allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

迷い婚 -すべての迷える女性たちへ-(2005)

RUMOR HAS IT...

メディア映画
上映時間97分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2006/05/27
ジャンルロマンス/コメディ
その愛に、決められる?
迷い婚-すべての迷える女性たちへ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,500
価格:¥ 1,739
amazon.co.jpへ

 Photos
迷い婚 -すべての迷える女性たちへ-迷い婚 -すべての迷える女性たちへ-

【解説】
 結婚を目前にして揺れ動くヒロインが、自分の両親の結婚にまつわる秘密を紐解く中で、自らの答えを導き出していく姿を描くロマンティック・コメディ。映画史不朽の名作「卒業」がストーリーの重要なモチーフとして登場、映画ファンにはたまらない心憎い演出が随所に散りばめられている。主演は人気TVシリーズ「フレンズ」のジェニファー・アニストン。共演にケヴィン・コスナーとシャーリー・マクレーン。監督は「恋人たちの予感」のロブ・ライナー。
 ニューヨーク・タイムズの死亡記事欄を担当しているサラは、恋人ジェフからのプロポーズを受け入れたものの、自分の将来を思うと不安でいっぱいに。ある日、妹の結婚式に出席するため故郷パサディナへと帰ってきた彼女は、そこで両親の結婚にまつわるある噂を耳にする。どうやら、サラの家族は、映画にもなった小説『卒業』のモデルらしいのだ。サラの亡き母が結婚式直前に連れ去られた花嫁で、サラの祖母が主人公の青年を誘惑したミセス・ロビンソン。そこでサラは、両親の結婚の謎を探るべく、かつて母を連れ去った男性を見つけ出し、直接話を聞こうと思い立つのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
卒業(1967)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
427 6.75
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2012-12-06 13:03:00
演出:6
演技:7
脚本:5
音響:6
投稿者:黒美君彦投稿日:2010-08-15 10:16:05
【ネタバレ注意】

ロブ・ライナー監督らしいラブ・コメディ。『卒業』をベースに何と母子三代と寝てしまう男ボー・バローズにケヴィン・コスナー。そりゃ行っちゃうかもね(んなアホな)。
奔放な女系の末端を生きるサラ(ジェニファー・アニストン)の世代は、結婚に迷いに迷った世代。この作品の舞台1997年はまさにそう。そして十数年経って結婚に踏み切れなかった女性たちの多くが後悔しているわけだが…。

この作品はストーリーはともかく、R・ライナーらしい映画からの引用が楽しい。『卒業』はいうに及ばず、ボーがサラに別れ際に言う台詞、「これが美しい友情の始まりかな」は『カサブランカ』からの引用。音楽も“時の過ぎゆくままに”、そして『続・夕陽のガンマン』…。
軽く観て楽しめる、そして映画好きにはまた違う意味で楽しめる小品だと思います。

投稿者:cossa*投稿日:2009-05-14 21:00:36
ジェニファー・アニストン、相変わらずアホ毛の量がはんぱないですね。笑
この人は、きれいなのですが、髪の毛の量が本当に多いので、いつもびっくりしてしまいます。

本当にありがちな話で、ありがちに終わります。男性陣は落ち着いた魅力のある俳優がそろっていて、安心して見ることができますが、「卒業」がからんでいるという以外はただのどたばたラブコメディ。今見終わったばかりですが、正直全然書くことが思いつきません…つまんなかったからでしょうね。
どうしてこういう同じような映画を、違う俳優で何本も作るのかわかりませんが、私も懲りずに見てしまうからあまりきつくは言えませんな。
投稿者:ringoringo投稿日:2008-11-02 07:40:46
【ネタバレ注意】

「卒業」が好きな僕には、面白い切り口で楽しめるはずなのに・・・

キャストも監督も好きな人達ばかり、それなのに・・・

何故だか面白くない。ん〜何がいけないのかなぁ〜

投稿者:なちら投稿日:2007-11-27 22:59:28
K・コスナー程の素敵な男になれば、親子三世代の女性と冒険しても、おかしくない。
軽ーい感じの作品だけど、登場人物達は皆なかなか良い事を言っていて、
J・アニストンの「何をするかより、誰といるかが重要」という台詞に
妙に納得しました。結婚を控えてる女性が見たら面白いと思います。

自分は今、マカロニに興味があるので、S・マクレーンとK・コスナーが対峙した時
なぜか、『続・夕陽のガンマン』だったのが、ウケた!
ぁあぁあぁ〜♪わ〜わ〜わ〜♪
投稿者:irony投稿日:2007-08-08 12:12:21
あたしだけ家族で浮いている…実は一番色濃く継承していた(笑)映画ファンなら楽しく見られる一本
投稿者:小映画館漂流者投稿日:2006-06-08 14:21:45
 今年これまでみた映画の中では,ベスト3に入る秀作でした。
 
 ジェニファー・アニストンは,こんなに上手いのかと思いましたね。終盤
の父との会話の場面はじんとさせられます。
 それに,ジェニファー・アニストンは,これまで映画の中では,あまり
美人にみえませんでしたが,この映画では盛装するとどれほどすごいかを
みせてくれます。
 『卒業』のロビンソン夫人はシャーリー・マクレーン,ダツティン・ホフマンは,ケビン・コスナーだったのだそうだ。
【レンタル】
 【Blu-ray】迷い婚 -すべての迷える女性たちへ-レンタル有り
 【DVD】迷い婚 -すべての迷える女性たちへ-レンタル有り
 【VIDEO】迷い婚 -すべての迷える女性たちへ- <吹替版>レンタル有り
 【VIDEO】迷い婚 -すべての迷える女性たちへ- <字幕版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION