田裕佐
録音:小宮元
助監督:落合俊一
監督補:西山太郎
出演:三津谷葉子水野遥
田中圭村上直樹
波岡一喜佐野義明
範田紗々鈴木英里
不二子小泉真紀
渡辺奈緒子池之端由貴
升毅矢野哲郎
【解説】
 人気漫画家・江川達也が自身の代表作を自ら初メガフォンをとり実写映画化した青春エロティック・ラブ・コメディ。東大入試に挑む高校生カップルの瑞々しくて切ない恋愛模様を綴る。江川監督自ら原作のエピソードを再構築、原作とは異なりヒロインの視点から物語が展開していく。主演はグラビアアイドルの三津谷葉子とTV「スローダンス」の田中圭。
 函館向陽高校に通う、明るく元気な17歳の女子高生、水野遥。ある時彼女は学校一の天才、村上直樹から突然の愛の告白を受ける。驚きつつも、“この人こそ運命の人”と確信する遥。直樹と付き合い始めた遥は、彼の志望校である東大を目指して一緒に猛勉強を開始する。直樹の指導のおかげで遥の成績は急上昇、2人揃って東大でのバラ色の学園生活を夢みてシアワセに浸る遥だったが…。
<allcinema>
【関連作品】
東京大学物語(2004)OVA版
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
315 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:EROZZA投稿日:2010-06-25 14:31:02
★エロ目的で映画を観たっていいじゃないですか★
往生際悪し。映像的に不自然でマイナス。これがデビューの新進アイドルタレントとかなら判るのだが。

三津谷葉子
投稿者:こじか投稿日:2010-05-18 12:35:16
率直に言うと残念…、単純に失敗してる箇所が多々見受けられる。
しかし嫌いにはなりたくない、そんな映画です。
映像化にトライしたことは偉い。
映像、実写じゃ受けて側の情緒的にも
健全にはなりえない難しい題材だよね。
投稿者:かっこう投稿日:2009-01-14 00:31:49
男の立場から描かれた原作漫画を女の立場から描くという設定は面白いと思うが、省略しまくり(濡れ場はしっかり描いているが・・)の本映画は原作漫画をあまり知らない身としてはわからなさすぎる。妙に全体的に安っぽいし。まさかのラストは・・、いや、あれはシベリア超特急のようでスゴイ。
投稿者:bond投稿日:2007-11-04 16:57:05
原作も部分的にしか知らないが、映画は日活ロマンポルノとしてならいいかもね。
投稿者:irony投稿日:2007-10-15 12:41:08
 20巻ぐらいまで見て読むのやめちゃって、最後どうなったのかもわからないし…ラストと言うかこの作品の纏め方がいいのか悪いのかもわかりません…って言うか全34巻を纏めて作品にするのは難しいよね だからアレでもいいんじゃないのでしょうか? エロで味をしめた(エロは売れる)ミエIIIセンセが出て来るとは思わんかったけど…。

TVドラマの稲垣ゴロの村上か…なんとなく似合ってる 相手は瀬戸朝香だったなぁ そういやぁ共演で袴田吉彦も出てたっけ?
投稿者:藤本周平。投稿日:2007-03-13 13:47:51
この映画は江川達也のための映画。
投稿者:ペルゼウス投稿日:2006-06-29 14:05:12
信じられん事にうちの田舎で劇場公開となり大慌てで劇場へ。
突端からのヘリコプター出現に「これはいけるかも」と思ってたら、まさしく傑作。世評では名高い「空中庭園」などよりこちらのほうが遥かに日本人が抱える問題を鋭くえぐっている。

何のための東大かより、東大へ行く事そのものが目的になってしまっている地方の学生の閉塞感がよく現れている気がした。原作と正反対に女の子の視点から映画が進んでいるのも心地よい。水野遥が映し出す村上は自分が何者かという事を考えられない大馬鹿者。牢屋のそとにいるつもりで何のことはない、自分こそが囚人である事も理解できない彼の醜さが情容赦なくさらされる事こそ江川達也の東大中心主義批判が表現されている。

女優陣ももうタイミングのいいところで脱いでくれて、「野郎の目の保養」にとってもグッド。ソフト・オン・デマンドが製作という事で、もっと激しいものを期待していたが、実際はバランスよいというレベル。まあそれがまたよかった。

演出が実に手堅い。伏線も十二分に生かしている。ラストをけなす人もいるだろうが、アレとてディック・ワールドみたいで(「TAKESHIS」もそうだったよな)個人的には気に入った。
けなす人も多いようだ。
しかしそんなこと信じず、観て欲しい。俺は感動した。
投稿者:カンタータ140投稿日:2006-02-21 10:38:22
別にこの映画の関係者じゃないけど
江川達也監督かなりやってくれたらしいです。
お疑いの方は前田有一さんの映画批評のサイトを
ご覧になってください。
「くりぃむレモン」のような失敗はしてないようですよ。
投稿者:サンダーモンキー投稿日:2006-01-20 15:31:44
純愛なんて期待してないから、ポイントは三津谷葉子が脱いでいるかどうか。
脱がなきゃ劇場映画としての意味がございません。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】東京大学物語2006/10/19\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】東京大学物語レンタル有り
【広告】