allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

映画監督って何だ!(2006)

メディア映画
上映時間88分
製作国日本
公開情報劇場公開(マジックアワー)
初公開年月2006/11/04
ジャンルドラマ/ドキュメンタリー
映画監督って何だ! [DVD]
USED価格:¥ 5,460
amazon.co.jpへ

 Photos
映画監督って何だ!映画監督って何だ!

【解説】
 2006年で創立70周年を迎える日本映画監督協会がその記念事業の一環として、総勢200名もの映画監督が出演し製作した作品。映画の著作権をテーマに、現行では映画の著作権が映画監督にないという事実を明らかにし、映画の著作権を巡る歴史的な経緯を検証、“監督は映画の著作権者である”という協会の主張への理解を呼びかける。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
11 1.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ASH投稿日:2007-06-24 16:18:05
【ネタバレ注意】

 まあね、小難しいドキュメンタリーにせずに、ドラマ仕立てで協会の歴史と主張を伝えるという手法は、僕みたいな素人にも分かり易くってよかったんでないの。ただ、そのむせ返るような主張を映画製作に関わっているわけでもない、僕のようなただの一介の観客に伝えたところでどうなるんだろうか、そんな気がした。だから、「まあ、俺たち苦労してんのよ」ってな印象しか残んなかったよ。

 映画監督協会の映画だから、敵は著作権法を改定しようとしている連中であって、そちら側の主張は映画監督にとっては悪しきことと解釈でき、かなり露骨。まあ、協会側の明解な主張を見せるのが目的の映画だから当たり前なんだけど、一方的過ぎるのも否めない。

 衆参議院の審議会の再現シーンは、専門用語がビシバシで、ここはエラく退屈なので、興味のない人は睡魔に襲われる恐れがあるので気をつけましょう。映画監督へのインタビュー映像も挿入されているけど、再現シーンでは実際の映画監督が俳優として演技しているんですね(花魁姿の阪本順治…)。まあ、誰が誰だか、僕に分かんないけどね。で、協会側の主張を代弁する役のキョンキョンは、なぜこの映画に引っ張り出されたんじゃろか?

 同一場面を、3人の監督が独自の解釈で撮るというシーン。日本映画が好きな人だったら、それぞれの個性が出ていて「おッ!」って思うんじゃないのかな。ま、僕にはどれもこれも「なんじゃこりゃ!?」でしたけどね。

 申し訳ないが、二度観たいとは思えない映画です、ハイ。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】映画監督って何だ!2007/01/27\4,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION