allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

レディ・イン・ザ・ウォーター(2006)

LADY IN THE WATER

メディア映画
上映時間110分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2006/09/30
ジャンルファンタジー/ドラマ/ミステリー
「急いで。ハッピーエンドまで、もう時間がないわ」
レディ・イン・ザ・ウォーター [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,500
価格:¥ 1,391
USED価格:¥ 1,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 「シックス・センス」「ヴィレッジ」のM・ナイト・シャマラン監督が贈るミステリアスなファンタジー・ストーリー。単調な毎日を送る平凡な男が、謎の美女との遭遇を境に、不可思議で危険な事態に巻き込まれていく。主演は「サイドウェイ」「シンデレラマン」のポール・ジアマッティ、共演に「ヴィレッジ」のブライス・ダラス・ハワード。
 ごく普通のアパート“コーブ・アパート”の管理人クリーブランド・ヒープは、廊下の掃除や電球の交換をするだけの単調な毎日を送っていた。ところがある晩、中庭のプールでストーリーと名乗る謎めいた女性と遭遇する。彼女は水の精“ナーフ”という存在で、“青い世界”からある目的のために人間界にやって来たという。やがて、クリーブランドは韓国系親子が語るおとぎ話をヒントに謎を紐解き始める。そんな中、ストーリーが“青い世界”へ戻ることを阻止しようとする恐ろしい怪物が現われる。クリーブランドは住民たちの協力を得て謎解きを進めながら、ストーリーが無事に戻れるよう懸命に奔走するのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1995 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-30 20:38:29
途中で観るのを中断したくなるほどつまらない。
投稿者:McQueeeeeN投稿日:2014-04-18 02:40:51
物語の進行が一方的で、途中、ついていけなくなりますなぁ...。
それまで流暢にしゃべっていたストーリーが急に手話で話してしまったり、都合のいいように“おとぎ話を”変更してみたりと、作りが粗いです。
ただ、ポール・ジアマッティはすこぶる良いし、往年のメアリー・ベス・ハートにも出会えた映画。
冒頭に出て来た壁画みたいなイラストを使った導入はけっこう好きだったな...。
ただ、シャマラン本人があんなに重要な役で出演してはいけないよ。
目立ちたがり屋と言われてもしかたないなぁ..。
投稿者:zzz投稿日:2013-12-21 02:15:03
rubbish
投稿者:こじか投稿日:2013-07-30 21:27:04
【ネタバレ注意】

もはや余裕さえ漂うシャマラン節。
イソップかアンデルセンか、シャマランかの次元。

投稿者:has42120投稿日:2010-08-20 12:55:42
ブライス・ダラス・ハワード
投稿者:なちら投稿日:2010-06-21 22:21:22
転居とネットの不通がワンセットってのはどうにかならんのかい。
田舎だから仕方ないんだけど、光に換えてようやく再開できたよー。

シャマランは気になる監督の一人。彼の思惑通り?に煽られてこっちも楽しむ訳よ。
今回はガッカリ比が多いけど。
説明チックで「へー」か「えぇ〜?」しか思わないよ。子供なら騙せるだろうけどさ。

てゆーか、子供の為に創作した物語の映画化で自分の死の予告を盛り込むとは、ちっと残酷な父じゃないんかね?
家族って様々だね〜。
投稿者:uptail投稿日:2009-09-17 22:36:13
ブライス・ダラス・ハワード
投稿者:ハッピーm投稿日:2008-07-02 13:59:18
【ネタバレ注意】

子供向けのおとぎ話が元かと思うと納得です。 絵本にしてもきっと面白いと思います。 映画となると、時代設定や異次元のお話にした方がかえって説得力があったかのようにも思いますが、、、  隠れて襲うタイミングを伺っている大きな犬なんて、子供が暗闇を恐れるブギーマンみたいなものだし、プールの下の妖精の住処なんて子供心をくすぐる夢の溢れる設定。  場面がアパートの部屋、廊下、プールしか出てこないのに、狭い世界観でないのはさすがといった感じでした。  一つ一つは面白いのだから、もう一ひねり欲しかったですね。  これはこれで面白いけど、、意外と多い登場人物の背景が少し浅すぎる感も否めないし。  次回に期待したいです。

投稿者:ichiro投稿日:2008-06-24 18:45:34
シャマランの作品は全部見てるし、例え誰がどんなにコケにしようと自分は気に入ってたけど、これだけは失敗作と言わざるを得ない。ほんっとに面白くないもん。ハプニングは期待してます。。。
投稿者:かさみや投稿日:2008-06-18 03:19:59
【ネタバレ注意】

この人の作品は独特な感じで自分もシャシャリでてくるから、正直、好きではない。
でも、この作品は奇をてらい過ぎた作品に比べれば、最後まで素直にそのままといった感じ。コンセプトそのものが子供に聞かせたとのことでそういうふうに観れば、それほど、酷評ものの作品とは思えない。この人なりにマニア向けの作品でない映画を作ったにすぎないのでは。
ちなみに、予告編はすごくキレイに明るく作っているようだ。

投稿者:ジーナ投稿日:2008-06-13 00:22:45
【ネタバレ注意】

ブライス・ダラス・ハワードの無防備な姿が気になって気になって集中できなかった(笑)

ファンタジックなストーリーに中国?の昔話は違和感あったし、住人たちが妖精やら何やらをすんなり受け入れて協力し行動していく展開には正直温度差を感じました。
秘密の計画といい団結力といい、おとぎ話風というよりは宗教臭い感じがしましたね(爆)
だから、ところどころ退屈してしまいました。
もう少し抑揚ある演出、構成で無駄を省いてくれたら違ったかな。

サスペンス的な雰囲気やクリーチャー、孤独な中年を演じたポール・ジアマッティなど良かった点もあるのですが・・・。

おそらくシャマラン監督の深い思いやメッセージのある作品なのでしょうが、私は最初から最後まで無防備な妖精に目が釘付けだったので深い部分を感じる暇がありませんでした(笑)

投稿者:sflover投稿日:2008-05-18 18:27:51
「The Village」で好演してたブライス・D・ハワードが今回は何と魅力的でないこと。
まあ彼女をあの役に仕立てるには他の美女を出演させてはならんけどね。
あの管理人の滑舌が悪い演技が下手でその度に冷めるし。

別にひねりもドンデン返しもなくても全然いいんだけど、
最初から最後までただの御伽噺ならアンタのファンタジーはいらんって。
ハリーポッター見るよ。(←実は興味ないから見たことない)

見て考えさせられる映画はたくさんあるけどね、
だからと言ってそれを見て悟られず「面白くない」と言う者は見る権利なしって何?
映画は観客のために作られ観客によって成り立ってるんだから、作り手の奥深い思惑なんて知らんがな。
テストじゃないんだし。

映画は娯楽なんだから見て楽しければそれで良いし、合わないならしょーもなって思うのは当然。娯楽として見てるんだからさ。
だからといってシャラマン監督を否定する訳でもない。「The Sixth Sense」や「The Village」は個人的に好きだし。
ただこの映画を見て悟れって言うならその道の頂点を極めた人の本を読む方がよっぽどためになる。

僕は眠かっただけです。
投稿者:lostinlord投稿日:2008-04-20 11:53:28
の住人になる必要がある、と上手いことをおっしゃる方が下にいましたが、まさにその通りだなーと思いました。
ご都合主義とか目を瞑れば、…うーん、それでもこの映画は、面白くなかったな^^;
シックスセンス以降の二作品、アンブレイ〜とサインはまだよかったのですが、ヴィレッジとこれには魅力を感じず、レディ〜に関しては、子供が観るには丁度いいんじゃないの、と、あんまりな感想しか持てませんでした。
投稿者:paris1895投稿日:2008-04-05 05:12:23
世紀末に誕生したこの監督は、臆面もなくヒッチコックへの敬愛をトリュフォーよりもより着実に押し進めて映画を形作っている点で、ただのB級テイストの映画をつくる映画作家ではない事は自明だ。

 しかし、簡単に世紀末というが、果たしてそうでいいのだろうか。
正確にいうならば、1995年こそが映画の世紀末であり、シャマランはそれから3年も遅れて映画を撮ってしまったのだから、随分と遅れて来てしまった映画作家のようだ。
 彼は世紀末に誕生したのではなく、映画の新世紀に登場したというべきであり、アメリカン・ミレニアム・シネマたる名称を与えられるに相応しい年代に映画を撮ってしまったものたちの中に、含まれる由縁でもある。

 断言しよう。
この映画を面白くないと思うものは、映画を見れていない。否、見る権利を与えられていない。
 物語が稚拙で、ご都合主義で、展開が緩慢で、などといった声が聞こえて来そうだが、ならば、われわれもこう答えよう。
 オープニングクレジットで物語の全貌を匂わせる大胆さは見事なまでで、新たな住人を他の住人に紹介する件の後の伏線となるのは拍手ものであり、ファーストカットの展開は実に活劇的で、あると。

 クリストファー・ドイルによる不用意な手持ちカメラによる違和感は多少あれど、それも決してこの映画の魅力を消しきるまでには及んでいない。
 
 いま一度断言しよう。
この映画は、見事だ。
投稿者:spink投稿日:2008-01-06 21:38:42
映画の文法を逆手に取ったり、軽やかに飛び越えたり、逆にそれが足枷になってなかなか正当路線の映画が撮れない窮屈さを感じたね。
投稿者:duke投稿日:2007-11-03 19:40:22
【ネタバレ注意】

人生の目的を失った人々、見つけずにいる人々が、ある日海の精との出逢いをきっかけに世界の平和に携っている事を知る。一人の人間が全てに影響を及ぼすというストーリーの言葉。自分の人生これから何があるかわからない、まだまだ捨てたもんじゃない・・・そんな気分にさせてくれる大人のお伽話。シャマランて純粋なんだろうなぁ。メイキングで観たけど、ラストにストーリーが飛び立つ寸前、クリーブラントに「一緒にいたい、どこかにかくれましょう。」という台詞があったようだ。最後に恋心を思わせる、このシーンをカットしたのは、あくまで人間愛がテーマの物話に徹したかったのだろうか。自分個人としてはカットして欲しくなかったと思う。その方がたとえ辛くてもストーリーを帰らせる事を選ぶであろうクリーブランドがすくわれる。やっぱりブライス・ダラス・ハワードいいと思う。この役も他に考えられない。

投稿者:りちゃちゃ投稿日:2007-10-17 19:12:35
かつらをかぶったロン・ハワードが気になって集中できなかった。作り手だけが必死になっても観ている側がしらけた気分になれば不出来としかいいようがない。ひとまず普通の映画を作って出直してほしい。
投稿者:kouseikeishi投稿日:2007-10-09 10:46:23
「シックス・センス」を除くと以降の作品はこおどしが強く底の浅い印象の映画ばかりだった。全部観てるけどね。この映画もまだこけおどしが匂う。もっと素直に撮れないものか。観客を意識しすぎだ。観客の視点を自由自在に操れたのは世界映画史上アルフレッド・ヒッチコックただ1人だ。それをやろうとはおこがましい。映画話法に関してはいいものを持っているのに。自分に素直になって本当に撮りたいものを撮ってみらばいい。その日は来るだろうか?
投稿者:irony投稿日:2007-10-01 17:44:05
 どれだけシャマランは映画評論家に恨みがあるのだろうか?彼が提示する意見は悉くハズレ…挙句はアイロニカルな13日の歓迎パーティーで虐殺されて…。(もしかしてこの日は金曜日か?)その報復がラジーノミニーですかね?
 いつもはチラっとし登場しないシャマランだが、この作品では『器』として登場する ある意味宣言しちゃってる訳だ…人に影響を与え世界を変える種子として…今後の作品が楽しみだ(いい意味でね)
投稿者:ちんちら投稿日:2007-09-06 22:20:52
【ネタバレ注意】

今年初めの頃だったか、「世界一美しい死体」というキャッチフレーズだけが頭に残っていて TSUTAYAで新作落ちしたタイミングで借りました。
見る前のイメージは、キャッチフレーズと「ブライス・ダラス・ハワード」のポスターから、「ツイン・ピークス」のイメージでした。
でも始まってすぐにこの映画がファンタジー映画であることがわかりました。

「ブライス・ダラス・ハワード」を美女と評論家が書きますが、私はこの作品を見る限りそうは感じませんでした。
「ヴィレッジ」という映画はかなり好きな映画なのですが、主演が彼女とは先ほどしりました。ちょっと素朴な感じを受ける女性で、今回は人から少しずれている感じ。ただ、そこがこの映画のいいところだと思って見ていました。

この映画は美男・美女で固めません。すごく、すごく、個性的な人間を配置しているのです。特に印象に残るのが、韓国系?(中国系かと思ったよ)の母娘。映画あらすじはどんどん忘れていっても最後までこの演出だけは忘れないと思います。
その他にも盛りだくさん。レジーの体を半分鍛えていることとか。
芝生の化け物「スクラント」もとても良かったです。最後の方まで全容がわからず、私にとってはああいうのがいかにも魔物って感じです。だって、ポンと質感たっぷりで出てこられたらただの奇形か宇宙人でしょ?考えてみるとああいう魔物らしい魔物な演出をしている映画はあまり記憶にない。

そう、人の属性は表面的なものではない。内なるその人のコアな部分をのぞき見てようやくその人の本当の属性を知ることができる。子供もガーディアンも。魂の属性といったらいいのか。その辺のセンスもいいものを持っていると思ったし、タートゥティックが自分の両親を殺すような恐ろしい奴なのに、その力だけが認められて掟の番人となっているところも、いかにもどこかの民族が伝承する神話っぽくて私にはファンタジーとしてのリアリティを感じることがでまきした。
最後はハッピーエンドだしなかなか「いい」という感じで見終わることができたし、割と誰にでもお勧めできる映画かな、と私は思いました。

最後に一言、タートゥティックよ、お前は掟の万人なのだ、監督の制止など無視してもっと早く現れよ、といいたい。
http://chinchila4.blog76.fc2.com/blog-category-8.html

投稿者:ASH投稿日:2007-08-04 18:08:51
【ネタバレ注意】

 そうねぇ、シャマランの映画を観るときには、彼の描くシャマラン・ワールドの住人になる必要があるよねぇ。アイツが描く世界観への同化、これが必要だったりなんかして。でもま、冷静に考えれば、こんなにふざけた設定でお話を進めちゃうのも、いい度胸してるよなぁ。誰もが思う、説得力の大いなる欠落…だよねぇ。

 で、せっかくなんで、多少のいい加減な設定やご都合主義には眼をつぶって、いや、いっそそれらを楽しんで観ちゃうと、コレが案外オモロかったりするのよ。ストーリーがあのアパートのプールにやって来て、大切なメッセージを伝えて、クリーブランド以下住民の力を借りて元の世界へ帰る。なんとも住民たちにすればハタ迷惑な話だが、あいつらみんな暇そうじゃん。あまり人生に目的がなさそうな連中が、一時だけでも力を合わせてひとつの目標を遂行させる。日常ではあまり必要でない知識や能力が、ここでは役立ったというわけだ。

 そんなわけで、僕はクリーブランドが一生懸命、ストーリーを元の世界へ返そうと奮闘する姿に、なぜか拳を握って応援していた。つまり、僕もほんの一瞬だけシャマラン・ワールドの住人になれたということだな。

 シャマラン作品を観るときの他の注意事項は、体調が悪いとき、睡眠不足のときは避けること。たるんたるんの展開に、眠るゾ! でも、時々大きな音で観客をびっくりさせて揺り起こす。上手いです!

 しかし、すごい小さなアパートかと思ってたら、終盤近くに出てくるパーティのシーンで、住民たちが結構たくさんいるのには驚いた。住民以外の招待客が含まれているとはいえ、あんなに広いアパートだったんだなぁ。

 映画評論家のオッサンを殺すのは、シャマランの私怨、それは間違いないでしょう。また、バラバンが小憎たらしいオッサンを演じているんで笑っちゃう。ジアマッティはやっぱ上手いです。それから、ブライスちゃん、やっぱりあんたは妖精と呼ぶには無理があると、僕も思いますよん。

 シャマラン作品にほぼ必ず出てくる、ドアノブがカタカタと動くシーン、やっぱりあった!

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-05-20 21:01:08
【ネタバレ注意】

素晴らしい映像〜ファンタジーなストーリー。
シャマランの世界は僕と「相性が良い」みたい…なので、実に楽しいし、泣けるし、眠くなるムービーでは有り得ない。
CG?…楽しいじゃん。
まぁこんな伝説(ルール?)を創り出す事自体素晴らしいし、役者達は実に魅力的に役柄を演じている。条件に当てはまる人を探すのだが、実は何かが当てはまるからといって、その人とは断定出来るものでは無いのだな。僕らはそういう勘違いを日々している、って訳。(人は飾るものだしね〜あの「通訳」を断定する男のように)
管理人は惨劇の被害者。医者も廃業しちゃってる。まぁ縁の下の便利屋として、日々住民の為に仕事をしてるのだが、まぁ癒しのムービーって側面もあるね。
あの伝説を理解した僕らは彼らと一緒にストーリーを送り返そうと思うのだが、音楽は流れず、鏡は無くなり、彼女の命までもが…ベタっちゃーベタなのかも知れないが、やっぱりファンタジーなハッピーエンドは気持ち良し。
エンターテイメントを「与えてくれる」ムービーで、小難しい話でも何でもありません。〜だって世界を良くする水の妖精が現れて、元の世界に戻ってゆく話だよ?ティム・バートン的って言っても良いくらい。まぁコメントタイトル辺りのエピソードは、シャマランだねぇ…「命」が登場する辺りは。(でも姉の2人目の子供には逢える)

投稿者:映子投稿日:2007-05-15 11:07:39
半端じゃなく眠くなる映画、で、たまに大きな音で目が覚めるけど、ストーリがなんだかよくわからない状態に。・・・この映画のジャンルはなんなのだろう?

コメントが少ないのは、どうコメントしていいかわからないからではないかと。
私もその一人です。

別にえらそうに映画を観ている気はさらさらないのだけれど、基本的に映画は楽しむもの、あるいは感動したいもの、あるいはドキドキしたいものと思っているんですね。だから映像やセリフから何かを感じ取る時、それが監督の出すアンテナと全く合ってなければ、全然面白くない映画と感じるわけです。じゃ、観なけりゃいいと言われそうだけど、見ないとそのアンテナの具合はわからないというものです。
投稿者:aaf投稿日:2007-05-14 23:01:55
とにかく眠かった。主人公やヒロインが何をしているのか
さっぱりわからないし物語のテンポは遅いし。
眠っては巻き戻し眠っては巻き戻し。
苦行かよ。
なにか一つくらい良いところはないのかと思ってみたけど
ヒロインは可愛くないし主人公はおっさんだし。
映画に全然お金を使った形跡が見られず 出てくる登場人物が
しょぼければ敵もしょぼいっていう。
 一言でいうならPoorな映画だね。
ラジー賞らしいけどあれってもっと笑えるものに与えてよ。
それ目当てで見る人もいるんだから。マジでつまらないなんて
シャレにならん。

投稿者:リザード夫婦投稿日:2007-05-06 06:16:58
って事は、この監督の作品の評価は全世界共通なんかな?自分はこれも素直に楽しめたし、毎度ですが、感動もありましたがねえ。
まあ、映画は娯楽作品なんで、批評するのが前提な人には今後一層拒否されるんだろうけど。ってそうか、それじゃあ製作費だす人もいなくなっちゃうんか。それはやばいかなあ(まあ他人事ですが・・・)。
投稿者:亜蘭澄志投稿日:2007-04-19 02:18:42
神話や伝説が現代によみがえり,登場人物が実はその物語に重要な位置を占めている。という作品パターンはシャマランの独占ではない。諸星大二郎大先生は,昔からこの手法で物語を作っている。しかも,実際にある神話や伝説で。
自分でその御伽噺を作りたいならもっと想像力豊かな現代的な意味のある話でなければならない。主人公のトラウマもわかるし,ギルドと名づけられたアメリカのマイノリティが集まるアパートの住人の設定もよい。しかし,この映画にはあと一歩現代的な大人のオチがない。もしくは絶対的な不条理がない。料理本の内容がわからないのと同じでシャマランには,思想の中身はない。映画テクニックがあるだけである。それは,舞台のアパートがヒッチコックの裏窓にヒントを得ているであろうことや,映画の最初にアニメでネタバレをするところなどアメリカのコメディ映画の伝統をしっかり踏襲していることでわかる。
そう思って見ると今までのどの映画も主人公のトラウマなど映画に深みがあると錯覚させるテクに過ぎないことが確認できる。
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2007-03-14 17:36:04
ちょっとカッコイィお兄さんだなぁ。
…シャラマンじゃん!!!なんか男前になったなぁ♪
確かに怪物は写さないほうが良かったかも。でも飽きずに観られました。
投稿者:映画観覚投稿日:2007-02-11 22:59:50
創作者の「ストーリー」の誕生と昇華を象徴的なおとぎ話として描いた作品である。その表層に見えるのは単純なおとぎ話ではあるが―
また「ヴィレッジ」以来監督がこだわっている現代社会と共同体の概念についても描かれている。(映画観覚)http://d.hatena.ne.jp/momochiki/
投稿者:トラのひげ投稿日:2006-11-08 23:59:38
好意的な意見が多いのにまず驚いています。ガラガラの館内で見ましたが、途中で眠くて眠くて、正直全く面白くなかった。
シックス・センスが観客をドキドキさせる最上の作品だとしたら、この作品は観客を眠くさせる最上の作品ではないのか?

ひとりよがりのおとぎ話を見て楽しむ人間がどれだけいるのか、
ビデオやDVDを見てからどんな感想のコメントが増えていくのかな。・・・

投稿者:skull & rose投稿日:2006-10-31 16:28:52
外部からきた人間が、その外側からの視点と内部からの視点とを同時に捉えてしまう。シャマランの映画はいつもそういうハリウッドの説話体系に敏感で批評的なところが、居心地の悪さと同時に快感も感じさせてくれる。
私は泣いてしまった。怪物の見せ方があんなにダサイにもかかわらず、また、人々の演じる役割が全部ちぐはぐだったりするのに、だ。劇中の作家が指南する住人への役割分担(=アメリカ映画の世界観)では、もはや世界は機能しないということだろうが、そこらへんの図式的すぎる点すらジアマッティの過去からの救済というテーマのまえでは大目に見てしまう。

世界がどうなろうが知らんぷりしてハッピーエンドを作ることは簡単だろうが、このご時世にもうそこまで夢見る人間でもない。しかしそれでも映画にはハッピーエンドが必要なのだという、そんなシャマランの思いを強く感じる。
投稿者:ザ・ワールド投稿日:2006-10-21 00:07:45
【ネタバレ注意】

あらゆる意味において、宗教映画ですね。
でも、お金を払って映画館に来ている
観客を相手に「踏み絵」を挑まれても困ります。
宗教の名によらない宗教の追求ほど
タチの悪いものはありません。
比べても仕方ありませんが、その点、
パゾリーニの方がよほど真摯で率直でした。

投稿者:龍勝利投稿日:2006-10-17 09:51:14
エンド・クレジットの最後に出てくる言葉を見て得心。M・ナイト・シャマランは自分の子供達へのベッドタイム・ストーリーを映画にしてしまったわけだ。行き当たりバッタリ的な物語の流れや、散りばめられた暗号の舌足らずな解説は、子供相手のおとぎ話ならばこそ。不思議と嫌いにはなれないけれど、それに付き合わされてもなぁ。ブライス・ダラス・ハワードはますます父親に似てきたね。
投稿者:サッツー投稿日:2006-10-14 23:08:45
何かモッタイナイ出来の映画だなあ…。
多分、深夜放送の映画とかで偶然見たらめちゃめちゃ感動したと思う。
ハリウッド大作としての枠組みで見るとウ〜ンって感じの映画なんだな。
シャマラン映画を奇妙な映画としてとらえてファンが多いと思うけど、「アンブレイカブル」は別としても、「サイン」「ヴィレッジ」今作とミステリーゾーンに出てきそうな典型的な物語のパターンに則ってると思う。
実は、シャマラン演出の詰めが甘いから奇妙な映画に見えるだけじゃないのか?
偶然同じマンションに住んでいる住民が、実はある必然によって結ばれていたとかの設定も別に新しいアイデアじゃないし…。
突っ込み所満載のご都合主義を全部排除していけば、典型的なハリウッドファンタジーになる物語。
今の出来でも意外と最後まで楽しめて見れるのだから、もっと繊細に映画を作って欲しい、ただの雑な監督でしょ…。
投稿者:メンタイ投稿日:2006-10-14 19:43:10
「テトリス」からパズルゲームのほとんどが
上から降ってくるようになったと同じく、
「シックス・センス」という作品が
映画のドンデン返し歴を変えたといっても過言ではない。

ハリウッドに変な映画(いい意味)ばかり持ってくるインド人。
本当にこの監督の作品は必ず劇場で観てます。大好きです。

で、今回のテーマはおとぎ話。
正直、設定から何からご都合主義出まくりで、
「なんて物分りのいい住民の方々ぁ〜」
ってくらい好き勝手に話は進むんですが、
それが“おとぎ話”でしょ?って言われたらその通りです。

絶賛はしませんが、シャマラン好きならOKです♪http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:Leon投稿日:2006-10-13 17:30:42
まあまあ良くできた作品なのに、全くリアリティのない怪物の登場が全てをぶち壊しています。怪物の正体を見せないままこの映画をつくりあげたら、さぞかしミステリアスでファンタスティックな作品になっただろうと思うと残念です。
投稿者:quadraphonic投稿日:2006-10-12 20:33:26
すごい映画だ。
これほどまで、「映画のストーリー展開のお約束」みたいなものをブチ壊した映画は今までにないのではないか。
観客置き去りの無茶苦茶をやらざるを得なかったシャマランの心情を察すると泣けてきた。
正直、この映画を最後に「映画なんかもうや〜めた!」と言うのではないかと心配になった。

しかし、エンドクレジットの最後のメッセージで、まだまだこの人はやる気なんだなと安心した。
そう、今後シャマランの映画に興味のない奴は眠ってればいい。
私はもう一度(いや何度でも)シャマランのおとぎ話を聞きたいと思う。
投稿者:masamami投稿日:2006-10-09 00:24:02
思わせぶりなギミックだけでなぜかハリウッドで映画を造れる
変なインド人監督のこれはまれに見る究極の駄作です。
「アンブレイカブル」「サイン」「ヴィレッジ」と中身なーにもなしの
騙し映画が続いて来たが、今回はその騙しさえない、まるでカスのような
作品。そして、悪魔か狼か知らないが失笑もののダサイ造形。
それにしてもこれほど酷い映画はそんなにない。その酷さ加減を
見るだけの価値しかないのだが、そのために金を払うのは馬鹿らしい。
テレビで放送されるのを待ってみれば良いんじゃない。それでも
時間の無駄だが。
投稿者:イドの怪物投稿日:2006-10-07 14:18:01
あまり評価を期待せずに肩の力を抜いた良い作品だと思う。
良い点はヒロインを演じた女優の見事なまでの浮世離れした演出・演技とそれを取り巻く善人たちがおりなすドラマ模様。中ほどまでは感動的ですらあった。
惜しむらくラスト15分の薄さかな。
でもこの監督の作品に往年の名作TVドラマ「トワイライトゾーン」の匂いを感じるのは私だけかな。
投稿者:ぺん投稿日:2006-10-05 00:58:26
どうも、この監督はシックスセンスが妙なヒット飛ばしちゃったんで、逆に
損してる感じがするんだよなぁ。本作やサインなんかが、この監督の持ち味
出してる感じで、シックスセンスなんかは、世の中に迎合してる感がある
ような気がします。
この監督の最大の持ち味は、予定調和の表現ってところだと思うんだけど、
本作は実に良くできてると思う。本作に限らず、シャマラン作品は箱庭的な
狭量さが批評の対象になるけど、偶然を認めないわけだから、事象は尽く
狭い領域で繰り広げられるに決まってくる。
ま、本作は笑いが起こらないコメディなんで、どんでん返しのサスペンスを
見たい人は、別な作品を観るのをお勧めしますね。
投稿者:まくらK投稿日:2006-10-04 13:39:22
突然あなたは「伝説上の〜です」って言われて
そうですかって手伝う?
突然ドアの前に管理人が現れて
妙な命題の問いかけ聞かれて答える?
説得力なさすぎ。
みんなただのアレな集団しにか見えない。
正常な人間のリアクションじゃねえよ。

それにしてもなんちゅう正確な伝承。
説明長いしな。
アホやからおぼえられません。

何か想いをこめて作ってるんでしょうが
そんなもん感じるほどお人よしじゃない。
嫌いでも一回受け止めたら?
評論家の言葉。何も殺さんでも。
投稿者:敦煌投稿日:2006-10-03 00:46:37
 M・ナイト・シャマランは、もう少し自分の提示しようとする世界観を信じた
方がいい。おとぎ話を作りたいなら、本気でおとぎ話の世界をでっち上げないと。
 登場人物に「ナーフやスクラントなんておとぎ話だろ」と言わせるようでは、
観客が映画の世界に浸れるはずがない。
 な〜んて酷評を、シャマランはこれまでさんざん批評家にされてきたんだろう
なあ。本作でボブ・バラバンの演じた映画評論家は、明らかにその意趣返しだ。
 高慢な態度で「映画のストーリーやキャラクターはかくあるもの」と決めつけ
るが、言っていることは1つ残らず見当違い。最後は自己中心的な読みが外れて、
哀れ化け物の餌食・・・。これはシャマランの願望以外の何物でもないでしょ。
私も気をつけよっと。
http://homepage3.nifty.com/atsuo-m
投稿者:RRMN投稿日:2006-10-02 21:26:12
なんか楽しい。いつものグロさが無かったからかも知れない。全体に優しさが漂ってて良かった。ポールジアマッティ祭りの様。

残念だったのは場内がとても空いていた事。ヒットして欲しい。

最高だったのは外に出たら雨が降っていた事。ウキウキで濡れて帰った。
アイムインザウォーター。


追記。ブライス・ダラス・ハワードがロン・ハワードの娘と知り、驚く。
投稿者:sabu投稿日:2006-09-29 16:44:58
シャマラン流のオーソドックスでストレートなファンタジー作品。しかし、物語の浅い作品では決してない。舞台となるのはフェラデルフィアにある一つのプールつきアパート。このロケーションのみで撮影を敢行していて、それはまるでヒッチコックの『裏窓』のような作品だ。やがて主人公である管理人が、水の妖精、ストーリーを見つけ、アパートの住人達からキーマンを探し出していく。アパートという単純明快な舞台なのだけれども、まるでアパートを一つの大きな世界へと変貌させてしまうシャマランの語り口は素晴らしい。あたかも、勇者が自分の仲間達を世界の各国から見つけ出すような感覚を、一つのアパートでやってのけている。カメラワークも健在だ。物語序盤、ストーリーを見つける以前は、主人公クリーブランドをことごとくピントをぼかして映している。これはありきたりな日常を過ごす主人公の心の疲れ、現実の不透明さを描写するすばらしい演出だ。この作品の真のメッセージ、僕が個人的に感じたのは「救済」ということ。主人公は、現世に迷い込んだ水の妖精を水の世界に帰す、いわば救済することを目的としているが、終盤、ある出来事で主人公自身が、重くのしかかっていた過去から救済される。そこがまさに物語の最大の盛り上がり場面。このように物語の各エピソードをうまくリンクさせることにおいて、いまやシャマランの右に出るストーリーテラーはいないであろう。少し欲を言えば、主人公以外の登場人物のキャラクターが少し浅いような気がする。そして水の妖精を住人に信じさせる部分に説得力が足りない。しかし、ラストシーンの一番最後のラストカットは最高に素晴らしいカットだった。http://sabuchan0605-id.hp.infoseek.co.jp/index.htm
投稿者:blacus投稿日:2006-09-29 13:07:29
ナイト・シャマランの映画は『シックス・センス』は傑作、『アンブレイカブル』&『ヴィレッジ』は結構好き、『サイン』つまらない、という感想。この作品も『サイン』と同じで恐怖の対象がCGで表現された瞬間に萎えてきてしまった。クライマックスのはずの場面がまるで盛り上がらず、アンチクライマックスの連続。これまでのようなカメオ出演ならまだ可愛いで済んだものの、監督の出たがり振りは今回はさすがに許容範囲を超えている。ブライス・ダラス・ハワードの透明感ある演技と撮影クリストファー・ドイルの素晴らしい水の表現を監督がぶち壊しにしてしまった感じ。
投稿者:くろくろ75投稿日:2006-09-20 02:33:57
シックスセンス以外は、かなり好き嫌いの分かれる評価をもらう、シャマラン作品ですが、自分は結構好きです。が、この新作は・・・見ていて非常に辛かった。特にジアマッティがきつい。どうも空回りしてるような作品な印象。。
投稿者:kattachi投稿日:2006-07-31 17:36:55
【ネタバレ注意】

ジアマッティが悪戦苦闘して住民たちに妖精を信じさせ協力させるところがストーリーのツボだが、その過程でいかにも「なぞ解きでひねってみました」的な人為臭が強すぎるのがマイナス。全体のストーリーは大人のおとぎ話版「E.T.」という感じだが、妖精に対する各登場人物の思いがあまり感じられず、単なるパズルで終わっている。本来非合理な「おとぎ話」に、シャマラン的理屈付けすることにちょっとムリがあったか。「子供たちとの触れ合い」プラス「脱出アクション」というまとめ方で成功した「E.T.」に比べると多くの面で物足りない。巨大ワシにつかまって妖精が去る場面、皆との別れもあっさりしすぎて拍子抜け。シャマラン作品の中ではワーストかな。ハワードの透明感は、いかにも妖精らしい感じが出ていて魅力的だが。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト作品賞 
 ■ ワースト監督賞M・ナイト・シャマラン 
 ■ ワースト助演男優賞M・ナイト・シャマラン 
 □ ワースト脚本賞M・ナイト・シャマラン 
【レンタル】
 【Blu-ray】レディ・イン・ザ・ウォーターレンタル有り
 【DVD】レディ・イン・ザ・ウォーターレンタル有り
 【VIDEO】レディ・イン・ザ・ウォーター <日本語吹替版>レンタル有り
 【VIDEO】レディ・イン・ザ・ウォーターレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION