allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

雪に願うこと(2005)

メディア映画
上映時間112分
製作国日本
公開情報劇場公開(ビターズ・エンド)
初公開年月2006/05/20
ジャンルドラマ
傷ついた心 北海道の大地の上、
人のぬくもりに触れ、また、歩き出す――。
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,871
USED価格:¥ 1,150
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:根岸吉太郎
製作:若杉正明
エグゼクティブプ
ロデューサー:
甲斐真樹
プロデューサー:田辺順子
原作:鳴海章
『輓馬』(文藝春秋刊)
脚本:加藤正人
撮影:町田博
美術:小川富美夫
編集:川島章正
音楽:伊藤ゴロー
音楽プロデューサ
ー:
佐々木次彦
スクリプター:森直子
衣裳デザイン:小川久美子
照明:木村太朗
装飾:小池直実
録音:小野寺修
助監督:高橋正弥
出演:伊勢谷友介矢崎学
佐藤浩市矢崎威夫
小泉今日子田中晴子
吹石一恵首藤牧恵
香川照之小笠原
小澤征悦須藤
椎名桔平黒川
津川雅彦大関
でんでん藤巻保
山本浩司加藤テツヲ
岡本竜汰富永
出口哲也湯原(チン)
草笛光子矢崎静子
山崎努丹波
【解説】
 「透光の樹」の根岸吉太郎監督が、鳴海章原作の『輓馬』を映画化した感動ドラマ。人生に挫折した一人の若者が、何百キロものソリを曳き障害を越える輓馬(ばんば)のレース“ばんえい競馬”と出会い、再生していく姿を描く。主演は「CASSHERN」の伊勢谷友介。2005年の東京国際映画祭で史上初の4冠を獲得。
 東京で一度は成功を手にしたものの、経営していた貿易会社が倒産、妻にも友人たちにも去られてしまった矢崎学。彼はやむを得ず、兄・威夫を頼って故郷の北海道帯広へと戻ってきた。そして、威夫が運営する“ばんえい競馬”の厩舎で見習いとして働き始める学。彼はそこで、まるで自分と同じようにお払い箱になる寸前の馬、ウンリュウと出会うのだった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
968 7.56
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:いまそのとき投稿日:2010-02-28 13:25:55
遠雷の根岸吉太郎作品。撮影がいいですね。佐藤浩市がまさに適役。彼の最高作じゃないでしょうか。小泉今日子いいですねぇ。こういう脇役にまわってこの存在感。賄いのお母さんになりきってます。他の脇役たちもいい感じ。こんなメンバーたちが揃って久々の日本映画の良品になりました。世はデジタル時代。そんな中にあってじっくり構えた温度感のあるアナログ映画です。忘れた頃にまた見たい映画。
投稿者:ジェームス投稿日:2009-09-15 00:23:45
【ネタバレ注意】

伊勢谷友介と佐藤浩市の兄弟の葛藤が良い感じ。助演の小泉今日子も相変わらず好調。帯広のロケーションも美しい。主人公と母の対面シーンが心に残る。ただラストの主人公の選択は不満。名作になりそうだったのに惜しい。

投稿者:白猫 球子投稿日:2007-08-17 00:33:55
【ネタバレ注意】

事業に失敗し全てを失い故郷に逃げ帰った主人公が、レースに勝てず馬肉にされる寸前のばん馬「ウンリュウ」号に出会い、ウンリュウに自分の姿を重ね、レースに勝利させたいと願いながら日々を過ごすうち、少しずつ心を回復させ今後の人生の方向を見つけていく。
そんなコンセプトで撮った映画なんだろう。
が、一つ一つのエピソード(兄と主人公の関係とか女性騎手との恋愛とか主人公の母親の話、何より主人公とウンリュウとの交流)が弱い。掘り下げが浅い。中途半端だ。
当然、話の展開に説得力が欠けるという状態に陥る。
特にラストのウンリュウのレース。何故主人公がレースを観戦しに行かなかったのかが疑問で仕方がない。???で頭がいっぱいになった。スッキリしない終わり方だったなあ。

ま、個人的には競馬ファンなので馬が観れたのはよかったけどね・・・

投稿者:トウショウファルコ投稿日:2007-01-26 17:24:41
HNのトウショウファルコは、今は亡き1頭と競走馬名である。
この映画に出てくる〔ウンリュウ〕号よりもハッキリとした茶色(鹿毛)の馬体と
より白い鬣(たてがみ)が印象的で、走る姿が非常に強烈な馬だった。
ただG1レースには勝てなかった。そこまでの実力もなかった。

にわかなファンや、当てもののギャンブルとしか思えない人達には分からないと思う。
大体、レースを見ただけでは競馬なんか面白くも無い。でも・・・
裏には良くも悪くもドラマが存在している。たった1頭の馬にも多くの人達が関わる。

厩務員をしていた人の息子さんがいた。息子と言っても40歳くらいだ。
彼はその生活が嫌で堪らなかったと言う。汚く臭い父親。仕事も朝早くきつい。
彼は馬の話など興味がなかった。競馬が嫌いだった。馬券なども買ったことがない。

より地味でローカルなばんえい競馬の幼少時代を、飛び出して行った主人公の気持ちが
なんとなく分かる。一般的な成功とは無縁といっていい世界。

北海道、厩舎の生活など反吐が出ると言っていたのに、戻るしかなかった。ここしかなかった。
心を取り戻す一番の方法は、汚い下働きをして自分を見つめ直すのがいいというのを
聞いたことがある。それに太陽の光、自然の香り、時間を忘れる空間・・・

馬が好きという者もいるだろうが、行き場のない人達もいるだろう、
いろんな人が一塊になって『馬』で生活している。やり直しなんて出来るもんじゃないが
じっくりとじっくりとエネルギーが蓄えられていく。心が洗われて見つめ直すことも
出来た。これは出直しのドラマ。―基本的には好きなテーマと言える。

エピソードの繋ぎがわざとらしくもなく、恋愛話などを抑えて好感が持てる。
ただ最後が弱い気がする。あそこでカメラを、編集を止めてはいけないと思う。
ありきたりだけれど、カメラを車に乗せ主人公の学と同じ速さで斜め前から追って欲しい。
強い意志、リフレッシュされた晴々した顔を撮ってほしい。力強い歩きを撮って欲しい。

ウンリュウ号はきっと勝っただろうが、どうでもいいこと・・・その後を撮って欲しい。
出直そうと出て行った者を祝し、刺激も受けたであろう厩舎の人達。
まだ陽が上がらない時間に、汗を流し働き、新たな一日を生きる人達を撮って欲しかった。




投稿者:ヨシ投稿日:2006-06-12 03:43:32
【ネタバレ注意】

じわじわと心にしみてくるような作品。
ハリウッド的は派手さはないが、邦画の持ち味というのはこうなんじゃないかと感じる作品で悪くはないと思う。
 東京で起こした会社が失敗して、兄のつてを頼って北海道の実家に帰ってきた男が、兄の運営するばんえい競馬の厩舎の仕事をしながら再び立ち直ってく話。
 主演の伊勢谷君は「キャシャーン」よりも自分の背丈に合った役をうまく演じている気がしました。
 ただ、映画としてみるならもっと話に起伏がないと厳しいなあと思います。
東京から地元帯広に帰ってきた主人公に対して、最初いい印象を持っておらず、騎手になろうとしてるトミーというキャラがいて、吹石一恵が演じる名騎手だったが突如いなくなった父といつも比較されることにコンプレックスを持ってるヒロインに少し気があるという設定があるなら、そのヒロインとデートしたりする主人公と三角関係になるとか、もう少しドラマを盛り上げる工夫がないと2時間を飽きさせずに見せるのは厳しいし、ヤマがたくさんあるハリウッド映画になれた観客には退屈に映るかも。
 また、落ちこぼれ馬ウンリュウのレースにみんなそれぞれの思いを賭けてるクライマックスであるのに、そこが比較的淡々と描かれていたのも原作の小説ならともかく、映像がある映画ではそこにむかって盛り上げてくように作るべきではないかと思いました。

個人的に印象が残っているのは、主人公が地元に帰ってきてからずっと会いたいと思っていた老人ホーム暮らしの母親にあいに行くシーンで、再会したもののボケが進んでいて自分の記憶がなくなっていたところです。

PS.冬の北海道を舞台にしてるのに、上映時期が夏というのは何か季節はずれ な気がする。

投稿者:サクラインク投稿日:2006-06-10 21:35:10
物語の分かり易さという点では小栗康平の『泥の川』を想起させる。
ラストはちょっと弱かったかなあ・・・残念だが。

佐藤浩市と吹石一恵は上手いね。
投稿者:wig-wig投稿日:2006-06-07 20:58:44
主人公の青年とウンリュウなる馬が共に再生していく静かな演出に、度々目頭が熱くなりました。馬の息やその身体から立ちのぼる湯気が美しく、生命力に溢れていました。佐藤浩市は文句無く巧いのに、端整な伊勢谷君は声がふわふわ軽くてセリフ回しもぎこちなく少々残念。それに母校の校歌を全部忘れている私は、想いのほか感傷的になってしまいました。
投稿者:黒美君彦投稿日:2006-06-07 12:35:13
まさに「端正な」という表現が的確な作品。
原作は帯広在住の作家、鳴海章の小説『輓馬』。ばんえい競馬の厩舎を舞台に、調教師の兄、東京から逃れてきた弟と周辺の人々が織りなす人間ドラマだ。
馬たちの白い息が霧のように漂う早朝の馬場や、湖に沈んでいることの多い崩れたアーチ橋(上士幌町にあるらしいが)…美しい風景にふっと息を呑む。
個人的に大ファンの佐藤浩市をはじめ俳優陣も充実。吹石一恵のお嬢様系を超える頑張りもよかった。
…ではあるが、物語が予告編を超えなかった、というところに若干不満が。
破綻のない予定調和については賛否両論あるように思うが、予告編のままというのもどうかと(苦笑)。
地方の厳しい現実もまた散りばめて欲しかった気もするのだ。北海道の文化遺産を見せるだけでなく、都会に暮してきた男の苛立ちをもっと地元の人間にぶつけて欲しかったような…。
決して悪くはないのだが、その意味で惜しい作品でもある。
投稿者:SpunTo投稿日:2006-05-14 00:39:15
渋くて、深く味わいのある作品でした。
力強い馬たちの姿ー馬の体から立ち上る湯気と北海道の厳寒の風景が混じり合ってなんとも幻想的な映像が忘れられません。
佐藤浩市さんの兄と伊勢谷友介さんの弟を中心に淡々と進むお話。観客を驚かすようなハデな出来事があるわけじゃないんです。終わり方も「あれ?これでいいの?」と思ったんですが、なんと後からじわじわと思い出し、心の中をぐるぐる掻き回しました。
人間には色んな生き方があり、色々な人間がいる・・・自分は?
私にとって忘れられない美しい一本の映画になりました。
投稿者:Longisland投稿日:2006-04-11 21:37:14
北海道の自然とそこに生きる人々を丁寧に描いた作品。 田舎を捨て都会で成功を夢見た弟と地元で生きる兄の対比、牧場での日常生活の描写、は丁寧で魅せられるが兄弟をとりまく女性が平凡。
演出、映像、構成力、どれもベテラン監督の上手さを感じるものの、観終わった後すぐ忘れてしまいそうな端麗な作品。
観客の感情を打つ力が感じられなかった。
現在夥しく制作・公開される邦画群の中では良作に分類されるんだろうが、
東京国際映画祭コンペ作品賞&監督賞受賞・・・個人的には? 

舞台となった北海道先行上映なんだ(笑 東京では今年の夏公開。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 東京サクラグランプリ 
 ■ 最優秀監督賞根岸吉太郎 
 ■ 最優秀男優賞佐藤浩市 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】雪に願うこと プレミアム・エディション2006/11/10\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】雪に願うことレンタル有り
【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION