allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ナニー・マクフィーの魔法のステッキ(2005)

NANNY MCPHEE

メディア映画
上映時間98分
製作国アメリカ/イギリス/フランス
公開情報劇場公開(UIP)
初公開年月2006/04/15
ジャンルコメディ/ファンタジー/ファミリー
さあ、不思議の扉をあけよう!
ナニー・マクフィーの魔法のステッキ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,456
USED価格:¥ 1,050
amazon.co.jpへ

 Photos
ナニー・マクフィーの魔法のステッキナニー・マクフィーの魔法のステッキ

【解説】
 人気作家クリスティアナ・ブランドの『ふしぎなマチルダばあや』を、イギリスを代表する女優の一人、「ハワーズ・エンド」「いつか晴れた日に」のエマ・トンプソンが自ら脚本・主演を務め映画化したファミリー向けファンタジー映画。共演は「ブリジット・ジョーンズの日記」のコリン・ファース。監督は「ウェイクアップ!ネッド」のカーク・ジョーンズ。
 葬儀社に勤めるブラウン氏のわんぱくな7人の子どもたち。1年前に母親を亡くして以来、彼らの最大の楽しみは、家にやって来たナニー(乳母)へのいたずら。おかげで雇ったナニーは次から次へと辞めてしまうのだった。そんなブラウン家に、ある日新しいナニーが現われた。そのちょっと恐ろしげな容姿のこの女性こそ、伝説のナニー、マクフィーだった。魔法のステッキを持ったマクフィーが来て以来、ブラウン家では不思議なことが次々と起こり、子どもたちは大事なことを一つずつ身につけていくのだった…。
<allcinema>
【関連作品】
ナニー・マクフィーの魔法のステッキ(2005)第1作
ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ(2010)第2作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
761 8.71
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:幸村和投稿日:2009-05-07 21:46:50
【ネタバレ注意】

私もASHさんと同じく、なんでマクフィーばあやがだんだんキレイになっていくのかその意味がわからなかった。家人曰く、「イボは悪い子どもたちの象徴でそれが治ったことを意味するんじゃない」とのことだがイボ=悪いものの象徴だったとするなら、顔にイボや立体ボクロがある人、凹むなー。別にいらん演出ちゃうかなー。ま、ほかに意味があるんかもしらんが。

あと、料理人、メイド、ばあやと3人も使用人を雇う余裕がありながら子どもたちを施設に送らないといけなくなるってのも理解できないなー。もうちょっとお父さん、そっち頑張るんじゃなくて、違う方向で頑張りなさいって言いたくなるし、養えないなら家族計画キチンとしよう。生まれてしまっては仕方ないが。

となんかまたケチつけてしまったけど、それなりに良かったねと幸せな気持ちになれます。正統派のイギリスファンタジーってこういうものなんかな。
一番いいところは「自分で考えなさい」というメッセージ。これは何より大切なこと。あと、「自分の力で切り開きなさい」というのがあるともっと良かった。特にお父さん、ね。

投稿者:なちら投稿日:2007-02-23 14:33:49
小さい子にはいいと思う。
投稿者:とろりん投稿日:2006-12-08 01:09:00
飽きずに見られましたよ〜そこまで残らないと思うけどいいファミリー映画だと思います。最後の終わり方が少しさらっとしすぎてる気はするけど。コリンファースも好演してます。テレビの洋画劇場で使いやすそう・・・そのうちやるんじゃないかな。
投稿者:hira4投稿日:2006-11-13 00:18:39
【ネタバレ注意】

流し見するつもりだったのが案外まじめに見てしまいました。
う〜〜ん、子供たちの悪戯は苦手です。
殴って縛り付けてって、犯罪レベルじゃないですかね。
子供の残虐さは純粋さではカバーできない人の本質的な嫌さを感じますね。
子役たちは半分地でやっているんじゃないですかね(∩_∩;

お父さん役のコリン・ファース、ブリジット・ジョーンズに出ていた人だと思っていたらやっぱりそうですね。同じような役を立て続けにやっていますね。私は基本的に配役とか意識しないで見るようにしています。作品には関係ありませんから。

肝心のマクフィーさんの魔法のステッキですが。
「小さな魔法使いと秘密の城」とかハリポタの流れだと思いますが。
魔法ものは数あれど、杖をつくだけで何から何まで変えてしまうのは、今まで見た魔法物の中でも最強の部類ですね。
魔法物作品なら、世界観が同じなのでたまにある作品を超えた戦いが無理なくできそうですが、ハリポタも7つの塔もまるで敵ではないですね。詠唱もいらずに何十という魔法を一気にかけるのですからね。サリーちゃんでも敵いません。もしかすると史上最強の魔法使いかも?日本のお手軽アニメでも対抗馬はなかなかいなさそーですね。
本当にマクフィーさんがいたら人々が神という存在となんら変わらぬ力ではないんですかね。私も1つ欲しいものです。なんでも思い通りにできそーです。

エヴァンジェリンと一緒になるのは良かったですね。
でも更に子供の数が増えそうですね(笑)

ブログで感想始めました。
http://chinchila4.blog76.fc2.com/http://chinchila4.blog76.fc2.com/blog-entry-15.html

投稿者:ショーンファン投稿日:2006-05-18 00:47:20
イギリスっぽい。見て後悔はしませんでした。
「ラブ・アクチュアリー」の出演者が3人も出てきておもろかった。
特に主演の男の子はカワイー。にくたらしい思ったけど、結局可愛い。
コリン・ファースの魅力も出ていまーす。
投稿者:ASH投稿日:2006-05-03 17:44:25
【ネタバレ注意】

 しかし、原作がある映画の場合、読んでいない(その原作を知らない)人には置いてけぼりのことがままあるよね。子供たちのレッスンが終了するたびに、マクフィーさんの見栄えがだんだんよくなっていく意味が分からんかったな。

 まあ、確かに英国女優博覧会みたいなキャストはナイス。今まであまり気付かなかったが、この映画ではケリー・マクドナルドはなかなか美人だということを知った(遅いって?)。しかし、めめずを食べちゃうシーンのは参った…。

 エンド・クレジット、「レモニー・スニケット〜」に似ちょるッ!

投稿者:SYCO投稿日:2006-04-13 06:29:10
お子ちゃま映画ですけど子役よりも、エマ・トンプソン、イメルダ・スタウントン、セリア・イムリーとおばさんパワーが凄い。 でも一番圧倒されるのは80歳になるアンジェラ・ランズベリー!!顔の真ん中にワシ鼻つけて、公爵夫人をやる彼女は、ほとんど怪物に見えました。http://www.geocities.jp/obobsyco/
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION