allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

大帝の剣(2006)

メディア映画
上映時間110分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月2007/04/07
ジャンルSF/時代劇/アクション
地球じゃせまい! 目指すは宇宙!
面白ければ、それでいい!!
大帝の剣 [DVD]
価格:¥ 2,803
USED価格:¥ 1,638
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:堤幸彦
製作:浜村弘一
坂上順
石黒吉貞
渡辺純一
亀山慶二
企画:青柳昌行
遠藤茂行
梅沢道彦
伊藤満
原作:夢枕獏
『大帝の剣』(角川文庫刊)
脚本:天沢彰
キャラクターデザ
イン:
天野喜孝
撮影:唐沢悟
美術監督:稲垣尚夫
音楽:見岳章
主題歌:GLAY
『鼓動』
VFXスーパーバ
イザー:
升元大治
語り:江守徹
照明:木村明夫
録音:田中靖志
監督補:木村ひさし
出演:阿部寛万源九郎
長谷川京子
宮藤官九郎佐助
黒木メイサ牡丹
竹内力破顔坊
大倉孝二手妻の藤次
六平直政黒虫
杉本彩姫夜叉
遠藤憲一権三
津川雅彦あやかた様
本田博太郎霧の才蔵
前田愛
船木誠勝
徳井優
野添義弘
犬山イヌコ
谷口高史
諏訪太朗
法福法彦
中津留章仁
林泰勇騎
阿部進之介
【解説】
 夢枕獏の同名伝奇時代小説を「トリック」シリーズの堤幸彦監督が映画化した破天荒なSF時代劇アクション。主演は阿部寛と長谷川京子、共演に宮藤官九郎。持ち主に絶大な力を授けるといわれる“三種の神器”をめぐって繰り広げられる争奪戦がコミカルなタッチで描かれる。
 徳川三代将軍家光の時代、並はずれた大男・万源九郎が手にしている大剣は、謎の地球外金属オリハルコンで作られた“三種の神器”の1つ“大帝の剣”。3つの神器全てを手にした者は世界をも征する強大な力を持つと言われている。万源九郎は亡き祖父の命により、三種の神器を本来持つべき者に届けるため、残りの2つ“闘神の独杵鈷”と“ゆだの十字架”を求めて旅を続けていた。やがて彼は、豊臣の血を引く麗しき姫・舞と出会い、旅を共にすることに。ところが、舞にはオリハルコンを狙う宇宙人が寄生していた。さらに、豊臣根絶を目論む徳川の刺客・破顔坊も三種の神器を狙って怪しく蠢くのだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
29 4.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 15:57:59
長谷川京子
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2008-12-21 20:45:55
【ネタバレ注意】

黒木メイサ。

可愛い〜(こういうキャラだったのか…)長谷川京子。

ぶっとび伝奇時代劇「ZIPANG ジパング」が好きな人は(っていないか…)是非どうぞ。

先ず、この物語は死んだ筈の真田幸村やら、カレやら、妖術を操る忍者が出てきたり、家光の時代云々やらって時代劇っぽく思われがちかもだが「グッドエイリアンとバッドエイリアンの殺し合い」ってのがストーリーの大本に横たわっている物語ではないかと〜つまりが「SF」です。

あれ、マジで竹内力が演ってるの?〜凄いね。
クドカンか〜まぁ格好悪いけど良い人な役だね(但し俊足が自慢)。
冒頭、前田愛の金持ちで強気キャラが美味しい…ってか凄いチョイ役。
まぁ主役は濃いキャラ全開な阿部寛って事で、後は津川雅彦すら引き立て役であろうかと。

いやまぁ人間に取り付いて支配するエイリアンと妖怪(化け物?)の様な忍者、大雑把で格好良いヒーローと世を忍ぶお姫様、はたまたその忍者衆が殺したり殺されたり生き返ったりしてバトルを繰り広げるっつー怪獣映画?っー意味では結構面白いんじゃないか?とは思いますがね。ラストは塩の砂漠が宇宙船と化して、西遊記の様に化け物退治しながらチベットを行く彼らが…

コミカルなエイリアンバトルin時代劇〜とりあえず阿部ファン、長谷川ファンはチェックして損はなし。

投稿者:aaf投稿日:2008-11-16 22:38:44
堤監督の作品のようですが興行的にはオオゴケした
ようですね。最終興収がわからないのですが3億くらい
でしょうか?
内容の方も評判が随分と悪いようで評論もボロボロのよう
ですね。
ですがDVDで視聴させて頂きましたが原作を私は全然知りませんが
先の展開が全く読めなくて奇想天外なストーリ展開は面白かったです。

この先、いったいどーなるんだろうとワクワクして見てました。
私が子供っぽい性なのかな?

日本ではこういうバカっぽい映画って文化的に下に見られて
まともに評価する土台がないようですね。
こんな下らないもので笑うなんてアホだ。どこが面白いんだ?
ってことなんでしょう。

3つのオリハルコンで三角陣をつくって攻撃するところ
なんかウイングマンですよね。
いやーセンスあるわ。
ハセキョーの二重人格を演じるあたりも
「弾けてない」とか評価もボロボロのようですが
そりゃ的はずれだろーって思いますけどね。
ハセキョーに演技力なんて求めるなんてアホですか?
あれはハセキョーが演じる二重人格なんですよ。
その愛らしさを笑うところなんです。
可愛さを愛でる目がないのかね?

阿部寛の演じる役だってこの役を彼以外の誰が出来るって
いうんですか?役者の特徴が脚本によく活かされていますよ。

結局、こういうばかげたSF時代劇風無国籍映画を
アホが見るモンだって言う目で評論するからだと
思います。

純粋に面白くないならそう言えば良いことで
好き嫌いも当然あるでしょう。この映画は日本では
向いていないってことだと思いますが
作品の出来は良いですよ。十分面白いです。

それにお金を払う文化がないってだけの話です。
投稿者:ASH投稿日:2008-04-24 21:20:20
【ネタバレ注意】

 江守徹の語り、コレが筋を説明してくれるもんだから分りやすいったらありゃしない。最近の観客は頭の悪い人が多いから、こういう風に説明してあげないと筋に追いつけなくなっちまうだろ?、とでも言わんばかり。要するに説明過多なんだよ。観客に考える余地を与えていないとでも言おうか。TV世代向けに作られているんだろうなぁ…。

 まあ、それはさておき、ハチャメチャな映画にしようとしている意図はよぉ〜く分った。こういう映画には、このくらい荒唐無稽にした方がいいのは充分、承知しているつもりだよ。冒頭の、宇宙船のバトルなんか邦画のくせにしちゃー結構な迫力だよ。ただね、身も蓋もない言い方だけど、どのギャグも僕にはわざとらしさの方が鼻について、どうにもシラケちまうんだよ。

 CGを使って漫画みたいない映画にしていることをとやかく言うつもりはないし、役者の演技についてもとやかく言うつもりもない。夢枕獏の原作がこんなにハチャメチャなのかどうかは知らんが、ふざけた映画は嫌いじゃないが、画面の中のおふざけが素直に愉しめないんだよなぁ。堤幸彦(やくみつる似)が嫌いという個人的な偏見が相当、根深いだけなんだろうけど…。

 それにしても、阿部ちゃん、こういう無骨な男が似合うねぇ〜。構えが何気にカッコいいから、さすがだわ。ハセキョーは元々表情に乏しい人だから、こういうお姫様みたいな役はピッタリ。ただ、この映画における崩れっぷりは、見ていて少々辛いところがあるのも事実。でもま、ハセキョーお得意(?)の、キッと睨んだ表情がふんだんに出てくるんで、そこは満足よ。

 クドカンてさぁ、なぁ〜んかムカつくんだよねぇ。素人みたいな演技は、別にど〜だっていいんだけどさぁ…。でも、佐助って、ずっと幼少から慕っていた姫様を、後から来た無礼な男に盗られちゃうなんて、彼の気持ちを考えると哀しいわなぁ…。

 それはそうと、せっかく杉本彩を出すんならもっと脱がせろっつーの!!(オイオイ)。「体が疼きますわぁ」に、納得!

投稿者:ドミニク投稿日:2007-04-10 23:34:34
原作のファン向けなのか。主役の阿部さんを想定したのだろうか。どんな理由にせよ、すごいよ。マーケティングしているのかいな。決して、阿部さん、嫌いではないのだが、彼の主役でこういう映画が受けると思う映画人がいることがすごい。作品というより、興行成績の行方の方が気になる。
投稿者:まくらK投稿日:2007-04-09 08:59:24
ややこしい。
くだらなく作るならもっとくだらなくして。
あの着ぐるみ感バリバリの肌。
レベル低いにもほどがある。
最後寝てました
投稿者:きゃる投稿日:2007-04-08 00:19:27
はい、遊園地のヒーローショーを見ているようでした。
傷がないのに血しぶき、源九郎のヒゲが伸びたり引っ込んだり
雑な点が多いのも、「映画」としては落第点かも。でも、
気楽に観れるし、しょうもない笑いもあって
あ・ら・ら・ら・ら・ら〜、と最後まで飽きずに観れましたw
投稿者:satokunn投稿日:2007-04-07 13:42:11
獏さんの本はほとんど読んでいます。大帝の剣は久しぶりに続きが出たそうで楽しみです。しかしこの映画は、仮面ライダーやなんとかレンジャーのようで、おじさんには辛かった。子供じゃないんだから、大人が観ても面白いといえるものを創って欲しかった。色っぽい黒木メイサの牡丹ももっと見せ場があれば良かった。もう、邦画はこりごりです。
投稿者:BLADE投稿日:2007-03-27 00:33:31
試写会で一足早く見た。

CG使いまくりで、レベルも日本の特撮の大して変わらない。
本当に金かければ、もっともっと面白くなるだろうが、そこが
邦画の限界だな。ハリウッド映画は海外に大々的に宣伝できる=
120億近くかけても元取れるのとは、大違い。
出演人も、官九郎が明らかに役になりきれてない感がある。
大倉は、あの出番ですごい存在感がある。絶対いくつかあるボケは
本人のアドリブだろう。
なにやら続編作る終わり方だったな。阿部寛のキャラ良いから、
たぶん作るだろうね。
投稿者:痛風投稿日:2007-03-21 19:42:31
竜頭蛇尾。
【サウンド】
『鼓動』
歌 :GLAY
【レンタル】
 【DVD】大帝の剣レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION