allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ウルトラヴァイオレット(2006)

ULTRAVIOLET

メディア映画
上映時間87分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(SPE)
初公開年月2006/06/24
ジャンルアクション/SF/サスペンス
感染は広まり
世界を変えた。
それでも生き残る――
君を守るため。
ウルトラヴァイオレット [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,486
USED価格:¥ 937
amazon.co.jpへ

 Photos
ウルトラヴァイオレットウルトラヴァイオレット

【解説】
 「リベリオン」のカート・ウィマー監督が、「バイオハザード」のミラ・ジョヴォヴィッチを主演に迎えて贈るSFアクション。驚異的な能力を持つ<超人間(ファージ)>とその撲滅を目指す政府が対立する近未来を舞台に、人間の少年を守るため、両勢力を敵に回したファージの女戦士の戦いを、息をもつかせぬアクションの連続で描く。
 21世紀末、新種のウィルスが蔓延、感染した人間は超人的な知能と運動能力を身につけるが、“ファージ”と呼ばれた彼らは感染後わずか12年で命を落とす運命にあった。ファージの能力を恐れた人間たちは、彼らの根絶を企て、政府によるファージ掃討作戦が開始される。追い詰められたファージは地下組織を結成、人間政府との激しい抗争を繰り広げる。やがて政府はファージ絶滅の切り札となる最終兵器の開発に成功する。ファージ側はその情報をつかむと、最終兵器強奪のため、最強の殺し屋ヴァイオレットを送り込む。かつて、感染した夫と子どもを政府に殺され復讐に燃えるヴァイオレットは、兵器の入ったケースを難なく奪い去る。しかしその直後、彼女は最終兵器がわずか9歳の少年であることを知るのだった。
<allcinema>
【関連作品】
ウルトラヴァイオレット(2006)オリジナル
ウルトラヴァイオレット:コード044(2008)アニメ版
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1359 4.54
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-09-25 10:36:38
【ネタバレ注意】

オールCGのSFアクション映画というのも、ひと時流行ったものの、結局傑作と言い切れるものは生まれていないような気がする。この作品も、彼女を想定して制作されたというだけあってミラ・ジョヴォヴィッチがすべて。彼女のファンなら楽しいんだろうなと思いながら、溢れんばかりのアニメ・テイストにただただ圧倒?された。
面白いのはその殺陣。『リベリオン』(未見)で考案された“ガン=カタ”と呼ばれるオリジナルの格闘技は、刀剣を振り回す様がまさに時代劇のよう。ちゃんと見栄を切るところもあって、クエンティン・タランティーノ以降の“ジャポニスム”的な面白みも感じられる。
それにしてもミラねえさんは強い。負ける気がしない。
少年シックス(キャメロン・ブライント)は、ダクサス(ニック・チンランド)のクローンということで、せっかく守ってあげても育ったらあんな風になるんだと思うと一気に興ざめしてしまう。だいたい、シックスは「知能がない」と言われていたけど、そうは見えないよなあ。
いずれにせよ、個人的には何だかなあ、という作品でした。

投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-01 01:08:11
ぶっちぎりで面白くない。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-08-10 00:23:23
イーオン・フラックスとよく混同されてたな。
どちらもたいして中身はなく、主演女優のピチピチスーツ姿を堪能するのみ。
投稿者:トルチョック祭り投稿日:2011-03-21 09:51:39
ミラのイメージビデオ。話がつまらなすぎてどうでもいい。
リベリオンよりお金かかってそうだけど、内容は遠く及ばない。
投稿者:mototencho投稿日:2010-03-18 18:16:29
見る価値のあるB級映画
「ウルトラヴァイオレット」
知る人ぞ知るB級アクションの佳作「リベリオン」の監督カート・ウィマーが手掛けた「ウルトラヴァイオレット」なかなかに優れものですhttp://mototencho.web.fc2.com/2006/ultraviolet.html
投稿者:william投稿日:2010-01-26 23:29:04
ガタガタのCGに唖然…。
ちゃんと作れないなら無理するのやめようよ…。
投稿者:BLADE投稿日:2009-05-01 11:10:53
全編CG感満載なのは、そういう映画だからと大目に見れる。
ただ、「マイノリティ・リポート」での微妙な笑いがここでもあるのが不思議。
序盤での目を見開いたミラ、鼻につけるやつw
ラストの戦いも見せようという、盛り上げようという要素が好きなだけに暗すぎる。
投稿者:gapper投稿日:2009-03-03 16:28:55
 「バイオハザード」の、ミラ・ヴォヴィッチでウイルスによる感染をテーマにしたSFだがテイストが反対で、「バイオハザード」の汚い生物的な感じに対してこちらは人工的な感じとなっている。個人的には、こちらの方が好み。 髪の色が紫に変化するなど視覚的な効果はいいのだが、長続きしない。紫に変化すると能力を発揮するとして、明確な説明と設定にした方が良かった。 超未来な武器とアクション、シックス(キャメロン・ブライト)の存在のなぞがメインだがヴァイオレット(ミラ・ジョヴォヴィッチ)の母性などが出てきて焦点がぶれてしまった感がある。出すこと自体は良いが、メインのテーマを支えるように成っていない。シックスのなぞと母性が対等に絡んでしまっている。 また、ヴァイオレットが強すぎて敵の憎々しさが弱いのも残念。ヴァイオレットが最初の方から孤立してしまっているが、後から裏切られる方が良かったろうと思う。 ミラを見せるための作品という声があるが、その感じで昔のスターシステムを思い出す。それはそれで、良いと思う。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-05-15 01:11:48
カート・ウィマー監督の作品とは相性が悪いのかもしれない・・・という懸念が私の中で生まれた作品(笑)
ジュリアン・ムーアが出演しているというだけで一切の期待を拭い去る私だが、彼女に次いでミラ・ジョヴォヴィッチもその類になりつつある女優である事に気づかされた作品でもある(爆)

ストーリーなんてどうでもいい!ミラがカッコ良ければそれでイイ!!というぐらいミラが好きな方であれば多分、満足できます。
キレイですし、しなやかな身体が華麗に動きますし、相変わらずタフですし(笑)
しかし、それ以外の方は、きっとCG満載の映像にゲンナリし、しつこ過ぎるアクションに飽きることでしょう。
映像や芸術的なアクションに拘った監督の思い入れは構いませんが、何事もやり過ぎはいけません。

キャメロン・ブライト君は十八番とも言えるキャラクターを演じているので安定感抜群です。
でも、全く新鮮味がないですね(爆)

元々、こういうジャンルの作品が得意ではないから面白みを見出せなかったのかもしれませんが、同じようなSFアクションであれば同時期にやっていた「イーオン・フラックス」の方が良作だと私は感じた。
投稿者:あっきー投稿日:2008-01-20 22:56:37
映画に引き込まれるような感覚はゼロでした!
「ミラ・ジョヴォヴィッチ=感染=アクション」という図式に誘われ鑑賞した人も多いのでは!?

 ↓ 「映画レビュー」やってます! お気軽にコメントをどうぞ!!http://www.0721cinema-spirits.com/
投稿者:kath投稿日:2008-01-04 01:16:15
ミラジョヴォヴィッチ、美しく、かっこいい。その一言に尽きる。ストーリーはどこかで見たような気が。。と感じるものの継ぎはぎの様だけど、映像とスピード感は優れている。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-11-25 18:23:35
 なんだか「マトリックス」でのトリニティが活躍する場面だけを三倍速で見せられているような感覚だな。いつまでもマトリックスを引き合いに出して悪いが、まあ例えとしての話。
 しかし、それにしてもこの作品の持つスピード感は凄いとは思うよ。本当にノン・ストップ・アクション映画になっている。ただひたすらに疾走するミラの姿はカッコ良く美しい。
 ストーリー的には盛り上がらないが、単純にスタイリッシュ・アクションを楽しむには納得がいく作品だと思う。
投稿者:歌王投稿日:2007-10-29 10:02:40
【ネタバレ注意】

監督がミラをイメージして作った作品ということですから、これでいいんですよ。ストーリーは壊滅的、映像は現代版「トロン」のようなチープ(に見える)なCG合成満載。見終わるとなんだか目が痛いですが、とにかく全編ミラを鑑賞するためだけの映画。

しかしこの人、今後は間違ってもマトモなラブロマンスとかには出られないでしょうなあ…そもそも容姿が現実離れしすぎてる上に、出る映画がこんなのばっかり(笑)。

どう考えても傑作ではないですが、ミラを観るためだけにDVD買ってもいい、そんな映画です。もちろん、私は好きですよこういう作品。

投稿者:irony投稿日:2007-10-23 15:42:45
 ストーリーに引き込まれない 主人公の動機付けが意味不明で… イーオン〜もこんな感じなの?それでも見るけどさ…。
投稿者:bond投稿日:2007-10-23 14:59:43
話と展開が全くもってつまらない。CGもマンガっぽい。期待ハズレ。
投稿者:kopi投稿日:2007-06-25 22:12:07
黒髪ロングのミラはイカしています。でもそれだけ。
最後に心の交流がかすかにあるが…。
投稿者:リザード夫婦投稿日:2007-05-06 06:45:46
リベリオンの後、こんな作品になっちゃうのかなあ。あかんわー。私敵には、画像も全くいただけないし。ミラ以外はみるとこなし!
投稿者:ほたて屋アニィ投稿日:2007-04-15 00:04:30
ミラ・ジョヴォヴィッチという人はそのスタイルも去る事ながら、悲しみとも怒りともつかない微妙な表情で見る物の気持ちをぐっと引き付ける事の出来る女優さんだと思っております。
「フィフスエレメント」しかり「バイオハザード」しかり。

その意味では、この作品は外見上のミラの良さ(主にアクションの美しさ・格好よさ)に主眼を置いた事で、逆に本当の良さを生かすことの出来なかった作品だと思います。
CGで衣装や髪・顔色や、果ては表情まで変える事が可能だからとはいえ、その技におぼれた感が見え見え。
アクションも歌舞伎の見得に習った「操演」と、アイデア満載の未来ツールは見ごたえがある物の、話の材料と各々の思惑が全然整理されてないうえ、悪漢の動機も聞けば非常に陳腐で拍子抜け。
余程のアイデアがない限り、続編はないなという意味では「イーオンフラックス」と双璧をなす、ゲーム好きの為のカルトムービーhttp://www.gekiuma.com/
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2007-04-03 12:43:24
ミラじゃないほうが良かった。
男の子もっと可愛い子が良かった。。
投稿者:シオカラ投稿日:2007-02-13 17:42:33
【ネタバレ注意】

資料室(?)で大勢の兵隊と戦うシーンは良かったのにその先2度ほど戦闘が端折られる…そして最後のボス戦なのですが結局やつの鼻の穴に付いてる「あれ」が気になって真剣に見れなかった!なんで手袋は取って「あれ」は取らないのか…
戦闘シーンは盛り上がるのあったんですけど…イマイチでした

投稿者:藤本周平。投稿日:2007-01-27 21:11:40
時間が短く中だるみもあまりなかったし、なかなか良かったと思いますよ。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-01-27 13:13:11
【ネタバレ注意】

they are, they're evil when they're gone.

イーオン〜かぁ。まだ観てないなぁ。(絶対何時か観る気)
ミラのモノローグもグッド(アンダーワールドチック?…あんなダークヒストリーでなく、もっと未来的にポップな映像だが)
本作はDVD屋で販促上映してて「うぅ…アニメチック」と思ったのだが、この手は嫌いでないので、隣に中古で安く売ってたので買っちゃいました。
まぁミラファンの為の彼女の魅力を楽しむ映画。
全身から大量の武器を繰り出してバッタバッタと殺戮を繰り返す殺人兵器…彼女は強靭にして華麗(様式美?)、そして美しい。もうジャケ写のポーズで買いでしょう?

細菌に感染した者は特殊能力を身に付けるが、寿命は縮む〜そういうX-MEN的な迫害劇は単なる「状況」で、僕らはファージの為に人間の政府組織に潜入してミッションを遂げて追われる〜逆にファージの団体にも追われる状況を作ってしまう〜「アイテム」の奪い合いからラスボスとの死闘〜って全身で感情のままに行動するミラに付き合って一緒に戦っておれば良し。

最近ハヤリの超人型アクションムービー。面白いです。

投稿者:ASH投稿日:2007-01-23 20:45:08
【ネタバレ注意】

 似ている、とは言わない。同じでもない。でも、「イーオン・フラックス」と確かに被る。まあ、女戦士ものがブームなだけなんだろう。でも、何でまたミラちゃんがやるの?

投稿者:坂本投稿日:2007-01-17 14:43:46
【ネタバレ注意】

ただひたすらにミラの美しさと「映像美」「アクション」を見るための映画。監督はリベリオンと同じ人。ところどころがカンガタ臭い(笑)。
単純にアクションのためのストーリーにすればよかったんですが下手に冒険しているのがよくないです。テンポ速すぎてなんかよくわからなかったし・・・・
アクションもかなり頑張っていると思いますがバレバレなCGを連発しているせい&様式美にこだわりすぎでイマイチ迫力を感じませんでした。しかも終盤のアクションが不満です。いざここで決戦!って思ったらいきなり子供と遊びだすテンポの悪さといい・・・・序盤はミラがガンガン戦っていたのにラストはかなり敵との戦い端折ってラスボス戦ですから・・・・原色を常に織り交ぜた画面つくりも幼稚に見えました。
ただ掌から武器が飛び出したり重力操作したり紙携帯(笑)使ったりというのは面白かったです。

投稿者:SUNSET投稿日:2007-01-16 23:52:36
ミラだけを見る作品。話しに広がりがないし、この手の映画って最近多いですが、
抜きん出ることは出来なかった。全編CGの嵐でその効果が薄れてしまっている。
戦う相手が実は同種だったと言うオチもどんでん返しには至らず・・・。

但し割り切って観る分には十分に楽しめる作品。
投稿者:だんだんだん投稿日:2007-01-06 22:54:09
良いケツしてるなあ。
投稿者:tomoy投稿日:2007-01-01 20:50:37
この監督って,リベリオンのとき予算の制約があったことについて文句を言っていたのに,お金をかけてもこの程度のものしかできないの。
投稿者:青森人投稿日:2006-08-02 23:29:28
けなす訳ではないのだが、ストーリー何ソレ的なB級のノリ、チープめなCG、まさにこれで良い。
ミラ・ジョヴォヴィッチのアクションを観るためのミラファンのための映画。
投稿者:メンタイ投稿日:2006-07-16 02:02:42
うんもう、こういうバカ映画大好きです♪
GUN=KATA健在っ!
勢い重視っ!
周りの酷評にも同感同感♪
でも、いいんです、こういうバカ映画がないとね!
冒頭からかっこいいんですよ!
斬るわ撃つわの大サービスムービー!
だいたい、GUN=KATAが無理あるんですから(^0^)
一応、話はあるんですよ。
近未来「グロリア」ですから。
あ、シャロン・ストーンの方ね!
何も考えず、ズタズタにしたかったり、
とにかくサッパリしたい人にはお勧めですね!!http://www.h4.dion.ne.jp/~mentai23/
投稿者:スワガー軍曹投稿日:2006-07-09 10:22:46
この映画のせいで、バイオハザード3の観客動員が減るでしょう。
ミラ・ジョヴォビッチに罪はないだろうが、なんで出演を引き受けちゃったんだろう。ちゃんと脚本読んだのかな?

みんな言ってるとおり、「リベリオン」は良かったんだけどなあ…
投稿者:サイババ2投稿日:2006-07-06 18:05:27
クソゲーみたいな映画。
投稿者:aszem投稿日:2006-07-01 18:50:10
わざと(?)ぼやけさせたカメラワークと粗くブツブツにカットされた編集の性で、元より質感の全く無いアクションシーンは致命的な程迫力無し。

HDデジタルCAMで撮影され、弱小VFXチームによって作られた世界観は、まるで一世代前のテレビゲームのCGムービーを観ている様でリアリティー無し。

どんなにヴァイオレットが母性を伴うドラマをミラが演じようとも、その感情に至るまでの描写が綺麗サッパリ抜け落ちているので、エモーショナルな喚起は一切無し。

だいいち、キーとなるガキ(シックス)が全く可愛くない時点でアウト。

これだけ観ていて寒気を覚える映画は、未完成大作「サウンド・オブ・サンダー」以来だよ・・・。
投稿者:ひょかの投稿日:2006-06-27 17:56:36
いやぁ〜CGに頼ってばかりのハリウッドらしい映画ですなぁ〜。ロケ地は全くと言っていいほどなく、ほとんど室内のスタジオで撮影してCGの背景を加えた感が大です。アニメを観ているのも同然!そういう意味では楽しめた気持ちはありますが、ストーリーがあまりにもお粗末なのでこれはちょっと御免な映画です。

簡単に言うと今時のアクションヒーローを気取りすぎ。最近のヒーロー映画にはアクションにかけて人間味なドラマがあり、それでこそ高く評価されますが明らかに泣かせようとしてる場面がいくつかあって、どうしてもわざとらしく見えるので苦笑するしかないです。ヴァイオレットという主人公がまずダメ。人間を平気で殺してしまうファージ(ウィルスで「吸血鬼」と化した新たな人種)の彼女がなぜ急に人間の男の子を命がけで守ろうとするのか、その裏にある感動の狙いがあんまり伝わりません。母性本能をそそられたのか?その子の事は全く何も知らないのに気は確かか?

映画は88分しかないのですが、それに合わせたかのように物語がとことん単純めいています。はじめは人間とファージの戦争というもっと壮大感のある物語かと思ってましたが、実際シックスという一人の謎の少年を中心に話が起動していました。その少年には特殊な血液があるためファージを消滅させる「最終兵器」とされていましたが、ダクサス(本作の悪役)に狙われて誘拐され、その子を守るためにヴァイオレットが戦うというのが大体の解説です(中身は本当これだけ。もっと細かく言うとヴァイオレットが元々シックスをダクサスから盗んだのですが・・・)。それが、ヴァイオレットとシックスの関係があまりにも突然で説得力がありません。二人の間に「友情」か「親子・兄弟愛」のようなものがあるみたいですが、その動機や根拠が見られないしそれだけの関係を築き上げる時間をかけなさすぎです。それ関係のドラマチックなシチュエーションがある割に結局最後まで感情移入できなかったのが僕の心境です。

全体的に視てどうしても【★★★】しか与えられず・・・・(10星中)

ちょっとしたどんでん返しは最後にあったけれど、本当どうでもいい感じの映画でした。かっこつけてばかりで実は大したことない奴、って言えばわかりやすい。

まぁ、どうしてもよかったと思った点を挙げるとなるとやっぱりアクションだけですかね・・・ウィルスや吸血鬼という時点でもはやありがちな内容ですが、アクションには多少の画期性がなくもないです。バーチュアル・リアリティ的なCGを最大限に駆使した感じのアクション・・・2次元ポケットのように、体のどの部分にでも武器を畳み込めちゃうのにはなんとなくオリジナリティと驚きを感じたのは否めません。

しかしそれしか褒めどころが見つからないので本当ごめんなさい・・・

アクションだけの映画です。ミラ・ジョボビッチの出演で余計にいろんな映画のパクリにも見えますが、最終的にやっぱりどうでもいい映画でした。彼女の脚本選びにも結構ガッカリ。『バイオハザード』やっておきながら、多少酷似しているこの映画にも出るなんて・・・欲張りすぎというか、調子に乗りすぎとしか印象が見受けられない。
投稿者:紅竜投稿日:2006-06-25 19:42:36
 カート・ウイマー監督の前作「リベリオン 反逆者」は
怪しげな格闘技ガンカタを売りとしていたものの近未来SF
としてちゃんとストーリーを語っていたように記憶している。
ストーリーの要所要所で待ってました!とばかりガンカタを
披露するケレン味も良かった。
 さて、今回の「ウルトラ・ヴァイオレット」だが、ガンカタに
加え、ソードファイトも充実...とほめたいところだが、
冒頭の状況説明を丁寧にやってないために完全に作品世界に
ついていけず、次元転送という設定も銃や刀の質感を消すばかり
でアクション映画としては逆効果となっている。
 ただ、所々で観るべき演出もある。
ヒロインが子供を井戸に落とそうとする敵に秒刻みで向かって行く
シーンは「子連れ狼 三途の川の乳母車」からの引用でここは
ソードファイトの殺陣もやたらかっこよく撮られていた。
クライマックスの火を使った殺陣も座頭市シリーズ
にもあったが、こちらもスタイリッシュで上々の出来。
結論から言うと全国ロードショーで上映されるような映画ではなく
むしろ銀座シネパトス、関西ではホクテンザのような小屋で
ひっそりとかけられるような映画。
そういう映画と思って観ればそこそこ楽しめる。
投稿者:ミスター珍投稿日:2006-06-25 19:34:28
【ネタバレ注意】

CG処理された映像処理は、サイバー感覚100%でファンタジック!!
昔テレビで見た「ガッチャマン」や「キャシャーン」を思い出した。
ミラ・ジョヴォヴィッチの魅力一点集中主義が潔い。

投稿者:インベラー投稿日:2006-06-25 14:39:30
どんな作品にもいい処を見つけるのですが、申し訳ないが頂けません。アメリカでもこけたのが納得出来ます。『仮面ライダー』や『ウルトラマン』は決して嫌いではないのですが、CG等がライダー以下、『仮面ライダー555』の頃よりも酷く、ワザと狙って漫画っぽくしていたとしていてもあれには全く納得出来ない。脚本も一人善がり。原作の漫画を知らない者が見れば何が何だか全く判らない。音楽のバデルトは頑張っているが『バットマン』『死霊のはらわた/キャプテンスーパーマーケット』のメロディそのまんまの箇所が随所に見受けられる。パクリの宝庫!サントラも正規で出ないのは残念だが仕方ないでしょう。ただ一つの救いはミラの腰廻りの美しさだけだった。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ウルトラヴァイオレット2015/09/02\2,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】「ウルトラヴァイオレット [エクステンデッド版]」/「ハンナ」2015/02/25\2,838amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ウルトラヴァイオレット [エクステンデッド版]2010/05/26\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ウルトラヴァイオレット [エクステンデッド版] <期間限定 今だけ2枚で5,980円(税込)キャンペーン>2009/02/25\2,848amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ウルトラヴァイオレット [エクステンデッド版]2007/01/01\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルトラヴァイオレット2015/09/02\1,400amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルトラヴァイオレット [エクステンデッド版]2011/04/22\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルトラヴァイオレット デラックス・コレクターズ・エディション [エクステンデッド版] <期間限定生産>2009/11/04\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルトラヴァイオレット デラックス・コレクターズ・エディション [エクステンデッド版]2008/10/22\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルトラヴァイオレット デラックス・コレクターズ・エディション [エクステンデッド版] <期間限定生産>2007/10/03\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルトラヴァイオレット DVD&UMDコンボパック2007/01/01\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】ミラパック 「ウルトラヴァイオレット」&「バイオハザード II アポカリプス」 <初回限定生産>2007/01/01\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルトラヴァイオレット デラックス・コレクターズ・エディション [エクステンデッド版]2007/01/01\3,980amazon.co.jpへ
 【UMD】ウルトラヴァイオレット [エクステンデッド版]2007/01/01\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ウルトラヴァイオレット [エクステンデッド版]レンタル有り
 【DVD】ウルトラヴァイオレットレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION