allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スポンジ・ボブ/スクエアパンツ(2004)

THE SPONGEBOB SQUAREPANTS MOVIE

メディア映画 Anime
上映時間87分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UIP)
初公開年月2006/04/22
ジャンルコメディ/ファミリー
四角いパンツが世界を救う!
スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,053
USED価格:¥ 4,056
amazon.co.jpへ

【解説】
 全米の子どもたちに絶大な人気を誇るキャラクター、スポンジ・ボブが主人公のTVアニメの劇場公開版。四角いパンツをはいた海綿“スポンジ・ボブ”とその仲間たちが海底都市で繰り広げる愉快な日常を描く。ゲスト声優としてスカーレット・ヨハンソン、アレック・ボールドウィンらが参加しているほか、「ベイ・ウォッチ」のデヴィッド・ハッセルホフが本人役で登場。
 海底都市“ビキニ・ボトム”の人気バーガー店“カニカーニ”で働くスポンジ・ボブ。新たに2号店がオープンすることになり、当然店長は自分と思っていたところ、オーナーのカーニさんは“子どもだから”という理由で認めてくれず、悲嘆に暮れる。一方、ライバル店のオーナー、プランクトンは人気メニュー“カーニバーガー”のレシピを奪おうと悪巧みを計画していた。ボブはカーニさんの危機を救うため、親友のパトリックとともに奔走する。
<allcinema>
【関連作品】
スポンジ・ボブ(シーズン1)(1999)TVシリーズ(シーズン1)
スポンジ・ボブ(シーズン2)(2000)TVシリーズ(シーズン2)
スポンジ・ボブ(シーズン3)(2001)TVシリーズ(シーズン3)
スポンジ・ボブ(シーズン4)(2005)TVシリーズ(シーズン4)
スポンジ・ボブ(シーズン5)(2007)TVシリーズ(シーズン5)
スポンジ・ボブ(シーズン6)(2008〜2010)TVシリーズ(シーズン6)
スポンジ・ボブ(シーズン7)(2009〜2011)TVシリーズ(シーズン7)
スポンジ・ボブ(シーズン8)(2011〜2012)TVシリーズ(シーズン8)
スポンジ・ボブ/スクエアパンツ(2004)劇場版第1弾
スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!(2015)劇場版第2弾
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:rin投稿日:2006-06-23 15:46:48
アメリカアニメと言えばサウスパークとかの毒舌系とか思い出すけど、このスポンジ・ボブは憎めない悪ガキとでも言うのか、とにかく陽気で頼もしいスポンジ君で、映画を観に行った時もお客さんが多かったけど、いろんな店で商品を売ってるので、思ってる以上の人気キャラみたい。アメリカでは相当人気あるんだよね。8月が誕生日の甥っ子は、その8月に出るDVDに特典でついてるドアハンガーが欲しいって言うので買ってあげます。そう言う私も、もう一度見たいんですけどね(笑)今から、どこかで予約しなくちゃ!しかし、半ズボン姿のスポンジが主役っていう発想が面白いですよね。
投稿者:ASH投稿日:2006-01-15 14:41:15
【ネタバレ注意】

 申し訳ないが、コレはなかなかのケッサク!! TVシリーズを知らない人が観ても、たぶん大丈夫。躁状態全開のスポンジボブとパトリックが鬱陶しいのだが、それがだんだんとクセになるんだから、不思議。

 要するにこの映画版は、TVシリーズでも謎だった「スポンジボブとは大人なのか、それとも子供なのか?」という疑問を発展させたかのような展開。ハンバーガー店で働いている従業員ということは、設定上では大人なんだろ。しかし、スポンジボブの行動はどうみても子供そのもの。オーナーのカーニさん(原語版ではクラブさん)には子供扱いされ、2号店の店長昇進はお預けとなってしまう。そこで彼は、あらぬ疑いをかけられたカーニさんを救うために、また大人だという証明のために、危険なシェルシティへとネプチューン王の盗まれた王冠探しの旅へパトリックと共に向かう。

 実はスポンジボブ、ああ見えて義理堅く、責任感が強い。途中で弱音は吐くものの、人魚姫のミンディにそそのかされ(?)ながらも、なんとかシェルシティに辿り着く。が、そこは実際には…。このシェルシティのくだりは、実写映像にスポンジボブらが絡むというもの。スポンジボブとパトリックが干からびてしまうシーンは、泣けるのだ。しかし、この2人、どうも同性愛的な友情が窺えるのは、捻くれた大人の見方なのかしらん? そんな2人を助けるデビッド・ハッセルホフも「ベイウォッチ」のまんまの登場で、あの扱いはなんだかなぁという感じだが、本人は至って楽しそうなのだ。

 幼年層向けなのは間違いないが、そういった客層と映画館に同伴する大人の観客にも充分に楽しめような展開なのはさすがだ。カーニさんを嵌め、街を支配しようとするプランクトンの計画からビキニ・ボトムを救うのはグーフィー・グーバー・ロック(元ネタはツイステッド・シスターの「アイ・ワナ・ロック」)だ! この映画でも、ロックが世界を救うという展開なのが痛快なのだ。「子供扱いされても構わない」と歌われるこの歌は、童心を失う必要はないと説いているか、はたまた子供のままでずっといようということへの決意表明なのか。

【レンタル】
 【DVD】スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION