allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

インサイド・マン(2006)

INSIDE MAN

メディア映画
上映時間128分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UIP)
初公開年月2006/06/10
ジャンルサスペンス/犯罪/ドラマ
それは、一見誰が見ても完璧な銀行強盗に思われた…。
インサイド・マン [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,000
USED価格:¥ 463
amazon.co.jpへ

 Photos
インサイド・マンインサイド・マン

【解説】
 「マルコムX」の監督・主演コンビ、スパイク・リーとデンゼル・ワシントンが再びタッグを組んだクライム・サスペンス。銀行に人質を取って立てこもった頭脳明晰な犯人と捜査官たちの息詰まる攻防がスリリングに展開する。共演は「クローサー」のクライヴ・オーウェンと「フライトプラン」のジョディ・フォスター。
 狡猾な男ダルトン・ラッセル率いる4人の銀行強盗グループが、白昼のマンハッタン信託銀行を急襲、従業員と客を人質に取り立てこもる。事件発生の連絡を受け、NY市警のフレイジャーとミッチェルが現場へ急行。しかし、周到な計画のもと俊敏に行動する犯人グループを前に、フレイジャーたちも容易には動きが取れず膠着した状態が続く。一方、事件の発生を知り激しく狼狽するマンハッタン信託銀行会長のアーサーは、やり手の女性弁護士マデリーンを呼び出すと、ある密命を託し、現場へと送り出すのだった…。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aミュンヘン (2005)
[002]Aエミリー・ローズ (2005)
[003]Aミリオンダラー・ベイビー (2004)
[004]Aバタフライ・エフェクト (2004)
[005]Aザ・インタープリター (2005)
[006]A007/カジノ・ロワイヤル (2006)
[007]AVフォー・ヴェンデッタ (2005)
[008]Aナイロビの蜂 (2005)
[009]Aクラッシュ (2004)
[010]Aバットマン ビギンズ (2005)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
35255 7.29
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:めるしぼく投稿日:2016-06-14 11:12:23
セリフとか設定は面白いけど、浅い。サクッと短くしたら良かったかも。
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2016-04-10 04:16:18
豪華キャストでおくる異色サスペンス。
華麗な手口で銀行に立てこもった犯人と交渉人のやりとりが描かれる。
緊張感はあまりなく、「犯人の目的は何なのか?」という謎解きと人間模様で魅せる映画である。

面白いことは面白いのだが、映画的に大きな波もなくサラリと終わる。
また、人種ネタを盛り込んだスパイク・リー風のアレンジも特に面白くなっていない。
ちょっと異色なサスペンスになっている。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-01 04:45:09
デンゼル・ワシントンが良いです。
投稿者:nedved投稿日:2015-08-02 00:12:31
クライヴ・オーウェン
投稿者:ピースケ投稿日:2014-08-06 00:01:13
確実に観たハズなんだが、どんなラストだったか全く思い出せない。
まあ、その程度だったってことで。
投稿者:いまそのとき投稿日:2013-09-07 21:14:43
三つの大きな疑問。まず一つ。C・プラマーについて。なぜ彼が重罪戦犯の追求の手を逃れ続けたかという事。二つ目。プラマーがなぜ過去の書類を保管し続けたかという事。最後の一つ。戦犯に加担する重罪を予期できなかった辣腕弁護士、J・フォスターの大失態。しかしながら、練られた脚本、計算され尽くした意外な展開で、この手の強奪サスペンスの新境地を開いた快作になっていることはたしかだ。特に後半からは目が離せなくなる面白さで、ラストの決め技、こりゃあイイわと言いたくなった。快感こそ映画の美徳。それをかなえてくれる爽快感があったということで上出来。
投稿者:scissors投稿日:2012-06-27 04:00:56
まあ一応スパイク・リー風な味付けはしてあるが実質はTVムービーレベル。
脚本も演出もユルくてクドくてウザい。
全く練られていない単純かつ不出来なお話を、無駄に複雑に見せることに腐心されている。
90分未満だったらちょっとはマシだったかも。
この監督もともと好きじゃなかったけど、スパイク・リーもずいぶん安っぽくなったなーと感じた一本。

射殺シーンのあとのデンゼル・ワシントン移動シーンは爆笑した。
投稿者:namurisu投稿日:2011-09-24 16:02:00
優等生っぽいなこの監督。ガチガチなアクション「007」など撮ってくれんかね。
投稿者:真壁 六郎太投稿日:2011-08-12 22:36:50
【ネタバレ注意】

「私はダルトン・ラッセル」この一言で正体を全て誤魔化してしまう犯人一味。どんな素性でどうして会長の過去を知って何故犯行に及んだのか説明は一切無し。ひでぶー! ほんとにお前ら誰なんだよ?内容は一言で言うとルパンかなー。NYが人種の坩堝で一癖も二癖もある野心的な連中でひしめいている感じは良く出ていてそこが見所かな。あとなんとなくユーモアの漂う演出(わざと?たまたま?)が良かった。結局アフリカ系アメリカ人、である刑事が14万ドルの小切手の件は帳消しになり、一級刑事に昇進、犯人に○○○まで貰ってウハウハでジ・エンド。最後に、あのゲームはすごいな。ほんとにあるのかな?

投稿者:blacus投稿日:2011-03-30 14:23:05
冒頭でボリウッド映画で使われるようなインドの歌が聞こえてきた段階で、なぜスパイク・リーがこれ?と思ってしまったわけだけど、その後も、お話自体は普通のハリウッド映画(話自体は悪くない)なのに、部分部分でスパイク・リー「らしさ」を出そうとしているところがかえってなんか違うと感じてしまった。映画中でアフリカ系アメリカ人に対する差別の話が入れられていたり、デンゼル・ワシントンとChiwetel Ejioforの黒人刑事コンビの会話、あるいは事件が終わってからのデンゼルとその妻とのくだりなんかははっきりとアフリカ系アメリカ人ぽさが出ていた。しかしそれが設定とうまく噛み合っていない。デンゼルが演じた役は別に彼でなくてはできないというようなものではない。むしろ、白人俳優が演じたほうが観客からするとしっくりくるような気がする。恐らくスパイク・リーは既存のハリウッド映画的な枠組みの中で黒人映画らしさをだそうとしているのだろうけど、むしろ監督が通常のハリウッド映画の生産システムにうまく組み込まれてしまったようで残念な感じ。
投稿者:has42120投稿日:2010-12-31 23:00:41
デンゼル・ワシントン
投稿者:Normandie投稿日:2010-08-12 01:51:05
やはり全編スパイク・リー流だった。
ストーリーを力技でねじ伏せた感はあるが、音楽と演技陣は素晴らし。
サスペンスに名を借りたごった煮ニューヨーカーの人間ドラマはとても楽しめた。

※今回もスパイク・リーは色んなお話でイマジネーションを与えてくれました。
映画化を巡ること・コメント題・デフポエトリージャム・おっぱいの見分け方
ジョディの脚とマノロブラニク・スタジオのお偉方について・50セント・NYニックス・ジョールイス
狼たちの午後・ピザの配達人・カルティエ・アラブとシーク・9.11以降などなど。

※DVD表紙のジョディは凄みあり、デンゼルとクライヴに挟まれても顔が負けてない。
さすがこの人だけは女優の域を超えてます。かっけぇー。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2009-11-22 13:43:58
【ネタバレ注意】

…そだね。

普通の銀行強盗じゃない…ってアイデアは凄いと思う。
普通の強盗は金銭強奪が目的。
普通の強盗は人質の命を奪う。
普通の強盗は逃亡手段を要求。

〜この犯人、普通の銀行強盗じゃない。
しかも逃亡手段が金を運び出さなくて良いものだから…ってあんな事が可能になっちまう。
はたまたエグい子供のゲームに苦言を呈するなんざ…説教強盗ですか?

ただ、携帯を隠したヤツは怪我させられてるし、何より貴重な時間を奪われて精神的に苦痛を強いられてる訳だから、犯人が「怪我もさせてないから」ってのは捜査打ち切りの理由としては間違っている。
まぁ先ず何の犯罪も犯さない計画の銀行襲撃事件?ってアイデアありき、なのでしょう。
そういう意味では結構面白いです。

ただ「何の犯罪も犯さない」=派手な銃撃戦もない犯罪?ムービーって事になっちまう…って事でワザワザ刑事に銃撃戦を想像させたりしてる〜結局そんな色気を出すもんだから、下記のコメント達でも中途半端と罵られるんだろう。それぞれの名優はそれぞれのパートを上手く演じ切ってるのだが、そのそれぞれのパート自体が何か地味な感じなんですね。存在感って意味ではクライヴ・オーウェンが美味しい役かもですが…覆面ですが。

しかもあんな「えっえっ…どうなったの?」って終わり方…お洒落ですが。

アクションファン向きのクライムムービーとは言えないが、まぁミステリーファンなら途中の展開とか楽しめるんじゃないか?とは思いますね。必要も無いのに人種差別云々なぞ語っちまう意味なく知的なムービー。

投稿者:uptail投稿日:2009-08-13 21:20:15
ジョディ・フォスター
投稿者:ジーナ投稿日:2008-05-11 17:12:28
スパイク・リー監督でデンゼル・ワシントン主演、他にもジョディ・フォスターやクライヴ・オーウェン、クリストファー・プラマーにウィリアム・デフォーなど豪華な俳優陣が出演しているとなれば期待するなというほうが難しい。
これ多分・・・無名監督&地味なキャスト陣でヒッソリ製作していれば「面白い!」という印象を抱いたかも(爆)
まあ、ある意味豪華よね〜というか無駄遣い?(笑)
特にジョディ・フォスター・・・正直、いらないっちゃいらない役だし(汗)

序盤から、どうなるんだ?!とワクワクさせられる作り・・・が、中盤のダラダラ感などストーリーが進むにつれ勢いがなくなりました。
一応、話はまとまっているのだろうが何ともスッキリしない幕切れ・・・演出、構成が凝っていただけにストーリーの安易さにガッカリ・・・表面的な人物像に一定のテンポなど
悪い部分ばかりが目に付きました。
悪気はないですが、それぐらい期待してしまう面子だったという事です。
惜しいというよりは、とにかく勿体ない映画でした。
投稿者:歌王投稿日:2008-03-07 07:27:19
【ネタバレ注意】

ぶっちゃけ、見終わってもなんだかよくわからず、スッキリしません。アラも多そうです。たとえば、犯人と会長との因縁はどうなのか?ジョディ・フォスターは何者?声紋やDNA(デンゼルともみ合った時とか)を分析できれば、最低でもクライブ・オーウェンは挙げられたんじゃないの?とか…

が、それでも妙に面白いという、不思議な映画です。会話メインの作りはいかにもこの監督らしく、普通のクライム・サスペンスと思って見ると、確実に肩透かしを食らいます。まあ、シチュエーション・コメディをつなぎ合わせたような映画なんで、それが受け入れられる人なら相当に楽しめる作品だと思います。

けれどもとにかくスッキリしないんで、評価は割れるでしょうね。しかし、自分はどっちかというと白黒ハッキリした映画が好きなのに、なぜかこの作品は楽しめた。このへんが不思議です。豪華キャストを見てるだけでも楽しいってのはありますが、脚本やNYの見せ方など、様々な魅力があるのは間違いないです。

投稿者:ghost-fox投稿日:2008-02-13 22:15:48
オチがクドいが、それ程悪くもない
投稿者:taisu-k投稿日:2008-01-18 00:15:04
【ネタバレ注意】

自分は結構好きです。
アイデアは奇抜だと思いました。大変な事件なのに、セリフのぬるさとか、全員にまるで緊迫感がないのがまた面白いじゃないですか。

正直いうと、実は話の展開にはまるでついていけませんでしたが。いろいろ調べて何となくわかってきたので、また見てみます。

人質が殺される(フリ)シーンの後のデンゼルワシントンの移動のシーンが個人的には一番ウケました。

投稿者:ROX投稿日:2007-09-17 23:00:48
頭脳明晰な犯人と捜査官たちの息詰まる攻防がスリリングに展開・・
どこが??? シリアスと思って見るならやめた方がいい。
銀行の会長の「大事な物」が気になって何とか最後まで見たが、
なんてことは無かった。ワシントンが主役でなければ見なかった
だろう。デフォーとフォスターの扱いも酷い。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2007-09-15 17:40:28
 
あんまり楽しめませんでした。
狡猾な銀行強盗と警察の息づまる対決、その裏に隠されたある秘密
・・・という筋立ては面白いはずなのに、なぜか全編のーんびりしてて
緊張感ゼロ。
ストーリーが二転三転して真相が明かされてもも「へーそうなんだー」
という感じ。

犯人役のクライブ・オーウェンは良かったけど、デンゼルはいつもの
「世界の中心は俺ですよ?」的演技で緊張感減少に大きく貢献。
W.デフォーはまったく見せ場なし。ヤリ手弁護士のJ.フォスターも、
ギラギラした所が感じられず、何も考えてないアホに見えてしまう。
残念。
投稿者:kouseikeishi投稿日:2007-09-14 09:14:29
【ネタバレ注意】

スパイク・リーが営業サイドを気にしつつ娯楽に徹して撮った映画。破綻もなく今まで観たリーの映画の中ではいちばんいい。1人も死なない上出来の犯罪映画に仕上がっている。デンゼル・ワシントンとクライブ・オーエンは楽しそうだが、ジョディ・フォスター様はなんで出てるんだろ!

投稿者:bond投稿日:2007-09-06 10:25:59
何かあるな、と思わせぶりの展開の結末は、あらら肩透かし。スターの演技も空回り。
投稿者:irony投稿日:2007-09-03 14:22:49
デンゼルがラスト、ジョディと市長に会いに行くシーンの一寸前のワンカット Lex scripta, Lex tradita ラテン語らしいけどどんな意味なのでしょう?法律用語っぽいけど…。

計算されてるって言うけど当初の計画通りにはいかず、デンゼルというイレギュラーが計画を変更させてしまったんだよね、結局。 銀行創設以来記録されない392にそもそも辿り着けるかどうかも判らない デンゼルを信頼出来る男と見切るには時間も情報も足りないような…。それともアーサー・ケイスを捌くのは二次的な副産物で結果オーライか?元々は疾しい奴から金をくすねるのが目的だしね デンゼルに渡したダイヤも御褒美と御祝儀みたいなもんかね 嗚呼纏まらね〜。
投稿者:ぽっぷ投稿日:2007-08-17 22:42:37
これをスパイクリーが15歳の時に撮った(撮れるわけないけど)とかいうなら
すごいなと思うけど、今更こんなの撮ってどう感じろと?と言いたくなる作品でした。
期待度が高かっただけに残念です。
投稿者:tocky1213投稿日:2007-03-30 22:05:15
そこそこよく出来た映画ではありますが、エピソードのリンクが
かなり強引なので、不自然さを覚えるのが、惜しいところです。
立てこもりシーンをもう少し短くしても、それぞれのバックボーンを
描写すれば、違和感がなくなり、深みが出てきたと思います。

予算がなかったのでしょうか。。。

人が一人も死なず、だんだんとネタバレしていく中、あれだけの
緊張感を最後まで継続できたのは、演出の勝利だと思います。
投稿者:なちら投稿日:2007-02-25 23:47:33
いまいち楽しめず。。。
投稿者:赤い彗星シャア投稿日:2007-02-18 11:11:28
クライム・ムービー、特に銀行の立てこもり事件は、最後犯人がどのように脱出するのかどうかが一番重要視されるのではないだろうか?
 脱出シーン(最後のシーン)で、
  ヾ僂討い襪發痢粉儺辧砲鬚△辰閥辰せるか
  ∩杼できるラストだが、爽快な気分にさせるか
 これができたら、名作、名作までいかなくても記憶に残る作品になるのでは?

 前置きが長くなってしまったので本作品の感想です。

 犯人グループの計画は完璧で、「最後に俺は堂々と銀行の正面玄関から出ていく」と予告していた通り、冷静に、見事なトリックを駆使しながら、時にはユーモアを交えながら計画は遂行されていくます。

 ただ冒頭に述べた最後の脱出シーン(脱出トリック)がこの映画を「オーシャンズ11」にしてしまいました(泣)

 前半は結構面白かったのに、、、、
 今考えれば、インサイドマンもオーシャンズ11もキャストは豪華でしたね〜(苦笑)
投稿者:BLADE投稿日:2007-02-02 23:51:11
進んでいくから、映画館で見るのは厳しそうな印象を受けた。細かいところ
は、ご想像に任せる話がいいけど、その一方でこいつらどうやって知った
んだろうかと思うところも。特に例の極秘の内容も、どうやって犯人は
事前に知ることが出来たのか。
個人的にウィレム・デフォーが普通すぎてつまらなかった。
もうやりたくないのかな?
投稿者:kopi投稿日:2007-01-26 00:47:47
「なるほど、そうきましたか」と思わせるエンディング。
どんでん返しというわけではないが、あまり類を見ない終わり方。
こういう映画もたまにはいいのでは?
投稿者:映子投稿日:2007-01-07 00:23:50
デンゼル・ワシントンが主人公という事で、きっとラストに何かやってくれると思いながら見ていましたが・・・あらら、終わってしまいました。
ウィレム・デフォーのアクの強さも全然感じないし、ジョディ・フォスターは確かに見た目はカッコいいのですが、別に彼女である必要性も感じられず・・・演技の雰囲気がヘレン・ハントになんか似てるな〜と思ってしまいました。
味はまあまあでも、スパイスの全然効いていない料理みたいな映画に感じられました。爽快感に欠ける映画
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2007-01-04 10:38:11
前半は良かったのに途中からコマ映画になってしまった。
投稿者:bye04312投稿日:2007-01-03 05:12:40
【ネタバレ注意】

スパイク・リーと聞いてやはり、と思うか、さすが、と思うか。
随所に散りばめられる多文化社会と「マネー」をめぐる苦悩。
ビン・ラディンだって出てくる。
人々の葛藤は資本主義と権力欲にあって、これこそが動機になっている。
「街で血が流れる時は投資の時だ」
唯一真っ向から反旗を翻すのが犯人。
その犯人に感染したフレイジャーは「誇り」に目覚める。
「街で血が流れる時は誰かがあげらる時だ」

完璧な役者陣、完璧なストーリー、完璧なメッセージ。
ザッツ・エンターテイメント。

投稿者:イドの怪物投稿日:2006-11-12 18:06:49
面白い映画だったけど纏まりが今一の感有り。
やはり犯人の動機や銀行創立者と弁護士の関係とかが明確化されてなくてやや不満。
でも良くは出来ていると思う。
投稿者:Longisland投稿日:2006-07-08 02:10:20
よく出来た構成(脚本)過去作品を知っていれば思わずクスッと笑うセリフ、スパイク・リー監督らしいマイノリティーの描き方、久々に良質の米国映画を観たと満足感。内容が明かされない貸金庫の書類ってヒッチコックのマクガフィン?
投稿者:ぺん投稿日:2006-07-07 15:27:49
スパイク・リーが監督っていうだけで観て見たが、イマイチな感じがする。
なんていうか、素材(お話)がたいしたこと無いなぁ(笑)。
要所要所で”巧いなぁ”と思うところはあるんだけど、全体としては…。
アメリカ映画だと、監督って単なる職人って感じなのかな。残念。
投稿者:モノリス投稿日:2006-07-07 00:37:16
面白かったんだけど、爽快感はなかったですね。
最後に会長が逮捕されるシーンがあるとか、市長が警察に圧力かけて主人公を特別に昇進させるシーンがあるとか、すべてが新聞で暴露されるシーンがあるとか、なんでもいいからわかりやすい終わり方して欲しかったな。
きっとあれは○○なんだろうな。。。とか思いながら終わるのはすっきりしない。
金払って損したとは思わないけど、これはいい映画に遇えて良かったって感じでもない。
投稿者:サメ投稿日:2006-06-24 20:54:00
完璧に計画は練られている。
銀行で強盗という大胆な犯行のわりには、実に冷静。人質全員に自分たちと
同じ格好をさせ、犯人と人質の区別を不明にする。
犯人グループのリーダーが言う。
「最後に俺は堂々と銀行の正面玄関から出ていくのさ」その予言に沿って
突き進む。

まあ、自分が銀行強盗するとしたら、こんなふうにやりたいものだと、思わ
せる映画だった。
この映画を見に行くきっかけは、映画評論家の前田有一のサイト。
「超映画批評」で『インサイド・マン』を絶賛していた。100点満点中
90点をつけている。
そして、映画の印象をこう書いてある。

『クールなタイトル、見事なトリック、鑑賞後に思い起こすと、いくつも
気づくことが出来る伏線の数々、優れたユーモア、そして役者の演技。
けなすところが一切ない、見事なクライムムービーだ。』

というのを読んだら、何事もおっくうになりつつあるサメの重い腰もすぐに
持ち上がるというもの。
まずは、オープニングの曲が良かった。インド音楽で「チャイヤ・チャイヤ」という。
あまりに良くてサメは涙ぐんでしまった。こんなに心にしみわたる音楽は
ひさしぶり。

ところで、かんじんの内容。標準以上の出来なのは、わかるのだが、何か
物足りない。

それに映画のテンポだろうか?
見終わった女性が連れに語っていた。「もうちょっと、ポン!ポン!とさ、
ポップコーンがはじけるみたいにストーリーが踊ってくれたらいいんだけど、
ちょっとわたしにはこの映画トロすぎ。」

インサイド・マンはサメとしては、75点。
http://same.finito-web.com/
投稿者:ローランド投稿日:2006-06-22 23:28:01
 ニューヨークには、一般市民のなかにもどんな狄雄爿瓩眤靴辰
いるってことですかね。

 観終わってから反芻すると、ああなるほど、上手くできた映画だなっ
て思えるのだけど、何かいまひとつ満足感が無かったのは何なのかな
って気持ちは、下の人の「全体にピントの甘い・・・・」の表現がぴっ
たり嵌ってました。

 それにしてもウィレム・デフォーの個性の強い顔、
どうしてもここでの役とは反対の暴走族のリーダーを思い出してしま
う。困ったなぁ・・・・(笑)。
投稿者:ノディオ投稿日:2006-06-22 18:21:21
【ネタバレ注意】

タイトルから「内通者」とか「内部犯行」とか連想していたら・・・
あらそういうことだったの〜と納得。スパイク・リーにはもっと娯楽映画
とって欲しい。NY流にクールにキメたケイパー映画の佳作。
エンドロールのヤンキースのロゴ承認のクレジットが笑える。

投稿者:龍勝利投稿日:2006-06-21 11:19:30
主役二人はもとより、大好きなジョディ・フォスターにウィレム・デフォーまでいて、自分にとって豪華なキャスティングが嬉しい。トラップ大佐もいいしね。ただし、よくできた話ながら、全体にピントの甘い写真を見ている感じが否めず、とてももったいない気分。
投稿者:ウッキ〜投稿日:2006-06-19 04:13:11
【ネタバレ注意】

派手な銃撃戦などバリバリのアクションものを期待して観に行ったのですが
なくてちょっと残念… 
でも、クライブ・オーウェンから始まり、人質(犯人グループを含む)の
事情聴取など、合い間合い間に入れ、最後に「あ〜、納得」的なところがあって
作品の作りに感心しました。

>骨壷さん
 私の勝手な解釈ではありますが、よろしかったらお聞き下さい。
 本編にもありましたが、「誰がシロで誰がクロか必ず食い違いが出てくる」
 というセリフから、犯人が複数つかまることにより、身内同士でかばい
 あえるので、結局100%怪しい人はしぼりこめないということだと思います。
また、別の解釈がありましたら、是非お聞かせ下さい。

途中掘っていた穴は、脱走時に使うもんだと思っていたのですが、本当に
トイレ用だったんですねw

投稿者:骨壷投稿日:2006-06-15 11:42:25
【ネタバレ注意】

犯人グループは、従業員と客を人質に取った挙句、
その中の3人が人質の中に紛れ込んでしまいました。
愚かにも、警察は逮捕した(客+従業員+犯人)の中から
犯人を割り出すことが出来ませんでした。
警察は、自分たちが逮捕した中に、従業員でも、客でもない者が
3人存在することに気が付かなかったのでしょうか?
まず、言うまでも無く、従業員はその身元から明らかです。
そして、客は防犯カメラに写っています。
犯人グループは銀行内に侵入すると、すぐに防犯カメラを作動不良にさせていますが、
それでも、それ以前に撮られた映像から、問題なく客を確認出来る筈です。
結局、従業員でも客でもない3人が残ります。
彼らは一体どこから現れたのだろう、と警察は考えなかったのでしょうか?
どなたか教えてください。

あと、「演説」のテープ(テープじゃないけど)を犯人の「会話」と聞き間違えるのはバカすぎませんか?

投稿者:wig-wig投稿日:2006-06-15 01:02:55
始めから映画に入り込めず、置いてけぼり状態でした。映画として何ひとつ面白くない展開が続いていましたが、それでも「何か」を期待して最後まで観たのに本当に肩透かしでした。見所は、少々ケバイ弁護士役ジョディのタイトスカートから伸びる筋肉質なふくらはぎでしょう。危うく「マドンナ」と見間違うところでした・・・
投稿者:黒美君彦投稿日:2006-06-02 12:00:46
【ネタバレ注意】

堪能した。派手なアクションや銃撃戦はないが、NYの下町で発生した銀行での人質立てこもり事件を軸に、虚々実々の駆け引きが行われる。
ストーリー展開そのものは、意外にも?ある程度予測がついたが(ひねくれた見方しか出来なくなっているのかも…悲)、役者がみなそれぞれ秀逸。
デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェン、ジョディ・フォスター、ウィレム・デフォー、クリストファー・プラマー…大スターたちが持ち味を十二分に活かしたテンポのいい作品だ。
社会派スパイク・リー監督の本領は、「事件現場の銀行」を「NY」そのものとして捉えている点にある。メインの歌はアラブ系(インド系?)だし、アルバニア語やアラブ人と呼ばれて憤慨するシーク教徒、中国人、差別主義者の警察官など、肌の色も宗教も異なる者たちが次々登場する。その混沌とした状況が面白い。

結局「血が流れる場所には投資の匂いがする」とばかりに、第二次世界大戦で巨万の富を蓄えた者への復讐が背後にあることがわかる。しかし、だとすると銀行会長はいったい今何歳なのか…。90歳を超えていないと計算が合わなくなるが(苦笑)。

そのシチュエーションから、D・ワシントンがC・オーウェンに「『狼たちの午後』観たか?」と尋ねるシーンがある。75年に公開されたシドニー・ルメット監督のこの作品では、アル・パチーノが銀行に立てこもり逃げられなくなる。「同じ状況だ」と、交渉役のキース・フレイジャーは強盗団のリーダー、ダルトン・ラッセルに告げる。
また、D・ワシントンが部長から「この間の病院の件は失態だったな」といわれるシーンがあるが、これは彼が病院に立てこもる役を演じた『ジョンQ-最後の決断-』(02年)を茶化しているのかな?(苦笑)
笑えるシーンもあり、私は十分楽しめた。

投稿者:シネマガール投稿日:2006-05-22 08:23:03
スパイク・リーってニューヨークの撮り方が段々凄くなってきた気がする。
アメリカのローカルな映画館で$3で見たけど、結構人が入ってて、笑いを誘っていた。
最後肩透かしを食らったような思いをされた方もいるようだが、自分は爽快感を味わいました。
ニューヨークが好きな方、犯罪モノを見ながらいろいろ推理するのが好きな方にお薦め。
http://cinemagirleastcoast.blog37.fc2.com/blog-entry-158.html
投稿者:くろくろ75投稿日:2006-04-26 05:54:57
序盤の展開にはゾクゾクした。緊張感のある中でのデンゼル・ワシントンの余裕のある演技も良かったと思う。ただラスト5分が・・・「それはちょっと甘すぎじゃないすかぁ?」と正直白けてしまった様な。。ああするならああするで、デンゼル・ワシントンとクライヴ・オーウェンに何かしらの因縁というか、交流があった方が納得が出来たと思う。1時間55分、緊張感のあるクライムムービーだったのが、いきなりラスト5分にオーシャンズ・イレブンになっちゃった、みたいな。
投稿者:ひとりの夜投稿日:2006-04-25 02:09:31
初めの方はすごい、ドキドキするような展開で面白かった。なかなか、手が込んでる犯人だと感心してたりして。
しかし、終盤になるにつれてサスペンスとかから、ドラマに移ったみたいな気がした。後、ちょっとした笑うようなシーンもあったけど、そういうのは、いらないんじゃないかとも思った。でも、やはりデンゼル・ワシントンやウィレム・デフォーが好きなのでよかったです。
俺は下の方とは反対で、あの役は別にジョディー・フォスターじゃなくてもよかったのでは?と思います。確かに、存在感はあるけど。
投稿者:earthblue投稿日:2006-04-15 00:26:35
銀行に押し入る→SWATやらなんやらがライトをピカピカさせて出動し包囲する、てなあたりの見せ方はゾクゾクするほどカッコいいです。
いい役者ぞろいで画面は引き締まっているし、銀行のセットも良いし、映像はとっても重厚感があり、安っぽいクライムアクションとは違います。
しかし・・
終盤の展開が・・・ 惜しい!
それにしてもジョディ・フォスターは存在感ありますね。http://blog.livedoor.jp/earthblue/
【レンタル】
 【Blu-ray】インサイド・マンレンタル有り
 【DVD】インサイド・マンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION