allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ロシアン・ドールズ(2005)

LES POUPEES RUSSES
RUSSIAN DOLLS

ロシアン・ドールズ スパニッシュ・アパートメント2(ビデオ題)

メディア映画
上映時間130分
製作国フランス/イギリス
公開情報劇場公開(角川ヘラルド映画)
初公開年月2006/05/20
ジャンルロマンス/コメディ
映倫R-15
25歳のあのときから、
君の人生はどうなってる?
セドリック・クラピッシュ / グザヴィエ青春三部作DVD-BOX
参考価格:¥ 7,452
価格:¥ 7,452
amazon.co.jpへ

【解説】
 バルセロナを舞台に、ヨーロッパ各国から集まった留学生たちがアパートで共同生活を送る青春群像劇「スパニッシュ・アパートメント」の続編。前作から5年、30歳になり人生の岐路に立つフランス人青年グザヴィエの悩み多き恋模様がユーモラスに綴られる。主演は引き続きロマン・デュリス。監督も同じくセドリック・クラピッシュ。
 バルセロナのアパートで留学生仲間と過ごした学生生活から5年、パリで雑誌やTVの脚本などを手掛けるフリーライターとなったグザヴィエ。小説家を目指すグザヴィエにとって、自分が書きたいものと現実とのギャップに悩みは尽きない。一方恋愛のほうも、いまだに理想の女性を追い求めてフラフラするばかり。かつての恋人マルティーヌは、いまやシングルマザーとなり、グザヴィエとは良き友人の関係に。そんな折り、TVドラマの脚本を書くことになったグザヴィエは、スペイン時代の友人でロンドン在住のウェンディに協力してもらうことに。そこへ、パリ在住のセレブのゴーストライターという仕事も舞い込み、グザヴィエはパリとロンドンを往復する生活が続くのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
スパニッシュ・アパートメント(2002)第1作
ロシアン・ドールズ(2005)第2作
ニューヨークの巴里夫(パリジャン)(2013)第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
748 6.86
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:クリモフ投稿日:2010-03-07 03:22:42
あまり覚えてませんが、前作が面白かった思い出があるので鑑賞。うーん、退屈はしなかったんですが、やはり「ヒットしたからもう一本」的続編な感じの作品。二匹目のドジョウですな。
前作は青春真っ只中ということでいろいろ(欠点も)清々しく見えたんですが、主人公が30にも届こうかというのに、青春映画的な語り口にはやや違和感があります。前半は仕事のことで前作との差別化を図ったのかと思ったら、後半は全開で恋愛一直線。自嘲的な主人公のナレーションが時にはうざったく感じられたり、画面分割、スローモーション、心象風景などあざとい場面が多いです。
主人公が作家ということで、「作り話の様にはいかない」「現実の愛」などギャップに悩むのは良いんですが、肝心の主人公の周りのリアルな出来事がいかにも作り話で映画風なのはなんとも、、。
まぁ、ただ各キャラクターは前作と一緒なのでそれぞれ魅力的。レズの友達やアホな英国男と作家の姉など個々のエピソードは面白いです。あと、フランス、ロシア、英国を跨いだクロスオーバーな雰囲気も良い。
楽しめなくはないんですが、必然性もないような複雑な気持ちです。キャスト(キャラ)でチョイおまけ。
投稿者:msang投稿日:2009-08-12 02:02:53
フランス発のヨーロッパ青春群像ってことで悪くないかと思います
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2008-11-29 21:48:03
まあまあでした。
投稿者:irony投稿日:2007-06-14 00:22:45
 ドリームラヴァ−か…この人って信じるしかないわなぁ それでもあの両親みたいに晩年に破綻するってのもあるからね 未来は解らない 人の心も解らない 案外続編が出来ても誰かしら死んでるかもね…。男ってのはあんなモンだろ(笑)いつだって 稀に違うタイプもいるけどさ ウェンディは全てを把握してあのセリフを叩き付けカムバックを許すとは前の男のトラウマか?
投稿者:makuma投稿日:2006-06-11 20:33:06
【ネタバレ注意】

監督のセドリック・クラピッシュも好きだし、前作の「スパニッシュ・アパートメント」が良かったので、ちょっと期待しすぎちゃったかな。作品全体がゆる〜い。テンポ悪い。
主人公のグザヴィエの心の内をいろんな表現方法で描いていたけど、奇異すぎて、ひいちゃったり。よく理解できなかった。
まあ、最終的に感じたのは、結局男って理性で動けないの?下半身に従うだけ?って感じ。
それでもグザヴィエは恋愛で悩んでいるみたいだったけど、なすがままで本気で悩んでいないように見えた。むしろウェンディの悩みの方がより深く描かれていたと思う。
「完璧な人なんていない、むしろ欠点を抱えているあなたが好き」というウェンディのセリフはズシリときたなあ。欠点まで愛せるようになったら、その愛に偽りはないと思う。(そうできたらどんなによいか…)
ラストに「スパニッシュ…」の同居人が全員出てくる。どうせ出させるなら、もう少し出演シーンを与えてもよかったのに。観客側も見たいはず。それが残念。
逆にウェンディの弟は出演シーンが大逆転で増えていて、容姿・性格の変わり様にびっくり。前作を見ていると、より楽しめるので、見ていない人は予習をしていくことをおすすめする。
5点

投稿者:Longisland投稿日:2006-05-26 23:22:28
登場人物より一世代年上としては、30台の悩みに共感すると同時に懐かしさを感じてしまう。 彼らの40代50代が観てみたい。
投稿者:くろくろ75投稿日:2006-03-03 01:36:43
スパニッシュ・アパートメントの続編。その後、30歳になったグザヴィエを描いている。スパニッシュ・アパートメンが「友情と青春」だとすると、ロシアン・ドールズは、「恋とセックス」と言ったところでしょうか。

スパニッシュ・アパートメントの場合、あの多国籍な雰囲気に呑まれれば、そのまま楽しめた作品だと思ったけど、ロシアン・ドールズの場合、グザヴィエに感情移入できるかどうか、に掛かっていると思う。そりゃグザヴィエもいろいろ大変だとは思うけど、ちと女に酷すぎないか?と思ってしまった自分はやっぱり日本人の感覚なんだろうか。

ロシアンドールズを観る前に、スパニッシュ・アパートメントは必見です。じゃないと、登場キャラたちの微妙な人間関係が理解できないと思う。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 助演女優賞セシル・ドゥ・フランス 
  ケリー・ライリー 
 □ 編集賞フランシーヌ・サンベール 
【レンタル】
 【DVD】ロシアン・ドールズ スパニッシュ・アパートメント2レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION